1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年02月18日 19時01分05秒

『破戒尼僧YUKI』DVD発売&レンタル開始!

テーマ:お知らせ

『セクシャル・ウォーリアー ~破戒尼僧YUKI~』としてタイトルも新たに、2月24日(金)からDVDリリースされます!


昨年9月のUPLINK山本監督特集でも上映され物議を醸した『殺し屋たちの挽歌』『マタニティ・ブルー』の2作も、特典映像として収録されます!


映画『破戒尼僧YUKI』公式サイト










DVD公式サイト

http://www.toenta.co.jp/dvd/sexual/index.html


Amazonで購入すれば、20%以上割引でお得!

http://amzn.to/wv105q



「日本映画の中で、アクションという分野だけが不毛地帯と化していたが、それを突き破る新人監督がやっと登場した。

山本俊輔のセンスとアクション愛はこれからの日本映画のアクションシーンを変えていくことは確実だ。

是非この映画を観て、それを実感してほしい。」

柏原寛司

(シナリオライター・映画監督/『大都会PARTⅢ』『探偵物語』『あぶない刑事』『名探偵コナン』)



「山下敦弘から入江悠、オ・ヨンドウまで、多彩な才能の監督を輩出してきた“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭”の中でも、最も過激で異色、異端な逸材、山本俊輔。
わんぱくでもいい、たくましく映画を撮ってくれ()。」

塩田時敏

(映画評論家/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ディレクター)



「托鉢をしている尼僧が実は凄腕で、腹立たしい連中をぶっ潰す。

アクション映画はこれでいい! 

その尼僧が巨乳だというのがこれまたいい! 

シリーズ化してくれてもっと色々な闘いを見せてくれたらもっといい!」

金子二郎(脚本家/『ウルトラマンマックス』『ケータイ捜査官7』)

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2012年01月14日 17時33分58秒

<第二期生募集開始!>出演俳優みんなが作品をプロデュースする映画ワークショップ

テーマ:お知らせ

『山本俊輔 映画工房<SHOTGUNFILM MOVIE FACTORY>』

http://shotgunfilm.com/

募集締め切り:2012229日(水)

映画『カクトウ便』『破戒尼僧YUKI』、携帯ドラマ『デス・ゲーム・パーク』、小説『絶望中学』『クローン ベイビー』などで活躍する山本俊輔監督が、今夏に撮影する次回作(劇場公開用長編映画)のキャスティングにあたり立ち上げた俳優ワークショップの、第二期生を募集しています。

(第一期生は、1月よりレッスンがスタートしています)

ストレッチや発声練習などの基礎トレーニングから、ムービーカメラを使用した演技レッスン、殺陣師を招いてのアクション練習、現役で活躍する映画監督やプロデューサーをゲストに招いての講義など、充実した内容になっております。

◆ワークショップと「映画工房」のコンセプト

①「秘めた才能を持つ役者たちを発掘し、育て、そして世に出すこと」

②「役者がただ出演するだけではなく、製作費カンパ、企画、キャスティング、現場制作、宣伝など、作品プロデュースの大部分に関わることができるプロジェクトであること」

◆「映画工房」で制作する長編映画

THE NOBODIES ~看板のない探偵事務所~』(仮題)

監督:山本俊輔 

東京・阿佐ヶ谷を根城にする冴えないフリー探偵コンビが、「謎のお宝」を巡って、謎解き・恋の駆け引き・アクションに大活躍する、アクション・ラブ・コメディ。<今時…カッコいいぜこいつら!>

※詳細なストーリーは映画工房公式サイトでご覧ください。

http://shotgunfilm.com/09.html

(※ワークショップ受講生の個性に合わせてキャスティングするため、映画の内容は変更になる可能性があります)

撮影時期(予定):20127月下旬~8月上旬

公開形態:2013年以降、国内・海外映画祭出品→都内および地方ミニシアターで一般公開→DVDリリース予定。

出演資格:俳優ワークショップの第一期(20121月~2月中旬)、第二期(3月~4月中旬)いずれかのクラスを修了し、参加料(50000円)を納めることができる者

(※映画制作・出演への参加・不参加は自由意思にお任せします)

◆俳優ワークショップ日程:

6回 (6週間・毎週木曜日)

201238日(木)、15日(木)、22日(木)、29日(木)、45日(木)、12日(木)

毎回 19:0022:00 (3時間)

45日のみゲスト講師を招いて特別レッスンのため、18:3022:304時間)の予定

◆場所:笹塚メソッド Bスタジオ 

  東京都渋谷区笹塚3-9-3 ケイオービルB1F

◆参加費:30000円 (ワークショップ参加料:15000円+6回分のレッスン料:15000円)

◆応募資格:1860歳の男女

◆定員:20

※先着順:定員になり次第募集を締め切らせていただきます。

◆募集締め切り日

2012229日(水)

◆お申し込み方法:

ワークショップ公式サイトhttp://shotgunfilm.com/

で詳細をご確認の上、当事務局までメールにてお申し込みください。

夏に撮影する劇場公開用映画のキャストになるには、これが最後のチャンスです。

「役に餓えている」「名刺代わりになる作品を求めている」という演者の皆さん、ご応募お待ちしています!

SHOTGUNFILM「山本俊輔 映画工房」事務局

担当:中村

<電話>

070-6560-0919

(電話受付:月~土 13:0020:00

<メール>

infoshotgunfilm.com (山本俊輔WS事務局)

※迷惑メール対策のため@を全角文字にしています。半角文字に変えて送信してください。

山本俊輔監督公式サイト

http://members3.jcom.home.ne.jp/shotgunfilmhp/


山本俊輔監督特集 @UPLINK FACTORY オフィシャルBLOG

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月16日 15時40分36秒

(締切迫る!)出演俳優みんなが作品をプロデュースする映画ワークショップ

テーマ:お知らせ

『山本俊輔 映画工房<SHOTGUNFILM MOVIE FACTORY>』

http://shotgunfilm.com/

募集締め切り:1222日(木)


映画『カクトウ便』『破戒尼僧YUKI』、携帯ドラマ『デス・ゲーム・パーク』、小説『絶望中学』『クローン ベイビー』などで活躍する山本俊輔監督が、来年夏に撮影する次回作(劇場公開用長編映画)のキャスティングにあたり、1月から俳優ワークショップを立ち上げます。


ストレッチや発声練習などの基礎トレーニングから、ムービーカメラを使用した演技レッスン、殺陣師を招いてのアクション練習、現役で活躍する映画監督やプロデューサーをゲストに招いての講義など、充実した内容になっております。

◆ワークショップと「映画工房」のコンセプト

①「秘めた才能を持つ役者たちを発掘し、育て、そして世に出すこと」

②「役者がただ出演するだけではなく、製作費カンパ、企画、現場手伝い、宣伝など、作品プロデュースの大部分に関わることができるプロジェクトであること」


◆「映画工房」で制作する長編映画

THE NOBODIES ~看板のない探偵事務所~』(仮題)

監督:山本俊輔 


東京・阿佐ヶ谷を根城にする冴えないフリー探偵コンビが、「謎のお宝」を巡って、謎解き・恋の駆け引き・アクションに大活躍する、アクション・ラブ・コメディ。<今時…カッコいいぜこいつら!>

※詳細なストーリーは映画工房公式サイトでご覧ください。

http://shotgunfilm.com/09.html

(※ワークショップ受講生の個性に合わせてキャスティングするため、映画の内容は変更になる可能性があります)


撮影時期(予定):20127月下旬~8月上旬

公開形態:2013年以降、国内・海外映画祭出品→都内および地方ミニシアターで一般公開→DVDリリース予定。


出演資格:俳優ワークショップの第一期(20121月~2月中旬予定)、第二期(2月下旬~3月末予定)、第三期(20124月~5月初旬予定)いずれかのクラスを修了し、参加料(5万円)を納めることが出来る者。

(※映画制作・出演への参加・不参加は自由意思にお任せします)



◆俳優ワークショップ日程:

Aクラス 全6回 (6週間)

    201218日(日)、15日(日)、22日(日)、29日(日)、25日(日)、12日(日)

    14:0017:00 (3時間)


   Bクラス 全6回 (6週間)

    2012112日(木)、19日(木)、26日(木)、22日(木)、9日(木)、16日(木)

    19:0022:00 (3時間)


◆場所:笹塚メソッド Bスタジオ 

  東京都渋谷区笹塚3-9-3 ケイオービルB1F


◆参加費:30000円 (ワークショップ参加料:15000円+6回分のレッスン料:15000円)


◆応募資格:1860歳の男女


◆定員:40

※先着順:定員になり次第募集を締め切らせていただきます。


◆募集締め切り日

20111222日(木)


◆お申し込み方法:

ワークショップ公式サイトhttp://shotgunfilm.com/


で詳細をご確認の上、まずは当事務局までメールまたは郵送にてお申し込みください。



「役に餓えている」「名刺代わりになる作品を求めている」という演者の皆さん、ご応募お待ちしています!




SHOTGUNFILM「山本俊輔 映画工房」事務局

担当:中村

<電話>

070-6560-0919

(電話受付:月~土 13:0020:00

<メール>

infoshotgunfilm.com (山本俊輔WS事務局)

※迷惑メール対策のため@を全角文字にしています。半角文字に変えて送信してください。


山本俊輔監督公式サイト

http://members3.jcom.home.ne.jp/shotgunfilmhp/



山本俊輔監督特集 @UPLINK FACTORY オフィシャルBLOG

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年12月11日 18時34分10秒

塩田時敏さんからコメントをいただきました!

テーマ:コメント

山下敦弘から入江悠、オ・ヨンドウまで、多彩な才能の監督を輩出してきた“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭”の中でも、最も過激で異色、異端な逸材、山本俊輔。

わんぱくでもいい、たくましく映画を撮ってくれ()



塩田時敏(映画評論家/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ディレクター)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年09月08日 18時33分11秒

(※9/12ゲスト情報更新)山本監督次回作公開オーディションのお知らせ

テーマ:お知らせ

2012年撮影予定の新作『BORDER(仮題)』(海外映画祭出品、全国ミニシアター系ロードショー公開)の出演者一次オーディションとなります。


参加条件は一つ。下記の方法で予約チケット(一人1500円)を購入し、916日(金)に渋谷アップリンク・ファクトリーで行われる山本特集のイベントに、観客として参加すること。

映画の上映後、申込者は壇上に上がっていただき、山本監督やゲスト審査員監督の前でオーディションを行います。


また、ゲスト審査員として、現在活躍中の若手監督・ディレクターが来場。お眼鏡にかなった方は、ゲスト監督の次回作以降の参加の道も開けます。


ご興味ある方は下記要領をお読みの上、奮ってご参加ください。



<大激突!マッドシネマ’11 ~山本俊輔監督特集~>


日時: 9/16() 連日18:30開場/19:00開演

会場:渋谷アップリンク・ファクトリー

150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1

Tel.03-6825-5502

http://www.uplink.co.jp/


料金:予約1,500円(1ドリンク付き)


※予約方法

公開オーディションへの参加予約をご希望の方は、

(1)お名前

(2)人数 [一度のご予約で3名様まで]

(3)電話番号

以上の要項を明記の上、

件名を「予約 9/16 大激突!マッドシネマ’11 オーディション希望」として、

factory@uplink.co.jp

までメールでお申し込み下さい。



★タイムテーブル(1830開場、1900上映開始)

916日(金)<エロス&ホラーナイト>

『殺し屋たちの挽歌』『MADDOG VIRUS』『マタニティ・ブルー』(※上映順、計100分)+出演者舞台挨拶+公開オーディション(約50分)

各上映作品の解説は、公式サイトをご参照ください

http://ameblo.jp/hakainisou/



<ゲスト審査員>

後藤庸介(ドラマディレクター『花ざかりの君たちへ ~イケメン☆パラダイス~2011』『泣かないと決めた日』『刑事定年』)

http://twitter.com/#!/gotoyo14

http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=848750


蔭山周(映画監督・プロデューサー『ポーラーサークル~未知なる生物オムニバス~』)

http://www.polarcircle.jp/

http://twitter.com/#!/kageyamax


植田中(映画監督・プロデューサー『すんドめ』『カクトウ便 Vol.1 Battle Run XX』『十年愛』『実写版 まいっちんぐマチコ先生 無敵のおっぱい番長』)

http://twitter.com/#!/nakabapi

http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=282575



<山本俊輔プロフィール>
立教大学社会学部卒業後、映像の世界へ。16ミリ長編監督作『殺し屋たちの挽歌』(2003)が、米・ロードアイランド国際ホラー映画祭で観客賞を受賞。『カクトウ便/そして、世界の終わり』(2007)で劇場公開デビュー。 初の小説作品『デス・ゲーム・パーク』は、BeeTVで携帯ドラマ化され、自身も脚本を担当。その他の作品に、氣志團・綾小路翔プロデュースドラマ『木更津グラフィティ』(脚本)、小説『絶望中学』『クローンベイビー』など。

ご質問等ありましたら、こちらまでお願いします。

deathgamepark@yahoo.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。