どうぞ俳人ホームのHP へも
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-21 20:54:06

第42回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。

テーマ:俳句

第42回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。

ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

 

お題:①兼題:自由句=3句

投句締切り:9月29日(木)

披講 10月1日(土)

選句と選評 10/1~10/8

選句数=4~5句

 

②兼題:蓑虫(秋の季語です)=2句

:橋(季語ではありません)=2句

 投句締め切り 10月9日(日)

披講 10月11日(火)

選句と選評10/11~10/18

 

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)

  mitsuda@asahi.email.ne.jp

 

以上、よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-25 20:02:41

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

テーマ:俳句

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の結果発表です。

皆さんに選をしていただいた集計と作者発表をしました。
結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 < >は作者名
takashiさんのコメントへの感想もよろしく。

兼題:自由
6    孤独死は孤独と限らず盆の月    ⑤    <    きよみ    >    陽太    零仁    ちぢみ    東西    茶呉
25    三人目来て列となる炎天下    ⑤    <    三椒    >    零仁    東西    トミー    きよみ    takashi
13    天の川ここから先は綱渡り    ④    <    きよみ    >    三椒    あきつ    茶呉    takashi    
28    きづいたら透明である油照り    ④    <    あきつ    >    零仁    ちぢみ    茶呉    takashi    
31    驟雨来る駆けるブラウスハ長調    ④    <    陽太    >    三椒    トミー    きよみ    変亭    
34    二階にはおやじ肌脱図りごと    ③    <    ちぢみ    >    陽太    トミー    変亭        
7    乱戦の火ぶたを切るや蝉一声    ②    <    トミー    >    三椒    ちぢみ            
10    蟲鳴くや子はひつそりと眠りおり    ②    <    里眠    >    零仁    変亭            
17    ヒロシマと黒板に書き師は無言    ②    <    里眠    >    三椒    あきつ            
18    鈍行のとなり町へと大夕焼    ②    <    トミー    >    陽太    茶呉            
19    夏颯爽スポーツサイクル顔は爺    ②    <    変亭    >    陽太    茶呉            
29    彼方より手を振る母や稲の花    ②    <    茶呉    >    東西    変亭            
32    老鶯の鳴いて時流の定まらず    ②    <    里眠    >    零仁    トミー            
33    まっ先に青のクレヨン夏を描く    ②    <    トミー    >    あきつ    東西            
1    おとこはとことんみんなはところてん      ①    <    takashi    >    あきつ                
2    炎天の鉄路の果てに牛の群れ    ①    <    陽太    >    三椒                
4    向日葵や背中見せずに大笑い    ①    <    変亭    >    きよみ                
8    三半規管狂いたる熱帯夜    ①    <    あきつ    >    変亭                
12    老鶯や旅人消ゆる霧ケ峰    ①    <    ちぢみ    >    takashi                
15    切り花の咲かずに枯れる盂蘭盆会    ①    <    零仁    >    ちぢみ                
20    着せてみよ歯に衣着せぬ夏衣    ①    <    takashi    >    東西                
35    すだれ裏半袖半パン扇風機    ①    <    東西    >    きよみ     

9    脱皮しかけて息絶えた蝉をみる          <    茶呉    >     里眠           
3    公園の緑萌ゆ木々夏日傘        <    東西    >                    
5    空蝉やどこでもドアーくださいな        <    零仁    >                    

11    木漏れ日の日矢滝壺の底揺らす        <    三椒    >                    
14    新蕎麦や暖簾透かして中山道        <    ちぢみ    >                    
16    ががんぽにすねかじられるれるられる          <    takashi    >                    
21    炎昼やミズヲクダサイ声聞こゆ        <    零仁    >                    
22    茄子食べる?返事屁でする亭主変        <    変亭    >                    
23    駐車場プールの文字の水誘い        <    東西    >                    
24    友の墓花手向けつつ法師蝉        <    茶呉    >                    
26    イタリアの蝉も負けじと大声量        <    陽太    >                    
27    星月夜言葉足らずな黒魔術        <    きよみ    >                    
30    遠青嶺滝の落差を登り来て        <    三椒    >                    
36    痩猫の眼のらんらんと草いきれ        <    あきつ    >                                            
                                    
兼題:踊り
45    盆踊り遠くに聞いて水枕    ⑥    <    変亭    >    三椒    陽太    零仁    きよみ    東西    里眠
51    妻の帯締めて娘の盆踊り    ⑤    <    変亭    >    三椒    陽太    零仁    東西    里眠    
41    盆踊りそしてひとりがいなくなる    ④    <    里眠    >    東西    ちぢみ    あきつ    takashi        
38    縁談のひとつまとまる盆踊り    ③    <    三椒    >    変亭    零仁    あきつ            
55    盆おどり死んだはずだよお富さん    ③    <    茶呉    >    きよみ    トミー    あきつ            
43    民移り地球の裏の踊りかな    ②    <    トミー    >    陽太    変亭                
49    少しだけ外れた音も盆踊り    ②    <    きよみ    >    茶呉    ちぢみ                
50    名も知らぬ村の踊りは無音なり    ②    <    零仁    >    変亭    ちぢみ                
53    盆踊り遠くにありて大吟醸    ②    <    陽太    >    茶呉    トミー                
37    下駄鳴らす郡上踊りや霊払ふ    ①    <    ちぢみ    >    里眠                    
40    浮かれきてやがて悲しき盆踊り    ①    <    茶呉    >    きよみ                    
44    死者生者皆阿呆踊り渦渦渦    ①    <    零仁    >    トミー                    
47    抜けるのも交わるも好き盆踊り    ①    <    きよみ    >    takashi                    
54    意外にも踊り上手や金髪子    ①    <    トミー    >    三椒                    
56    二歩進み一歩戻るや盆踊り    ①    <    里眠    >    takashi                    
58    盆踊り団塊世代艶めいて    ①    <    ちぢみ    >    茶呉                    
39    舞踊りオモテるウラるタイヒラメ        <    takashi    >                        
42    踊りの輪見よう見まねの異邦人        <    陽太    >                        
46    踊る髪見て心踊る盆踊り        <    東西    >                        
48    千鳥足フラフラダンス盆踊り        <    東西    >                        
52    踊してバタになりゆく男女かな        <    あきつ    >                        
57    指先に宿る情念あわ踊り        <    三椒    >                        
59    前進と後退交互盆踊り        <    takashi    >                                                
兼題:流星
70    流星の終着点として指先    ⑤    <    トミー    >    陽太    零仁    きよみ    東西    ちぢみ    里眠
77    占いに騙されてやる流れ星    ④    <    きよみ    >    陽太    東西    トミー    あきつ        
82    流星や残されたもの残すもの    ④    <    零仁    >    茶呉    変亭    きよみ    takashi        
67    夜這い星寺の坊主は長生きで    ③    <    里眠    >    三椒    茶呉    あきつ            
76    流星にあふるる星の道しるべ    ③    <    トミー    >    茶呉    ちぢみ    takashi            
60    腕に傷あれば流星落ちてくる    ②    <    あきつ    >    零仁    トミー                
64    ポケットの小銭数えり流星群    ②    <    零仁    >    三椒    里眠                
65    早口な南無阿弥陀仏流れ星    ②    <    きよみ    >    三椒    あきつ                
69    流れ星空にいい酒あるような    ②    <    takashi    >    変亭    きよみ                
74    木道に寝て流星と風の音と    ②    <    変亭    >    ちぢみ    里眠                
61    流星や娘がわからぬ父の顔    ①    <    里眠    >    零仁                    
66    流星やスポーツ専門エヌエチケ    ①    <    ちぢみ    >    変亭                    
72    流れ星願いを忘れ夜勤明け    ①    <    陽太    >    東西                    
75    田舎へと流星のごと走らせる    ①    <    変亭    >    トミー                    
79    幾夜にもかなわぬ恋やながれぼし    ①    <    茶呉    >    takashi                    
80    流星の恋路を隠す月あかり    ①    <    三椒    >    陽太                    
62    ため息の都会の空に流星        <    東西    >                        
63    流星や僧は見上げて南無阿弥陀仏        <    陽太    >                        
68    流れ星尽きぬ宇宙を永遠に来て        <    三椒    >                        
71    流れ星幾千万の夢乗せて        <    茶呉    >                        
73    流れ星ともかく行こう乱世ゆえ        <    takashi    >                        
78    黒猫は見た人魂と流星と        <    ちぢみ    >                        
81    ひとつ星幾重の願乗せ流星        <    東西    >                                        
以上です。

  

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2016-08-18 21:45:03

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

テーマ:俳句

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

席題: <踊り><流星>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。

選句数=各3句

選句と選評8/18~8/24

 

兼題:踊り

37          下駄鳴らす郡上踊りや霊払ふ

38          縁談のひとつまとまる盆踊り

39          舞踊りオモテるウラるタイヒラメ

40          浮かれきてやがて悲しき盆踊り

41          盆踊りそしてひとりがいなくなる

42          踊りの輪見よう見まねの異邦人

43          民移り地球の裏の踊りかな

44          死者生者皆阿呆踊り渦渦渦

45          盆踊り遠くに聞いて水枕

46          踊る髪見て心踊る盆踊り

47          抜けるのも交わるも好き盆踊り

48          千鳥足フラフラダンス盆踊り

49          少しだけ外れた音も盆踊り

50          名も知らぬ村の踊りは無音なり

51          妻の帯締めて娘の盆踊り

52          踊してバタになりゆく男女かな

53          盆踊り遠くにありて大吟醸

54          意外にも踊り上手や金髪子

55          盆おどり死んだはずだよお富さん

56          二歩進み一歩戻るや盆踊り

57          指先に宿る情念あわ踊り

58          盆踊り団塊世代艶めいて

59          前進と後退交互盆踊り

 

兼題:流星

60          腕に傷あれば流星落ちてくる

61          流星や娘がわからぬ父の顔

62          ため息の都会の空に流星

63          流星や僧は見上げて南無阿弥陀仏

64          ポケットの小銭数えり流星群

65          早口な南無阿弥陀仏流れ星

66          流星やスポーツ専門エヌエチケ

67          夜這い星寺の坊主は長生きで

68          流れ星尽きぬ宇宙を永遠に来て

69          流れ星空にいい酒あるような

70          流星の終着点として指先

71          流れ星幾千万の夢乗せて

72          流れ星願いを忘れ夜勤明け

73          流れ星ともかく行こう乱世ゆえ

74          木道に寝て流星と風の音と

75          田舎へと流星のごと走らせる

76          流星にあふるる星の道しるべ

77          占いに騙されてやる流れ星

78          黒猫は見た人魂と流星と

79          幾夜にもかなわぬ恋やながれぼし

80          流星の恋路を隠す月あかり

81          ひとつ星幾重の願乗せ流星

82          流星や残されたもの残すもの

 

以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2016-08-10 09:00:56

第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。

テーマ:俳句
第41回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。
席題: <自由>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。
選句数=4句~5句
選句と選評 8/10~16日

兼題:自由
1 おとこはとことんみんなはところてん  
2 炎天の鉄路の果てに牛の群れ
3 公園の緑萌ゆ木々夏日傘
4 向日葵や背中見せずに大笑い
5 空蝉やどこでもドアーくださいな
6 孤独死は孤独と限らず盆の月
7 乱戦の火ぶたを切るや蝉一声
8 三半規管狂いたる熱帯夜
9 脱皮しかけて息絶えた蝉をみる  
10 蟲鳴くや子はひつそりと眠りおり
11 木漏れ日の日矢滝壺の底揺らす
12 老鶯や旅人消ゆる霧ケ峰
13 天の川ここから先は綱渡り
14 新蕎麦や暖簾透かして中山道
15 切り花の咲かずに枯れる盂蘭盆会
16 ががんぽにすねかじられるれるられる  
17 ヒロシマと黒板に書き師は無言
18 鈍行のとなり町へと大夕焼
19 夏颯爽スポーツサイクル顔は爺
20 着せてみよ歯に衣着せぬ夏衣
21 炎昼やミズヲクダサイ声聞こゆ
22 茄子食べる?返事屁でする亭主変
23 駐車場プールの文字の水誘い
24 友の墓花手向けつつ法師蝉
25 三人目来て列となる炎天下
26 イタリアの蝉も負けじと大声量
27 星月夜言葉足らずな黒魔術
28 きづいたら透明である油照り
29 彼方より手を振る母や稲の花
30 遠青嶺滝の落差を登り来て
31 驟雨来る駆けるブラウスハ長調
32 老鶯の鳴いて時流の定まらず
33 まっ先に青のクレヨン夏を描く
34 二階にはおやじ肌脱図りごと
35 すだれ裏半袖半パン扇風機
36 痩猫の眼のらんらんと草いきれ

以上です。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2016-08-01 23:57:36

第41回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。

テーマ:俳句
第41回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。
ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

お題:①兼題:自由句=3句
投句締切り:8月8日(月)
披講 8月10日(水)
選句と選評 8/10~8/16
選句数=4~5句

②兼題:踊り、盆踊り(秋の季語です)=2句
:流星(秋の季語です)=2句
 投句締め切り 8月16日(火)
披講 8月18日(木)
選句と選評8/18~8/24

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)
  mitsuda@asahi.email.ne.jp

以上、よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-22 08:27:59

第40回俳人ホーム句会の結果発表です。

テーマ:俳句
第40回俳人ホーム句会の結果発表です。

結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。< >は作者名 

兼題:自由
7 風神の口笛こぼれ青田波 5 < ちぢみ > トミー 変亭 茶呉 東西 三椒
5 「ここだけの話」概ね梅雨曇り 4 < きよみ > 零仁 トミー 里眠 takashi
30 ところてん途切れ途切れのホラ話 4 < ちぢみ > 陽太 茶呉 三椒 あきつ
2 ダリよりもゴッホひまわり柿の種   3 < takashi > 里眠 変亭 あきつ
3 すれ違ふ人の影濃し梅雨晴間 3 < トミー > 陽太 takashi 三椒
9 噛み砕く錠剤甘い白夜かな 3 < あきつ > 陽太 トミー takashi
14 三味の音に少し控えめ金魚売り 3 < 茶呉 > 陽太 東西 三椒
21 合歓の花さいごにしあわせならば勝ち 3 < 里眠 > 変亭 茶呉 あきつ
33 夏の空ひとり冒険ポリ袋 3 < 東西 > ちぢみ 零仁 きよみ
1 端居して好き放題の草の庭 2 < 陽太 > きよみ 東西
4 万緑の山遠ざかるバックミラー 2 < 里眠 > 零仁 東西
8 この道を前へ前へと藪枯らし 2 < 変亭 > きよみ 里眠
15 ひとの夢覗くべからず立葵 2 < あきつ > 茶呉 三椒
31 うすものやをんなのちぶさのなきあとの 2 < 里眠 > 零仁 takashi
6 馴鮓や友らの顔に皺のある 1 < 零仁 > ちぢみ
11 梅雨雲に秘密のデータ預けをく 1 < 三椒 > 変亭
19 青鷺や満点着地奥琵琶湖 1 < きよみ > ちぢみ
22 夏帽のじつと動かぬ名画展 1 < トミー > 東西
25 水中花生かされてゐて生きてゐる 1 < あきつ > トミー
26 わだかまり水にながして心太 1 < 茶呉 > 里眠
28 テーブルのバナナの黒き旅装解く 1 < トミー > 零仁
29 理想から現実引いて合歓の花 1 < きよみ > ちぢみ
34 飛び降りちゃダメだよ直に夏が来る 1 < 零仁 > きよみ
35 内臓はよってたかってナスらしい 1 < takashi > あきつ
10 団欒とアイスクリーム滔々と < 東西 >
12 純白の少女時代や夏帽子 < 茶呉 >
13 祭の灯浮かぶ威勢と笛の音 < 東西 >
16 梅雨寒に石の流るる腎尿路 < 変亭 >
17 炎昼や繰り返します勝つまでは < 零仁 >
18 ユトリロの漠として白梅雨ながし < ちぢみ >
20 竹刀振る千の素足が床を打つ < 三椒 >
23 夾竹桃競馬中継途切れたり   < takashi >
24 甘酒や選挙の行方知りたがり < 陽太 >
27 世界をつかめ夏に生まれし小さな手 < 変亭 >
32 心字池日の斑の水辺四葩揺れ < 三椒 >

兼題:あめんぼう
43 みずすまし時間通りに帰ります 7 < 茶呉 > 三椒 東西 陽太 あきつ 零仁 トミー takashi
49 一滴の波紋に向かふ水馬 4 < トミー > 三椒 陽太 ちぢみ 里眠
54 干渉はまっぴらゴメンみずすまし 4 < 茶呉 > 陽太 あきつ きよみ takashi
42 一瞬も一生も美しく水澄 3 < 零仁 > 茶呉 きよみ 里眠
52 各々が海を持つなり水馬 3 < あきつ > 東西 零仁 ちぢみ
53 みずすまし世界は思ったより狭い 3 < 里眠 > 三椒 東西 takashi
50 あめんぼう二の腕太きピアニスト 2 < 三椒 > 変亭 零仁
59 離れたい離れたくない水馬 2 < きよみ > 変亭 茶呉
36 あめんぼの真似をするのは今夜だけ   1 < takashi > トミー
38 陸海空国そとまでもあめんぼう 1 < 変亭 > 里眠
39 いつからか狂った歩調水馬 1 < きよみ > あきつ
41 結弦くん真央もおるらし水馬 1 < 陽太 > 変亭
45 陰追うて夢の中なりあめんぼう 1 < あきつ > トミー
47 水流にまさる風力あめんぼう 1 < 三椒 > ちぢみ
51 スーダラで生きてゆきたや水すまし 1 < 零仁 > 茶呉
57 あめんぼう九九で言うなら七の段 1 < takashi > きよみ
37 水馬色めく鱗願う空 < 東西 >
40 水馬エドという名のしゃべる馬 < 里眠 >
44 あめんぼを教へてくれし人遠く < トミー >
46 離脱とか知らぬが仏あめんぼう < ちぢみ >
48 あめんぼう表面張力身を任す < ちぢみ >
55 縁他生木馬野次馬水馬 < 変亭 >
56 あめんぼう見つめる児等は無口です < 陽太 >
58 鏡張る水面に水馬空駆ける < 東西 >

兼題:釘
66 釘抜けば世界が滅ぶ夏の夜 7 < 里眠 > 三椒 東西 あきつ きよみ 零仁 ちぢみ takashi
61 半夏雨女川更地に釘のある 3 < 零仁 > 東西 茶呉 里眠
62 熱帯夜乱歩や正史の五寸釘 3 < ちぢみ > 東西 変亭 トミー
80 夏草やこの国に釘打ちにゆく 3 < 零仁 > あきつ 変亭 ちぢみ
83 風鈴を吊る釘打てぬ鉄の家 3 < 三椒 > 陽太 トミー takashi
60 門限とクギをさしつつ夏の宵 2 < 茶呉 > 三椒 きよみ
63 熱帯夜新たな隣人釘を打つ 2 < 陽太 > 茶呉 零仁
64 釘付けの恋するなんて夏帽子 2 < きよみ > 陽太 茶呉
65 棟梁は釘が好物三尺寝 2 < 三椒 > 零仁 トミー
76 死に切れぬ錆釘達よ夏の浜 2 < きよみ > 陽太 変亭
77 子に釘をさしつさされつ半夏生 2 < 変亭 > 三椒 きよみ
82 ゆるゆるの柱の釘に渋団扇 2 < トミー > ちぢみ 里眠
72 大昼寝釘うつ音のワルツかな 1 < トミー > 三椒
73 出る釘は打たれるさだめ青時雨 1 < あきつ > takashi
78 五寸釘投げつけてみた原爆忌 1 < 茶呉 > 里眠
79 茄子紺の艶やかなりし糠に釘 1 < ちぢみ > あきつ
67 錆釘を蹴り蹴りてゆく汗っかき < あきつ >
68 釘はいま五合目あたり戻り梅雨   < takashi >
69 糠に釘さして晩酌茄子の色 < 変亭 >
70 釘の数失せぬ魂夏館 < 東西 >
71 釘たちは重なり合って合歓の花 < takashi >
74 灼くる釘次はおれだと職人に < 東西 >
75 七夕や釘をさされる決まりごと < 陽太 >
81 夏の月丑三つ時の五寸釘 < 里眠 >

以上です。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2016-07-12 21:31:56

第40回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。

テーマ:俳句
第40回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の兼題の披講です。
席題: <あめんぼう><釘>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。
選句数=3句
選句と選評 7/12~7/18

兼題:あめんぼう
36 あめんぼの真似をするのは今夜だけ  
37 水馬色めく鱗願う空
38 陸海空国そとまでもあめんぼう
39 いつからか狂った歩調水馬
40 水馬エドという名のしゃべる馬
41 結弦くん真央もおるらし水馬
42 一瞬も一生も美しく水澄
43 みずすまし時間通りに帰ります
44 あめんぼを教へてくれし人遠く
45 陰追うて夢の中なりあめんぼう
46 離脱とか知らぬが仏あめんぼう
47 水流にまさる風力あめんぼう
48 あめんぼう表面張力身を任す
49 一滴の波紋に向かふ水馬
50 あめんぼう二の腕太きピアニスト
51 スーダラで生きてゆきたや水すまし
52 各々が海を持つなり水馬
53 みずすまし世界は思ったより狭い
54 干渉はまっぴらゴメンみずすまし
55 縁他生木馬野次馬水馬
56 あめんぼう見つめる児等は無口です
57 あめんぼう九九で言うなら七の段
58 鏡張る水面に水馬空駆ける
59 離れたい離れたくない水馬

兼題:釘
60 門限とクギをさしつつ夏の宵
61 半夏雨女川更地に釘のある
62 熱帯夜乱歩や正史の五寸釘
63 熱帯夜新たな隣人釘を打つ
64 釘付けの恋するなんて夏帽子
65 棟梁は釘が好物三尺寝
66 釘抜けば世界が滅ぶ夏の夜
67 錆釘を蹴り蹴りてゆく汗っかき
68 釘はいま五合目あたり戻り梅雨  
69 糠に釘さして晩酌茄子の色
70 釘の数失せぬ魂夏館
71 釘たちは重なり合って合歓の花
72 大昼寝釘うつ音のワルツかな
73 出る釘は打たれるさだめ青時雨
74 灼くる釘次はおれだと職人に
75 七夕や釘をさされる決まりごと
76 死に切れぬ錆釘達よ夏の浜
77 子に釘をさしつさされつ半夏生
78 五寸釘投げつけてみた原爆忌
79 茄子紺の艶やかなりし糠に釘
80 夏草やこの国に釘打ちにゆく
81 夏の月丑三つ時の五寸釘
82 ゆるゆるの柱の釘に渋団扇
83 風鈴を吊る釘打てぬ鉄の家

以上です。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2016-07-04 12:44:21

第40回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。

テーマ:俳句
第40回 俳人ホーム・ウェブ俳句会の披講です。
席題: <自由>を順不同の上、作者不明のまま、アップしました。

選句と選評(他人の選評に対する意見交換も)をよろしくお願いします。
選句数=4句~5句
選句と選評 7/4~10日

兼題:自由
1 端居して好き放題の草の庭
2 ダリよりもゴッホひまわり柿の種  
3 すれ違ふ人の影濃し梅雨晴間
4 万緑の山遠ざかるバックミラー
5 「ここだけの話」概ね梅雨曇り
6 馴鮓や友らの顔に皺のある
7 風神の口笛こぼれ青田波
8 この道を前へ前へと藪枯らし
9 噛み砕く錠剤甘い白夜かな
10 団欒とアイスクリーム滔々と
11 梅雨雲に秘密のデータ預けをく
12 純白の少女時代や夏帽子
13 祭の灯浮かぶ威勢と笛の音
14 三味の音に少し控えめ金魚売り
15 ひとの夢覗くべからず立葵
16 梅雨寒に石の流るる腎尿路
17 炎昼や繰り返します勝つまでは
18 ユトリロの漠として白梅雨ながし
19 青鷺や満点着地奥琵琶湖
20 竹刀振る千の素足が床を打つ
21 合歓の花さいごにしあわせならば勝ち
22 夏帽のじつと動かぬ名画展
23 夾竹桃競馬中継途切れたり  
24 甘酒や選挙の行方知りたがり
25 水中花生かされてゐて生きてゐる
26 わだかまり水にながして心太
27 世界をつかめ夏に生まれし小さな手
28 テーブルのバナナの黒き旅装解く
29 理想から現実引いて合歓の花
30 ところてん途切れ途切れのホラ話
31 うすものやをんなのちぶさのなきあとの
32 心字池日の斑の水辺四葩揺れ
33 夏の空ひとり冒険ポリ袋
34 飛び降りちゃダメだよ直に夏が来る
35 内臓はよってたかってナスらしい

以上です。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2016-06-24 23:57:36

第40回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。

テーマ:俳句
第40回 俳人ホームウェブ俳句会を開催します。
ふるってご応募ください。今回も、自由句を先に投句下さい。

お題:①兼題:自由句=3句
投句締切り:7月2日(土)
披講 7月4日(月)
選句と選評 7/4~7/10
選句数=4~5句

②兼題:水馬(夏の季語です)=2句
:釘(季語ではありません)=2句
 投句締め切り 7月10日(日)
披講 7月12日(火)
選句と選評7/12~7/18

投句:下記宛(管理人:三椒)メールで送信(投句)
  mitsuda@asahi.email.ne.jp

以上、よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-13 12:49:54

比叡山坂本吟行の結果発表です。

テーマ:俳句
比叡山坂本吟行の結果発表です。

昨日行った坂本吟行の結果発表です。
ご覧のとおり、零仁デーとなりました。
結果を見てのご感想をどしどしどうぞ。 

六月の吾に酸素を鯉の口 (零仁) 6 三椒、陽太、ちぢみ、変亭、雪柳、里眠
苔清水千年越しの透明さ (零仁) 5 三椒、陽太、ちぢみ、雪柳、里眠
山寺や緑を織りて涼となす (零仁) 4 三椒、ちぢみ、変亭、雪柳
万緑に座す石仏や十三体 (里眠) 3 零仁、変亭、雪柳
万緑や朽ち屋根になおいのちあり (変亭) 3 陽太、ちぢみ、里眠
入梅や知らぬ存ぜぬ石仏 (陽太) 3 変亭、ちぢみ、里眠
紫陽花は奥へ奥へと濃く淡く (零仁) 3 ちぢみ、変亭、雪柳
女生徒の清掃奉仕や夏木立 (里眠) 2 変亭、雪柳
石積みの石より夏草生まれけり (里眠) 2 ちぢみ、零仁
欄干に身を預けたり青葉風 (三椒) 2 零仁、雪柳
里坊入る人の噂や梅雨曇り (ちぢみ) 2 陽太、零仁
梅雨晴れ間女子高生の腓腹筋 (ちぢみ) 2 零仁、里眠
石段駆けるトムソーヤの白い靴 (ちぢみ) 2 三椒、里眠
梅雨の間や双手伸びする甍かな (変亭) 2 陽太、零仁
鯉を呼ぶ桂ちぢみや梅雨曇り (里眠) 1 零仁
水挿しの紫陽花崩るるやうに咲く (里眠) 1 変亭
読経か独語か梅雨の大僧正 (三椒) 1 里眠
苔の道思考を捨てり苔の花 (ちぢみ) 1 陽太
時を超え苔むす岩に花の咲く (雪柳) 1 三椒
新緑の楓の並木我を待ち (雪柳) 1 陽太
苔むした男根屹立夏めいて (陽太) 1 三椒
蜘蛛の糸増殖中です古き庵 (陽太) 1 三椒
慈眼堂琵琶湖のヨット見えかくれ (三椒)
駅おりて比叡は梅雨の雲の中 (三椒)
木下闇墓地の奥より部活の声 (三椒)
石垣の道六月の風ざわめいて (ちぢみ)
立ち葵九十道標死ぬ気なし (変亭)
苔も人もながし窺う竹林院 (変亭)
座主参る猿の供奉あり緑雨堂 (変亭)
清流の育てし庭に夾竹桃 (雪柳)
静けさに裏木戸くぐりてせみ時雨 (雪柳)
紫陽花の青が変わり赤くなり (雪柳)
赤青黄あぢさい乱舞僧の里 (陽太)
口いっぱい鯉の食欲半夏生 (陽太)
梅雨寒や紫陽花畑のあたたかさ (零仁)

以上です。





いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。