どうぞ俳人ホームのHP へも
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-20 20:29:06

第45回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

テーマ:ブログ

第45回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。

結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名


兼題:自由

12 春雷や妊娠検査薬光る ⑦ < 零仁 > きよみ 東西 トミー takashi 里眠 陽太

20 春光やマーマレードと佳き妻と ⑤ < 里眠 > 東西 takashi 変亭 あきつ 茶呉

26 人は群れたがるかなしい蒲公英よ ④ < あきつ > 東西 トミー 里眠 茶呉

9 四月馬鹿やたらと長い麺啜る④ < あきつ > 三椒 里眠 ちぢみ 陽太

6 幸せの最後は春の泥団子 ③ < きよみ > 東西 トミー 変亭

18 法起寺を囲むイーゼル囀りぬ ③ < 三椒 > 零仁 takashi ちぢみ

29 枝先は闇に突つ込み花明り ③ < トミー > 三椒 零仁 takashi

36 露天風呂息吐き終えて弥生尽 ③ < 変亭 > 東西 零仁 トミー

10 断捨離でテレビを捨てる春の空 ③< きよみ > あきつ ちぢみ 陽太

5 見積の交渉終えて春の月 ② < 東西 > 三椒 きよみ

7 桜咲くわたしの骨は海へ撒け ② < 里眠 > きよみ 茶呉

11 思ふことありさうに春日傘持つ ② < トミー > 里眠 茶呉

25 茎ゆらす乗っ込み鮒の鮒の刻 ② < 変亭 > 零仁 トミー

3 花冷えやブルーシートの女子社員 ① < 三椒 > 里眠

13 偲び庵なみだの味の桜餅 ① < ちぢみ > きよみ

14 煮浸しの海を土筆の泳ぎけり ① < 零仁 > 変亭

15 四月馬鹿夫婦喧嘩も今日は別 ① < あきつ > 変亭

19 散る桜ブルースリーは殴る蹴る ① < 里眠 > 三椒

22 春愁や五万年後のサピエンス ① < ちぢみ > 三椒

24 春灯に影ひしめけり水晶玉 ① < トミー > 変亭

33 木瓜の花互いに老いて源平咲 ① < きよみ > 零仁

34 夕暮れは液状化せり春来たる ① < 零仁 > あきつ

30 地下鉄も鬢の香残る春の場所 < ちぢみ >陽太

1 一度きり出会う出会いの花いちご < takashi >

2 雲間の陽刺さりそこだけ山笑う < 変亭 >

4 大丈夫いつもの笑顔に穀雨 < 茶呉 >

8 春うららベンチに並ぶ老齢者 < 陽太 >

16 「元気ですか」乾いた声の彼岸かな < 陽太 >

17 春雨のつるつるつるんエースコック < 東西 >

21 さよならの声が後引く春霞 < 茶呉 >

23 たらちねの母の居場所の花時計 < takashi >

27 巣を後に校門の先山笑ふ < 東西 >

28 退職の友を送りて花の雨 < 茶呉 >

31 置き去りの延命地蔵花を待つ  < takashi >

32 風光るサマルカンドの青冴える < 陽太 >

35 この先はカオスの時代新社員 < 三椒 >

 

兼題:風

39 ほら君が動いた分だけ春の風 ④ < 零仁 > ちぢみ 三椒 里眠 トミー

40 ゆっくりと観音開き春の風 ④ < きよみ > 陽太 東西 トミー takashi

42 花びらの向かうところを風に聞く ④ < 北狐 > 陽太 きよみ トミー 変亭

43 風光る鋭利なものの混じりつつ ④ < あきつ > ちぢみ 茶呉 三椒 零仁

48 風光る 先生これは事件です! ④ < 里眠 > ちぢみ きよみ 東西 takashi

53 風追ふて風に追はれてシャボン玉  ④ < トミー > 零仁 東西 変亭 takashi

55 夜桜とハイド氏うふふ風匂ふ ③ < ちぢみ > あきつ 茶呉 里眠

38 ふらここの天辺に風失ひぬ ② < トミー > 三椒 里眠

47 春風が地球三周して遅刻 ② < 変亭 > 三椒 里眠

57 鳴きやめば風に流るる揚雲雀 ② < 三椒 > 零仁 北狐

59 春風や細胞分裂花筏 ② < 茶呉 > あきつ 陽太

60 風誘う切ってあげるわ凧の糸 ② < 変亭 > きよみ 零仁

45 透明のセロファンで包む春の風  ① < takashi > 茶呉

46 春風や痴呆老人の笑い声 ① < 茶呉 > 東西

52 春に逝く風の電報舞い散れり ① < 零仁 > 変亭

54 春の風電波時計も狂い気味 ① < きよみ > あきつ

56 春砂漠風がコロコロ転がって ① < 陽太 > トミー

58 春風の便り届かぬ待ちぼうけ ① < あきつ > 北狐

37 飛行機雲東風に平行移動かな < 三椒 >

41 黄泉からの銀河鉄道春疾風 < ちぢみ >

44 花びらを春の速度で風運ぶ < 東西 >

49 花見後スキップで切るピンクの風 < 東西 >

50 花吹雪スカートそよがせ舞い上がる < 北狐 >

51 花吹雪群れとなって風となる < 陽太 >

61 石山の石に散るらむ花の風 < 里眠 >

62 地球儀がくるくる来る日風車  < takashi >

 

兼題:鞄

66 鞄よりどんどん出てくる四月馬鹿 ④ < あきつ > ちぢみ 三椒 きよみ トミー

68 ランドセルはA4仕様春重し ④ < 三椒 > ちぢみ あきつ 茶呉 takashi

64 口あけて春の全部をカバかばん ③ < 変亭 > 東西 トミー takashi

84 ぴょんぴょんとかばんの列や桜坂 ③< 茶呉 > 里眠 東西 零仁

65 エコバック内緒の白い桜餅 ② < きよみ > 陽太 トミー

69 歌売りは鞄を開けて春いかが ② < 零仁 > 東西 takashi

70 花は葉に鞄の底の文ひとつ ② < トミー > 茶呉 三椒

72 春昼のおとこのかばんふらんすパン ② < takashi > あきつ きよみ

74 おみやげはリュックの底のつくしんぼ ② < ちぢみ > 変亭 北狐

82 いつのだろリュックのポッケに小梅ちゃん ② < きよみ > ちぢみ 北狐

83 俳句手帳いつも鞄に青き踏む ② < 三椒 > 里眠 零仁

85 青春の鞄もて乗る終列車 ② < 変亭 > 里眠 北狐

86 春愁を詰め込み鞄引きずる子 ② < あきつ > 茶呉 零仁

87 飛花落花ベンチに古き旅行鞄 ② < 里眠 > 三椒 零仁

67 中身見て鬼嫁現る春嵐 ① < 東西 > きよみ

71 道違え鞄引く手に春時雨 ① < 陽太 > 変亭

73 万札がつまりし鞄春の夢 ① < 北狐 > 陽太

76 花冷えのカバンの角に神の疵  ① < takashi > 陽太

79 初出勤玄関先の鞄かな ① < 陽太 > 変亭

80 桜下ヴィトンにコーチユニクロも ① < 東西 > あきつ

63 旅行鞄異次元空間移動装置 < 里眠 >

75 ああ春や持ち主は誰?黒鞄 < ちぢみ >

77 駅前の歌手の鞄花ひとひら < 北狐 >

78 ポシェットの駆ける背中へ飛花落花 < トミー >

81 畔に春診察鞄の西東 < 零仁 >

以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2017-04-12 14:37:18

第45回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

テーマ:俳句

第45回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

席題:風 席題:鞄 を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

今回、久しぶりに「北狐」さんも参加してくれています。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各3~4句

選句と選評4/12~4/19

 

兼題:風

37          飛行機雲東風に平行移動かな

38          ふらここの天辺に風失ひぬ

39          ほら君が動いた分だけ春の風

40          ゆっくりと観音開き春の風

41          黄泉からの銀河鉄道春疾風

42          花びらの向かうところを風に聞く

43          風光る鋭利なものの混じりつつ

44          花びらを春の速度で風運ぶ

45          透明のセロファンで包む春の風 

46          春風や痴呆老人の笑い声

47          春風が地球三周して遅刻

48          風光る 先生これは事件です!

49          花見後スキップで切るピンクの風

50          花吹雪スカートそよがせ舞い上がる

51          花吹雪群れとなって風となる

52          春に逝く風の電報舞い散れり

53          風追ふて風に追はれてシャボン玉 

54          春の風電波時計も狂い気味

55          夜桜とハイド氏うふふ風匂ふ

56          春砂漠風がコロコロ転がって

57          鳴きやめば風に流るる揚雲雀

58          春風の便り届かぬ待ちぼうけ

59          春風や細胞分裂花筏

60          風誘う切ってあげるわ凧の糸

61          石山の石に散るらむ花の風

62          地球儀がくるくる来る日風車 

 

席題:鞄

63          旅行鞄異次元空間移動装置

64          口あけて春の全部をカバかばん

65          エコバック内緒の白い桜餅

66          鞄よりどんどん出てくる四月馬鹿

67          中身見て鬼嫁現る春嵐

68          ランドセルはA4仕様春重し

69          歌売りは鞄を開けて春いかが

70          花は葉に鞄の底の文ひとつ

71          道違え鞄引く手に春時雨

72          春昼のおとこのかばんふらんすパン

73          万札がつまりし鞄春の夢

74          おみやげはリュックの底のつくしんぼ

75          ああ春や持ち主は誰?黒鞄

76          花冷えのカバンの角に神の疵 

77          駅前の歌手の鞄花ひとひら

78          ポシェットの駆ける背中へ飛花落花

79          初出勤玄関先の鞄かな

80          桜下ヴィトンにコーチユニクロも

81          畔に春診察鞄の西東

82          いつのだろリュックのポッケに小梅ちゃん

83          俳句手帳いつも鞄に青き踏む

84          ぴょんぴょんとかばんの列や桜坂

85          青春の鞄もて乗る終列車

86          春愁を詰め込み鞄引きずる子

87          飛花落花ベンチに古き旅行鞄

 

以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2017-04-03 21:10:37

第45回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の披講です。

テーマ:俳句

第45回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の披講です。

席題: 自由を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各4~5句

選句と選評4/3~4/10

 

兼題:自由

1            一度きり出会う出会いの花いちご

2            雲間の陽刺さりそこだけ山笑う

3            花冷えやブルーシートの女子社員

4            大丈夫いつもの笑顔に穀雨

5            見積の交渉終えて春の月

6            幸せの最後は春の泥団子

7            桜咲くわたしの骨は海へ撒け

8            春うららベンチに並ぶ老齢者

9            四月馬鹿やたらと長い麺啜る

10          断捨離でテレビを捨てる春の空

11          思ふことありさうに春日傘持つ

12          春雷や妊娠検査薬光る

13          偲び庵なみだの味の桜餅

14          煮浸しの海を土筆の泳ぎけり

15          四月馬鹿夫婦喧嘩も今日は別

16          「元気ですか」乾いた声の彼岸かな

17          春雨のつるつるつるんエースコック

18          法起寺を囲むイーゼル囀りぬ

19          散る桜ブルースリーは殴る蹴る

20          春光やマーマレードと佳き妻と

21          さよならの声が後引く春霞

22          春愁や五万年後のサピエンス

23          たらちねの母の居場所の花時計

24          春灯に影ひしめけり水晶玉

25          茎ゆらす乗っ込み鮒の鮒の刻

26          人は群れたがるかなしい蒲公英よ

27          巣を後に校門の先山笑ふ

28          退職の友を送りて花の雨

29          枝先は闇に突つ込み花明り

30          地下鉄も鬢の香残る春の場所

31          置き去りの延命地蔵花を待つ 

32          風光るサマルカンドの青冴える

33          木瓜の花互いに老いて源平咲

34          夕暮れは液状化せり春来たる

35          この先はカオスの時代新社員

36          露天風呂息吐き終えて弥生尽

 

以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2017-03-25 20:06:09

第45回 俳人ホームウェブ句会を開催します。

テーマ:俳句

第45回 俳人ホームウェブ句会を開催します。

ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

次回は吟行に行きたいですね。よろしく、零仁さん、里眠さん。

 

お題:①兼題:自由句=3句

投句締切り:4月1日(土)

披講 4月3日(月)

選句と選評 4/3~4/10

選句数=4~5句

 

②兼題:風(季語ではありません)=2句

:鞄(季語ではありません)=2句

 投句締め切り 4月10日(月)

披講 4月12日(水)

選句と選評4/12~4/19

 

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)

  mitsuda@asahi.email.ne.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-07 21:44:37

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の結果発表です。①

テーマ:俳句

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の結果発表です。①

 

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。

結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名

 

兼題:自由

7            ぬる燗の舟でそちらに会いにゆく    ⑥           <           零仁       >           三椒       東西       ちぢみ    トミー    変亭           里眠

16          春なのに鏡がみんな歳をとり           ⑥           <           変亭       >           東西       きよみ    ちぢみ    零仁       トミー       里眠

8            春おぼろとろとろうつろ鶏そぼろ             ⑤           <           takashi  >           三椒       東西       きよみ    零仁           里眠      

12          浅き春引き出し奥に別の顔              ⑤           <           きよみ    >           東西       陽太       零仁       トミー    変亭          

15          たましひの棘抜けたのか水温む       ③           <           ちぢみ    >           三椒       トミー    変亭                                  

1            早春や角質剥がる足の裏    ②           <           ちぢみ    >           きよみ    零仁                                                

23          打鐘(ジャン)鳴って銀輪霙を吹き飛ばす        ②           <           零仁       >           三椒       里眠                                                

27          猫の名を呼べども雪の声ばかり       ②           <           あきつ    >           三椒       takashi                                           

31          立ち上がる蕾の縒れや春うれひ     ②           <           トミー    >           きよみ    takashi                                           

2            しんしんと雪迷ひ猫の貼紙す           ①           <           あきつ    >           陽太                                                              

18          春の夢他人の空似で不整脈             ①           <           きよみ    >           陽太                                                              

24          冬の海目で辿り見る刃の白き           ①           <           陽太       >           変亭                                                              

28          梅にほひ勾玉のよく曲がりたる       ①           <           トミー    >           takashi                                                         

29          不都合を引き算すれば残り雪      ①           <           takashi  >           ちぢみ                                                           

30          約束を燃やして如月小春かな           ①           <           零仁       >           takashi                                                         

32          恋不精なる猫は皆カギ尻尾              ①           <           あきつ    >           ちぢみ                                                           

3            冬深し生ゴミほかし煙吹かす                         <           東西       >          

4            そろそろとアロエ伸びをり春三日月                            <           トミー    >          

5            瓶詰めの海胆や春の海の香の                         <           里眠       >          

6            日溜りや蛇穴を出てとぐろ巻く                     <           三椒       >          

9            一夜明け寒暖計は春の色                  <           陽太       >          

10          早春賦女子高生之素足哉                  <           変亭       >          

11          亀鳴くやイノチミヂカシコイセヨオトメ                     <           里眠       >          

13          啓蟄や反古にした句が蘇る                            <           三椒       >           陽太

14          春うらら人妻好きな旦那様                            <           きよみ    >          

17          大寒波バスクリンの香風呂想う                     <           東西       >          

19          春風や本態性高血圧高気圧                            <           里眠       >          

20          昭和いまたしなむ程度酒まんじゅう                                <           takashi  >          

21          詰襟が窮屈そうな葱坊主                  <           ちぢみ    >          

22          卒業期かつて聞きたりかめはまら                  <           変亭       >          

25          囀りや歯科医の椅子は仰向けに                     <           三椒       >          

26          冬の夜誰かのだるま君の名は                         <           東西       >          

33          茹で玉子殻も冷たし冬の山                            <           陽太       >                                                                                              

以上です。                                                                  

 

兼題:アメリカ

36          アメリカを探しにふたり早春賦       ④           <           零仁       >           三椒       里眠       陽太       takashi

37          春愁ひ少しうすめのアメリカン       ④           <           三椒       >           きよみ    トミー    ちぢみ    陽太

39          亜米利加の隣亀有派出所前              ④           <           変亭       >           東西       里眠       陽太       takashi

49          憎しみと自由のバーガー春嵐           ③           <           零仁       >           トミー    里眠       陽太      

50          春暁のアメリカ混ざる短波かな       ③           <           里眠       >           三椒       零仁       トミー   

34          春ランチアメリカひじき飲みながら              ②           <           takashi  >           三椒       里眠                    

35          アメリカンガール空から降ってきて春           ②           <           里眠       >           零仁       東西                    

40          冴えかへる自由の像の浮かぶ海       ②           <           トミー    >           零仁       takashi               

46          春寒やヨッ!大統領はとっとっと    ②           <           ちぢみ    >           東西       変亭                    

48          春泥のあだ花長けるウオ―ル街       ②           <           トミー    >           零仁       ちぢみ                 

52          涙目や自由の女神春嵐       ②           <           陽太       >           東西       変亭                    

43          春一番星条旗が飛んでいったよ       ①           <           ちぢみ    >           きよみ                               

44          ユーアーファイアーだって春疾風    ①           <           陽太       >           きよみ                               

45          春浅く炒っては軽し安倍リカン       ①           <           変亭       >           ちぢみ                               

47          アメリカのコピーロボット山笑ふ    ①           <           きよみ    >           変亭                                  

38          大統領報道の口マスクする                            <           東西       >                                                    

41          早春やチーズケーキとアメリカン                  <           きよみ    >

42          猫の名はトランプ恋敵あまた                         <           あきつ    >

51          ペルーより米穀大事梅の国                       <           takashi  >

53          恋の猫アメリカン・ショートヘアも又                          <           あきつ    >

54          炬燵入り映ったトランプ独り言                     <           東西       >

55          ひな祭パンを創るもメリケン粉                     <           三椒       >

 

兼題:動物

59          ひさしぶり熊が手をふる春がくる    ④           <           零仁       >           東西       変亭       ちぢみ    陽太

62          鴨の春母のひとかき子の三かき       ④           <           三椒       >           零仁       東西       トミー    変亭

73          カバゴリラキリンペンギン土手は春              ④           <           変亭       >           東西       きよみ    トミー              takashi

75          皺くちやの衣脱ぎたし春の象           ④           <           零仁       >           三椒       変亭       ちぢみ    takashi

64          月面に別の足あと亀鳴けり              ③           <           トミー    >           三椒       きよみ    里眠      

71          春の月馬の睫毛の濡れたあと           ③           <           里眠       >           零仁       ちぢみ    takashi 

57          スーパーの袋に鰤の切り身一つ       ②           <           東西       >           トミー    里眠                    

60          カンガルーキック春のゴング鳴り渡る           ②           <           里眠       >           ちぢみ    takashi               

66          大掃除猫立て篭もる春炬燵              ②           <           あきつ    >           零仁       陽太                    

68          恋猫の律儀に返歌奉る       ②           <           あきつ    >           零仁       里眠                    

56          赤い象カンバス破り春の野へ           ①           <           陽太       >           きよみ                               

61          めじろ飛ぶ女系家族の昼ご飯      ①           <           takashi  >           里眠                                  

65          自分より大事な人と猫の恋              ①           <           きよみ    >           陽太                                  

72          大空をゆらりゆらりと鯨ゆく           ①           <           陽太       >           三椒                                  

58          春霞わけて歯を出すチラノかな                     <           変亭       >                                                    

63          亀鳴くや七十億の珍獣も                  <           ちぢみ    >                                                    

67          さくさくといいね!もらひしうかれ猫                         <           トミー    >

69          初売りの服に群がる冬の虫                            <           東西       >

70          水温む類人猿のひとり言                  <           ちぢみ    >

74          梅の花どうするどうする象の鼻                     <           takashi  >

76          鳥雲に歯科医に残る歯の履歴                         <           三椒       >

77          春の夢ゴリラの瞳にトロントロン                  <           きよみ    >

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2017-02-26 08:17:10

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題句の披講です。

テーマ:俳句

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題句の披講です。

席題: <アメリカ><動物>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各3~4句

選句と選評2/26~3/5

 

兼題:アメリカ

34          春ランチアメリカひじき飲みながら

35          アメリカンガール空から降ってきて春

36          アメリカを探しにふたり早春賦

37          春愁ひ少しうすめのアメリカン

38          大統領報道の口マスクする

39          亜米利加の隣亀有派出所前

40          冴えかへる自由の像の浮かぶ海

41          早春やチーズケーキとアメリカン

42          猫の名はトランプ恋敵あまた

43          春一番星条旗が飛んでいったよ

44          ユーアーファイアーだって春疾風

45          春浅く炒っては軽し安倍リカン

46          春寒やヨッ!大統領はとっとっと

47          アメリカのコピーロボット山笑ふ

48          春泥のあだ花長けるウオ―ル街

49          憎しみと自由のバーガー春嵐

50          春暁のアメリカ混ざる短波かな

51          ペルーより米穀大事梅の国  

52          涙目や自由の女神春嵐

53          恋の猫アメリカン・ショートヘアも又

54          炬燵入り映ったトランプ独り言

55          ひな祭パンを創るもメリケン粉

 

兼題:動物

56          赤い象カンバス破り春の野へ

57          スーパーの袋に鰤の切り身一つ

58          春霞わけて歯を出すチラノかな

59          ひさしぶり熊が手をふる春がくる

60          カンガルーキック春のゴング鳴り渡る

61          めじろ飛ぶ女系家族の昼ご飯  

62          鴨の春母のひとかき子の三かき

63          亀鳴くや七十億の珍獣も

64          月面に別の足あと亀鳴けり

65          自分より大事な人と猫の恋

66          大掃除猫立て篭もる春炬燵

67          さくさくといいね!もらひしうかれ猫

68          恋猫の律儀に返歌奉る

69          初売りの服に群がる冬の虫

70          水温む類人猿のひとり言

71          春の月馬の睫毛の濡れたあと

72          大空をゆらりゆらりと鯨ゆく

73          カバゴリラキリンペンギン土手は春

74          梅の花どうするどうする象の鼻

75          皺くちやの衣脱ぎたし春の象

76          鳥雲に歯科医に残る歯の履歴

77          春の夢ゴリラの瞳にトロントロン

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2017-02-17 08:17:56

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の披講です。

テーマ:俳句

第44回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の自由句の披講です。

席題: 自由を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各4~5句

選句と選評2/17~24

 

兼題:自由

1            早春や角質剥がる足の裏

2            しんしんと雪迷ひ猫の貼紙す

3            冬深し生ゴミほかし煙吹かす

4            そろそろとアロエ伸びをり春三日月

5            瓶詰めの海胆や春の海の香の

6            日溜りや蛇穴を出てとぐろ巻く

7            ぬる燗の舟でそちらに会いにゆく

8            春おぼろとろとろうつろ鶏そぼろ  

9            一夜明け寒暖計は春の色

10          早春賦女子高生之素足哉

11          亀鳴くやイノチミヂカシコイセヨオトメ

12          浅き春引き出し奥に別の顔

13          啓蟄や反古にした句が蘇る

14          春うらら人妻好きな旦那様

15          たましひの棘抜けたのか水温む

16          春なのに鏡がみんな歳をとり

17          大寒波バスクリンの香風呂想う

18          春の夢他人の空似で不整脈

19          春風や本態性高血圧高気圧

20          昭和いまたしなむ程度酒まんじゅう    

21          詰襟が窮屈そうな葱坊主

22          卒業期かつて聞きたりかめはまら

23          打鐘(ジャン)鳴って銀輪霙を吹き飛ばす

24          冬の海目で辿り見る刃の白き

25          囀りや歯科医の椅子は仰向けに

26          冬の夜誰かのだるま君の名は

27          猫の名を呼べども雪の声ばかり

28          梅にほひ勾玉のよく曲がりたる

29          不都合を引き算すれば残り雪  

30          約束を燃やして如月小春かな

31          立ち上がる蕾の縒れや春うれひ 

32          恋不精なる猫は皆カギ尻尾

33          茹で玉子殻も冷たし冬の山

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2017-02-05 08:11:32

第44回 俳人ホームウェブ句会を開催します。

テーマ:俳句

第44回 俳人ホームウェブ句会を開催します。

ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

 

お題:①兼題:自由句=3句

投句締切り:2月15日(水)

披講 2月17日(金)

選句と選評 2/17~2/24

選句数=4~5句

 

②兼題:アメリカ(季語ではありません)=2句

:動物一般(人を除く)=2句

 投句締め切り 2月24日(金)

披講 2月26日(日)

選句と選評2/26~3/5

 

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)

  mitsuda@asahi.email.ne.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-18 20:42:04

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

テーマ:俳句

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。

結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名

兼題:自由

1書き終えて鼻毛抜くなり大晦日    ⑥<変亭>里眠    零仁       きよみ    三椒       東西       陽太

14歳末や手間取るレジに早いレジ  ④<三椒>零仁    ちぢみ    東西       陽太      

19すきま風地球あちこち亀裂して  ④<ちぢみ>茶呉 里眠    変亭       あきつ   

22賀状書く都は上ル下ル入ル         ④<里眠>零仁    三椒       東西       あきつ                 

31冬ざれや恋する度にほうれい線  ④<きよみ>変亭              ちぢみ    あきつ    陽太      

6たましひに針を刺したり冬の月    ③<ちぢみ>takashi         トミー    あきつ                 

18ペコちゃんも二枚舌なり冬の空  ③<きよみ>茶呉              takashi  三椒                    

23冬ごもり今夜孤独のこもり歌      ③<takashi>里眠             変亭       ちぢみ                 

33初湯入るもくもくの湯気たこ2匹             ③<東西>takashi             変亭       ちぢみ   

36回数券ひとつちぎりて年迎へ      ③<三椒>零仁    トミー    東西                                  

37隠し事してごめんなさい冬銀河  ③<きよみ>茶呉              takashi  あきつ                 

3恨みても恨みてもこの国除夜の鐘 ②<里眠>変亭    きよみ                                             

7美談にも程があります冬桜           ②<きよみ>茶呉              里眠                                  

13去年今年しおりをそっとはづしけり②<あきつ>零仁         三椒                                  

15将棋指す中指辺り冬日射す         ②<陽太>トミー              三椒                                  

11除夜の鐘落ちれば弾む猫の腹      ①<あきつ>トミー                                                    

20欠礼の葉書の数だけ年老えり      ①<零仁>陽太

29寒晴れの羅城門に疲労感             ①           <takashi>三椒

30大晦日きのうと同じ陽が沈む      ①<ちぢみ>きよみ

35息白し見えぬ未来へひた走る      ①<あきつ>東西

2木枯らしに桶屋びっくり嵐山     <takashi>        

4枝ぶりのままや群がる雪の花        <トミー>          

5象舎にははな子は居らず霙かな    <零仁>             

8着膨れのズズメが一羽また一羽    <茶呉>             

9元日に磔気分のリースひとつ        <東西>             

10除夜の鐘睨み龍に眩暈する         <陽太>             

12軸は空洞スカイツリーも水仙も  <三椒>             

16新年にどこも団欒静まるスマホ  <東西>             

17年越しの酒酌み交わす郷社         <茶呉>             

21初句会目出度き季語の欲しいまま             <トミー>          

24主厚着犬も厚着の散歩かな         <変亭>             

25ごはさんで願いましては日記果つ             <里眠>             

26大掃除して歴史が動き出す         <変亭>

27初鶏に目覚めて鄙の今日と成る  <トミー>

28食卓にふるさと並ぶ年賀かな      <零仁>

32漆黒の闇夜に一声寒ガラス         <茶呉>

34男シャツ羽織りて過ぎる大晦日  <陽太>

 

兼題:去年今年

51去年今年人間万事靴の紐 ⑦<takashi>三椒 あきつ          東西 ちぢみ きよみトミー              里眠

39石鹸の去年を今年に貼り付ける⑥             <三椒>あきつ    東西       茶呉       零仁       きよみ    里眠      

53追々と老い負いおーいと去年今年 ④<変亭>東西             茶呉       ちぢみ    里眠      

38クワイ茹で愚直のままに去年今年③<takashi>零仁 陽太   変亭                                  

43妻と馬鹿言える無事なり去年今年③<変亭>茶呉  きよみ    陽太                                  

46去年今年卒寿の母の怪気炎③<茶呉>三椒             陽太       takashi                                          

40チューブより搾り切れない去年今年②<トミー>あきつ      takashi                                          

44去年今年ホコリの様に生きてます②<きよみ>ちぢみ         変亭                                  

45猫膝に抱きしままで去年今年②<あきつ>ちぢみ  トミー                               

350と1くるりと変わる去年今年    ①<零仁>三椒                                                           

48去年今年電話線にて繋がれり      ①<あきつ>零仁                                                       

49去年今年渡る親父の大いびき      ①<東西>変亭                                                           

50計画は二転三転去年今年①<ちぢみ>takashi                                                              

57皺となり買物メモの去年今年      ①<陽太>トミー                                                       

36ETCノーブレーキで去年今年   <きよみ>                                                                  

37門松や夜明けを待てり去年今年  <陽太>                                                                     

41よい戦争わるい戦争去年今年      <里眠>

42温いそば去年も今年も味同じ<東西>

47少年は「ママ」から「おかん」去年今年  <ちぢみ>

52女殺賭博地獄去年今年  <里眠>

54読み止しの文庫くづれて去年今年<トミー>

55去年今年定年までの数え唄<茶呉>

56去年今年しぼり続ける歯磨き粉  <三椒>

58カミサンが代わるでもなし去年今年<零仁>

 

兼題」初夢

59ペンギンの初夢キリンに蝶ネクタイ⑥<里眠>東西 茶呉  零仁       トミー    takashi               変亭

66初夢や白紙のままに年重ね⑤<ちぢみ>東西         きよみ    陽太       トミー    takashi              

61寅さんの声の高さや夢始④<トミー>三椒             きよみ    陽太       里眠                    

82鳥の声初夢かしら鳥の声 ③        <takashi>零仁  ちぢみ    里眠                                  

75初夢もなく御不浄に立ち上がる  ③<陽太>茶呉    ちぢみ    変亭                                  

81起きなさい。その初夢は君のじゃない。  ②<里眠>あきつ 零仁                               

80初夢に逢ふ約束の夢となり         ②<あきつ>陽太              トミー                               

71初夢や遺伝子カラーはピンク色  ②<きよみ>あきつ           変亭                                  

68初夢は貘に喰われり六十歳②      <零仁>東西       きよみ                                             

79初夢に初夢の夢夢うつつ             ①<変亭>takashi                                                     

77初夢の記憶もおぼろ老列車①<零仁>ちぢみ                                                                

76初夢や受験勉強あぶら汗①<茶呉>三椒                                                         

74初夢やすしざんまいに競りで勝つ①<きよみ>三椒                                                      

73初夢や太筆に墨たっぷりと①<三椒>茶呉                                                                    

70初夢や禁煙破り臍をかむ①<陽太>里眠                                                         

67初夢や二度寝できっと敵討ち①  <茶呉>あきつ                                                           

62寝ては覚めどれにしようか初夢は①<東西>ちぢみ

78初夢に濡れた枕によだれ富士      <東西>             

72初夢や悪夢はちぎってモザイクに             <あきつ>          

69初夢や写しそこねてしまひけり              <トミー>          

65初夢や飛鳥まほろば国づくり      <変亭>             

64初夢や涙ながして寝過ごして      <三椒>             

63初夢を映画のように観てみたい  <ちぢみ>          

60不条理な略図見破る初夢よ         <takashi>        

以上です。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2017-01-10 20:52:04

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

テーマ:俳句

第43回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

席題: <去年今年><初夢>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

 

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各3句

選句と選評1/10~1/17

 

兼題:去年今年

35          0と1くるりと変わる去年今年

36          ETCノーブレーキで去年今年

37          門松や夜明けを待てり去年今年

38          クワイ茹で愚直のままに去年今年  

39          石鹸の去年を今年に貼り付ける

40          チューブより搾り切れない去年今年

41          よい戦争わるい戦争去年今年

42          温いそば去年も今年も味同じ

43          妻と馬鹿言える無事なり去年今年

44          去年今年ホコリの様に生きてます

45          猫膝に抱きしままで去年今年

46          去年今年卒寿の母の怪気炎

47          少年は「ママ」から「おかん」去年今年

48          去年今年電話線にて繋がれり

49          去年今年渡る親父の大いびき

50          計画は二転三転去年今年

51          去年今年人間万事靴の紐  

52          女殺賭博地獄去年今年(おんなころしとばくのじごくこぞことし)

53          追々と老い負いおーいと去年今年 

54          読み止しの文庫くづれて去年今年

55          去年今年定年までの数え唄

56          去年今年しぼり続ける歯磨き粉

57          皺となり買物メモの去年今年

58          カミサンが代わるでもなし去年今年

 

兼題:初夢

59          ペンギンの初夢キリンに蝶ネクタイ

60          不条理な略図見破る初夢よ

61          寅さんの声の高さや夢始

62          寝ては覚めどれにしようか初夢は

63          初夢を映画のように観てみたい

64          初夢や涙ながして寝過ごして

65          初夢や飛鳥まほろば国づくり

66          初夢や白紙のままに年重ね

67          初夢や二度寝できっと敵討ち

68          初夢は貘に喰われり六十歳

69          初夢や写しそこねてしまひけり 

70          初夢や禁煙破り臍をかむ

71          初夢や遺伝子カラーはピンク色

72          初夢や悪夢はちぎってモザイクに

73          初夢や太筆に墨たっぷりと

74          初夢やすしざんまいに競りで勝つ

75          初夢もなく御不浄に立ち上がる

76          初夢や受験勉強あぶら汗

77          初夢の記憶もおぼろ老列車

78          初夢に濡れた枕によだれ富士

79          初夢に初夢の夢夢うつつ

80          初夢に逢ふ約束の夢となり

81          起きなさい。その初夢は君のじゃない。

82          鳥の声初夢かしら鳥の声 

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。