喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:
来月、都内の中学に講演に行ってまいります!!


昨年の今頃も行かせていただきましたね!

昨年は定時制の高校生に会いに行きました!
その模様はこちら➡︎高校での熱き講演!


今年は
中高一貫の学校!
中学三年生のところに会いに行きます!



昨年の活動を知ってくださった先生から
新たにご依頼をいただきました!!!



僕に期待してくださる事、
本当にありがたい事です!!


美容師は、美容師の前で技術講習をしたり、
美容学生の前で講演したりはよくありますが、

中学生や高校生、ましてや先生方の前で語ることなんてのは、聞いたことないですからね、、


美容師代表としても
気合い入れて挑みたいと思います!!!



伝えること一つで
その子の人生も大きく変わる可能性があるんですよね。




常に出会いは必然なものです。

その出会いによって運命は形を成し
「人生」という、その人だけの物語をつくって行くんですよね。


偶然のようで、必然なものなんです。


だから

僕だからこそ語れる事。


僕がその子たちを見て感じたことを

先生たちを見て感じたことを

その場に合わせて語りたいとは思います。


地球って、いろんなことが絡み合い
一つの形を成して行くんですよね。

その絡み合いの一つになれることを光栄に思います!






みなんさんに一つ質問です!

皆さんならば
中学三年生の前で何を語りますか?


ちなみに、
先生が僕に依頼した理由と、
生徒達に望んでることはこんなこと。


中高一貫校特有の、
高校受験をしなくてもよいからこその「生温さ」


力強さがない

熱くない

情熱がない

甘い


それは、先生達もそんな空気らしい。


簡単に言えば
そういったところらしいのですが。


その風潮に、何かしらの影響を与え、動きに変えて欲しいとのこと。


こんな依頼なわけです。


もしも、
みなさんなら何を語りますか?


その言葉に責任を背負い
何を伝えますか?






以前からお伝えしていることの一つですが


どれだけ若い子を責めても

それを作って来たのは大人の僕たちです。


甘い甘いと言ったところで

僕のじいちゃんは

僕を見て

クソ甘い!!

と思っていましたし、
現にその通りでしょう。


進化、改善と言えば聞こえが良いのでしょうが

なんだか心はついて行っていませんよね。


「現代に納得をしないといけない」

「新しき形に順応しなければいけない」

「それを作ったのは自分達なんだから」

そんな、

自分でタネをまいたが
それを刈るのも自分のような


なんとも滑稽な物語なんですよね。



一応は、現代のあり方に納得もしていかないと、
「根性論」などは化石ですし、もはや犯罪でもあるのですが、



でもしかし、
でもしかし、
でもしかし、


このままその流れを作り続けても良いのだろうか?


厳しさを忘れた事により
本質的な「生きる強さ」というのは育っていくのだろうか?


それは経済の中での話ではなく

地球という自然環境の中での課題や、
人と人との成り立ちとか

強さを持ってして挑まなくてはいけないことは
たくさんあるとは思うのです。

それをわかっていながらも
今は規制の方が強くある。


もはや今の時代は
先生には、子供のためなのに言えない言葉があったりするのですよね。



しかし、仮にも僕が「根性論」を語ったとしても、それすらなんら意味のない事にもなりかねない。



そもそも、根性論とはなんなのか?

角度を変えて考えても行かねばならない。


僕は自分だけであれば「根性論」だろうと
なんであろうと構わない。

過去に根性論で接してこられた経験も

甘くされた経験も

自分の中では
自分なりに常に全力でしか取り組んでこなかった。


手を抜くということをしないと決めたからである。

手を抜くところが必要なところには
手を抜くことも含めてです。

休まなければ成果にならなければ
全力で休む。


だから、根性論とはまた違う。

論理的なところの方が強い。

だから、
根性論とはなんなのか?

をまず考えないといけない。


そう、

いっそのこと
いろんな化学実験よりも
「根性論」てのに優先して実験して見たほうが良いのでは?

とすら思う。


人は
どちらの方が良好なのか?


その模索の中では、
何事においても中途半端な意識が芽生え

そして、
子供達に背負わせる。


自分たちが作り上げた結末なのに、

自分たちが、言うべきことまで言えなくいただけなのに

後出しジャンケンのように

「今の若い奴らはなー」と
否定する。



だから考えて行かなくてはいけない。


年齢に関係なく

日本中が
真剣に考えて行かなくてはいけない。





今の所、講演で語ることはまだ決めてなくても、

僕だからこそ
語りたいことは溢れている。



2時間。

しゃべりっぱなしの授業である。


美容のことは一切触れもしなければ関係ない。


喜早 純也として向き合ってきます。



みなさんも是非
考えてみてほしい


どんな内容で、
なんと伝えるのか?


シリアスなのか?
ジョーク混じりなのか?



過去には、いろんな舞台でマイクを持った経験がありますが


僕の中では

あの舞台は、とても心が震える場所です。


先生にも、生徒にも
何かしらのキッカケになる事を

そして、自分を偽るのではなく、
等身大の自分でいる事を


そんな約束の元

出会えてよかったと思える

そんな力強い講演をしてきたいと思います。





PS

ブログでもなんでも
本気で思う事にはいつも真剣です。

それは、大人だからだと思うのです。

今が正解ではなくても

今までのあり方が今をつくっている。


伝えるときの大事なことって、

「自分も相手も幸せなのかどうかって事。」



伝えられるか
伝えられないか?

それは本質的には関係ない。

伝えていく!!

そういった意思だけは諦めないで突き進んでいきたい。


そこには努力とか継続とか
むさ苦しい言葉が必要だけど、

僕の感覚では、


「幸せな気がするから」

ただそれだけの思いで書き留めていたりする。





後輩達にも思う。

美容師としてもなんでもいい、

何か前に立って表現したい人

誰が前でもいい

自分が責任持って何かを語ることの重さ

体感してほしい。



たかがの中学講演として見るのか。

それを責任として
言葉一つ一つに温度をもつのか。



自分自身が問われる行事です。


良い未来を作りましょう!


未来はみんなの手の中!



またご報告しますね!(^ ^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方にはぜひご覧いただきたい記事!!↓

http://kisou.hair-belog.com/0blog/sinkitop1.html 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
喜早純也とはどんな人?

喜早純也とはどんな美容師??

個人メディアが絶賛公開中!!

http://kisou.hair-belog.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

- SALON imformation by belog chez vous -

■年中無休■

火曜~金曜日 12:00~22:00 (カット受付最終20:30)
土・日曜日 10:00~21:00 (カット受付最終19:30)
月曜日・祝日 11:00~17:30 (カット受付最終16:30)
※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

※ご新規の方は喜早指名に限り 指名料1万円戴いております。

サロンホームページ 

スタッフ紹介

TEL.03-5794-8072 
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F
mail@hair-belog.com 

いいね!した人  |  リブログ(0)