どうぞ俳人ホームのHP へも
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-17 08:17:56

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の披講です。

テーマ:俳句

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の披講です。

席題: 自由を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各4~5句

選句と選評2/17~24

 

兼題:自由

1            早春や角質剥がる足の裏

2            しんしんと雪迷ひ猫の貼紙す

3            冬深し生ゴミほかし煙吹かす

4            そろそろとアロエ伸びをり春三日月

5            瓶詰めの海胆や春の海の香の

6            日溜りや蛇穴を出てとぐろ巻く

7            ぬる燗の舟でそちらに会いにゆく

8            春おぼろとろとろうつろ鶏そぼろ  

9            一夜明け寒暖計は春の色

10          早春賦女子高生之素足哉

11          亀鳴くやイノチミヂカシコイセヨオトメ

12          浅き春引き出し奥に別の顔

13          啓蟄や反古にした句が蘇る

14          春うらら人妻好きな旦那様

15          たましひの棘抜けたのか水温む

16          春なのに鏡がみんな歳をとり

17          大寒波バスクリンの香風呂想う

18          春の夢他人の空似で不整脈

19          春風や本態性高血圧高気圧

20          昭和いまたしなむ程度酒まんじゅう    

21          詰襟が窮屈そうな葱坊主

22          卒業期かつて聞きたりかめはまら

23          打鐘(ジャン)鳴って銀輪霙を吹き飛ばす

24          冬の海目で辿り見る刃の白き

25          囀りや歯科医の椅子は仰向けに

26          冬の夜誰かのだるま君の名は

27          猫の名を呼べども雪の声ばかり

28          梅にほひ勾玉のよく曲がりたる

29          不都合を引き算すれば残り雪  

30          約束を燃やして如月小春かな

31          立ち上がる蕾の縒れや春うれひ 

32          恋不精なる猫は皆カギ尻尾

33          茹で玉子殻も冷たし冬の山

 

以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2017-02-05 08:11:32

第44回 俳人ホームウェブ句会を開催します。

テーマ:俳句

第44回 俳人ホームウェブ句会を開催します。

ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

 

お題:①兼題:自由句=3句

投句締切り:2月15日(水)

披講 2月17日(金)

選句と選評 2/17~2/24

選句数=4~5句

 

②兼題:アメリカ(季語ではありません)=2句

:動物一般(人を除く)=2句

 投句締め切り 2月24日(金)

披講 2月26日(日)

選句と選評2/26~3/5

 

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)

  mitsuda@asahi.email.ne.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-18 20:42:04

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

テーマ:俳句

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。

結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名

兼題:自由

1書き終えて鼻毛抜くなり大晦日    ⑥<変亭>里眠    零仁       きよみ    三椒       東西       陽太

14歳末や手間取るレジに早いレジ  ④<三椒>零仁    ちぢみ    東西       陽太      

19すきま風地球あちこち亀裂して  ④<ちぢみ>茶呉 里眠    変亭       あきつ   

22賀状書く都は上ル下ル入ル         ④<里眠>零仁    三椒       東西       あきつ                 

31冬ざれや恋する度にほうれい線  ④<きよみ>変亭              ちぢみ    あきつ    陽太      

6たましひに針を刺したり冬の月    ③<ちぢみ>takashi         トミー    あきつ                 

18ペコちゃんも二枚舌なり冬の空  ③<きよみ>茶呉              takashi  三椒                    

23冬ごもり今夜孤独のこもり歌      ③<takashi>里眠             変亭       ちぢみ                 

33初湯入るもくもくの湯気たこ2匹             ③<東西>takashi             変亭       ちぢみ   

36回数券ひとつちぎりて年迎へ      ③<三椒>零仁    トミー    東西                                  

37隠し事してごめんなさい冬銀河  ③<きよみ>茶呉              takashi  あきつ                 

3恨みても恨みてもこの国除夜の鐘 ②<里眠>変亭    きよみ                                             

7美談にも程があります冬桜           ②<きよみ>茶呉              里眠                                  

13去年今年しおりをそっとはづしけり②<あきつ>零仁         三椒                                  

15将棋指す中指辺り冬日射す         ②<陽太>トミー              三椒                                  

11除夜の鐘落ちれば弾む猫の腹      ①<あきつ>トミー                                                    

20欠礼の葉書の数だけ年老えり      ①<零仁>陽太

29寒晴れの羅城門に疲労感             ①           <takashi>三椒

30大晦日きのうと同じ陽が沈む      ①<ちぢみ>きよみ

35息白し見えぬ未来へひた走る      ①<あきつ>東西

2木枯らしに桶屋びっくり嵐山     <takashi>        

4枝ぶりのままや群がる雪の花        <トミー>          

5象舎にははな子は居らず霙かな    <零仁>             

8着膨れのズズメが一羽また一羽    <茶呉>             

9元日に磔気分のリースひとつ        <東西>             

10除夜の鐘睨み龍に眩暈する         <陽太>             

12軸は空洞スカイツリーも水仙も  <三椒>             

16新年にどこも団欒静まるスマホ  <東西>             

17年越しの酒酌み交わす郷社         <茶呉>             

21初句会目出度き季語の欲しいまま             <トミー>          

24主厚着犬も厚着の散歩かな         <変亭>             

25ごはさんで願いましては日記果つ             <里眠>             

26大掃除して歴史が動き出す         <変亭>

27初鶏に目覚めて鄙の今日と成る  <トミー>

28食卓にふるさと並ぶ年賀かな      <零仁>

32漆黒の闇夜に一声寒ガラス         <茶呉>

34男シャツ羽織りて過ぎる大晦日  <陽太>

 

兼題:去年今年

51去年今年人間万事靴の紐 ⑦<takashi>三椒 あきつ          東西 ちぢみ きよみトミー              里眠

39石鹸の去年を今年に貼り付ける⑥             <三椒>あきつ    東西       茶呉       零仁       きよみ    里眠      

53追々と老い負いおーいと去年今年 ④<変亭>東西             茶呉       ちぢみ    里眠      

38クワイ茹で愚直のままに去年今年③<takashi>零仁 陽太   変亭                                  

43妻と馬鹿言える無事なり去年今年③<変亭>茶呉  きよみ    陽太                                  

46去年今年卒寿の母の怪気炎③<茶呉>三椒             陽太       takashi                                          

40チューブより搾り切れない去年今年②<トミー>あきつ      takashi                                          

44去年今年ホコリの様に生きてます②<きよみ>ちぢみ         変亭                                  

45猫膝に抱きしままで去年今年②<あきつ>ちぢみ  トミー                               

350と1くるりと変わる去年今年    ①<零仁>三椒                                                           

48去年今年電話線にて繋がれり      ①<あきつ>零仁                                                       

49去年今年渡る親父の大いびき      ①<東西>変亭                                                           

50計画は二転三転去年今年①<ちぢみ>takashi                                                              

57皺となり買物メモの去年今年      ①<陽太>トミー                                                       

36ETCノーブレーキで去年今年   <きよみ>                                                                  

37門松や夜明けを待てり去年今年  <陽太>                                                                     

41よい戦争わるい戦争去年今年      <里眠>

42温いそば去年も今年も味同じ<東西>

47少年は「ママ」から「おかん」去年今年  <ちぢみ>

52女殺賭博地獄去年今年  <里眠>

54読み止しの文庫くづれて去年今年<トミー>

55去年今年定年までの数え唄<茶呉>

56去年今年しぼり続ける歯磨き粉  <三椒>

58カミサンが代わるでもなし去年今年<零仁>

 

兼題」初夢

59ペンギンの初夢キリンに蝶ネクタイ⑥<里眠>東西 茶呉  零仁       トミー    takashi               変亭

66初夢や白紙のままに年重ね⑤<ちぢみ>東西         きよみ    陽太       トミー    takashi              

61寅さんの声の高さや夢始④<トミー>三椒             きよみ    陽太       里眠                    

82鳥の声初夢かしら鳥の声 ③        <takashi>零仁  ちぢみ    里眠                                  

75初夢もなく御不浄に立ち上がる  ③<陽太>茶呉    ちぢみ    変亭                                  

81起きなさい。その初夢は君のじゃない。  ②<里眠>あきつ 零仁                               

80初夢に逢ふ約束の夢となり         ②<あきつ>陽太              トミー                               

71初夢や遺伝子カラーはピンク色  ②<きよみ>あきつ           変亭                                  

68初夢は貘に喰われり六十歳②      <零仁>東西       きよみ                                             

79初夢に初夢の夢夢うつつ             ①<変亭>takashi                                                     

77初夢の記憶もおぼろ老列車①<零仁>ちぢみ                                                                

76初夢や受験勉強あぶら汗①<茶呉>三椒                                                         

74初夢やすしざんまいに競りで勝つ①<きよみ>三椒                                                      

73初夢や太筆に墨たっぷりと①<三椒>茶呉                                                                    

70初夢や禁煙破り臍をかむ①<陽太>里眠                                                         

67初夢や二度寝できっと敵討ち①  <茶呉>あきつ                                                           

62寝ては覚めどれにしようか初夢は①<東西>ちぢみ

78初夢に濡れた枕によだれ富士      <東西>             

72初夢や悪夢はちぎってモザイクに             <あきつ>          

69初夢や写しそこねてしまひけり              <トミー>          

65初夢や飛鳥まほろば国づくり      <変亭>             

64初夢や涙ながして寝過ごして      <三椒>             

63初夢を映画のように観てみたい  <ちぢみ>          

60不条理な略図見破る初夢よ         <takashi>        

以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2017-01-10 20:52:04

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

テーマ:俳句

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

席題: <去年今年><初夢>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各3句

選句と選評1/10~1/17

 

兼題:去年今年

35          0と1くるりと変わる去年今年

36          ETCノーブレーキで去年今年

37          門松や夜明けを待てり去年今年

38          クワイ茹で愚直のままに去年今年  

39          石鹸の去年を今年に貼り付ける

40          チューブより搾り切れない去年今年

41          よい戦争わるい戦争去年今年

42          温いそば去年も今年も味同じ

43          妻と馬鹿言える無事なり去年今年

44          去年今年ホコリの様に生きてます

45          猫膝に抱きしままで去年今年

46          去年今年卒寿の母の怪気炎

47          少年は「ママ」から「おかん」去年今年

48          去年今年電話線にて繋がれり

49          去年今年渡る親父の大いびき

50          計画は二転三転去年今年

51          去年今年人間万事靴の紐  

52          女殺賭博地獄去年今年(おんなころしとばくのじごくこぞことし)

53          追々と老い負いおーいと去年今年 

54          読み止しの文庫くづれて去年今年

55          去年今年定年までの数え唄

56          去年今年しぼり続ける歯磨き粉

57          皺となり買物メモの去年今年

58          カミサンが代わるでもなし去年今年

 

兼題:初夢

59          ペンギンの初夢キリンに蝶ネクタイ

60          不条理な略図見破る初夢よ

61          寅さんの声の高さや夢始

62          寝ては覚めどれにしようか初夢は

63          初夢を映画のように観てみたい

64          初夢や涙ながして寝過ごして

65          初夢や飛鳥まほろば国づくり

66          初夢や白紙のままに年重ね

67          初夢や二度寝できっと敵討ち

68          初夢は貘に喰われり六十歳

69          初夢や写しそこねてしまひけり 

70          初夢や禁煙破り臍をかむ

71          初夢や遺伝子カラーはピンク色

72          初夢や悪夢はちぎってモザイクに

73          初夢や太筆に墨たっぷりと

74          初夢やすしざんまいに競りで勝つ

75          初夢もなく御不浄に立ち上がる

76          初夢や受験勉強あぶら汗

77          初夢の記憶もおぼろ老列車

78          初夢に濡れた枕によだれ富士

79          初夢に初夢の夢夢うつつ

80          初夢に逢ふ約束の夢となり

81          起きなさい。その初夢は君のじゃない。

82          鳥の声初夢かしら鳥の声 

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2017-01-01 12:43:59

第43回 俳人ホーム・ウェブ初句会の披講です。

テーマ:俳句

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の初句会の披講です。

明けましておめでとうございます。

席題: <自由>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=4句~5句

選句と選評 1/1~1/9日

 

1            書き終えて鼻毛抜くなり大晦日

2            木枯らしに桶屋びっくり嵐山 

3            恨みても恨みてもこの国除夜の鐘

4            枝ぶりのままや群がる雪の花

5            象舎にははな子は居らず霙かな

6            たましひに針を刺したり冬の月

7            美談にも程があります冬桜

8            着膨れのズズメが一羽また一羽

9            元日に磔気分のリースひとつ

10          除夜の鐘睨み龍に眩暈する

11          除夜の鐘落ちれば弾む猫の腹

12          軸は空洞スカイツリーも水仙も

13          去年今年しおりをそっとはづしけり

14          歳末や手間取るレジに早いレジ

15          将棋指す中指辺り冬日射す

16          新年にどこも団欒静まるスマホ

17          年越しの酒酌み交わす郷社

18          ペコちゃんも二枚舌なり冬の空

19          すきま風地球あちこち亀裂して

20          欠礼の葉書の数だけ年老えり

21          初句会目出度き季語の欲しいまま

22          賀状書く都は上ル下ル入ル

23          冬ごもり今夜孤独のこもり歌

24          主厚着犬も厚着の散歩かな

25          ごはさんで願いましては日記果つ

26          大掃除して歴史が動き出す

27          初鶏に目覚めて鄙の今日と成る

28          食卓にふるさと並ぶ年賀かな

29          寒晴れの羅城門に疲労感

30          大晦日きのうと同じ陽が沈む

31          冬ざれや恋する度にほうれい線

32          漆黒の闇夜に一声寒ガラス

33          初湯入るもくもくの湯気たこ2匹

34          男シャツ羽織りて過ぎる大晦日

35          息白し見えぬ未来へひた走る

36          回数券ひとつちぎりて年迎へ

37          隠し事してごめんなさい冬銀河

以上です。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2016-12-17 22:06:32

第43回 俳人ホームウェブ年越&初句会

テーマ:俳句

第43回 俳人ホームウェブ年越&初句会を開催します。

ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

 

お題:①兼題:自由句=3句

投句締切り:12月31日(土)

披講 1月2日(月)

選句と選評 1/2~1/9

選句数=4~5句

 

②兼題:去年今年(新年の季語です)=2句

:初夢(新年の季語です)=2句

 投句締め切り 1月9日(月)

披講 1月11日(水)

選句と選評1/11~1/18

 

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)

  mitsuda@asahi.email.ne.jp

 

以上、よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-27 18:06:04

俳人ホーム<伏見吟行の結果発表>

テーマ:俳句

小春日和の伏見吟行。楽しい句会でした。句会の結果です。

 

 冬もみぢ無用に生きてもいいですか              ちぢみ    ⑧

河童の屁冬でもすっぽんぽんですぷ              変亭       ⑥

かしこみて参る双子や七五三           里眠       ④

冬眠の前の逡巡京うどん    たかし    ③

くらくらとめぐる伏見や温め酒       里眠       ③

蛇の道を探してポインセチアまで    たかし    ③

洟垂れてデジャブ龍馬の懐手           変亭       ③

小春日や龍馬疾走ブーツ鳴る           ちぢみ    ③

鈍行の幸せ間隔小春日和    きよみ    ③

裸枝(はだかぎ)の恥じらいもある初句会    希美       ③

酒蔵と緑の疎水冬のモネ    東西       ③

言霊のふるふる伏見谺降る              たかし    ②

さう云えば母のやわ手と玉子酒       変亭       ②

たれ口は冬季限定よだれかけ           疲労子    ②

踏切の開けば師走の商店街              三椒       ②

寒椿龍馬お龍の影走る       三椒       ②

冬銀河会津は今も泣ゐてをり           零仁       ②

禁酒中冷たし井の水ほろよいに       東西       ②

十石舟龍馬も見たか寒椿    零仁       ①

冬うらら龍馬が駆けた路地抜ける    陽太       ①

伏見路の亡母(はは)想わせる干大根           希美       ①

綿虫を追いかけ龍馬の夢の跡           里眠       ①

酔ひどれて伏見の銀座サンタ舞ふ    疲労子    ①

あんまんを半分あげたくなった人    きよみ    ①

反乱の晩秋伏見昼の月       たかし    ①

蒸米の湯気ゆらめくや杜氏の冬       奈津子    ①

トランプの冬や酒蔵酒林    疲労子    ①

水澄むやことに伏見の伏流水           三椒       ①

小春空竜馬の下駄の響きけり           奈津子    ①

先読みの苦手な夫婦小春日和           きよみ    ①

小春日や焼き塀白くに蔵の歳           変亭       ①

酒蔵の煉瓦煙突日脚伸ぶ    零仁       ①

水音の白壁蔵落葉吹く       希美       ①

厄年を通り過ぎて京の冬    ちぢみ    ①

客を待つ十石舟や寒椿       奈津子    ①

小春日の大倉記念一人占め              希美       ①

杜氏の声遠くに聞きて冬日向           陽太      

聖水は時を隔てて冬籠り    陽太      

落葉踏み登り下りの一本道              ちぢみ   

秋晴れや竹田の子守は寂しかろ       零仁      

極彩の唐破風屋根や御香宮              里眠      

めづらしき顔ならなくに七五三       疲労子   

十石舟静止画のごと冬の川              陽太      

御香宮舌にまろやか冬の水              奈津子   

利き酒に鼻を近づけ菊日和              三椒      

冬の空暗い細路地足音探す              東西      

小春日や初めまして遅刻魔です       きよみ   

 

 

柳葉魚さん追悼句

 

日向ぼこ龍馬通りに来てたのか       たかし

ひげの影残したままに冬不明           たかし

秋惜しむ百万遍のハムレット           陽太

開けられぬメールを残し初時雨       陽太

旅人はひっそり寒椿となる              ちぢみ

ホンジャラスと手を振る背中しぐれ空           三椒

水鏡破れて句友の訃報あり              零仁

芒原ちいさく揺れてさようなら       零仁

冬茜含羞の人かくれんぼ    零仁

最期まで秘密主義者九条葱              きよみ

ゆきゆきて千の北風頬を過ぐ           変亭

あくまでも気高く柳葉魚海渡る       茶呉

群れ泳ぐ柳葉魚の個性誰ぞ知る       茶呉

「一歩づつ」柳葉魚の言葉忘れまじ              茶呉

9月12日柳葉魚忌とは誰が言うた  茶呉

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2016-11-25 08:14:46

俳人ホーム 秋の吟行 『伏見桃山 酔水散歩』

テーマ:俳句

~俳人ホーム 秋の吟行 『伏見桃山 酔水散歩』~
     2016年11月26日(土)

【参加者】
三椒さん、渡部疲労子(ひろし)さん、奈津子さんご夫妻<三椒さんご友人>、takashiさん、大倉希美(まれみ)さん<takashiさんご友人>、陽太さん、ちぢみさん、きよみさん、里眠さん、変亭さん、雪柳さん、東西さん、零仁さん    計13名

※茶呉さんはご家庭の都合で残念ながら不参加の連絡がありました。

【スケジュール】
<10時>
 近鉄電車「桃山御領駅」改札口集合  11名※
  京阪電車「伏見桃山駅」からは徒歩2分ほどです。
  わからないときは零仁携帯080-5356-3892まで。     
  ※takashiさん、希美さんは句会会場からの参加となります。

挨拶などした後、三々五々、散策となりますが、今回、11人と人数が多いため、全員一緒だとお昼時、お店に入るのも苦労すると思います。そのため、漠然と3つぐらいのグループになればいいなぁ、と思い、便宜上、リーダーを3人たてました。零仁、里眠、変亭の3人です。とは言っても、リーダーの役割はただひとつ。
「句会会場に13時までにたどり着くこと」だけでして,観光ガイドや道案内をするわけではありません。現地に詳しいわけでもなく、行き当たりばったりですので、その点は期待しないでください。ともあれ、「いやいやワタシはひとり思索にふけりたいねん!」という方は遠慮なく、単独行動も構いません。その点はどうぞご自由に。

★注意★
今回、従来のように、句会会場についてから句作に費やせる時間がほとんどありません。
句会会場に着くまでに提出できる状態までに仕上げるようめざしてください。

<13時>句会会場「伏見青少年活動センター」和室に集合。
「伏見青少年活動センター」は、伏見区役所の建物の4階です。エレベーターを出て右へ(階段だと 左)、ラウンジみたいなスペースの一角を仕切って和室があるとのことです。

 ★今回、投句は4句でお願いします。
 ★また、この4句とは別に「柳葉魚さん」への追悼句がありまし
  たら、ご提出ください。こちらは出すのも自由。出す数も自由
  とします。「柳葉魚さん」とご縁のあった方はよろしくお願
  いします。

<13時半>投句〆切
  会場に着いてから〆切まで30分しかありません。
  ご注意ください。

<14時> 清記終了。
<14時~15時> 選句
<15時~16時> 披講
  ※会場は16時までですので、こぼれた分は二次会会場で。
   伏見桃山駅~JR京都駅に移動

<17時>JR京都駅 駅前の居酒屋「酔心」の個室にて、
     続き、ならびに懇親の宴
     松山さんの名前で予約が入っています。
       
     ◆酔心 京都駅前店◆
     京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町719
     SKビルB1F・B2F (京都タワービル東向い)
     OPEN 17:00~24:00(L.O.23:30)
     TEL 075-365-8882
     飲み放題4000円のコースで頼んでいますが、
     お酒呑まれる方4500円。
     呑まれない方3500円でお願いします。
        
★尚、会計はきよみさんにお願いしていますので、
 宴会が始まる前にきよみさんまで支払いをお願いします。
     
<19時> お開き 

以上です。いい天気になることを祈っていてください!! 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-10-19 23:31:01

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

テーマ:俳句

第42回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。
結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名

兼題:自由
6    包丁の隈なく研がれ豊の秋    ⑤    <    トミー    >    三椒    東西    ちぢみ    零仁    里眠
21    鶏頭やルージュを少し変えました    ⑤    <    茶呉    >    きよみ    変亭    ちぢみ    陽太    takashi
33    いきなりに来て名月の話など    ⑤    <    トミー    >    変亭    東西    零仁    茶呉    里眠
23    各パーツ似た人々と墓参り    ④    <    変亭    >    三椒    東西    ちぢみ    零仁    
10    天空に抜け穴ひとつ風の盆    ③    <    零仁    >    茶呉    陽太    トミー        
11    ふりむけば我ひとりなる花野かな     ③    <    里眠    >    三椒    ちぢみ    陽太        
4    立ち止まれ今宵名月男前    ②    <    陽太    >    きよみ    トミー            
7    別々の趣味の間にさつま芋    ②    <    きよみ    >    変亭    takashi            
14    秋蝶や黄泉比良坂(よもつひらさか)なる幻影     ②    <    里眠    >    零仁    takashi            
22    傾いて眼ぢから強し案山子かな    ②    <    ちぢみ    >    変亭    トミー            
28    すっぽんの血の味知りて九月尽    ②    <    きよみ    >    陽太    里眠            
5    鳴かず飛ばず東京天牛虫図鑑    ①    <    takashi    >    里眠                
9    稲孫田やオダギリジョーの無精髭    ①    <    ちぢみ    >    きよみ                
13    秋雨や借金取りは道迷ふ    ①    <    零仁    >    トミー                
19    軒先にサンマ入荷の黒マジック    ①    <    陽太    >    東西                
20    月光のねじを巻きたし人魚かな    ①    <    takashi    >    きよみ                
24    土手跳ねるファールボールやバッタ舞ふ    ①    <    三椒    >    茶呉
27    新涼や電池のいらぬ体重計    ①    <    三椒    >    零仁
29    ざわついて少し多めの猫じゃらし    ①    <    茶呉    >    takashi
30    くちばしが南の鳥で唐辛子    ①    <    トミー    >    三椒
32    オルゴオル職人の指小鳥来る    ①    <    里眠    >    茶呉
1    終電に季節外れの風鈴が笑う        <    茶呉    >    
2    露天湯へ鳴らす下駄の音星月夜        <    三椒    >    
3    緑着る銀杏みやりつ腕まくり        <    東西    >    
8    化野の幾万経たる曼殊沙華        <    変亭    >    
12    秋暑し枝垂れたままにつけまつ毛        <    ちぢみ    >    
15    秋の蚊や渦巻く煙涼し顔        <    東西    >    
16    脳からの命令を無視さつま芋        <    きよみ    >    
17    交差点群れに秋の香そろそろか        <    東西    >    
18    故郷のはちみつレモンという後悔         <    takashi    >    
25    秋の水よごれた足を濯ぎけり        <    零仁    >    
26    ほほえみの写真菊花を愛でる如        <    変亭    >    
31    カープ女子口大開きの秋の宵        <    陽太    >                                            
                                    
兼題:蓑虫
47    蓑虫や手放せぬもの多き人    ⑥    <    あきつ    >    ちぢみ    きよみ    茶呉    トミー    里眠    takashi
36    みの虫や時には飲みにいかないか    ④    <    ちぢみ    >    三椒    東西    あきつ    茶呉        
54    ちちよははよ蓑虫ひとり元気です    ④    <    あきつ    >    三椒    変亭    ちぢみ    零仁        
44    蓑虫や案外軽い意思表示    ③    <    きよみ    >    ちぢみ    茶呉    takashi            
51    みの虫や逆あがりして翔びたがる    ③    <    ちぢみ    >    きよみ    あきつ    takashi            
34    蓑虫や寝ているのか起きているのか    ②    <    北狐    >    きよみ    里眠                
57    蓑虫やバンジージャンプ飽きたとこ    ②    <    三椒    >    東西    あきつ                
37    蓑虫や吊るされていたのはわたし    ①    <    里眠    >    トミー                    
38    山越えて蓑虫越しに塔ひとつ    ①    <    変亭    >    東西                    
40    生老病死簑むしの声を聞く    ①    <    茶呉    >    トミー                    
45    蓑虫の落つるをひねもす見ていたり    ①    <    北狐    >    零仁                    
46    鬼の子のかっぽれかっぽれ平和主義     ①    <    takashi    >    零仁                    
52    簑虫や出番無きまま老後かな    ①    <    零仁    >    変亭                    
55    簑むしや独房のごと春を待つ    ①    <    茶呉    >    三椒                    
56    蓑虫の声聞き分けて芭蕉風    ①    <    トミー    >    変亭                    
58    蓑虫やおまえはいつまでそこにいる    ①    <    北狐    >    里眠                    
35    蓑虫や漆黒の住処都はあるか        <    東西    >    
39    みのむしのみのにみちのみのみつけ        <    takashi    >    
41    蓑虫や西に吹かればいずれ雨        <    トミー    >    
42    蓑虫や食うも交尾むも蓑を着て        <    三椒    >    
43    みのむしやまむしドリンクやくたたず        <    零仁    >    
48    ポケットに両手突っ込み蓑虫        <    きよみ    >    
49    ちちよちちよ蓑虫呼ぶは母の方        <    東西    >    
50    街路樹の伐られて蓑虫住まぬ街        <    里眠    >    
53    塵あくた襤褸の蓑虫はたと我        <    変亭    >                                                
兼題:橋
62    橋ゲタニタケタテカケタタケノハル    ⑥    <    里眠    >    三椒    変亭    東西    あきつ    トミー    takashi
71    秋晴れや沈下橋まだ濡れている    ⑥    <    あきつ    >    ちぢみ    零仁    東西    トミー    里眠    takashi
73    星月夜鉄橋の村眠りけり    ④    <    零仁    >    変亭    ちぢみ    きよみ    里眠        
77    吊橋は定員二名紅葉狩り    ④    <    三椒    >    変亭    東西    あきつ    茶呉        
63    橋までは哀しみの距離紅葉阪      ③    <    takashi    >    きよみ    あきつ    茶呉            
64    鉄橋のとことん錆びて秋の雨    ③    <    きよみ    >    ちぢみ    トミー    takashi            
69    秋空を映してはるか沈下橋    ②    <    茶呉    >    三椒    きよみ                
65    橋守りに娘いるらし後の月    ①    <    トミー    >    零仁                    
72    鉦太鼓刈田の贄や橋渡る    ①    <    変亭    >    茶呉                    
76    朝霧に沈む山河や橋に鹿    ①    <    里眠    >    零仁                    
79    落人の影振り向きて蔦の橋    ①    <    茶呉    >    三椒                    
80    老いらくの吊り橋揺らす秋の声    ①    <    きよみ    >    里眠                    
59    えびすばし大声溢る秋の暮        <    ちぢみ    >                        
60    鯉跳ねる音爽やかや太鼓橋        <    三椒    >                        
61    秋晴れの靴の協奏歩道橋        <    東西    >                        
66    身に入みて手紙投げゐる橋の上        <    あきつ    >                        
67    後の月面影橋を渡る君        <    零仁    >
68    秋空をありマスと書くトラス橋        <    変亭    >
70    浮橋をわたる女や蒼き月        <    北狐    >
74    青錆びの票の賜物鹿と野良猫        <    東西    >
75    虫すだく向こう岸へ橋わたる        <    北狐    >
78    名月やチャンバラロケの橋走る        <    トミー    >
81    橋渡り妻の哀愁区切りとし        <    takashi    >
82    丸木橋刻々微々に山粧ふ        <    ちぢみ    >                                        
以上です。                    

 

          

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2016-10-14 12:47:47

秋の吟行のスケジュールについて

テーマ:俳句

今、零仁さんに秋の吟行のスケジュールを調整していただいています。

下記の「調整くん」に、皆様のご都合をご記入ください。

よろしくお願いします。

 

https://chouseisan.com/s?h=3b6bb479aa524dfa86f92a6634e6ff8e

 

選句のほうもよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。