CROSSOVER JAZZ
dummy
2006-12-20 04:35:49

リハーサル@ザ・ルーム12/17

テーマ:Movie

久々の動画です。
九州ライブに向けて、新たなアレンジでのぞむ曲もありますよ。
お楽しみに!
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-12-15 17:00:48

九州に向けて

テーマ:Rehearsal
二週間後にせまった九州ツアー。
昨日はザ・ルームでリハーサルをしました。

リハ@ザルーム
ドラムの天倉君は、マンデイ満ちるのバンドでも大活躍。
ベースのイケッチは、Kyoto Jazz Massiveのライブ・セットで、バンマスも担当。
二人が作り出すビートが、ビシッとかみ合うとムチャ気持ちいいよー。

リハ@ザルーム2
今回は九州限定のこのトリオですが、来年は都内でもこのメンバーでやりたいなーと思いました。

それはそうと、今夜はサムタイムでサックスの井上さんとのセッション。
初めての共演です。とても楽しみ!
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2006-12-13 16:30:15

スリープウォーカー。横浜でレコーディング

テーマ:Recording report
昨日は、横浜のランドマーク・プラザの中にあるスタジオで、レコーディング。
いつもは僕の自宅でレコーディングしているので、外部でレコーディングするのは新鮮な体験です。
ランドマーク
今回レコーディングした曲は、2曲ともカバーです。
来年春にリリースされるアルバムに収録される予定。
ランドマーク2
マサヤンはメインフロア。とても広いスタジオでした。
ランドマーク3
イケメン。相変わらずアグレッチブ!
ランドマーク4
ノブちゃんと僕は奥のブース。ブースといってもかなり広かった。
ランドマーク5
ピアノはヤマハのS700E。弾きやすいピアノでした。

アルバムの詳細は、また報告いたしますね。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-12-10 21:34:10

それぞれのTCJF2006

テーマ:Live report
今年のTCJFが終わった。
海を超えて渡ってきてくれた音楽仲間。
遠く関西、名古屋、長崎、新潟、秋田、海外....から集まってくれた友達。
みんな、ありがとう!!!
音楽が僕たちをつなげてくれる。

昨日はアフター・アワーズ@ザ・ルーム。
別れを惜しむミュージシャン、DJ、オーディエンスが一体となった。
楽しいセッションは延々と繰り広げられた。

SW集合
バネッサにはいつも人の温もりを感じさせてくれる。 
Bembe&Yukimi
ベンベとユキミ。
二人のカラーの違いが今回の僕らのステージをつくった。 
Diminti
ほっこりするというより、ホカホカする場所。
-THE ROOM-
  session
みんな演りたくてしかたないぃ!
Bwalker
この時すでに6時を回ってました。みんな帰れない。
  Bembe&Vannessa
それぞれのTCJFが終わった。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-12-07 17:53:44

明日の渋谷FMは「山口和与」特集

テーマ:ShibyaFM
明日の渋谷FM(78.4Mhz)。
「Beats & Vibes」(21:00~22:00)は、山口和与特集をお送りします。
山口和与氏の作曲家、ピアニストとしての才能と、
宮野裕司氏のアルトサックスの魅力をたっぷり楽しんでください。
試聴可能エリアにお住まいの方は、是非エアチェックしてみてくださいね。
彼の事について書いたブログはこちら↓
http://ameblo.jp/hajime-yoshizawa/entry-10020242589.html

Playlist
1,Adva1 (Drums of Death)
2,Sbagliato (metonymy)
3,Escher (c moll)
4,Manatee (c moll)
5,Isso (c moll)
6,Snave (c moll)
7,Consort (c moll)


ちなみに、ラジオをお聴きになった方でCD購入を希望の方は、
tati-stra@wm.pdx.ne.jp
まで、CD購入希望を明記の上、メールしてください。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-12-06 03:31:47

人をいじめた記憶

テーマ:いじめについて
この前、自分がいじめられた体験の事を書いたけど、今回は自分が小学生の頃に、人をいじめた話を書きます。

僕は小学生の頃、とても背が低い子でした。
確か6年生の頃に120センチぐらいしかなかったと思います。
とても活発で、いたずらをしたり、冗談を言ったりしていました。
放送部の部長をしていた頃は、きてれつな番組を作ったりして、まわりをかき回しては楽しませたりしたものです。
自分でいうのもおかしいですが、人気者でした。
「ダンジ」と言うあだ名で親しまれました。
一つ上の上級生に「日本男児のようにたくましくなれ」とつけてくれたものです。

小学校5年生のころだったと思いますが、近所にとてもお金持ちの同級生の女の子がいました。
背が高くて、細い目をした子でした。
何がきっかけだったかは覚えていないのですが、ひょんなことから僕が彼女のことを「エロミ」と呼ぶようになりました。
「エロミ!エロミ!」と呼んでバカにしたのです。
いつのまにか、まわりの同級生も、その子の事をそう呼びはじめました。
僕は、彼女が近寄ると、「わー、さわるなー!エロがうつるー。」といって避けました。
はじめは悪ふざけからはじまったイジメはだんだんエスカレート。
積極的に決してうす汚い子でもないのに、"ばい菌"扱いするようになったのです。
彼女はそれでもニヤニヤしながら、僕の肩を後ろから叩いて脅かしたりしました。
やがて、僕はクラスの人気者である事を利用して、みんなで彼女を無視したり、黒板にいたずら書きとかなどの嫌がらせをするようになりました。

あるとき、4、5人のグループで当時はやったこっくりさんをやっていたとき、「彼女がどこかでのぞいている」というような内容のお告げが現れて、みんながパニックになって騒ぐ事件がありました。
担任のM先生がそれを知って、僕たちに滝のような涙を流しながら叱りました。
僕たちも、いつの間にかみんな声を上げて泣いていました。
ちっとも、日本男児なんかじゃありませんよ。

それ以後、イジメは表面的にはなくなりました。

6年生の2学期に僕は転校し、やがて新しい学校に慣れた頃に、彼女のお父さんの会社が倒産した、という話をききました。
住んでいた家も引き払い、一家離散するほどの大打撃だったそうです。

それを聞いた僕は、自分が彼女の事をいじめた記憶を、どこかはるか遠くへ消し去ろうとしたものです。

僕はたまに過去のころの夢を見ます。
小学校の頃の友人と高校生の頃の友人がごっちゃになっていたりして、設定が無茶苦茶だったりもします。
でも、そこにはいじめている自分、いじめられている自分の両方がいて、服を着たままぬるま湯につかっているような不快感を覚えます。

自分が人をいじめた過去の事実を消す事はできませんが、その意味を繰り返し問い直す事はできる、と思います。

彼女へのイジメは、暴力こそなかったものの、まわりの人間から疎外されることの強烈な悲しみは、やがて僕自身がイジメられる事により、イヤというほど知らされました。

イジメ問題は、人々のコミュニケーションの中で、永遠に避ける事のできない命題だと思います。
それでも、少しでも思いやりのある社会を実現するためにできる事を、模索しつづけたいと考えています。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-12-03 17:25:58

長崎へ愛をこめて

テーマ:Cook
前回の続き。

クエを家に持ち帰り、
てんやわんやしながら妻と仕込み。
7時過ぎに、五十嵐一生が到着。
塩昆布を刻んでもらったり、野菜を切ってくれたり......手伝ってもらう。

そうこうするうちに国立の酒場FのNご夫妻、グラフィック・デザイナーのMさんが登場。

まずは、日光のとろ湯波とウニをつかったつきだしを...
とろユバとウニ塩昆布まぶし
わさび醤油をしみ込ませたアボカドと刻み塩昆布の塩味が、ポイント。

やがて、革職人のHさん、大月から足を運んでくれたN氏も加わり、にぎやかな雰囲気に。
銀杏とむかごをごま油でいためたおつまみ。
むかごと銀杏
さらに、N氏から大月の馬刺。
大月の馬刺
あれ....
いつになったらクエが....
...............

お待たせしました。
クエの登場です。

クエ6
おっと、そのまえに、クエのなめろうで期待をさらに高めましょう。
クエのタタキとなめろう
ちなみに上の写真は翌日にとったもの。
左がなめろう。右はタタキに塩昆布とゆず胡椒をあえたもの。

クエ....投入!

クエ7
今年のクエは、身が締まっていて、ほどよい弾力と旨味が口の中で幸せのハーモニー。
口のまわりは金メダル級のコラーゲン地帯。
Hさんが差し入れてくれたスダチと醤油、それから少しダシを加えたつけダレでいただきます。
前日に、中華料理屋のご主人Oさんと相談して、青菜を水菜にしましたが、大正解。

そのOさんのつくった砂肝のピリ辛は絶妙の味付け。
砂肝ピリ辛
ベーシストのYさん、店が終わったOさんも駆けつけ、鍋は佳境に。。。
クエ9
箸休めの牡蠣キムチは大好評!
この小牡蠣も長崎の井上さんから送られてきたもの。
とても新鮮でした。
牡蠣キムチ
かまの塩焼きもうなり声が出るウマさ!
クエ8
目玉のまわりや、ほほ肉、額肉....
やわらかく肉汁たっぷりの身を口に入れると、あまりのうまさに悶絶。

さて、鍋の仕上げは雑炊!
クエ10
甘み、旨味、塩味......口の中でとろけるとろける。

まさにこれが究極の鍋!
井上さん、どうもごちそうさまです!


最後に、おまけ。

鍋当日は、終了間際に訪れたため、少ししか食べられなかったボーカリストのMくんと俳優のGさん。
翌日に、再戦を行なった。

鍋後半に、カマの塩焼きの残りをダシに加えたらとてもコクが出た。
新たな発見。
昆布だしの味見1 昆布だしの味見2
その味見をするMくん。さすがフロントに立つ男。いい顔してますな!
クエの麻婆
クエの麻婆も作ってみた。
これが何ともまた、うま~い!
クエと出刃
翌日の鍋には、なめろうをつみれ状にして鍋に入れた。
ちなみにこの出刃包丁も長崎の包丁職人さんに作ってもらったもの。
ほれぼれする美しさ!

長崎へ愛と感謝をこめて.....
ありがとう!!!

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-12-02 02:35:06

長崎より愛をこめて

テーマ:Cook
クエ(アラ)が届きました。
長崎の中華の名店「キッチン雨月」のご主人からいただきました。
クエ1
去年の今頃も送ってくださったのですが、地元の友達と大騒ぎしながらクエと格闘したもんです。
今年も、地元の中華の師匠Oさんの指南のもと、クエとの死闘が繰り広げられました。

クエ2

クエ3
まずは、ウロコとり、ヒレ切断などの下処理をOさんにお願いしました。

クエ4
それから、入手したばかりの左利き用の出刃を手に僕が、エラを切り離し、さらに三枚におろしていきます。
クエ5
とどめは、やはりプロにお願いします。
でも、これ以上のグロテスクな画像は自粛です。

このクエがどうなったかは、次回。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
吉澤はじめオフィシャルブログ
EXTRA FREEDOM

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み