喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:

こんなご質問頂きましたので
少しお応えさせていただけたらなーと思います(^^)

ご質問ありがとうございます!
(掲載許可は頂いております!)



{20421E92-D70C-4C44-B351-B975363EB576}





とこんな感じで頂きました!

ありがとうございます!


Aさんのところも大変なご様子ですね。。


「退社」


どうなんでしょうか…。


Aさんには申し訳ありませんが、
僕のお店も普通に退社があるお店です。



「良い退社と悪い退社」


その違いもありますよね。


退社のことを触れるのも過去に触れる話になりますので少し話しをそらしますが、


今いる子達や、今いる時間に対してどのように過ごしていきたいのか?


てのがとても大事だと思うんですよね。



ここで一つ理解しておいて欲しいこと。

社長、店長、リーダー、先輩
と、役職や任務のようなものはありますが、

大事なのは

全員が、みんな同じように「人」である事です。

みんな誰でも心があり、喜怒哀楽がある。



社長だから叱ってはいけない、押し付けてはいけない、パワハラしてはいけない。


そういう社会なのは当然ですが。

逆に、
新人に叱られる、押し付けられる、パワハラされる。

それって許されるものでしょうか?


最近の学校の流れも、先生という立場はかなり追い込まれていると思う。

生徒からの威圧に対してまでも屈しなきゃいけないことなのか?


親だからといって、子供達の事を必ず尊重しなくてはいけないのか?

お客様だからといって、全てを受け止めなくてはいけないのか?


そのバランスが50%50%で行けとは言わないが、ある程度のバランスはキチンと理解しておくべきであるかなと。


大人として、社長として、学校として、親として
面倒を見る範囲、許せる範囲、
そのような事をまずはキチンと伝えておくべきでもあると思うのです。

ルールではなく、お互いに「人」である尊厳のようなものを解りあっておかないと、一方通行に物事が走りすぎていくと思います。

それは恋愛でも、友人関係でも

お互いに許せない範囲を理解しておかないと
相手の全てを壊しかねないんではないかな?


最近の社会では、少しでも感情的に叱ったりする風潮を悪とするところがありますが…

誰だって「人」なんだからね…。



感情的になりますってば!!!



僕がいうのもなんですが、
あまり責任を持ちすぎない方が良いんですよ!



僕は「責任」という言葉や気持ちが強く、
その事は常に発しているとは思いますし、自分でもそこはめちゃくちゃ強いとは思います。


今のところ何か問題が起きても、責任を放棄する感覚までには解決して行けているからか、諦めたりする領域までなる事はない。


とはいえ、
僕なりにキチンと制限はしています。


「ここまできたら責任は放棄しますよ」と。




近年よく感じるのは、どこまでがキャパなのか?

てのが決めきれなくて、社会の風潮の強さに耐えきれないで鬱になってしまう上司が多いかなと。。


例えば退社にしても、ネガティヴな空気ならば、即刻辞めてもらうべきですよ。


「クビにしてはいけない」

てな社会のルールあるんでしょうけど

そのルールは最も正義でありながらも

誰もが「人」であり、心の強さは立場や年齢とは関係なく、苦しみや悲しみってのはいつだって背負っている事を解りあっておかないといけない。

もちろん、若手の子の苦しみもね。



そうした時の「逃げ場」てのが
若手には「退社」という手段があるのかもしれないが、そうはいかない立場の人は山ほどいる。

それは親の立場でもそう。


キャパオーバーってのが一番危ない。



じゃあどうするのか?



そもそも過保護は止めよう!

とにかく厳しく、叱れる立場になる事!


アメとムチとは言いますが、
どちらも持ち合わせないといけません。



まずはそこの立ち位置を作るために何するべきか?

を考えてみましょう。


僕の思う後輩達との関係に大事なのはこの5つの意識。


優しくないと近寄ってこない。

叱らないと成長させられない。

魅力がないと納得してもらえない。

成果を見せないと信じてくれない。

やってあげないと、やってくれない。


どうでしょうか?


相手に何かしてもらいたい時。

相手と心が繋がりたい時。


まずは自分がどうある事から始まるのか?

それが根本なんですよね。


相手に求めるならば、自分がまずは努力する。


それは相手のための努力ではなく、
自分を高める事なんです。


何があっても優しくなれる心!

常に気を使わず余裕で叱れる関係にする事!

あらゆる面で魅力的な人になってく事!

まずは成果を出す!

なんでもしてあげる心意気!


はい、
難しいですよね。


でも、これこそが正解だと僕は思っている。

上司として、もっと後輩に対して下手に出ながらも、キチンと威厳を保つ事。

このバランスをまず持てば、社内の上下関係は良好に保たれるのではないでしょうか?

それは家族関係も同じくで。





最初に言いましたような

社長だって「人」なんだから弱さを持ってる。
全てを背負うことなんて必要ない!

立場や年齢に関係なく、鬱になることなんてのは常にあり得るんだと!


と、まずは「人」として向き合うことが大切なんだと思う。


それが偏りがちな世の中だからこそ、逃げ場のない社会を作り上げてる。


そうなる前に

基礎的な行動を改めて、自分を高めることに専念した方が結果は早い。


まとめると


社会の流れに潰されそうになっている大人達こそが本当の意味で疲弊している。


若手の退社に関しては、彼らにもすぐにチャンスはまた訪れるのでし、
子供達ならば、なんだかんだと親に守られている。

先々を怖がりながらの上司や親の立場としての苦しみは、何事にも変えられない現実ってのが押し寄せていたりするんです。


「逃げてはいけない立場」


そこから勝機を見出す手段のために、相手と向き合い時間をかけまくっても、苦しみが増えるばかりで答えは解決に向かわない。


そう、
これから先のことを考えれば答えは一つです!


それは

自分を高めること!!



自然体

あくまで自然体の中で

認めてもらえる存在になれば
強要しなくても相手はついてくるものです。


その歯車をイメージし、自分にとっては何が適切な高まりなのか?

そこに執着して、自分の良いところを伸ばすことですよね!


そうすると、
後輩達の良いところも伸ばせる上司になるのではないかな?



なぜか?


自分が意識的に伸びた経験があるからこそ

それを促す事はできるはずですし、
それ自体が、そのリアルが信頼になるのではないでしょうか?


そして、
それでもお互いにソリが合わないのならば、

いや、、

そもそもの目指したい物事が違うのであれば
別れを選んだ方が良いわけです。


そして必ず反省と改善のきっかけにする事。


別れは成長の種となる。





そんな持論を偉そうに言いましたが、

僕としては

毎日が笑顔で楽しく笑って過ごせていける相手ならば誰でも良い。


相手に求める事はそれだけ。

足りない事は全部自分がすればいいと思ってます。


会社ならば、

僕が引っ張ってあげる!

僕が後押ししてあげる!

僕と二人三脚で並走する!

そっとみんなを見守ってあげる!


どれもその時折で大事だと思っています。

でも

これって本当に難しいんです。



だから


みんなで解り合いましょう!


年齢とか立場は関係なく、
みんな「人」としての傷つきやすい心を持っているという事。

だから、優しく思いやっていれば基本的には物事うまく進むと思います!

とにかくセコくないこと!

自分の都合が悪いからといって、スルーしないこと。

求めすぎないこと!

解決することに努力すること!

目の前の人を大切にすること!




仕事ってのは夢や目標であり、
またそれも様々に変化するもの。


その向かうところが違うのであれば、無理してまで一緒にやっていくことではなく、方向を変えるための努力をするのも違うと思うのです。


理解しあってこそ、ポジティブな道が目の前に見えてくるのかと思いますよね!



また何かご質問ありましたらどうぞよろしくお願いします!




・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方にはぜひご覧いただきたい記事!!↓

http://kisou.hair-belog.com/0blog/sinkitop1.html 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
喜早純也とはどんな人?

喜早純也とはどんな美容師??

個人メディアが絶賛公開中!!

http://kisou.hair-belog.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

- SALON imformation by belog chez vous -

■年中無休■

火曜~金曜日 12:00~22:00 (カット受付最終20:30)
土・日曜日 10:00~21:00 (カット受付最終19:30)
月曜日・祝日 11:00~17:30 (カット受付最終16:30)
※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

※ご新規の方は喜早指名に限り 指名料1万円戴いております。

サロンホームページ 

スタッフ紹介

TEL.03-5794-8072 
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F
mail@hair-belog.com 

 |  リブログ(0)

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります