IMG_6882.JPG
中谷比佐子先生 お誕生日おめでとうございます。
7月18日がお誕生日だそうで、80歳になったと!

リサイタル&パーティーで、ご挨拶やご祝辞の皆さま口を揃えて
「年齢を知らなかった」
「報せをもらって驚いた」
とおっしゃいました。

私も、驚いた口です。
実は私は中谷先生と父が同じ年なので、年齢を存じ上げておりましたが
それでも日々の活躍ぶりには刺激を受け、尊敬もし、
そして、心のどこかで「年齢間違えているんじゃない?」
「私の勘違いだったかな?」
などと思うこともとても多かったのでした。

一年前のお誕生日にこのリサイタルを決意したそうです。
なんというチャレンジ精神!
会場のすべての人に感動と勇気を与えるものでした。
きちんと発生を学び、口を大きく開けてお腹から声を出す。
80歳の声量って……本当に驚きです。
生のピアノ演奏で、マイクを使わずに歌われたのですから!!
IMG_6867.JPGIMG_6869.JPG
このスタイルと姿勢の良さ!
これは、中谷先生が長年の研究の末に推奨している「湯文字」の効果でしょうか?
私の席は最前列の横だったのでもっぱら横向きで拝見、拝聴していたのですが、
姿勢の良さ、美しさも感動してしまいました。
なんと美しいシルエット!

IMG_6875.JPG
お色直しは袖の丸みが色っぽい小袖のような、
いわゆる帷子のような麻地の訪問着。
40年前のきものだそうです。

宵待草の譜面が描かれた黒い半幅帯を低めに締めた姿もまた圧巻でした。
この帯の位置、着方、とても楽で美しいので(そして簡単なので)
真似をする人が増えるといいな〜と思いました。

司会をしたのは宮沢巳起代ちゃん♪
IMG_6864.JPG
ごめんね、横向になっちゃって……
我が編集部のヒロインです♪ 美しい……(*^_^*)
品が良く、主役を立て、お客さまを楽しませるクレバーな進行はさすがでした。


IMG_6870.JPG
先生をいつも支えていらっしゃる、尊敬する関戸姐さん(年下だけど)は、
途中から頭に大きな水引を付け、後光が差していました(笑)
いつも楽しい関戸姐さん、さすがです。

和の生活マガジン『花saku』は、多くの皆さまに支えられて出来上がります。
この中谷比佐子先生もそのお一人。
いつも温かい励ましや、ご示唆をくださいます。
困ったときはいつも助けてくださいます。
本当に本当に感謝感謝です。

IMG_6863.JPGIMG_6861.JPGIMG_6860.JPGIMG_6865.JPG上品な味わいのお料理も、格別でした♪

お料理に鋭い視線をおくっていらっしゃるのはおなじみの丸富の富田清実社長様。
いつもお料理に熱い視線を注ぎ続けるスーパーダイエッターです。

IMG_6874.JPG
関戸姐さんともすぐに打ち解けていました。さすがです(どっちも)!!

着物連盟の仲崎さん、奥順の社長さん、青山社長さん、藤後さんetc……と、
懐かしい皆さまやいつもお世話になっている皆さまともお会いすることができて
本当に楽しいうれしい1日でした。

79歳で80歳のリサイタルを決意し、
中谷比佐子先生曰く「生まれて初めて努力をしました」と自らおっしゃるその歌声は、心に深く染みいるものでした。一人でピアノの横に立ち10曲余を歌いきるという快挙!
大喝采の嵐でした。

当日は、晴天の猛暑日でしたが、お見えになっていらっしゃる多くの方の着物姿もすばらしく、これが中谷比佐子ワールドなのだと、「つれづれ」のパワーも感じることができました。

IMG_6878.JPG
大好きな、大坂は丸十呉服店の北山典彦(私はこっそりテニスの王子様と呼んでいる)は
大きな大きな箱を中谷比佐子先生にプレゼントなさってました。
中には何が入っているのでしょうか〜?
そこでは箱は開きませんでしたが、あとから北山社長に「中身はタコ焼きですか?」と
伺いましたら優しい笑顔で笑ってらっしゃいました。
ナンだったんでしょうね〜〜〜(笑)


話しを戻して……

中谷比佐子先生、本当にありがとうございました。
これからも私たちを導いてくださいね。


傘寿おめでとうございます。
そしてリサイタルお疲れ様でした。

AD

和の生活マガジン『花saku』の8月号はと〜っても久しぶりに大島紬の特集です。




そこで大島紬クイズ開催(笑)

Q1,大島紬一反の重さはだいたいどれくらいでしょうか?

Q2,大島紬一反を作るのに必要になる糸の重さはどれくらいでしょうか?

Q3,大島紬一反を作るのに必要な糸の長さはどれくらいでしょうか〜?

Q4,大島紬一反を作るのに必要な蚕の数は約何頭でしょうか〜?

Q5,大島紬一反を作るのに必要な繭の数はおよそ何粒くらいでしょうか?

Q6,大島紬一反を作るのに必要な蚕が食べる桑の総量はどれくらいでしょうか?



答えは、和の生活マガジン『花saku』の8月号にくわし〜く出ています〜♪

その他、大島紬ならでは、あるいは大島紬で割とよく聞く
「泥染め」「一元」「割り込み」「泥藍」「車輪梅」「イギス」などなどのなぞの言葉の意味も、写真付きでよ〜く分かります♪




大島紬の色々な種類の年代別シーン別コーディネイトも
たっぷり出ているので、どうぞお見逃しなく!




***************************************
和の生活マガジン花saku


は、年間購読がお勧めです!!


※一部の書店を除き、一般の書店では取り扱いがありません。


こちらの「花saku」のサイトでもお求めいただけますが、
富士山マガジンサービスでもお求めいただけます。
どちらでお求めいただきましてもお値段は同じです。


タブレット端末やパソコンで『和の生活マガジン 花saku』を購読した
い方は、下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。
PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロ
ードできます。モノが増えるのが嫌な方、いつも何冊分も持ち歩きたい
方は電子書籍でご購読ください。

すでに完売になっている人気バックナンバーも発売中です。
↓↓↓
こちらclick



AD
IMG_6695.JPG

浅草で鼓童の「若い夏」を鑑賞した後、会議で「どじょう」に決定した我が家!
浅草公会堂から「いいだや」さんまでユックリ歩いたのですが、もはや滝のような汗を止めることはできず、ビールでぷっは~~~~~!
で、前回は終わりました。その続きです。

IMG_6694.JPG
出した分だけ取り戻さなければ!(ビールは水分にならないらしいですよ~~~っ)


どじょうも滋養にいいと思うのですが私はこのネギの山と、ささがきゴボウと、山椒がさらにパワーアップの源なんじゃないかと思っております。確信しております(汗)
昔から、木の箱に入って山ほどくる刻んだネギを我が家ではさらにおかわりいたします。
ネギを食べているんだか、どじょうを食べているんだか!?
IMG_6693.JPGIMG_6696.JPG



そして、「ささ」と頼みましたところ、ささがきゴボウではなく、「ささ」と名のつく冷酒がテーブルに運ばれてきたじゃありませんか!

「それ、頼んでません」なんて野暮なことは申しません(キッパリ)!
頼んでいないのに大喜びしております(その後おかわりまで)

IMG_6703.JPGIMG_6707.JPG



そして、グツグツと煮えるどじょうのライブ映像。



暑っっっついにきまってま~~~す!



汗だくになってどじょう鍋をつつく!
真夏の健康法でございます。
IMG_6700.JPG


そこに、「今日、キモありますけど~」という声がかかって
「じゃぁ、2本」と二つ返事!
なんせ、暑い夏を乗り切らなければなりませんから。


IMG_6706.JPGIMG_6709.JPG
左手のお猪口を離さないところが意地汚い(汗)



さて、話変わって(ころっと)
和の生活マガジン『花saku』の8月号は大島紬の特集です。


複雑な技法や大島紬ならではの「言葉」、大島紬大好きな読者モデルさんたちがた~っくさん登場します! そして、『花saku』編集部は鬼が笑いそうな程来年のことやらでてんやわんやの毎日です。たくさん食べて夏を乗り切りたいと思っております♪

AD
FullSizeRender.jpg
風が身八つ口から、袖から、衿から通り抜けて爽やかなお出かけでした。
小千谷縮はとても軽いので袖がかすかな風でも揺れるのです。
なんてさわやかな夏!?


と、言いたいところですが、闘いでした!
どなたとの?

熱中症ですっ( ̄□||||!!笑



我が家定番のお出かけ先、浅草で鼓童浅草特別講演「若い夏」があるというので夫と二人、今秋もまたいそいそと出かけました。
(「少しは休みましょうよ」「休んで下さいよ」と身体が言ってますが聞こえないふり)


そうそう、先週は浅草へ行ったのではなく、渋谷でコクーン歌舞伎を堪能したあと、
渋谷でどうしたらいいか分からなくなり(遭難しそうになりまして……)、
銀座線でピュ~ンと浅草へ行き、行きつけのお店で手酌とあいなりましたが今週は最初から浅草♪♪

も~~~~~~~~んのすっごい人でした。
年々歳々、浅草は混雑の度合いを深めているような気がします。
人力車さんも気のせいか増えてるような????


あ、そういえばコクーン歌舞伎のことをまったく書いてませんでした。
IMG_6592.JPG
年末に国立劇場で「東海道四谷怪談」を鑑賞したときに、
大ファンの片岡亀蔵三の宅悦に魅了されてさらに好きになりましたが、
(爆笑でしたよ~)
コクーンでも同じお役!
これはまたダブルのお楽しみ……というわけでした。
まったく違う演出の、同じお役を、演じ分ける巧みさ面白さ。たまらん!
いやはや、歌舞伎談義、亀蔵談義で、お酒も進むわけです。

こちらが年末と、コクーンの四谷怪談。

じぇんじぇん違う四谷怪談。で、歌舞伎のお話はまた今度。


今回は「若い夏」堪能しましたよ~! ほとばしる汗! 正確無比に刻まれるリズム! 大迫力の太鼓! 私好みのナイスバディ~!
チケットをとったときは知らなかったのですが、
私が和太鼓を習っている「邦楽アカデミー」のジュニアチーム、「大元ジュニア」の卒業生の米山水木(よねやまみずき)ちゃんが出演していることを、邦楽アカデミーで一緒ののお友だちが教えてくれました。

もともと、ずば抜けて上手な子たちで結成されている選抜チームですから上手なのは当然なのですが、大人になって一層磨きが掛かった水木ちゃんの演奏と鼓童の皆さんの演奏を満喫することができて、なんだか親心みたいに泣けてきてうれしい気持ちにさせていただきました。


この「若い夏」という題字ですが、NHKで現在放送中の「真田丸」の題字を手がけた挾土秀平氏によるもの!
筆文字がとても好きな私には興味深いことでした。

鼓童のホームページにはこんな風に書いてあります。

公演の題字は左官職人として個人住宅や伝統的な土蔵や茶室、近代建築まで伝統の技術に基づいた独自の世界の塗り壁づくりで幅広い活動を展開している挾土秀平氏によるもの。今回、美術もご担当いただく挾土氏と鼓童の若いエネルギーのぶつかり合いで、鼓童の新たな作品が生まれます。

そしてNHKのタイトルはこちら(画像をクリックしていただくと制作秘話へリンク)



そんな太鼓を堪能した後、少し体力が落ちてきている! 疲れが出てきたな! というわけで、緊急ミーティングを開催! 議題は「ウナギにするかどじょうにするか」ですが、満場一致でどじょうに決定。私は、風邪をひいたときにここのどじょうを食べると直りますっ(キッパリ)!

で、カンパーイ!
いつもは瓶ですが、そんなこと言ってられない。
「とりあえず、生二つ」
IMG_6688.JPG
ぷっは~~~~~~


生き返りました。続きはまた今度。



あ、ただいま和の生活マガジン『花saku7月号』ゆかたの特集が大好評発売中です(とってつけたように 汗)


***************************************
和の生活マガジン花saku


は、年間購読がお勧めです!!


※一部の書店を除き、一般の書店では取り扱いがありません。


こちらの「花saku」のサイトでもお求めいただけますが、
富士山マガジンサービスでもお求めいただけます。
どちらでお求めいただきましてもお値段は同じです。


タブレット端末やパソコンで『和の生活マガジン 花saku』を購読した
い方は、下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。
PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロ
ードできます。モノが増えるのが嫌な方、いつも何冊分も持ち歩きたい
方は電子書籍でご購読ください。

すでに完売になっている人気バックナンバーも発売中です。
↓↓↓
こちらclick



梅仕事が一段落して、梅雨の合間のわずかの晴れ間に大洗濯。
午後から外出をするので、大忙しの朝でした。

皆さまから意外だと言われますがなぜか家事が大好きです。
縫い物や衣類の整理整頓はあまり得意ではないのですが……(才能無いね)
庭仕事(ベランダだけど)や台所の仕事はいつまでやっていても疲れません。

きっと私の奥底にはそういう田舎の農家のDNAが流れていると、
最近つくづく実感しています。
和の生活マガジン花sakuの日本全国染織探訪という連載は
200回を超えました。最近は後輩にお願いをしていますが、
そのほとんどを取材し、書きましたので少なくとも200カ所前後の
産地や工房を訪ねた計算になります。
数回訪ねたところもあるので、延べ回数ということでしょうか。

中にはそれきりで失礼をしているところもあるのですが、
取材をきっかけに仲良くしてくださっている方々もいて、
私はもともとモノを作る人が大好きなようで、その細く長い交流を
うれしく楽しく有り難く思っているのです。

そんなお一人で私が尊敬する大井川葛布の村井さんからまたお知らせが届きました。
萌えるんですよね……この類いのお誘い。
もしかすると、私は本当に身体を使ってなにかを作りたいのかもしれない。
そんな気がします。
できれば頭は使いたくない! そのうらがえしかもしれませんが、
どうも自然の中で、自然の恵みをいただいて仕事をする……そんなことが
とても好きなのだろうと思います。

職業選択を迫られる若い時代には思いもよらなかった、こんな自分の好みや
居心地の良い空間や興味を、面白く、客観視したりもしています。
さて、その村井さんからのお知らせは、染織プロセミナーのお知らせです。

プロですから染織を生業(なりわい)にするわけです。
大変なことです。
でも、ご自分の経験を元に、染織を生業として生きて行きたいという人を
全力で応援している村井さんにとても共感を覚えます。

作る人がいなくなってしまったら、きものファンは悲しいですね。
心ある作り手たちを微力ながら応援していきたいと思う一人でありたいです。



ちょっと見えにくいですかね(汗)

募集人数 10名
最小催行人数 3名
受講料 64,800円 税込
受講日 3日2016年9月17日~19日 9;30~16;30
宿泊費別途 5000円 1泊
お問い合わせ

詳細は村井さんに直接お問い合わせください。





第一回のときの村井さんのご挨拶を貼り付けておきます。
プロの作り手の方、プロになりたい作り手の方!
がんばってください。



手織を仕事に 1
第一回染織プロセミナーは無事終了しました。ありがとうございました。今回参加は7名 現在織物を学んでいる方、将来工房を開きたい方、教室を開きたい方、そしてすでにプロとして10年以上やっている方などが集まりました。 今、勉強している人にはプロの厳しさ、そして好きなことを仕事に出来る喜びを伝えたつもりです。プロの方には 自分の経営状態の客観的把握、今後の方向性を示唆できたかと思っています。 作品をお金に換える。プロの制作者として染織で生活してゆく。なかなか難しいところもありますが、今回は足りない生活費をどうやって補ってゆくかもお話しました。
少しでも染織に携わっていく人々を応援したくて、大井川葛布をやってきた20年の経験の全てをお話したつもりです。(はらわたまでお見せしました) 大丈夫やっていけます。 手仕事の國日本を支えていく皆さんは 國の宝です。貧しいはずがない、豊かであるはずです。すでに豊かなのです。 その宝に気づいてないだけなのです。そのお手伝いをしたくて、このセミナーをしました。
今回のセミナーは昨年の葛布ワークショップの際のある受講者から相談を受けたことから、ひらめきました。独立して3年目 今後どうやってやってゆくのかの相談を受け、何時間かお話しました。そういえば、プロの染織家に 価格政策、販売戦略の相談も受けたことがあります。常日頃プロの作家から生活苦の話もされていました。 そうだ 皆さんを 豊かにしなければ、染織に携わる人をふやさなかれば、 いつかじり貧になってゆくなら 我が大井川葛布もいずれ立ちゆかなくなってゆくでしょう。 皆さんを富ますことは 私が富んでゆくことです。宝蔵菩薩が48の悲願を立て、衆生を全て救済しなければ、自分は如来にならないと念じます。これが弥陀の本願です。 悲願を立てた瞬間、宝蔵菩薩は阿弥陀如来になっていました。つまりは皆さんがすでに彼岸に到達できるとの証なのです。 手仕事をしている人たち、これから目指す人たち すでに豊かさは約束されています。このセミナーはそれに気づいてもらうためのきっかけになったら良いと思っています。

2016年1月27日 大井川葛布工房 村井龍彦

着心地の良い雪花絞り

テーマ:
IMG_6598.JPG
湿度が高くてとても蒸し暑い日でしたので、手酌で麦酒!
なんだかとても似合うので自分でも笑ってしまいます。


藤井絞の藤井社長様が薦めてくれた雪花絞りで出かけました。
今は、洗濯を終えて、部屋で揺れてます。
そう、今朝洗って干しましたがもうそろそろ乾いているみたい。

綿70%、麻25%、レーヨン糸5%。
レーヨン糸に備長炭を絡めて織ってあり、
この備長炭の効能で防臭効果が強く、
臭いがつきにくい!
ということで、焼き肉やさんへ行く時もいいですね

ネットに入れて洗濯機で洗いました。
セーターのモードで軽い脱水をしてきものハンガーへ。
ほぼ、ノーアイロンでいけそうです。

IMG_6603.JPG
で、余計に暑くなるので麦酒は1本でやめて、
あとは、日本酒になりました。

IMG_6605.JPG

おいしかった~~~♪




和の生活マガジン『花saku』も、ただいま発売中のゆかた特集絶好調です。
新しい考え方のTPOなども載せてみました。
彩っぺの企画です。

若い人たちの企画は、私には思いつかないのでとても新鮮でいいですね。

編集部は、現在秋から冬にさしかかっておりますが、
暑さはこれからが本番!

皆さま、快適なきものらいふをお過ごしくださいませ。




***************************************
和の生活マガジン花saku


は、年間購読がお勧めです!!


※一部の書店を除き、一般の書店では取り扱いがありません。


こちらの「花saku」のサイトでもお求めいただけますが、
富士山マガジンサービスでもお求めいただけます。
どちらでお求めいただきましてもお値段は同じです。


タブレット端末やパソコンで『和の生活マガジン 花saku』を購読した
い方は、下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。
PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロ
ードできます。モノが増えるのが嫌な方、いつも何冊分も持ち歩きたい
方は電子書籍でご購読ください。

すでに完売になっている人気バックナンバーも発売中です。
↓↓↓
こちらclick





あと10日ほどで発行になる
和の生活マガジン花sakuの7月号は、
大人の女性のゆかた遊びがテーマです。

オープンして4年目になる東京スカイツリータウンさんとタイアップ!
スカイツリーの「高さ」だけではない楽しみ方もちょっぴりご紹介しています。


7月30日(土)の隅田川花火大会では、なんと!
スカイツリーから、花火を見下ろすことができるんですって!

花火を見下ろす!?

なんということでしょう……かつては見上げるモノだったのに(驚)

隅田川花火大会に伴う、東京スカイツリー特別営業の詳細は
こちら

クリック

さてさて、ところで……
ゆかたを着物風に着こなすのって、結構流行ってますよね。
でも、長襦袢を着けると暑いからな~~~っていう方には
「衿襦袢」をお勧めしています。

衿襦袢の作り方は
こちら

クリック

こうした、衿襦袢の作り方とか、着付けのちょっとしたコツとか、
ゆかたの洗い方とか……いろいろとタイムリーにお勉強できるのが
安田多賀子先生の「きもの塾」の連載です。



***************************************
和の生活マガジン花saku


は、年間購読がお勧めです!!


※一部の書店を除き、一般の書店では取り扱いがありません。


こちらの「花saku」のサイトでもお求めいただけますが、
富士山マガジンサービスでもお求めいただけます。
どちらでお求めいただきましてもお値段は同じです。


タブレット端末やパソコンで『和の生活マガジン 花saku』を購読した
い方は、下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。
PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロ
ードできます。モノが増えるのが嫌な方、いつも何冊分も持ち歩きたい
方は電子書籍でご購読ください。

すでに完売になっている人気バックナンバーも発売中です。
↓↓↓
こちらclick




イタリアできもの

テーマ:
ちょっと用があってイタリアへ行くので、せっかくだから!と
大好きな街でのんびりと過ごしたり、小旅行をしたりしつつ
きもので存分に楽しんできました。


IMG_2165.JPG
夫は、美味しいパスタやピッツァ、ビステッカやハムチーズ
などなどの食べ過ぎにより一層お腹が出て、
ちょうどよかったきものが短くなってしまいました(瀑)

IMG_2164.JPG
衿じゅばんに木綿の単衣にしてみましたが、あまりうまくいきませんでした。
衿じゅばんのサイズが小さかったのか??
衿の合わせが思うようにいかず、普通のじゅばんにすればよかったかな~
などと思いつつ、マジでローマは暑かった。
両面染めの片貝木綿にしましたが、伊勢木綿でよかったかも?
いや、夏物でよかったか? 30度を超えていましたよ~

でも、旅先でのきものは本当に楽しいです。
たくさんの出会いやハプニングが旅の思い出に花を添えてくれました。


ヨーロッパの旅は、石畳を歩くのでカレンブロッソにしたのですが、
ローマで暮らす友人に乞われて置いてきました(差し上げてきました)。
違う国で第二の人生を歩み始めた草履ちゃん、がんばってね~~~







本日発売の、和の生活マガジン『花saku』の6月号。

表紙のきものと帯は、実は「紙」なんです。
といっても、紙を極細に裂いてこよりの世に丸めて糸にしたものを織り上げているので、子どもの頃に広告の紙や新聞紙でお洋服を作って着たのとはじぇんじぇん違うんですけどね。

え?
今の子はそんなことしない!?
そうですよね(汗)
おもちゃも遊びもいっぱいありますもんね。

私は、新聞紙でドレスを何枚も作って身にまとい、叱られました。
昔の印刷はあまりインクの質や定着が良くなかったのでしょうね。新聞を触っていると手が真っ黒になりました。従って私の手も顔も洋服も真っ黒になり、家のあちこちも真っ黒になりました。
なので、叱られたのですが創作意欲はかなり大きかった!

あそこで叱られなかったら、世界的デザイナーになっていたのかもしれないのに(あり得ない)親というのは、子の才能や芽を思い切り摘み取るんだから困ったもんです。
話しが逸れていますが、そんなわけで本日発売の、和の生活マガジン『花saku』の6月号の表紙は紙で始まり~~~~~



布をアップにすると(別のデザインの物です)こんな感じ。
そう、完全に「布」なんです。

この布、何がすごいか?って?
「諸紙布(もろしふ)」 と言いますが、桐生の髙光織物工場で織られているのですが、洗えるんですよ、自宅で!
自宅で洗える夏のきものと言えば小千谷縮が便利で、私もガンガンあらっていますが、この諸紙布もそこがうれしいところ。
しかもあまり透けないので、桜の時季から紅葉の季節まで着用できそう。

というわけで、和の生活マガジン『花saku』の6月号の「日本全国染織探訪」では、この諸紙布を詳しくご紹介しました。




こちらが、桐生の髙光織物工場の社長さんで、この諸紙布を試行錯誤しながら作り上げたダンディーなおじさま♡
このきものと羽織も、もちろん「紙」で、す(笑)
当事者なので当然かもしれませんが、洗濯機でガンガン洗って快適なきものライフをお過ごしなのだとか。

これだけ地球温暖化が進むと、普段着はどうも……やっぱり「洗える」のが重宝ですね。
平織りの綿コーマのゆかたなどは、洗った後のアイロンに少々コツがいりますが、小千谷縮とか、この髙光織物工場の諸紙布のいいところはアイロン要らずでしょうか。


色々な素材がありますね。
着心地や、着た後の始末などを含めて、自分のライフスタイルに合った素材と出逢えるといいですね。



和の生活マガジン花saku6月号は本日発行です。



***************************************
和の生活マガジン花saku


は、年間購読がお勧めです!!


※一部の書店を除き、一般の書店では取り扱いがありません。


こちらの「花saku」のサイトでもお求めいただけますが、
富士山マガジンサービスでもお求めいただけます。
どちらでお求めいただきましてもお値段は同じです。


タブレット端末やパソコンで『和の生活マガジン 花saku』を購読した
い方は、下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。
PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロ
ードできます。モノが増えるのが嫌な方、いつも何冊分も持ち歩きたい
方は電子書籍でご購読ください。

すでに完売になっている人気バックナンバーも発売中です。
↓↓↓
こちらclick






昨日、スイカが売られてました。
夏がやってきますね。

間もなく発行の、和の生活マガジン『花saku』は
夏のきものの特集です。

夏のきものは、暑くてとても大変!? と思いますが
個人的には4月、5月と、9月、10月が一番大変です。
心地よい日もありますが、「夏日」「真夏日」になることもあり、
冷房や空調が整っていない日は、出た汗を引っ込めようがない。

むしろ真夏のほうがどこかへ駆け込んで少し休めば汗も引き、
心地よく過ごせるような気がします。
あくまでも個人的な意見です。
年々、洗い張りに出すたびに単衣のきものが増えていきます。



夏のきものは、あらゆるところで書かれたり言われたりしていますが、
とにかく「見た目が涼しい」ですね。
通り過ぎる人に、一瞬の涼をあたえてくれます。

東京オリンピックの開催は真夏。
日本中にきもの姿があふれて、世界中の人を歓迎できると素敵だな~って、
心から願っています。
毎日きもので暮らすブロガーさんやファッションリーダーさんたちが
頑張ってくださっているので、それに続きたいですね。

和の生活マガジン『花saku』の6月号はそんな夏のきものが満載!

夏大島、夏結城、夏黄八はもちろんのこと、定番の明石縮など、
宮古上布とか越後上布などの麻織物もほぼ網羅しました。

素材感や色や柄を眺めているだけでも、
なんだか夏が待ち遠しくなりそうです。




***************************************
和の生活マガジン花saku


は、年間購読がお勧めです!!


※一部の書店を除き、一般の書店では取り扱いがありません。


こちらの「花saku」のサイトでもお求めいただけますが、
富士山マガジンサービスでもお求めいただけます。
どちらでお求めいただきましてもお値段は同じです。


タブレット端末やパソコンで『和の生活マガジン 花saku』を購読した
い方は、下記のネット書店「ホント」で電子書籍版が購入できます。
PC(ウインドウズ)、iPhone、スマートフォン、iPadなどからダウンロ
ードできます。モノが増えるのが嫌な方、いつも何冊分も持ち歩きたい
方は電子書籍でご購読ください。

すでに完売になっている人気バックナンバーも発売中です。
↓↓↓
こちらclick