喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:
すがーの卒業´д` ;

今月をもちまして
すがーが卒業しました´д` ;

あー!
やっとですか??

の声が聞こえてきそうですが~(笑)

そうです

かれこれ1年前くらいでしたっけ?

一度卒業したのに
また入学してきた話(笑)


元は7年前、
介護と美容を組み合わせた 「介護美容」という形を実現したく

介護士だったすが~は
代官山時代のbelog に惚れて入社をしました。

そこから5年
belog で修行を重ね、いよいよスタイリストになる頃に

「10年後くらいには介護美容の会社を立ち上げたいと思います!」

伝えてくれたのですが

その時に僕は

だったら1年後にやってみなさい!


と背中を押す言葉を選びました。


その時の決断はそうしましたがら
本来は辞めないで10年後に決めてくれた方が助かります。

スタッフ数もそうだし、
スタイリストとしての売り上げもそうだし、
僕のメインアシスタントとしてのお客様管理もそうでしたし。
育ててきた月日を考えれば、
当然、残り10年でも貢献してもらえる方がありがたい。


早期の退社にはデメリットしかなく
特別なメリットは全くなかったのが事実です。

しかし、
僕としては後押ししたくなるような思いの方が強かったものでして…

賢い選択ではないとわかっていながらも
後押しに決断した次第です。

その理由の一つは

中途半端にbelog のお客様を担当したとしても、
お客様としてもその後の(10年後の先)ことも困るでしょうし、

僕自身の美容師としてのコンセプトで

「自分の事を大切にしてくださるお客様は
生涯担当していく!」

と、
一生担当させていただくために努力をし、
そのコンセプトに責任を持って日々挑んでいるわけですから、
10年後に退社するということは、その筋とは違った未来を作ってしまうことになるということ。



そして、10年という長い時間の中では、そういった中で思いが途切れたり、
結果的に介護のことをやめて、美容師だけで進むことになってしまう(その先にまた道が変わったりとか)
不安定な夢になってしまう可能性はありえるのでは?

と思ったからです。

生涯美容師としてみなさまを担当させていく決意をしている僕としては
お客様の未来と、彼の未来の行方を気にしたわけですね。



そしてもう一点は

「早期にチャレンジし、いろんな世界を見た方が良い!」

そう思えたからです。

どの業界でも「先のことはわからない」

仮にも失敗したとしたら
「早期でよかった」と思えるであろうと思っているからです。


そして、親心としても

「もし失敗したら戻ってこれるからね」

と、もしものことも考えれば
そういったチャレンジには勇気と安心を与えてあげられる会社でありたいからです。


そんなこんなで
その時の話から
「1年後に退社」を決定したわけです。

で、
来たる入社6年

卒業しました!

ら、、、


???

とりあえず、
介護美容系の会社に入社してみちゃったりして、、

日給4000円だとか、
先のない話だとか、、
介護美容にもならないような話になってしまったとか…

バイトし始める結果になったとか。。


なんだか夢も何もない流れになっていってしまったらしく、
そこからなんとかしようとはするも、変なこともし始める姿に。。

見かねた僕は

おい!
何やってんだ!!

そんなことのためにここ卒業したのかよ!!!!


気持ちが中途半端なんだよ!!!!

やるなら男らしく気持ち固めて責任持った行動しなさい!!

てな事を伝え

もしも介護美容やりたいのなら
人の力を借りずに


やるなら独り立ちしなさい!!


それが今やれないなら
俺の方で会社を作ってあげる!!!!

そんなアドバイスをさせていただきました。

てなわけで
そこからまた一年入学した次第です。

すが~にとっては
神に救われた気持ちになったそうです(笑)


まぁね
見境いなくなると
なんでも無鉄砲にやりがちですからねー


彼の良いところでもあり
悪いところでもあります。

でも
そのチャレンジ感は見習わないといけないですよね!

後輩たちにもとても良い背中の姿に思うし
(独立を斡旋はしないですが、夢もあるんでしょうし)

気持ちの強さはいつだって大切です。

特に、人と関わる仕事だけに
中途半端な気持ちはよくないですよね。


で、
そんなこんなで1年延期をし、

五月に退社の日時が決まりました。


彼の中でもこの一年で一つの形ができたそうです。

その形には
僕の方からも「Yes」と言ってあげるべきですし
そういった時間も過ごしたと思っています。

思い起こせば
彼の過ごしてる全ての時間には常に「Yes」と応えてあげてきました。

免許なしでも入社オッケ!
辞める辞めないも言われるがままにオッケ!
会社の支援もオッケ!

アドバイスは常に前向きであって、
損得勘定で否定をしたことはないです。

人がいいように伝えてしまっていますが
僕はスタッフにはいつもその姿勢です。


休み欲しい!
オッケ!!

給料あげてほしい!
オッケ!!

遊びに連れて行ってほしい!
オッケ!!

教えてほしい!
オッケ!!

もっと仕事したい!
オッケ!!

もっと働きたい!!
オッケ!!

もっと勉強したい!
オッケ!!


明日辞めたい

オッケ。。

バックれ

オッケするしかない。。


あれしたい、
これしたい、

そのことにきちんと責任持てるならば
全てオッケです。
(まぁ、こういうのって結局責任持てないんですけどね(笑))

つまるところ、子供みたいなもので

やってみないとわからないならやらせてみる。

やりたいと言える気持ちがあることは、やる気とみなす。



特にその応え方には個別に差をつけず、
言われるがままに応える形を一度取り
その事の行動責任をきちんと感じさせてみるようにしてきています。

とはいえ、彼らを見ていると
やりたいことをやってみるのって簡単なようで
なかなか思い通りいかないものですよね。

エネルギーいるし
継続力いるし
自分が発した言葉の責任てつきまとうし。

子供もの時に
「ピアノ買って!」
「空手やりたい!」

とか身勝手に言っては

「どうせ続かないでしょ!」

という助言をもらっているシーンのようなものです。

簡単ではないから助言する。

でも、本人はやってみないと気が済まなかったりするものです。

やってはみるものの
達成するまでやり続けられることは少ない


小さなことから大きなことまで
そのやりたい気持ちを汲み取り、
サポートまでしてあげるのですが
(過保護すぎます。、)

なかなかうまく続けていくのには難しいものなんだなーと

やる気があっても、そうは簡単にいかないという
継続の苦しさをまざまざと感じさせられます。


ダイエットなんかは良い例ですね(^^;;


この仕事、うまくなるには全てが継続力が高い必要があります。




そんな意味では
このすがーの件も同じくして、常に「Yes」で応えてあげてきたかなと。


一度卒業し
またこうして一年延期し、

改めて旅に出はじめた今の姿には

1年前に飛び出したままよりははるかに男らしくなり
信念も行動も強くなっているように思います!

一年延期してあげて良かったなと!


そんな彼には
会社の設立という支援はする必要も無くなった感じでしたので

僕の会社とは全く関係のない形で
彼なりの道を進むことになりました!

なんだかんだと
晴れて卒業を迎えた次第です!


この7年という月日が
彼なりの描く道をきちんと整備したのでしょうし、
それが、これから先どのような変化をして行ったとしても
belog chez vousで育った彼の魂があれば
どんな激流も強くたくましく輝いていくと思います!

また、
そうなっていく事を願うからこその
この7年間の付き合いと応援でしたから

今後の彼の成果と
喜ばれている笑顔の数を心から期待と応援をしたいと思います!


そんな感じで
あっという間にこの日を迎えました。






最後の日
いつもと変わらぬ業務をこなし
その日を終えました。


やっぱりね寂しいですよね。

僕は正直耐えきれなかったです。

今に至るまで
こうやって彼の事をブログに書くのも
なんだか気が入らないというか。。

少し間をとったのですが…
 
それは、
「単純に寂しい。」


それですね。

どれだけYesと応えても、
別れたい人なんて一人もいません。


今でも辞めてしまった子にもいつも会いたいです。

嫌な別れでも
やっぱりいいところばかり思い出せますし

なんだかんだと笑顔でいてほしいですよね。


そういった意味では、気持ちよく最後を迎えられるようになれたのも嬉しさを感じますし

スタッフみんながその現状を理解し
支えてくれていたと思います!

みんながいだからこそ
この時間を迎えられたんだと思えました!


もう、ここでは語れない量の思い出と出来事がたくさんありましたからね!

彼にしか与えてもらえない物をたくさんいただきましたね!


誰一人として
同じ子はいないですから

誰もが同じ価値です!


だけど

やっぱり

すが~だからこその唯一無二の価値!

それは未来永遠に
僕の中に寂しさとして残っていくと思います!


それだけの存在だったから
あえてこの日のことも宣言しませんでした。


急なお知らせですみません。

そんな気持ち察していただけたらと思います。



言葉にするとチープになるので
この辺ですがーの卒業については終わりにしたいと思います。


またいつでも来てくれる


そんな気持ちでお別れしたわけですしね!


みなさんにもそう伝えています。


「多分しょっちゅう手伝いに来ますよ!」



彼の成功と反比例すれば
美容師に戻ることになるのでしょうが…。(笑)


成功を祈る限り、この日でお別れ

失敗したならば
また一緒に美容をやるのかな?


そんな感じです!



なので

今日で終わりではないのです!


また何年も先
またいつになっても
一緒に何かをするとは思えてます!





みなさま
長い間彼の事を育ててくれてありがとうございます!



免許もなく、ただひとつの想い一心で美容の世界に飛び込み
その意気込みに賛同した僕たちと共にこの日までを過ごしてきましたが、
彼にとっては、みなさまがいてこその美容の時間となりました!

本当にありがとうございます!



これからは
介護美容師ととしての菅原祥の始まりです!


僕が爺さんになった時に
逆に介護の世話をしてあげたいと思います!




P.S.

最後の送別会

{75939B82-1514-4481-8976-C62DE6BE4D2D}


感謝しかない1日となりました!

ありがとうございました!

身体には気をつけてくださいね^_^
 |  リブログ(0)

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>