喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:

つい先日、美容師のブログが美容業界を賑わしていました!


長い記事ではあるのですが、こんな事が問題になっているんだなと知っていただくのも良いかなと。

ご興味ある方は是非⬇︎

http://junkuwabara.com/?p=7005

{568443A2-A78B-4601-94D6-5055EBF699DB}




その続きがこの記事⬇︎

http://junkuwabara.com/?p=7023





そして、
その意見に反論している方がいて
これも話題に⬇︎


https://xelve-naru.amebaownd.com/posts/

{1FF26A81-4BFE-43BE-973D-3B021EA62A35}


その続きがこちら⬇︎

https://xelve-naru.amebaownd.com/posts/983644




珍しく、美容師さんの記事を紹介してみます。

というか、僕としては初めてかも(^^;;


かなり話題になっていたので
一般の方もかなりの数を見られたと思います。

belog chez vousのお客様も見られた人もいるかと思います。

それだけFacebook上ではシェアもあったりしたものですから

僕もこうして紹介すれば
少しばかりは見る機会を増やしてる事になるでしょう。

怒りあってるように映るこの雰囲気が強まるほど
二つの意見のみに感じ、

belog chez vousはその考えのどちらなのか?

てな想像をされるのもいかがなものかと思いましたので

「僕としてはこんな風に思っています」

てな事を書いておきたいと思います。




見てくださるとわかると思うのですが

こんな風な業界であったり
こんな風な意義を言い合ったり。。


意見の質はどうであれ、
各々に真剣で熱いよね!!


と、
感じる反面、、


下品に映りますよね(^^;;


どちらの意見も真剣ではあって
その意見の感じ方は美容師の立ち位置によって
右派 左派と別れます。

実際にはすごい数の美容師さんが共感を示していました。

簡単に言えば

会社に満たされていれば右派
フリーランスに満たされていれば左派

もちろんそんな単純な事だけではなく

安売り、ブランド、有名、無名、給料体系、美容師としての意義
etc

様々に論点は絡み合っております。


一般の方はそこまで読み取らないと思いますので(どうでもいいと思うだろうし)

ザックリと右左に分けた上で話を進めてみたいと思います。



自分自身の歩いてきた美容道に置き換えてみると、、

僕は前会社には一生所属していくと決めて過ごしていました。

そのように最後まで公言していました。

が、
まぁ、いろんな諸事情から退社せざるをえなくなった経緯です。

貢献度に対しては
誰に何言われようとも
自分の活動した内容には自信を持っています。

当然、会社という組織の中で
不快感を持たれる事はあったとは思いますが、

単純に、
「売り上げ」「ブランド化」「教育」

会社の求めているヴィジョンには全て成果を出してきました。

その中でいろんな事が取り巻いて
独立を選んだ者です。

力が溢れているから飛び出したタイプです。


そんな僕の思う

独立とは一体なんなのか?


独立しても8割くらいが苦しいと言われるこの業界…
今後益々苦しい時代が来るでしょう。

この時代で成果を出しているサロンはとても希少な方になるわけで、

それが、
「理想の形」で成果を出しているサロンこそが
1つの正解であるとは思っています。


安売りが良いか悪いか?
の議論については皆さんもお考えがあるかと思いますが

僕はこうです。



安くていいものが手に入るのならば
そりゃ安い方が良い!


自分が売り手ならば
安くは売りたくない!


まぁ、普通ですね。

これ、違う人いますか???


どこの企業でもそうでしょう。
どの消費者でもそうでしょう。

金銭感覚の違いはあれど
財布の中身次第での支出は「身の丈」が大きく左右されるものではないでしょうか。


価格に対しての論議
僕は嫌いではないのですが
一つ忘れがちなところがあって


美容の価格に対して消費者にとってリーズナブルに越した事はないのだろうけど
僕たちは自分自身が商品なんです。

物ではない。

職人業の価格とは自分の作り上げた努力の価値であり、それを認めてくださっている上で価格が設定されていく。

価格の設定というとチープな言葉になってしまいますが、

一番のキーワードは

生活ができるのかどうか?

それが未来永劫をイメージしていくことがかなり重要で、

とりあえず「今現在」

美容師側がいくらの価格でどれだけの人数をこなすことで生活ができるのか?

生活をする上で
どのようなワークスタイルだと可能なのか?

それプラス豊かになるにはどういったワークスタイルだと可能なのか?


まずは自分がどのスタイルまで許容範囲なのか?

なんですよね。

努力=稼げる

が絶対的な方程式ではないかもしれないけど

概ねそれに当たるし

美容は楽しいから=給料安くても良い

それも違うとは思う。



消費者の目線からしても
価値なんてのは千差万別ですが、
あくまでも美容師には体の一部を任せている関係。

最近では安くても失敗しない傾向にはあるとは思うのですが

「信頼という価値はあった方が…」

が正直な意見ではないでしょうか。


「物ではない」


だから論議し合ってしまうんですよね。


似たような技術を
似たような努力で得た時に

お前!!!!そんな値段で売るなよ!!!

まぁ
言いたくなる方が増えるのも致し方ない。


やはり人の手、値段は無限に上下する。

企業努力によって大量生産できていく物とは全く違う。

取り替えのきく服ではないんです。

個人の努力で価値が決まっていく
厳しい消費者の選定の元で価格が設定されていく

または、自らがその価格として認めていく。

生活と未来を考えた上で決定していく。

それが今ある価格に至っているのでは?


初めは無料でモデルを切ったりするのが
いつしか5000円になっていくのでしょう。


僕自身も、安売りの時もありましたが
そこから努力を重ね、価値をドンドン高め
今では16500円がカット料金になってしまっています。
(お客様がその価格に導いてくれたのです。)

決して高い値段で売りたいわけでもないのでが

努力していたら勝手に価値がついてきてしまったのです。
(そうでもしないと手が回らなくなってしまう)

僕にも対応できる最大人数は決まっていますから、
需要と供給のバランスによって価格が変わるのは必然的な事なんですよね。


「理想形」ではお客様に価値を感じて頂く事を目指しているわけであって、

その努力と才能の結果
様々な道を選んでるのではないでしょうか?

そもそも、安く売りたくても、その値打ちすらない技術の方が多いわけで…。

薄利多売をする道にはそれ相当の技術があり
その道の稼ぎ方があるのです。

だけど、

きっと誰もが安売りで技術を売りたいわけでもなく。

また、
誰もが会社を嫌ってるわけでもなく

誰もが独立志願なわけでもなく

誰もが一度は独立を想像したりしているのが美容師だと思うのです。


そんな中
僕は現状自分のサロンにおいては
「理想の形」
これに最も近い形で成果を上げていると自負しております。

その「理想の形」は僕なりの感覚でもあるとは思うのですが、

多くの美容師が理想としている成果に近いものだと思っています。

・高価格設定
・9割はリピート
・やりがい
・生活が豊かである
・努力するべきことが常に見えている

そして、

・大好きなお客様だけが残っている。
・スタッフも同じ方向を目的としてくれている。
・嫌いな人にはお客様だとしても断る。

お客様もスタッフも
belog chez vousを好きであるからこそ成長していけている。

僕の思う理想とはそれです。


かれこれ8年以上前に独立しておりますが
「理想の形」
そこに向かうには、自分の意思と質を高めるためにと、
あらゆる事に厳しい目を持ちました。

美容師だから、自分の技量の向上が第一なのはもちろんの事。


見えやすい面で言えば
(その方が話がわかりやすいと思いますので)

「ご来店いただく上での環境」

これに対する理想は、
「皆様がいかに快適なのか?」
これに尽きるわけです。



例えば場所選び。

サロンの場所選びにはお客様の快適性を一番に考え選びました。


・誰にも見えない隠れ家
・駅から1分
・探し求めた方のみが集まる場所
・雑居ビルではない空間
・ベッドタイプのシャンプー台が全台置ける広さ
・ブランド力


これらの事を全てクリアし、誕生したのが代官山belogです。


それから5年、ありがたい事にお客様のご予約が入りきれなくなってしまったので拡張移転をする事になりました。

リニューアルオープンをするにあたり
今以上じゃないと意味がないと思い、
独立時の思いをさらに高め挑みました。


代官山にこだわりを持っていましたが、
副都心線のアクセスが不便になったのもあり、
山手線である恵比寿側に来る事を決意しました。

そのために店舗探しに200軒は見て回りました。

シャンプー台の条件
立地の条件
その他もろもろ。

独立の時もそうでしたが、どれだけ探したとしてもお客様にとってベストな条件にフィットした店舗が空いてるとは限らない。

予算ももちろん限られています。

そんな中でようやく決めたのが今の場所。
見ての通り家賃はめちゃ高いです。

が、
雑居ビルや
駅前にはしたくなかったのです。

恵比寿はビッグステーションですから
雰囲気は少し落ち着いた場所にしたかったのです。

しかし、この坂に一番悩みました。

今の場所は恵比寿で唯一閑静な場所。

坂さえなければ。。

でも、坂の上だからこその雰囲気でもあって…



僕は今でもずっと、この坂に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

いつもいつも、
この坂を歩いてきてくださるのだと思うと
本当にありがたいと思うし

電車も含め、僕たちのところに足を運んでくださるそのお気持ちを片時も軽んじた事はありません。

特に夏、雨、雪

本当に申し訳ないと感じています。

それでも、この場所がその時点ではベターな選択だったと思えていたのでここに選びました。

しかし、
細心の気を配ってリニューアルをしてみたものの
ご満足いただけなかったお客様もいらっしゃいました。

現在通ってくださる中でも
「前の方が良かった!」
と感じている方もいらっしゃると思うのです。

サロン規模の話だけではなく
個人としてもそう

独立前のキャラが好き

あの頃の喜早さんが好き

あの頃のチームが好き

メインアシスタントは違う子の方がいい。


それこそ、もっと昔に遡るならば、

アシスタントの頃の喜早さんが好き

店長の時よりもスタイリストの時の方が好きだった

社長よりも店長の時の方が好きだった

今日より前回の方が好き。


そういったのってあるはずなんです。

またその逆もあると思うのです。

何か変化をすれば必ず何かの感情が生まれます。

当然、その方のバイオリズムでも大きく変わります。

朝にシャンプーしてもらうのと
夜にシャンプーしてもらうのでは気持ちよさが変わります。


それがわかっているからこそ
限りなくその時のお客様の気持ちに寄り添いたい。

可能な限り寄り添えるようにしたいし
それだけのキャパシティを持ち合わせたい。


そのために必要なのは個人の能力、
そして過ごしていただく環境なわけで。

その「理想の形」を求めた時に

独立だろうと
会社に属してようと
それは個人の自由。

その答えになる理由って

いつも支えてくださる
お客様は何を望んでいるのかな?

先ずはそこなのではないのかな。


自分がどうありたいか?
てのが先に来るのも良いとは思うけど

望まれている事とはなんなのか?

そこなんです。


全員にフィットする事は不可能であっても、
会社やスタッフ、お客様の未来を考えた時に
もっと良くなる事のために動いている次第です。


何度も振り返りますが

そこは正義のみではありません。

傷つけてしまった事もたくさんあり
そこに関しては今でも懺悔です。

独立もリニューアルも価格改定も
喜びの質の割合が多いからこそ決断した感じです。


やはり、常に環境は進化していくべきであり、
成長とともに変化して当然なんです。

その基準は自分ではなく、
周りにいる「仲間とお客様」が答えとなっています。


場所や内装の環境の話だけではなく
内部のチームの関係もすごく重要になります。

たまにサロン内でも喧嘩が生まれる事がありますが、
その事でお客様への負担は言語道断でしょう。


望まれてる事を第一に考え、仕事モードになれば
そんな事くらいすっかり忘れてしまうものです。

さらなるチームワーク向上に励む事が
お客様への質向上ですから。



身勝手な退社に対してもそう。

それがお客様への負担になるやり方は言語道断です。

が、
その要因を作っているのは僕でもあるから…
自分の足りなさが原因ではあるのです。

それらも含め、美容に対する気持ちの量なんてのはその子の自由だから
辞めると言われてしまえば
一瞬たりとも説得はしない主義です。

僕自身に改善の余地があるのならば
もちろんなんとかしていこうとは提案します。


でも、退社の原因はいつだって同じです。

「お客様を喜ばせるための努力についていけないから。」


だから、退社の問題では必ずこういった事を考えてもらいます。

自分は高いレベルの美容室で切ってもらいたいのに
なぜに、自分がご提供する技術には努力はしないの?

もしもお医者さんが医療に努力してなかったら嫌でしょ?
なのになぜ自分は努力してあげないの?


まぁ、グサッとくる言葉であってキツイ!!

ダイエットも同じ
痩せた方が良いと分かっていても
なかなかそれができないものですからね。。



過去の例を見ても
belog chez vousのレベルの高さに追いつけずに辞めてしまうケース以外はない。

そこから人間関係がこじれて悪化してしまうものです。

belog chez vousの質の高さを認めてるからこそ
うまくいかずにこじれてしまい辞めてしまうんですよね。。。


そうならないようになんとか支えますが
それは本人の美容とお客様への思い1つですから…

退社や独立、そして生活スタイルが
その子たちの持つ理想の価値に変わるのならば
それで良いと思っています。




だからこそ、belog chez vousで良いのならば
スタッフにもお客様にも
「理想の形」の環境を作ってあげたい。


福利厚生やイベント、給料のシステムが充実しているのもそれです。

望まれている形に僕は合わせていきたいし、
自分の都合の前に
プロとしてのあり方にこだわりたい。


プロとしてお客様やスタッフが認めてくださる事が僕の第一の望みです。

だから
僕自身が社長というポジションを全うするには

お客様の環境を何としてもよくしていく事!

スタッフ間の環境を先ずはとことん良くする事に徹する事!


そうなれば
お客様も、スタッフも
この環境を愛する事になると思うのです。


結果的に収入も増え
心も生活も豊かになり
お客様も喜び

誰もがWinWinの関係になるはずなんです。


豊かになる事を目指す順序

それがすごく大事。



今話題のブログとかを見ると

理想のエナジー叫んでいますが
どちらの内容も的を得ているようで意外とそうでもない。

働き方にフューチャーされるほど
働き続けられなくなるものです。

長期的に見たらそうなると想像してしまいます。

働き方の意見が飛び交うほど
お客様は冷ややかになるのでは?

お客様がお金に見えてくるほど
冷ややかになるのでは?

政治に興味持てなくなる理由の上位には
国民そっちのけで意見やりあっているからです。

美容師はSNSやりまくってるから特に広がりやすく
その考えの意見の量が増えるほど大切なお客様へまで伝わってしまい、

それこそが業界の衰退になっていくのでは?
と思ってしまいます。

結局のところ

美容師が右派左派となってる事がみっともない
!


僕もそのうちの一人なのか(笑)
喜早派(笑)

でもね
これが僕たちの根底にある問題なんですよ。
だから少し見ていただきたかったんです。


こんな問題抱えているから歪みが生まれやすく、9割も辞めていく業界なんです。


でも、勘違いしないでください!

そんな事が中心ではなく

成功したい子たちは
みんな必死で技術磨いて
心磨いて
目の前に来てくださったお客様を見つめています!

50年後を残っていく美容師たちは
必ずお客様を見つめています!



お客様やスタッフに

「喜早さんにどこまでも着いていきます!」


て言葉もらいますが

それはとても嬉しいお言葉ではあるけど、


いやいや、、、そんな事以上に

僕がずっとそばにいますから!!

僕がずっとそばにいてもらえるような美容師になれるよう努力しますから!!



僕はそう思っています。


ブログの事を紹介しておいてなんですが
どれだけ社会的な切り口だとしても
僕が感じる事といえば
美容師を目指してる子達に余計な影響与えるだけ。

聞き手なんてのは都合良く理解するだけで
中途半端な事が多いんですから…。


右とか左とか選ぶ前に、目の前の事必死でやってりゃ
その先の選択肢はさらなるユートピアを描く事ができる。

ユートピア=顧客の満足

それは間違いない方程式なわけで

それが独立によって喜ばれるならば
超応援したい!!

その努力によって価値が生まれ
価格が自然に上がるのならば褒めてあげたい!!


全ては
自分たちの価値を認めてくださっているからこそ成り立っていけるのですから。




なぜに僕がこんなブログの事を取り上げたかというと

2つの記事の共通点は

「美容業界をよくするには!」

と叫んでいるからです。


業界がどうのこうのとかってのは大きなお世話。

自分のところがしっかりとしてさえいれば十分。

目の前で綺麗になって喜んでくださる笑顔が
どこかで素敵なハーモニーになり
それが社会にまで影響与えていく事が望ましい。

美容業界を美容師が美容師の事をどうのこうのしていくのなんてのは
とてもとても…

環境作るのは大切な事かもしれないが

美容師は上から与えてあげなきゃいけないほどそんなに弱くはない。

それぞれの
お客様への思いの形と理想のために努力しあい
その結果淘汰するものは淘汰してしまう世の中で、
残酷ながら求められないものは選ばれなくなる。

安売りの中でも高価格の中でも競争があるという事。

音楽を買うのだってそうではないかな?
ご飯を選ぶのだってそうではないかな?


日本はどこまでいっても資本主義なんだから
その上でライフスタイルを構築していくしかないのです。

はっきりとそれを認めて
切磋琢磨していく事の方が健全。

答えはいつだって相手が持っているものなんだから。


美容業界のユートピア像に
偏った理屈は全くいらないんです。



というか、これだけ話題にはなっていても
きっとほとんどの美容師がわかっている。

会社の待遇云々よりも

お客様に囲まれていると楽しい!!!!


まずは努力の始まりの理由はそこ!

シャンプー必死で学んでいたのはそこなんだから!

気持ちいいと言われたいからやってるんです!

その結果、他店より優れていたらまた来てくださるわけで

そして、そこから頂けている収入が豊かになる事でさらなる潤いも生まれていく!

安売りだろうがフリーだろうがブランドサロンだろうと
ステージがどんな形であれ

お客様の望んでいる事とスタッフの望んでいる事に応えられていく気構えがあり、
そのリアルが発揮できているサロンこそがリピートしていただけて、人が集まり、生き残っていくのでしょう。

業界を良くしたいならば
自分のところでお客様が幸せを感じて頂く事がベストなんです。



美容室ってすごくいいよね!!!!


この声を溢れさせていれば
美容室ってすごく大好きな場所になるわけで

美容室への価値が高まれば
自然と業界は良くなるんだから。


業界をよくしたいのならば
目の前のお客様をがっかりさせない事ですね。

美容室でストレス与えてしまったらアウト!

家よりも好きな場所になる事がとても大事なんです!

スタッフにとってもそう

休みの日まで来たくなる環境を作ってあげる。

社長と遊ぶのが一番楽しいと思ってもらえるような努力をする。

それがお客様に伝染していくのです!

僕自身も心清めて精進していきます!




文句のような言いまわしで申し訳なかったのですが

結局のところ、
僕たちの夢を叶えてくれるのはお客様って事です。




だから僕は
例え大きな影響を与える事はできなくても
社会全体が良くなる事を心から願い

そのためにする事の第一優先は
目の前の人が幸せになるための活動に
全力で努力していく事だと思っています。


誰かの手を借りて幸せ増やす前に

自らの手で幸せを繋げていきたいですね!



でも
こういった議論があるからこその業界発展なんでしょうから

未来の美容業界に期待したいと思っています!


みんなで素敵にして
美容室が大好きになってもらいましょうよ!

そのためにはチームワークがとても重要!

そのためには環境整備!

豊かになりたい美容師は
お客様とスタッフを豊かにしないと得られないと思う
今日この頃です^_^


PS
ちなみに僕としては
スタッフが独立して成功できるようなスキルを身につけている時点で
会社にはめちゃくちゃ貢献してくれたと思えますから
感謝でしかないです!

そんな風に育った子ならば
独立や独り立ちは応援します!

が!!!

別れたいなんて絶対に思えないし

単純に「寂しい」。

寂しいじゃないか!!!


経営者とかそんな事以前に
人として
巣立つ嬉しさより
別れる寂しさが上回るのは普通の事ですよ。

できる事ならば別れたくない。

一生一緒にいたくなるように思わせるのも
僕自身の努力しかないから

お客様へも同じ
別れたくなんかない。

会社を愛し続けて貰えるように努力します!












・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方にはぜひご覧いただきたい記事!!↓

http://kisou.hair-belog.com/0blog/sinkitop1.html 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
喜早純也とはどんな人?

喜早純也とはどんな美容師??

個人メディアが絶賛公開中!!

http://kisou.hair-belog.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年からスタートしています!

スペシャル企画!!

全国無料カットの旅も受け付けています!!

http://kisou.hair-belog.com/junyakiso5cut.html

無料カット 

- SALON imformation by belog chez vous -

■年中無休■

火曜~金曜日 12:00~22:00 (カット受付最終20:30)
土・日曜日 10:00~21:00 (カット受付最終19:30)
月曜日・祝日 11:00~17:30 (カット受付最終16:30)
※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

※ご新規の方は喜早指名に限り 指名料1万円戴いております。

サロンホームページ 
アクセス

メニュー 

スタッフ紹介

TEL.03-5794-8072 
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F
mail@hair-belog.com 






 |  リブログ(0)

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>