喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:
昨日の続きです!


仕事にやりがいを強要をさせるのは悪のような世の中だけど

仕事にやりがいを持てる人もいる。


やりがいに思える仕事に就いた方が良いのはわかっているんだけど

やりがいのある仕事がなんなのかわからない。

やりがいが必要かどうかってのは
自分の人生なんだからとても大事。


だけど、
一つだけ絶対に守んなきゃいけないことってあると思う。

それは、
お客様からの期待に応えていくことへの責任。


そのお客様は、何かしらのお仕事をして、お代を支払ってくださっている。


その仕事への労力がある以上、そのお金に対する価値は、やりがいがあろうが無かろうが応えていかないといけないと思うのです。


そして、
相手に求めるのならば、自分はそれ以上に応えるくらいの気構えを持って生きていくこと。

まずはそこが基本。


ワガママばかりの社会になってしまえば、
サボる人のために労力を使うような世の中になっていく…。

いや、なってしまっている。


今こそそういう自意識を、本当の常識ある基準値に持っておくべきだと思うんです。


「自分が嫌がることはしない。」



ってのと同じように

ちゃんとしたバランスってのを理解した上で社会を存分に楽しんだ方が良い。


そのためには
会社側が「やりがい」を教えてあげるのも任務なのではないかな?


会社が、社員に対して厳しい責任を課せられるならば、もっと「やりがい」を教えてあげるのも一つの責任なのではないかと。


そんな風にも思えます。


儲けや利益、
仕事を教える事から始めるのではなく

「やりがいから教える」



これってとても大事な気がするのです。


それでうまくいかないとしたら

退社を素直に受け止め、
また、反省と改善をしていくような意気込みが必要でしょう。



先日の記事の中にあった話のように
やりがいを押し付けるなと言われる世の中でしょうが、


僕はこう言いたい。

「やりがいを持たさないで仕事をさせることの方が罪だと思う。」


何もかもが放任主義で、
その先に喜びは生まれるものなのか?



職種にもよるでしょうが、それはなかなか難しいと思える。

特に、美容のような職人の仕事ならば尚更。


教えてあげなければわからない。







まぁ

熱血精神
筋肉脳
時代と逆流している


そんな僕なんで理解してもらうことも
ついてくるのも大変ですが…。


「お客様と感動しあえるから楽しい」


そう思えてしまえば、この仕事は幸せしかない。


そうしたらプライベートも幸せな流れを生むと思う。


そういう性格が形成できているならば、
きっと、誰とのコミュニケーションもいい感じになるのではないかな?


求めるよりも、してあげるような性格。

それが幸せの法則だと思う。

そして、平和です。


と、



そんな
やりがい論を語ってしまいましたが


belog chez vousはそういった社会の風潮を
自分たちなりに上手くやっていこう!!

と考えています。


周りの風潮もあるからこそ

福利厚生や社会性も大切にしなくてはいけないし

また、
本人の向上心も大切にしてあげなくてはいけない!

そんな事を全部含めて

今年からはいろんなことを改革しています!


前置きが長くなりましたが、やりがいを大切にするコンセプトの中で運営していくことを目指しています!

上手くいくのかどうか?

それは未知数ですが、


会社を作っていくことを「やりがい」とさせていこうとしています!

だから、

会社の運営を入社した時から意識させる!!



そうです!

最初から
運営を意識して行くことで
会社の風通しは良くなり

自分たち好みの会社を作るために参加して行く意識が高まるのです!



過去に良い例が
この子

{F04842A4-570C-420A-9DAE-21B55CBD66D4}




柿ちゃんですね!

今では副店長としてバリバリ会社を作ってくれてます!


当時は
僕のメインアシスタントでやっていたからもあり、会社のことや僕のスケジュールなどを、
かなりのウェイトでマネージャー業をしてくれていた。


他メンバーに仕事や役割を分散したくても、なんとも頼りなさもあったのは、
「柿ちゃんに頼りっぱなしだった」という
自分のやり方にも問題があったのです。

それだけ、彼女が素晴らしい仕事をしてくれてたんですがね。

メインアシスタント制ってのがあったから

他のスタイリストが、自分のメインアシスタントに対する指導に口出しするのも少なかったのも、
過去の良くなかったことかもしれません。


でも、これはこれで一つの成果!

入社の時から会社のことを意識させていたからこそ、このように育っている例でもあります。



そんなこんなで今年は初めから分散し、新人の時から役割を持ってもらう!!!

自分がやりたいテーマに合わせ、本気で会社の役員として活動してみる!!


それぞれのやりがいに火をつけながら運営してみる!!



てな事でございます!


で、

三つのテーマに分けました!


・顧客満足をあげる

・これからの会社づくり

・自分たちのブランディング



この3つです!

どれも大事な事ですね!

お客様にも直結して行く事です!

みんなが
このどれか一つのところに参加しています!


で、

先週、初の集まりをしてみました!

まずはこのチームから!

・顧客満足を高めるを考える会



柿ちゃんと

イズ!!

{C6B80A25-3D35-4325-9B4B-3F570562D32F}



イズは本当にすごい!!


覚えてもらうまで
何度も書いてしまうかもですが


北海道大学の法学部にいた子ですね!


やっぱり
僕たちに足りないのは
机に向かって思い切り勉強した経験がない事!

(あ、最近書いてないけど、英語バリバリやってます!)

受験だとか
一流大学だとか

そういうのはよくわからない。

だから、彼と話してると本当に面白くて

平気で数時間経つ(笑)

知っていることの幅も文学的で面白い!!


松ちゃん
モッちゃん

てのが
女の子特有の甘えん坊なところがあるので

ブログ的には
割と目立ちやすいでしょうが

イズは地味に
深い話に花が咲いて(ミモもそんなタイプ)

人に話すネタにすらならないんです(^◇^;)


とまぁ、

安定のインテリ系!!




この二人と

「顧客満足をあげるには?」

てな話を

第一回目
として開催しましたが


イズいわく


「いやー、このチームヤバイです!!
絶対他のチームより充実しまくってましたよ!!」

と、やりがいの声が溢れてましたね!


てことは?

そうです


皆様に還元できるための話が
めちゃくちゃ盛り上がっているということです!!!!



また二回目と続くのですが、

僕としては、顧客満足ってのは

「目に見えたサービスを増やすことでない」

と捉えています。

やり出したらキリがないくらい
サービスってのはありますが

それは付属品です。

あれもこれもと手を出すことで
逆にスタッフが気を回せなくなるものです。

それこそ労働が増える。。。

それを要求するのはある程度で良いと思ってます。

ホテルでもなければ、ここは美容室です。

髪を切る場所として、その人に触れる者としての振る舞いと責任。



もっと本質的な

もっと底力的な

そこに重点を置いた所が顧客満足です!



仕事を増やすことがサービスならば
それはちょっと違う。

もっとやりがいに火をつけることから

お客様の満足は向上すると思うのです!


この前の、モッちゃんのシャンプー涙のように!!

何事も
スタッフの仕事の量よりも
成果に対する価値観に触れることですね!




{F4C44DFD-4F9D-4E75-9113-FE5E8B2943E0}






と、

偉そうに言っても

まだ何も変わっていません!


やりがいをもたせてあげられるのも
成功させるのは全て僕の責任です!


これからがスタートです!


あ、


あと茶道部店長も参加してます!

{E5CD6646-3C34-41E2-B437-7BC11E611B35}



デザートだけ食べに来たんかい!!





高橋さんの母校のスローガン⬇︎


{6C78FB6A-EE0E-44E0-B236-4AD5A734E62F}





わかる気がするぜー



PS

茶道部高橋は
常に参加です!


柿ちゃん同様

いつもマネージャー役をしっかりこなしています(笑)フォロー(笑)
 |  リブログ(0)

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります