CROSSOVER JAZZ
dummy
2008-02-28 09:02:27

LAタイム

テーマ:Blog

L.Aに行くのは、久しぶりだなー。
なんて思ってたら実は、17年ぶりだった!
要するに前回は、
僕のデビューアルバムを制作した1990年の8月以来ということになる。
まさに、浦島太郎。
右も左も....
と思ったら、そこまでじゃなかった。

当時は、通算で6ヶ月のステイだった。
州の運転免許証もとって、
叔母夫婦宅近辺の買い物から、
ダウンタウンのジャズクラブや、
友達の家まで、
わが町同然のように車を乗り回して、
遊んでいた。

この世離れした気候と風土、
スケールの大きな街、食べ物(笑)に慣れたのちに、
東京に戻った時は
副都心のビルまでがミニチュアのように見えたものだった。

今回はレコーディングをする、
という限定された目的のための滞在。
LAは例年に比べやや冷え込むとのことで、
ジャケットやジャージなどを用意してきた。

しかし、空港について、
あまりの夏!な感じに、
すぐに脱ぎ捨てた。
迎えにきていただいたのは、
ヴィレッジアゲイン社長の又村氏の妹さん。
こちらにもう10年以上住んでいて、
すっかりLAの空気になじんでおられた。

道すがら、LAの雰囲気を存分に味わった。
NYとは、ほぼ正反対の空気。

叔母夫婦、
つまり母の妹とピーターが住む
サンタモニカの自宅兼スタジオの周辺は、
かなり雰囲気が変わっていた。
何しろ17年ぶりである。
叔母の話によると、かなり地価も上がっているらしい。

それにしても、美しい町並みだ。
繰り返すが、浮世離れ、とはこのことを言うのか?

夜になって、
ピーターとUSC(南カリフォルニア大学)にいく。
彼はここで学生を教えている。
この夜のテーマは、
「time awareness(タイム感、ということになるかな)」
30人あまりの生徒に、
タイムをどうやって感じるか、
細分化したリズムを身につけることの重要性、
などなどを、
具体的な例をあげたり自らのドラムプレイなどで、
教えていた。

JAZZを含めたモダンミュージックを、
本格的に教える学校は、
日本にはないと思っている。

まねごとを教えるのではなく、
本当の基礎からはじまり、
わかりやすく、かつディープに、
応用、現場でのメンタルも含め
教える、というよりも伝える。
そんな先生自体が、
いったいどれだけいるのだろうか?

まあ、そんなわけで、深く考えさせられました。

それにしても、
夜も涼しくていい気持ちでしたなあ。

やっぱり、LAっていいとこなんですねー。

明けて今日水曜日も、とてもいい天気。
お昼頃、調律のキースさんが来た。
調律の仕上げに、
古いジャズのスタンダードをまことに流暢に弾いてた。
びっくり!

右側の方が調律のキースさん

スタジオと自宅をつなぐ庭には、
オレンジやレモンの木がある。
いやー、とにかく快適な場所ですな。

下がスタジオ入り口です。わくわく。

昨夜USCから帰って、疲れ果ててワインを飲む。


明日は録音当日。
がんばりまーす!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-02-25 18:39:52

朝10時から翌朝午前1時まで

テーマ:Recording report
24日は、日本でのレコーディングの最終日。
でもよくあることだけど、
最後に限って、一番きつい日になったりする。

元々は、朝10時から夕方6時まで、
竹内直さんのワンホーンで一曲の予定だった。
それが、急遽もう1曲録音することになって、
午後11時までスタジオをロックアウト。
エンジニアの方たち含め、
スタッフ、メンバーみんなが、
いわばマラソンレコーディングに挑んだ。

直さんは、先月までセネガルを旅していたそうで、
ますますタフ&ビューティフルな音色を、
奏でてくれた。

荒巻、珠也の二人は、
ほぼ連日の過酷なレコーディング・スケジュールの中、
たんたんと、そしてますます充実したプレイで、
僕を支えてくれる。

夕方になって、納得のいくテイクが録れ、
ほっとするのもつかの間、
最後のヴォーカル曲にトライする。

歌は、シャンティ・スナイダー。
ゴダイゴのドラマー、トミー・スナイダー氏の娘で、
まれに見る豊かな才能の持ち主。

彼女と仕事をするのは、今回がはじめてだけど、
知り合ったのはもう15年以上前のこと。

そのとき彼女は6つか7つだったと思う。
僕のおばの親友が、彼女の母親、ということで、
遊園地に遊びに連れてってあげたりした。

時を経て一緒に仕事することになるなんて、
想像もつかなかった。

それにしても、
あきれるほどの、気持ちのいい声の持ち主。

さらに、メロディを最大限に引き立てる歌詞も、
彼女自身の手によるもの。

10時を回り、たまった疲労との戦いも最高潮。
しかし、そんな中で、渾身のテイクが生まれた。

その後も作業は続き、スタジオを出たのは深夜1時。

とうとう、日本での全レコーディング行程を終了した。
来月からは、いくつかのダビングとミックス。

明日からは、
アルバムに収録予定の最後の1曲を録音するため、
L.A.へ出発する。

その様子は、また!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008-02-23 14:00:27

2/20&22@砧クレッセントスタジオ

テーマ:Recording report
昨日はとてもポカポカな日だったなー。

猫さんたちは、気持ち良さそうにしてます。

そんな中、日本でのレコーディングも大詰め。
水曜は渋谷でリハーサル。
金曜は砧のクレッセントスタジオで録音。
akikoをゲストに迎えました。
曲は、原題「木曜日」
ライブでは、おなじみの曲ですな。
彼女が歌詞を書きました。

右端は、エンジニアのナベちゃんこと、渡辺正人氏。
あ!その隣は...
21日のBirthdayPartyで、婚約を発表された沖野修也氏!
おめでとうございまーす!
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2008-02-20 10:13:27

2/18,19 with NavashaDaya

テーマ:Recording report
DEVA登場です。

「バルチモアの美空ひばり」
NavashaDayaがやってきました!!

本田珠也in the booth

ピアノはYAMAHA CS7Ⅱ。
いい感じの年季の入り具合です。
 
荒巻茂生in the booth
 
素晴らしい メンバーたちのおかげで、
最高のセッションになりました。
Navashaは、僕の中では日本人以上に日本人。
ソウルのベクトルと深度が違うんです。
あーーー!
歌って素晴らしいー。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-02-17 03:50:09

2/15~16 どこで誰と何を...

テーマ:Recording report
ヒント1:
日本人なら
誰もが知っている
この建物の
間近にあるスタジオで...

ヒント2:
二人の
でらスーパーなテナー・プレーヤーと....
 
ヒント3:
こんな感じのセッティングで....
何を????

ヒント4:録音した2曲の楽曲のキーワード
= A.A.A

スペシャルヒント!
AFRICA , AMERICA
& ASIA (JAPAN & COREA) !!!
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2008-02-15 12:43:12

山中湖2/12〜14

テーマ:Recording report
山中湖でのレコーディング風景です。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-02-06 13:46:49

リハーサル

テーマ:Rehearsal
kumejoe3
今月頭から昨日までの5日間は
連日レコーディングのためのリハーサル。
久米川のバーを借り切って猛練習。
kumecats1
今回のアルバムは
ピアノトリオを軸に
強い個性を持つ素晴らしいプレーヤーが
多数参加する。
アルバム全体のコンセプトを
トリオのメンバーにまず理解して欲しかったので
3人でのリハーサルをみっちりやった。
kumejoe2
コンポーザーとしての自分はもちろん
ピアニストとしての側面も強烈に打ち出したいので
弾き込むことも大切。
kumecats4
来週から山中湖のスタジオで
このトリオでのレコーディングからスタート。
さらに
五十嵐一生と緑川英徳の二人が加わり
クインテットでの録音も行われる。
そのためのリハーサルも同場所でやった。
kumehaji1
どんなサウンドが生まれるのか
すごい楽しみ。

世界逸産としての
本格的な録音活動の端緒にもなる。

緑川氏を加えたのは
世界逸産そのものとは
一線を画すため。
kumehaji3
彼が素晴らしいプレーヤーだというのは
ずっと聞いていたけど
この機会に
一気に録音までできるなんて
とてもラッキー!
kumehaji2
沖野修也氏の心強いサポート。
ミュージシャン視点とは違う
選曲家ならではの視点による
的確な助言を得ることで
アルバムを
より充実したものにしたい。

写真の多くは
ブリーフウォーカー写真部
joe君、cats君の両名に撮っていただいたもの。

どうもありがとう!
kumehaji4
番外編1
久米川の居酒屋サラリーマン。
焼き鳥がおいしい。

オグvsラッコら
番外編2
関係ないけど、うちの猫。
癒し。
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2008-02-01 03:04:01

アボカド、唐墨、トンブリ、豚、たら、牡蠣

テーマ:Cook
abocadon'karasumi
アボカド、本当に大好き!です。
これは炙ったからすみとニンニクがアクセント。
acocadon'tofu
わりと定番の豆腐とのコンピネーション。
甘めの醤油だしにわさびを加えます。
アボカドは、
近くのスーパー「さえき」のものが抜群においしい。
逆に東急ストアのは当てにならないのだ。

natto-pasta special karasumifantasy
からすみも大好物ですよ!
でも、高いんです。トホホ。
太めのパスタに小粒と大粒の納豆、
長崎の中華の名店UのM.Iさんからいただいた生の唐墨を贅沢にトッピングしました。
白く写っているのはおいしい桜えびです。

もう一皿。
からすみ好きが見たらよだれが垂れる、唐墨三昧の一品。
生と乾燥させたものにトンブリを加えて、
まさに見た目、JowelBoxです。
tombrin'rakkyo shiokaran'tombri
はい、おつぎは前を受けて、トンブリです。
食感がたまらんです。
一つ目、トンブリにたまり漬けのらっきょうを細かく刻んだものを加え、マヨネーズで和えています。
日光名物のたまり漬けは濃いめの味付け。みそと酸味が奥行きのある味を作り出します。
ここで業務連絡。
Bar FのN君!
これを食べてらっきょうを好きになりなさい。
ついでに、これ絶対ヒットする!
メニューに加えましょう!!(以上業務連絡)

もう一つは、いか塩辛とトンブリにゆず。
まあ、ありきたりと言えば、そうかな。
でも、トンブリ君はいい仕事をしてくれます。
おまけに結構栄養もあるらしいんです。
L3524hell!
おっと!間違えた。
じゃなくて、
これは、先日のブログに書いた僕にとっての難関フレーズです。
このテケテケ12個を1秒間以内で弾け!
というわけです!

それでは、引続き。お料理お料理。
porkn'jinjer w:mt
豚肉の生姜焼きを作り飽きたという方に提案。
若干薄味にショウガ醤油をなじませた豚肉を、春菊といためるときにオイスターソースを大さじ1弱まぜて味にコクと甘みを足します。
そして、盛りつけるときにたっぷりの大根おろしをのせます。
長崎の軽薄大統領Tくんの口癖でいうところの
「かっなり美味しかですー。」
secretn'potato
secretspecial
上の二つは、豚肉であって豚肉にあらず。
かのイベリコ豚。
それも最上クラスの肉の中からさらに特別により選別されたセクレトと呼ばれるものでございます。
よって、僕がどんな頓珍漢なことをこの肉に施しても、さしてその肉本来の味が失われるということはない。というと少し大げさですが、それほど素晴らしいお肉さんでした。
近所の中華の名店TのマスターO君からの提供でございます。
上のお皿は洋風テイストに味つけました。
ジャガイモとのマッチングは悶絶もの。
下のインゲンとの組み合わせも、ばっちりでした。

cod plate
珍しく昼食の様子。
スーパーで100円ちょっとぐらいで売られているタイを心を込めてムニエルにしたら、
「かっなり美味しか~。」(しつこい?)
あれ、やっぱりアボカドがいる!

最後に紹介するのは、牡蠣の土手鍋。
最近のさぶさには、最高の一品です。
oyster dream1
oyster dream
上が食す前。下が食している最中。
見ればわかるかな。
広島の白みそと、赤出しを1:1で合わせ、砂糖を加えたあと、酒とみりんでのばすわけです。
もう既にこのみそダレだけで、焼酎一本呑める!かな?
いやー、とにかく土手鍋最高!

おっと、もう2月。
今日からレコーディングに向けての、
リハーサルがいよいよスタートします。
できるだけ、
皆さんにも報告したいと思ってますので
お楽しみに。
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
吉澤はじめオフィシャルブログ
EXTRA FREEDOM

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース