CROSSOVER JAZZ
dummy
2011-04-29 17:07:10

ハーモニー

テーマ:Recommend
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)/伊藤 計劃
久々に衝撃を受けた。

音楽に関する本ではない。
SF。
ただ、SFというジャンルにくくってしまうには、
余りに壮大なテーマを取り扱っていて、
更にそこに臆せず、
真っすぐに取り組む作者の心意気に、
しびれた。

Watch meというシステムによって、
ほとんどのあらゆる病を克服した世界。
人は老衰と事故以外で死ぬこともなく。
その事故でさえも、
自動車や飛行機、
さらには、ジャングルジムに至るまで、
人にやさしい人工知能によって、
未然に回避されている。
個人のプロフィールも、
拡現(オーグ)によって、
オープンにされ名刺も必要ない。
個人のエゴよりも、
集団のハーモニーが尊重され、
お互いを支え合い、見守りあう社会。
そんな慈愛(?)に満ち満ちた
「やさしすぎる」社会に嫌気がさし、
Watch me を体内に入れる直前に
自殺を試みようとする15才の主人公たち。

<i:大人になることを受け入れるふりをすること>
<i:大人であるとシステムをだましつづけること>

そして、それが未遂におわり、
13年後に生きる主人公のストーリー。

「いのちを大切にする」という大命題を追及するあまり、
皮肉にも
「個人」「意志」「精神」といった概念自体が
希薄になった社会において、

それでも「じぶん」を体現しようとする
主人公「トァン」

わかる人にはわかる、etmlという言語を使用し、
驚くほどよどみなく、緻密な筆致で
悪夢的な近未来を描いたこの小説は、
日本SF大賞をはじめ、多くの賞に輝いた。

しかし作者、伊藤計劃氏は
2年ほど前に受賞を知ることなく、
この世から去った。
享年34才!!

なお、この「ハーモニー」は
実は「虐殺器官」という小説の続編。
順序が逆になってしまったけど、
僕は、いまその虐殺器官を読んでいる。
事実上、この二つの長編のみしか、
残さず亡くなったとは。。。。。

その計り知れない才能を思うと残念でならない。

最後に、
この「ハーモニー」は英訳され、
今年のPKディック賞にノミネートされているらしい。

墓に花を盛るのは、人の世の常だが、
できれば、
生きているうちにしっかり評価されて欲しかった。。。。
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)/伊藤 計劃

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-04-27 02:46:51

face bookやWEST TOKYO SOCIAL ARTS CLUB のことなど。。。

テーマ:Blog
震災後に、face book をはじめました。
twitter,face book,mixi,blog....
いろいろあるんで、
なんだか訳が分からなくなってしまいそうですが、
僕なりのペースでやっていこうと思っています。
そういえば、余りにもホームページもほったらかしですが、
そっちの方も、そろそろしっかりやラニャ!と思っとります。

本日、face bookで
WEST TOKYO SOCIAL ARTS CLUB
のコミュニティを立ち上げました。
ネーミングが、今イチとか突っ込まないで下さいね。

ココ2回ほどfukusukeでやったライブは、
実はこのWEST...(以下WTSAC) プレゼンツだったわけですが、
それに気づかれた方も気づかなかった方もいらっしゃるようで、
そろそろ、一体WTSACって何なの?
に答えていかなければいけないな、と思っていたんです。

amebaにも、
こういったコミュニティは作れるのかもしれないのですが、
よくわからないので、
とりあえず旗揚げはface bookでしました。。。

facebookに登録されていない方や、
いちいち、facebookでも吉澤にフレンドリクエストするのが
面倒くさい方もいらっしゃると思いますので、
軽くココでも説明しておきます。

WTSACとは、
私が住む西東京エリアから、
ミュージシャン、アーティスト、デザイナー
などの複合体を作り上げ、ゆくゆくは、
最高のライブハウスや、ギャラリー、クラブなどの、
スペースにたくさんの人々が集って、
切磋琢磨できたらいいな、という趣旨のもと、
わたしが立ち上げたものです。

西東京在住であることが参加の条件では、
ありません。

裏を返せば、
都内って、なんでもあるんだけど、
結局、散漫だな~。って思うことがあるので、
むしろ、私が住むこのエリアの周辺で、
みっちりがっちり、アーティストが手を結べば、
都内よりもディープな文化をしっかり創れるんじゃないかな、
って思ったのが、
きっかけなんです。

というわけで、
興味を持たれた方は、
facebookで、じゃんじゃん、
このWTSACにちょっかいを出して下さいませ。

どうぞよろしく!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-25 15:28:24

SleepでWalkerな夜。そしてひさびさの世界逸産へ

テーマ:Blog
きのうはメモリアルな夜になりました。
FUKUSUKE11周年おめでとう!

まさやん、こだまさん、ありがとう。
来てくれた皆さん、本当にどうもありがとう。

カヴァーしたのは、
Les Fluer
Sun Goddess
の2曲

最後にお送りした2曲。

ベースのソロで始まる曲。
After the rain(新曲)

ゴスペル×Earth,wind&fire×Weather Reportな
The Chain...キズナ(新曲)

これからも来てくれた人の
元気の源になるような、
サウンドをつくっていきたい!

まさやんが加わり
愛の河で締めくくったライブのあとは、
朝までスペシアルなセッション。
店は、爆弾が落ちたような状態になってしまったらしい。

というわけで、この勢いで
今週末、土曜日は六本木アルフィー
来週、水曜日は目黒楽や
久々の世界逸産を思いきり楽しみたいです。

5/14(土)には、
前回のトリオ(ミドリン、イケッチ、me)
が大反響を呼び
またまたTHE ROOMで急遽ギグが決定!
見逃してしまった方は、ぜひともどうぞ!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-04-23 22:25:49

最後のお願い

テーマ:Blog
昨日は、ノブちゃん、イケメンとリハーサル。
本日は、フェンダーローズをFUKUSUKEにマスターのN氏と運び込んだ。
そのあと、ジャズ・バー「韻」(いん)で一杯飲んだあと帰宅の途に。
国立の駅前では、選挙前日ということで、
市長候補の人が支援者(ほとんどが事務所の人だと思うけど)
の人たちとシュプレヒコール。
久々にシュプレヒコールを間近で体験。
あり得ないほど長く感じた。
おそらく3分くらいのものだろうけど、
もうヤメてくれ~! > <
と思ってから、何度も何度も!!
国立を~~~変えよ~~!(国立うぉ~~変えよぉ~~!)
ぜったぁいーー変えよ~~!(じぇったぃ~~変えよぉ~~!)
みんなでぇ~~変えよ~~!(みんなで~~変えよぉ~~!)
明日を~~変えよ~~!....
国立うぉ~~~変えよ~~~!!!....
これがワンセットでそれが×5
そのあとまたフレーズが代わり、
それが5セット、それで終わりかと思ったら、
また何かはじまる。という具合。

最後のお願い攻撃。

きつかった~!

んで、立川から家に歩いて帰ったんだけど、
猛烈な風雨で、ほんとに体ごと飛ばされるかって勢いだった!

ふうぅ~~~!(not親爺ギャグ)
キツい一日だった。

そして、私からの
皆さんへの最後のお願い!

明日、頼むからライブ来て~!!
頑張っていい演奏するから~~!!
楽しいよぉ~~!!
(×10)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-19 15:06:14

気仙沼/ヴァンガード

テーマ:Blog
もう10年以上前になるけど、
ボーカルの酒井俊さんのグループで
気仙沼のヴァンガードに行ったことを思い出している。

ヴァンガードは、普段はジャズが流れる喫茶店。
というか、コーヒー専門店。

お店に到着するなり、
コーヒーじゃなく、
大皿に山盛りのホヤが乗っていて、
「好きなだけ食べて下さい」
って言われた。
ホヤは嫌いじゃなかったけど、

日本酒と一緒にチョボチョボつつくイメージだったので、
面食らった。

しかし、食べてみると、
あり得ないほどフレッシュでエグミも全くなく、
すっきりした甘みと後を引く海の香りで、
腹一杯食べても飽きがこなかった。
カツオ、マンボウと並び、
気仙沼名物ということで、
その感動的美味に、とことん舌鼓を打った

しかし、ライブ終了後にも、
同じように大量のホヤが振る舞われたときには、
さすがに引いた(笑)

翌日早朝、魚市場におもむき、
白銀色に輝くデップリしたカツオの腹が、
何百体も並ぶさまを目撃した。

「ああ、やっぱり漁師ってすんごいなあ」

と無条件にそう思えた。

マスターのコンノさん(確か昆野?)に
最後に連れて行ってもらったお寿司やさんで、
気仙沼自慢の新鮮なお魚、
マンボウの刺身や、何かのサカナの内蔵
(何のサカナか忘れてしまったー^^)などを、
たらふくご馳走になった。

震災後、マスターのことが気になっていたけど、
一ヶ月も経って、
何のアクションもしなかった自分を心底憎んでいた。

そしたら、今日こんな記事を見かけた。
http://jazzangya.jugem.jp/?cid=37

「あー、マスター、元気にがんばってる!
気仙沼で頑張ってレコードかけてる!」

と一気に嬉しくなった。

誰かのバンドでいく時は、こちらからは一切、
連絡先を聞かないことにしているので、
(そういうシチュエーションで、自分のバンドを
売り込むのは、よくないと思っているので)
マスターの連絡先も知らないのだけど、
震災の起きた晩、気仙沼が火の海になっている
映像を見たときには、胸が締め付けられる思いだった。

でも、マスターがあの津波の中、
生き延びられて、存命されているとわかり、
本当によかったと思った。

また、彼に会えるかどうかはわからないけれど、
ごちそうになった「ほや」の味と、
温かい気仙沼のお客さんのことは決して忘れない。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-04-13 00:37:06

ぼくを救ってくれた一本の映画

テーマ:Movie
サクリファイス/アンドレイ・タルコフスキー
今から25年前、ぼくが神経症を患い入院していた頃のはなし。
外泊をもらって実家に戻った晩に深夜テレビを見ていた。

大好きなバッハのマタイ受難曲が流れてきた。
画面は、美しい宗教絵画をこれ以上ないほどの
ゆっくりとした速度でなめる。
それに続いて、茫洋とした浜辺に寂しそうに木が一本。
そして老人と子ども。
そこから話が始まっていくのだけど、
映画というよりも、ゆっくり動く絵画のよう。
今まで観てきたハリウッド映画の10倍、
いやはるかそれ以上にスローな展開にもかかわらず、
そのテンポ、というよりリズムにす~っと吸い込まれていった。

ぼくの神経症は、理由もなく時間のシーケンスがループし、
そこからはい出そうとすると、最後に核戦争が始まる。
という最悪の妄想にとりつかれてしまったことに起因していて、
まさにこの映画の主人公、そのものだった。

物語が進むに連れて、
主人公が自分自身とオーバーラップしていくに連れて、
恐怖を覚えるどころか、
世界のどこかに、こんな奇妙なことを考える人間が、
ぼく以外にいるんだ。
それどころか、それをこれ以上ないスケールとリアリティをもって、
映画にしてしまう怪物がいるんだ。という事実に、
興奮をもってのめり込んでいった。

おそらく、外泊した晩に、この映画に出会っていなかったら、
ぼくはまだどこかの精神病院でピアノに触れることもなく、
虚ろにつぶやいていたかもしれない。

この映画のテーマについては、
哲学者や評論家はじめ多くの人が論議をしているけれど、
「核の恐怖」「世界と家族」「神と人間」「妄想と現実」
そのどれもが当てはまり、それ以上だと思う。

ぼくにとっては、
地獄から救い出してくれた福音書であり羅針盤。



いま、
言葉にならない理不尽な恐怖におびえながら、
みな口々に、明日のことを憂いながらあえいでいる。

ゆっくりと腰を落ち着ける時間を見いだして、
ぜひ、この映画をじっくり見て欲しい。

ぼく自身といえば、
真偽さまざまな、いろいろな情報の洪水の中で、
一体何をなすべきか、何をなさぬべきか、
整理できないでいる。
4度の入退院を繰り返し、
十分精神的に強くなったつもりでいたけど、
本当の試練はこれからなんだな。。。
って思っている。

この映画には、
というよりも、
監督であるタルコフスキーのすべての作品には、
通奏低音のように、
この世に生きるすべての人に向けた、
愛と美のメッセージを感じる。

受け取り方は人それぞれあると思う。

ぼく自身にとっては、
この世に生を受けて、
この映画に出会ったことは、
最高の啓示だったと思う。

最後に余談になってしまうけれど、
沖野修也氏との伝説的ユニット。
エレクトリック・シープ。
このユニットのペンネーム、
タルコフスキーは僕。
ドストエフスキーは沖野氏。

永遠の憧れでもある。。。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-04-11 23:38:11

春に虫ふたつ。蠢く(うごめく)

テーマ:Live report
ザ・ルーム、営業再開バンザ~イ!!
そして急遽呼んでもらってほんとにありがとう。
吉澤はじめ Jazz from the Edge of the Universe
今年は、去年さぼった分頑張るって言ったけど、
サークルで新しい仲間と演ったり、新曲たくさん披露したり、
FUKUSUKEでギター弾いたり、久しぶりにミドリンと共演できたり、
本数こそ少ないけれど、エンジン音がいい感じで、
吹き上がってくるのをやっと感じてる。
何かが吹っ切れたのも実感としてある。
まあ、それは震災が影響しているのは間違いないんだけど、
そろそろ、動かなきゃってずっと思ってたから、
遅すぎるくらいなのかもしれない。
充電はできてるから、
きよしろーさん的にいえば、
【バッテリーはビンビン】なのかも^^
今月は、イケメンとノブちゃんと再会ライブがあと一本あるけど、
凄い楽しみ。
吉澤はじめ Jazz from the Edge of the Universe
それにしても、ぼくがいうのもおこがましいけど、
ミドリンよかったな~。
というより、イケッチとミドリンとぼくの相性かも。
DJの佐藤くん、いわく、
「バチコン感がヤバかった」らしい。
吉澤はじめ Jazz from the Edge of the Universe
ステージ後半は、新曲ばかりだったけど、
オーディエンスの反応は素晴らしかった。
やっぱり、ルームは素晴らしいクラブだよ。
感謝感激!!
吉澤はじめ Jazz from the Edge of the Universe
イケッチも、逞しい音だすよな。
なんか男の人生を感じるよ。

う~ん。
やっぱりやる気、でてきたぞ~。
いっぱい曲書いて、演奏したいぃ!
ってことで。。。。

4/24もお楽しみに!!!
吉澤はじめ Jazz from the Edge of the Universe

all photo by Maria Golomidova
吉澤はじめ Jazz from the Edge of the Universe


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-01 22:32:58

急遽決まった二つのギグ

テーマ:Blog
トリオのギグが二つ決まりました。

ひとつは。。。
4月9日(土)渋谷ザ・ルーム

来週の土曜日ですね。
ずいぶん急ですが^^

メンバーは、
イケッチ=池田憲一(b)
from ROOT SOUL
ミドリン=緑川直人(ds)
from SOIL & PIMP SESSIONS
+私です。

夜9:00オープンだと思われます。
演奏は夜中かな?

もう一つは。。。
4月24日(日)国立FUKUSUKE

メンバーは、
イケメン=池田潔(b)
ノブチン=藤井伸昭(ds)
いわずと知れた from SLEEP WALKER
+私です。

こっちは夜7時オープンの7:30演奏スタートの予定です。

詳細わかったらまたお知らせしますが、
基本的には、お店のホームページなどで調べていただけたら、
間違いないかな?

しかし、みんなあだ名があっていいですね。
ちなみに、私も昔はヨッシーと呼ばれていましたが、
最近は、あまり使われなくなりました。

こんなご時世ですが、
ぜひ、足をお運びくださいませ。。。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
吉澤はじめオフィシャルブログ
EXTRA FREEDOM

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース