どうぞ俳人ホームのHP へも
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-27 18:06:04

俳人ホーム<伏見吟行の結果発表>

テーマ:俳句

小春日和の伏見吟行。楽しい句会でした。句会の結果です。

 

 冬もみぢ無用に生きてもいいですか              ちぢみ    ⑧

河童の屁冬でもすっぽんぽんですぷ              変亭       ⑥

かしこみて参る双子や七五三           里眠       ④

冬眠の前の逡巡京うどん    たかし    ③

くらくらとめぐる伏見や温め酒       里眠       ③

蛇の道を探してポインセチアまで    たかし    ③

洟垂れてデジャブ龍馬の懐手           変亭       ③

小春日や龍馬疾走ブーツ鳴る           ちぢみ    ③

鈍行の幸せ間隔小春日和    きよみ    ③

裸枝(はだかぎ)の恥じらいもある初句会    希美       ③

酒蔵と緑の疎水冬のモネ    東西       ③

言霊のふるふる伏見谺降る              たかし    ②

さう云えば母のやわ手と玉子酒       変亭       ②

たれ口は冬季限定よだれかけ           疲労子    ②

踏切の開けば師走の商店街              三椒       ②

寒椿龍馬お龍の影走る       三椒       ②

冬銀河会津は今も泣ゐてをり           零仁       ②

禁酒中冷たし井の水ほろよいに       東西       ②

十石舟龍馬も見たか寒椿    零仁       ①

冬うらら龍馬が駆けた路地抜ける    陽太       ①

伏見路の亡母(はは)想わせる干大根           希美       ①

綿虫を追いかけ龍馬の夢の跡           里眠       ①

酔ひどれて伏見の銀座サンタ舞ふ    疲労子    ①

あんまんを半分あげたくなった人    きよみ    ①

反乱の晩秋伏見昼の月       たかし    ①

蒸米の湯気ゆらめくや杜氏の冬       奈津子    ①

トランプの冬や酒蔵酒林    疲労子    ①

水澄むやことに伏見の伏流水           三椒       ①

小春空竜馬の下駄の響きけり           奈津子    ①

先読みの苦手な夫婦小春日和           きよみ    ①

小春日や焼き塀白くに蔵の歳           変亭       ①

酒蔵の煉瓦煙突日脚伸ぶ    零仁       ①

水音の白壁蔵落葉吹く       希美       ①

厄年を通り過ぎて京の冬    ちぢみ    ①

客を待つ十石舟や寒椿       奈津子    ①

小春日の大倉記念一人占め              希美       ①

杜氏の声遠くに聞きて冬日向           陽太      

聖水は時を隔てて冬籠り    陽太      

落葉踏み登り下りの一本道              ちぢみ   

秋晴れや竹田の子守は寂しかろ       零仁      

極彩の唐破風屋根や御香宮              里眠      

めづらしき顔ならなくに七五三       疲労子   

十石舟静止画のごと冬の川              陽太      

御香宮舌にまろやか冬の水              奈津子   

利き酒に鼻を近づけ菊日和              三椒      

冬の空暗い細路地足音探す              東西      

小春日や初めまして遅刻魔です       きよみ   

 

 

柳葉魚さん追悼句

 

日向ぼこ龍馬通りに来てたのか       たかし

ひげの影残したままに冬不明           たかし

秋惜しむ百万遍のハムレット           陽太

開けられぬメールを残し初時雨       陽太

旅人はひっそり寒椿となる              ちぢみ

ホンジャラスと手を振る背中しぐれ空           三椒

水鏡破れて句友の訃報あり              零仁

芒原ちいさく揺れてさようなら       零仁

冬茜含羞の人かくれんぼ    零仁

最期まで秘密主義者九条葱              きよみ

ゆきゆきて千の北風頬を過ぐ           変亭

あくまでも気高く柳葉魚海渡る       茶呉

群れ泳ぐ柳葉魚の個性誰ぞ知る       茶呉

「一歩づつ」柳葉魚の言葉忘れまじ              茶呉

9月12日柳葉魚忌とは誰が言うた  茶呉

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016-11-25 08:14:46

俳人ホーム 秋の吟行 『伏見桃山 酔水散歩』

テーマ:俳句

~俳人ホーム 秋の吟行 『伏見桃山 酔水散歩』~
     2016年11月26日(土)

【参加者】
三椒さん、渡部疲労子(ひろし)さん、奈津子さんご夫妻<三椒さんご友人>、takashiさん、大倉希美(まれみ)さん<takashiさんご友人>、陽太さん、ちぢみさん、きよみさん、里眠さん、変亭さん、雪柳さん、東西さん、零仁さん    計13名

※茶呉さんはご家庭の都合で残念ながら不参加の連絡がありました。

【スケジュール】
<10時>
 近鉄電車「桃山御領駅」改札口集合  11名※
  京阪電車「伏見桃山駅」からは徒歩2分ほどです。
  わからないときは零仁携帯080-5356-3892まで。     
  ※takashiさん、希美さんは句会会場からの参加となります。

挨拶などした後、三々五々、散策となりますが、今回、11人と人数が多いため、全員一緒だとお昼時、お店に入るのも苦労すると思います。そのため、漠然と3つぐらいのグループになればいいなぁ、と思い、便宜上、リーダーを3人たてました。零仁、里眠、変亭の3人です。とは言っても、リーダーの役割はただひとつ。
「句会会場に13時までにたどり着くこと」だけでして,観光ガイドや道案内をするわけではありません。現地に詳しいわけでもなく、行き当たりばったりですので、その点は期待しないでください。ともあれ、「いやいやワタシはひとり思索にふけりたいねん!」という方は遠慮なく、単独行動も構いません。その点はどうぞご自由に。

★注意★
今回、従来のように、句会会場についてから句作に費やせる時間がほとんどありません。
句会会場に着くまでに提出できる状態までに仕上げるようめざしてください。

<13時>句会会場「伏見青少年活動センター」和室に集合。
「伏見青少年活動センター」は、伏見区役所の建物の4階です。エレベーターを出て右へ(階段だと 左)、ラウンジみたいなスペースの一角を仕切って和室があるとのことです。

 ★今回、投句は4句でお願いします。
 ★また、この4句とは別に「柳葉魚さん」への追悼句がありまし
  たら、ご提出ください。こちらは出すのも自由。出す数も自由
  とします。「柳葉魚さん」とご縁のあった方はよろしくお願
  いします。

<13時半>投句〆切
  会場に着いてから〆切まで30分しかありません。
  ご注意ください。

<14時> 清記終了。
<14時~15時> 選句
<15時~16時> 披講
  ※会場は16時までですので、こぼれた分は二次会会場で。
   伏見桃山駅~JR京都駅に移動

<17時>JR京都駅 駅前の居酒屋「酔心」の個室にて、
     続き、ならびに懇親の宴
     松山さんの名前で予約が入っています。
       
     ◆酔心 京都駅前店◆
     京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町719
     SKビルB1F・B2F (京都タワービル東向い)
     OPEN 17:00~24:00(L.O.23:30)
     TEL 075-365-8882
     飲み放題4000円のコースで頼んでいますが、
     お酒呑まれる方4500円。
     呑まれない方3500円でお願いします。
        
★尚、会計はきよみさんにお願いしていますので、
 宴会が始まる前にきよみさんまで支払いをお願いします。
     
<19時> お開き 

以上です。いい天気になることを祈っていてください!! 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-10-19 23:31:01

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

テーマ:俳句

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。
結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名

兼題:自由
6    包丁の隈なく研がれ豊の秋    ⑤    <    トミー    >    三椒    東西    ちぢみ    零仁    里眠
21    鶏頭やルージュを少し変えました    ⑤    <    茶呉    >    きよみ    変亭    ちぢみ    陽太    takashi
33    いきなりに来て名月の話など    ⑤    <    トミー    >    変亭    東西    零仁    茶呉    里眠
23    各パーツ似た人々と墓参り    ④    <    変亭    >    三椒    東西    ちぢみ    零仁    
10    天空に抜け穴ひとつ風の盆    ③    <    零仁    >    茶呉    陽太    トミー        
11    ふりむけば我ひとりなる花野かな     ③    <    里眠    >    三椒    ちぢみ    陽太        
4    立ち止まれ今宵名月男前    ②    <    陽太    >    きよみ    トミー            
7    別々の趣味の間にさつま芋    ②    <    きよみ    >    変亭    takashi            
14    秋蝶や黄泉比良坂(よもつひらさか)なる幻影     ②    <    里眠    >    零仁    takashi            
22    傾いて眼ぢから強し案山子かな    ②    <    ちぢみ    >    変亭    トミー            
28    すっぽんの血の味知りて九月尽    ②    <    きよみ    >    陽太    里眠            
5    鳴かず飛ばず東京天牛虫図鑑    ①    <    takashi    >    里眠                
9    稲孫田やオダギリジョーの無精髭    ①    <    ちぢみ    >    きよみ                
13    秋雨や借金取りは道迷ふ    ①    <    零仁    >    トミー                
19    軒先にサンマ入荷の黒マジック    ①    <    陽太    >    東西                
20    月光のねじを巻きたし人魚かな    ①    <    takashi    >    きよみ                
24    土手跳ねるファールボールやバッタ舞ふ    ①    <    三椒    >    茶呉
27    新涼や電池のいらぬ体重計    ①    <    三椒    >    零仁
29    ざわついて少し多めの猫じゃらし    ①    <    茶呉    >    takashi
30    くちばしが南の鳥で唐辛子    ①    <    トミー    >    三椒
32    オルゴオル職人の指小鳥来る    ①    <    里眠    >    茶呉
1    終電に季節外れの風鈴が笑う        <    茶呉    >    
2    露天湯へ鳴らす下駄の音星月夜        <    三椒    >    
3    緑着る銀杏みやりつ腕まくり        <    東西    >    
8    化野の幾万経たる曼殊沙華        <    変亭    >    
12    秋暑し枝垂れたままにつけまつ毛        <    ちぢみ    >    
15    秋の蚊や渦巻く煙涼し顔        <    東西    >    
16    脳からの命令を無視さつま芋        <    きよみ    >    
17    交差点群れに秋の香そろそろか        <    東西    >    
18    故郷のはちみつレモンという後悔         <    takashi    >    
25    秋の水よごれた足を濯ぎけり        <    零仁    >    
26    ほほえみの写真菊花を愛でる如        <    変亭    >    
31    カープ女子口大開きの秋の宵        <    陽太    >                                            
                                    
兼題:蓑虫
47    蓑虫や手放せぬもの多き人    ⑥    <    あきつ    >    ちぢみ    きよみ    茶呉    トミー    里眠    takashi
36    みの虫や時には飲みにいかないか    ④    <    ちぢみ    >    三椒    東西    あきつ    茶呉        
54    ちちよははよ蓑虫ひとり元気です    ④    <    あきつ    >    三椒    変亭    ちぢみ    零仁        
44    蓑虫や案外軽い意思表示    ③    <    きよみ    >    ちぢみ    茶呉    takashi            
51    みの虫や逆あがりして翔びたがる    ③    <    ちぢみ    >    きよみ    あきつ    takashi            
34    蓑虫や寝ているのか起きているのか    ②    <    北狐    >    きよみ    里眠                
57    蓑虫やバンジージャンプ飽きたとこ    ②    <    三椒    >    東西    あきつ                
37    蓑虫や吊るされていたのはわたし    ①    <    里眠    >    トミー                    
38    山越えて蓑虫越しに塔ひとつ    ①    <    変亭    >    東西                    
40    生老病死簑むしの声を聞く    ①    <    茶呉    >    トミー                    
45    蓑虫の落つるをひねもす見ていたり    ①    <    北狐    >    零仁                    
46    鬼の子のかっぽれかっぽれ平和主義     ①    <    takashi    >    零仁                    
52    簑虫や出番無きまま老後かな    ①    <    零仁    >    変亭                    
55    簑むしや独房のごと春を待つ    ①    <    茶呉    >    三椒                    
56    蓑虫の声聞き分けて芭蕉風    ①    <    トミー    >    変亭                    
58    蓑虫やおまえはいつまでそこにいる    ①    <    北狐    >    里眠                    
35    蓑虫や漆黒の住処都はあるか        <    東西    >    
39    みのむしのみのにみちのみのみつけ        <    takashi    >    
41    蓑虫や西に吹かればいずれ雨        <    トミー    >    
42    蓑虫や食うも交尾むも蓑を着て        <    三椒    >    
43    みのむしやまむしドリンクやくたたず        <    零仁    >    
48    ポケットに両手突っ込み蓑虫        <    きよみ    >    
49    ちちよちちよ蓑虫呼ぶは母の方        <    東西    >    
50    街路樹の伐られて蓑虫住まぬ街        <    里眠    >    
53    塵あくた襤褸の蓑虫はたと我        <    変亭    >                                                
兼題:橋
62    橋ゲタニタケタテカケタタケノハル    ⑥    <    里眠    >    三椒    変亭    東西    あきつ    トミー    takashi
71    秋晴れや沈下橋まだ濡れている    ⑥    <    あきつ    >    ちぢみ    零仁    東西    トミー    里眠    takashi
73    星月夜鉄橋の村眠りけり    ④    <    零仁    >    変亭    ちぢみ    きよみ    里眠        
77    吊橋は定員二名紅葉狩り    ④    <    三椒    >    変亭    東西    あきつ    茶呉        
63    橋までは哀しみの距離紅葉阪      ③    <    takashi    >    きよみ    あきつ    茶呉            
64    鉄橋のとことん錆びて秋の雨    ③    <    きよみ    >    ちぢみ    トミー    takashi            
69    秋空を映してはるか沈下橋    ②    <    茶呉    >    三椒    きよみ                
65    橋守りに娘いるらし後の月    ①    <    トミー    >    零仁                    
72    鉦太鼓刈田の贄や橋渡る    ①    <    変亭    >    茶呉                    
76    朝霧に沈む山河や橋に鹿    ①    <    里眠    >    零仁                    
79    落人の影振り向きて蔦の橋    ①    <    茶呉    >    三椒                    
80    老いらくの吊り橋揺らす秋の声    ①    <    きよみ    >    里眠                    
59    えびすばし大声溢る秋の暮        <    ちぢみ    >                        
60    鯉跳ねる音爽やかや太鼓橋        <    三椒    >                        
61    秋晴れの靴の協奏歩道橋        <    東西    >                        
66    身に入みて手紙投げゐる橋の上        <    あきつ    >                        
67    後の月面影橋を渡る君        <    零仁    >
68    秋空をありマスと書くトラス橋        <    変亭    >
70    浮橋をわたる女や蒼き月        <    北狐    >
74    青錆びの票の賜物鹿と野良猫        <    東西    >
75    虫すだく向こう岸へ橋わたる        <    北狐    >
78    名月やチャンバラロケの橋走る        <    トミー    >
81    橋渡り妻の哀愁区切りとし        <    takashi    >
82    丸木橋刻々微々に山粧ふ        <    ちぢみ    >                                        
以上です。                    

 

          

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016-10-14 12:47:47

秋の吟行のスケジュールについて

テーマ:俳句

今、零仁さんに秋の吟行のスケジュールを調整していただいています。

下記の「調整くん」に、皆様のご都合をご記入ください。

よろしくお願いします。

 

https://chouseisan.com/s?h=3b6bb479aa524dfa86f92a6634e6ff8e

 

選句のほうもよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2016-10-11 20:39:49

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

テーマ:俳句

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

席題: <蓑虫><橋>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

今回、お久しぶりの方が投句されています。

 

選句数=各3句

選句と選評10/11~10/17

 

兼題:蓑虫

34          蓑虫や寝ているのか起きているのか

35          蓑虫や漆黒の住処都はあるか

36          みの虫や時には飲みにいかないか

37          蓑虫や吊るされていたのはわたし

38          山越えて蓑虫越しに塔ひとつ

39          みのむしのみのにみちのみのみつけ

40          生老病死簑むしの声を聞く

41          蓑虫や西に吹かればいずれ雨

42          蓑虫や食うも交尾むも蓑を着て

43          みのむしやまむしドリンクやくたたず

44          蓑虫や案外軽い意思表示

45          蓑虫の落つるをひねもす見ていたり

46          鬼の子のかっぽれかっぽれ平和主義 

47          蓑虫や手放せぬもの多き人

48          ポケットに両手突っ込み蓑虫

49          ちちよちちよ蓑虫呼ぶは母の方

50          街路樹の伐られて蓑虫住まぬ街

51          みの虫や逆あがりして翔びたがる

52          簑虫や出番無きまま老後かな

53          塵あくた襤褸の蓑虫はたと我

54          ちちよ ははよ 蓑虫ひとり元気です

55          簑むしや独房のごと春を待つ

56          蓑虫の声聞き分けて芭蕉風

57          蓑虫やバンジージャンプ飽きたとこ

58          蓑虫やおまえはいつまでそこにいる

 

兼題:橋

59          えびすばし大声溢る秋の暮

60          鯉跳ねる音爽やかや太鼓橋

61          秋晴れの靴の協奏歩道橋

62          橋ゲタニタケタテカケタタケノハル

63          橋までは哀しみの距離紅葉阪  

64          鉄橋のとことん錆びて秋の雨

65          橋守りに娘いるらし後の月

66          身に入みて手紙投げゐる橋の上

67          後の月面影橋を渡る君

68          秋空をありマスと書くトラス橋

69          秋空を映してはるか沈下橋

70          浮橋をわたる女や蒼き月

71          秋晴れや沈下橋まだ濡れている

72          鉦太鼓刈田の贄や橋渡る

73          星月夜鉄橋の村眠りけり

74          青錆びの票の賜物鹿と野良猫

75          虫すだく向こう岸へ橋わたる

76          朝霧に沈む山河や橋に鹿

77          吊橋は定員二名紅葉狩り

78          名月やチャンバラロケの橋走る

79          落人の影振り向きて蔦の橋

80          老いらくの吊り橋揺らす秋の声

81          橋渡り妻の哀愁区切りとし

82          丸木橋刻々微々に山粧ふ

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2016-10-01 22:00:54

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。

テーマ:俳句

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。

席題: <自由>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=4句~5句

選句と選評 10/1~10/8

 

兼題:自由

1            終電に季節外れの風鈴が笑う

2            露天湯へ鳴らす下駄の音星月夜

3            緑着る銀杏みやりつ腕まくり

4            立ち止まれ今宵名月男前

5            鳴かず飛ばず東京天牛虫図鑑

6            包丁の隈なく研がれ豊の秋

7            別々の趣味の間にさつま芋

8            化野の幾万経たる曼殊沙華

9            稲孫田やオダギリジョーの無精髭

10          天空に抜け穴ひとつ風の盆

11          ふりむけば我ひとりなる花野かな

12          秋暑し枝垂れたままにつけまつ毛

13          秋雨や借金取りは道迷ふ

14          秋蝶や黄泉比良坂(よもつひらさか)なる幻影

15          秋の蚊や渦巻く煙涼し顔

16          脳からの命令を無視さつま芋

17          交差点群れに秋の香そろそろか

18          故郷のはちみつレモンという後悔 

19          軒先にサンマ入荷の黒マジック

20          月光のねじを巻きたし人魚かな

21          鶏頭やルージュを少し変えました

22          傾いて眼ぢから強し案山子かな

23          各パーツ似た人々と墓参り

24          土手跳ねるファールボールやバッタ舞ふ

25          秋の水よごれた足を濯ぎけり

26          ほほえみの写真菊花を愛でる如

27          新涼や電池のいらぬ体重計

28          すっぽんの血の味知りて九月尽

29          ざわついて少し多めの猫じゃらし

30          くちばしが南の鳥で唐辛子

31          カープ女子口大開きの秋の宵

32          オルゴオル職人の指小鳥来る

33          いきなりに来て名月の話など

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2016-09-21 20:54:06

第42回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。

テーマ:俳句

第42回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。

ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

 

お題:①兼題:自由句=3句

投句締切り:9月29日(木)

披講 10月1日(土)

選句と選評 10/1~10/8

選句数=4~5句

 

②兼題:蓑虫(秋の季語です)=2句

:橋(季語ではありません)=2句

 投句締め切り 10月9日(日)

披講 10月11日(火)

選句と選評10/11~10/18

 

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)

  mitsuda@asahi.email.ne.jp

 

以上、よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-25 20:02:41

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

テーマ:俳句

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。
結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名
takashiさんのコメントへの感想もよろしく。

兼題:自由
6    孤独死は孤独と限らず盆の月    ⑤    <    きよみ    >    陽太    零仁    ちぢみ    東西    茶呉
25    三人目来て列となる炎天下    ⑤    <    三椒    >    零仁    東西    トミー    きよみ    takashi
13    天の川ここから先は綱渡り    ④    <    きよみ    >    三椒    あきつ    茶呉    takashi    
28    きづいたら透明である油照り    ④    <    あきつ    >    零仁    ちぢみ    茶呉    takashi    
31    驟雨来る駆けるブラウスハ長調    ④    <    陽太    >    三椒    トミー    きよみ    変亭    
34    二階にはおやじ肌脱図りごと    ③    <    ちぢみ    >    陽太    トミー    変亭        
7    乱戦の火ぶたを切るや蝉一声    ②    <    トミー    >    三椒    ちぢみ            
10    蟲鳴くや子はひつそりと眠りおり    ②    <    里眠    >    零仁    変亭            
17    ヒロシマと黒板に書き師は無言    ②    <    里眠    >    三椒    あきつ            
18    鈍行のとなり町へと大夕焼    ②    <    トミー    >    陽太    茶呉            
19    夏颯爽スポーツサイクル顔は爺    ②    <    変亭    >    陽太    茶呉            
29    彼方より手を振る母や稲の花    ②    <    茶呉    >    東西    変亭            
32    老鶯の鳴いて時流の定まらず    ②    <    里眠    >    零仁    トミー            
33    まっ先に青のクレヨン夏を描く    ②    <    トミー    >    あきつ    東西            
1    おとこはとことんみんなはところてん      ①    <    takashi    >    あきつ                
2    炎天の鉄路の果てに牛の群れ    ①    <    陽太    >    三椒                
4    向日葵や背中見せずに大笑い    ①    <    変亭    >    きよみ                
8    三半規管狂いたる熱帯夜    ①    <    あきつ    >    変亭                
12    老鶯や旅人消ゆる霧ケ峰    ①    <    ちぢみ    >    takashi                
15    切り花の咲かずに枯れる盂蘭盆会    ①    <    零仁    >    ちぢみ                
20    着せてみよ歯に衣着せぬ夏衣    ①    <    takashi    >    東西                
35    すだれ裏半袖半パン扇風機    ①    <    東西    >    きよみ     

9    脱皮しかけて息絶えた蝉をみる          <    茶呉    >     里眠           
3    公園の緑萌ゆ木々夏日傘        <    東西    >                    
5    空蝉やどこでもドアーくださいな        <    零仁    >                    

11    木漏れ日の日矢滝壺の底揺らす        <    三椒    >                    
14    新蕎麦や暖簾透かして中山道        <    ちぢみ    >                    
16    ががんぽにすねかじられるれるられる          <    takashi    >                    
21    炎昼やミズヲクダサイ声聞こゆ        <    零仁    >                    
22    茄子食べる?返事屁でする亭主変        <    変亭    >                    
23    駐車場プールの文字の水誘い        <    東西    >                    
24    友の墓花手向けつつ法師蝉        <    茶呉    >                    
26    イタリアの蝉も負けじと大声量        <    陽太    >                    
27    星月夜言葉足らずな黒魔術        <    きよみ    >                    
30    遠青嶺滝の落差を登り来て        <    三椒    >                    
36    痩猫の眼のらんらんと草いきれ        <    あきつ    >                                            
                                    
兼題:踊り
45    盆踊り遠くに聞いて水枕    ⑥    <    変亭    >    三椒    陽太    零仁    きよみ    東西    里眠
51    妻の帯締めて娘の盆踊り    ⑤    <    変亭    >    三椒    陽太    零仁    東西    里眠    
41    盆踊りそしてひとりがいなくなる    ④    <    里眠    >    東西    ちぢみ    あきつ    takashi        
38    縁談のひとつまとまる盆踊り    ③    <    三椒    >    変亭    零仁    あきつ            
55    盆おどり死んだはずだよお富さん    ③    <    茶呉    >    きよみ    トミー    あきつ            
43    民移り地球の裏の踊りかな    ②    <    トミー    >    陽太    変亭                
49    少しだけ外れた音も盆踊り    ②    <    きよみ    >    茶呉    ちぢみ                
50    名も知らぬ村の踊りは無音なり    ②    <    零仁    >    変亭    ちぢみ                
53    盆踊り遠くにありて大吟醸    ②    <    陽太    >    茶呉    トミー                
37    下駄鳴らす郡上踊りや霊払ふ    ①    <    ちぢみ    >    里眠                    
40    浮かれきてやがて悲しき盆踊り    ①    <    茶呉    >    きよみ                    
44    死者生者皆阿呆踊り渦渦渦    ①    <    零仁    >    トミー                    
47    抜けるのも交わるも好き盆踊り    ①    <    きよみ    >    takashi                    
54    意外にも踊り上手や金髪子    ①    <    トミー    >    三椒                    
56    二歩進み一歩戻るや盆踊り    ①    <    里眠    >    takashi                    
58    盆踊り団塊世代艶めいて    ①    <    ちぢみ    >    茶呉                    
39    舞踊りオモテるウラるタイヒラメ        <    takashi    >                        
42    踊りの輪見よう見まねの異邦人        <    陽太    >                        
46    踊る髪見て心踊る盆踊り        <    東西    >                        
48    千鳥足フラフラダンス盆踊り        <    東西    >                        
52    踊してバタになりゆく男女かな        <    あきつ    >                        
57    指先に宿る情念あわ踊り        <    三椒    >                        
59    前進と後退交互盆踊り        <    takashi    >                                                
兼題:流星
70    流星の終着点として指先    ⑤    <    トミー    >    陽太    零仁    きよみ    東西    ちぢみ    里眠
77    占いに騙されてやる流れ星    ④    <    きよみ    >    陽太    東西    トミー    あきつ        
82    流星や残されたもの残すもの    ④    <    零仁    >    茶呉    変亭    きよみ    takashi        
67    夜這い星寺の坊主は長生きで    ③    <    里眠    >    三椒    茶呉    あきつ            
76    流星にあふるる星の道しるべ    ③    <    トミー    >    茶呉    ちぢみ    takashi            
60    腕に傷あれば流星落ちてくる    ②    <    あきつ    >    零仁    トミー                
64    ポケットの小銭数えり流星群    ②    <    零仁    >    三椒    里眠                
65    早口な南無阿弥陀仏流れ星    ②    <    きよみ    >    三椒    あきつ                
69    流れ星空にいい酒あるような    ②    <    takashi    >    変亭    きよみ                
74    木道に寝て流星と風の音と    ②    <    変亭    >    ちぢみ    里眠                
61    流星や娘がわからぬ父の顔    ①    <    里眠    >    零仁                    
66    流星やスポーツ専門エヌエチケ    ①    <    ちぢみ    >    変亭                    
72    流れ星願いを忘れ夜勤明け    ①    <    陽太    >    東西                    
75    田舎へと流星のごと走らせる    ①    <    変亭    >    トミー                    
79    幾夜にもかなわぬ恋やながれぼし    ①    <    茶呉    >    takashi                    
80    流星の恋路を隠す月あかり    ①    <    三椒    >    陽太                    
62    ため息の都会の空に流星        <    東西    >                        
63    流星や僧は見上げて南無阿弥陀仏        <    陽太    >                        
68    流れ星尽きぬ宇宙を永遠に来て        <    三椒    >                        
71    流れ星幾千万の夢乗せて        <    茶呉    >                        
73    流れ星ともかく行こう乱世ゆえ        <    takashi    >                        
78    黒猫は見た人魂と流星と        <    ちぢみ    >                        
81    ひとつ星幾重の願乗せ流星        <    東西    >                                        
以上です。

  

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2016-08-18 21:45:03

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

テーマ:俳句

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

席題: <踊り><流星>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各3句

選句と選評8/18~8/24

 

兼題:踊り

37          下駄鳴らす郡上踊りや霊払ふ

38          縁談のひとつまとまる盆踊り

39          舞踊りオモテるウラるタイヒラメ

40          浮かれきてやがて悲しき盆踊り

41          盆踊りそしてひとりがいなくなる

42          踊りの輪見よう見まねの異邦人

43          民移り地球の裏の踊りかな

44          死者生者皆阿呆踊り渦渦渦

45          盆踊り遠くに聞いて水枕

46          踊る髪見て心踊る盆踊り

47          抜けるのも交わるも好き盆踊り

48          千鳥足フラフラダンス盆踊り

49          少しだけ外れた音も盆踊り

50          名も知らぬ村の踊りは無音なり

51          妻の帯締めて娘の盆踊り

52          踊してバタになりゆく男女かな

53          盆踊り遠くにありて大吟醸

54          意外にも踊り上手や金髪子

55          盆おどり死んだはずだよお富さん

56          二歩進み一歩戻るや盆踊り

57          指先に宿る情念あわ踊り

58          盆踊り団塊世代艶めいて

59          前進と後退交互盆踊り

 

兼題:流星

60          腕に傷あれば流星落ちてくる

61          流星や娘がわからぬ父の顔

62          ため息の都会の空に流星

63          流星や僧は見上げて南無阿弥陀仏

64          ポケットの小銭数えり流星群

65          早口な南無阿弥陀仏流れ星

66          流星やスポーツ専門エヌエチケ

67          夜這い星寺の坊主は長生きで

68          流れ星尽きぬ宇宙を永遠に来て

69          流れ星空にいい酒あるような

70          流星の終着点として指先

71          流れ星幾千万の夢乗せて

72          流れ星願いを忘れ夜勤明け

73          流れ星ともかく行こう乱世ゆえ

74          木道に寝て流星と風の音と

75          田舎へと流星のごと走らせる

76          流星にあふるる星の道しるべ

77          占いに騙されてやる流れ星

78          黒猫は見た人魂と流星と

79          幾夜にもかなわぬ恋やながれぼし

80          流星の恋路を隠す月あかり

81          ひとつ星幾重の願乗せ流星

82          流星や残されたもの残すもの

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2016-08-10 09:00:56

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。

テーマ:俳句
第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。
席題: <自由>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。
選句数=4句~5句
選句と選評 8/10~16日

兼題:自由
1 おとこはとことんみんなはところてん  
2 炎天の鉄路の果てに牛の群れ
3 公園の緑萌ゆ木々夏日傘
4 向日葵や背中見せずに大笑い
5 空蝉やどこでもドアーくださいな
6 孤独死は孤独と限らず盆の月
7 乱戦の火ぶたを切るや蝉一声
8 三半規管狂いたる熱帯夜
9 脱皮しかけて息絶えた蝉をみる  
10 蟲鳴くや子はひつそりと眠りおり
11 木漏れ日の日矢滝壺の底揺らす
12 老鶯や旅人消ゆる霧ケ峰
13 天の川ここから先は綱渡り
14 新蕎麦や暖簾透かして中山道
15 切り花の咲かずに枯れる盂蘭盆会
16 ががんぽにすねかじられるれるられる  
17 ヒロシマと黒板に書き師は無言
18 鈍行のとなり町へと大夕焼
19 夏颯爽スポーツサイクル顔は爺
20 着せてみよ歯に衣着せぬ夏衣
21 炎昼やミズヲクダサイ声聞こゆ
22 茄子食べる?返事屁でする亭主変
23 駐車場プールの文字の水誘い
24 友の墓花手向けつつ法師蝉
25 三人目来て列となる炎天下
26 イタリアの蝉も負けじと大声量
27 星月夜言葉足らずな黒魔術
28 きづいたら透明である油照り
29 彼方より手を振る母や稲の花
30 遠青嶺滝の落差を登り来て
31 驟雨来る駆けるブラウスハ長調
32 老鶯の鳴いて時流の定まらず
33 まっ先に青のクレヨン夏を描く
34 二階にはおやじ肌脱図りごと
35 すだれ裏半袖半パン扇風機
36 痩猫の眼のらんらんと草いきれ

以上です。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。