喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:
呼子の後には
有田焼に行きました





はい
聞くに勝る
日本一のイカでした。



有田焼
ここは前田くんの故郷らしいです


有田に入りました!




ここからは
有田焼が所々に飾られていました!!

流石有田!!!!

Wikipedea の解説と共に僕の方から有田焼をご紹介させていただきます!!





有田焼(ありたやき)とは、佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器のことです。wikiより







車を走らせると、有田のいたるところにある有田焼





17世紀初頭、朝鮮人陶工・李参平らによって泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれました。wikiより



有田焼による交通事故防止への働きかけは秀逸なものでした。



当時は、その積み出しが伊万里港からなされていたので、「伊万里(いまり)」とも呼ばれます。wikiより





横断歩道だけでなく、門番としても役割を果たしている有田焼は
女性の形ではなく男性の形へと変化を遂げていったそうです。
先代からの知恵を伝えていくさまが見受けられました。
やはり男性の方が守る強さがありますよね。




有田焼が始まる1610年代から1650年ごろまでに作られたものは初期伊万里といわれ、器が厚く、染付という呉須(藍色の下絵の絵の具)のみで釉薬がとろりとして絵付けが荒いのが特徴ですwikiより




歩を進めると、有田焼が景色に溶け込んでいる様がうかがえます。
情緒あふれる街並みに心が和らぐ旅路です。



有田で上絵付けが始まったのは1647年。初代酒井田柿右衛門が成功したとされています。それまで染付の単色の世界から、多彩色による表現は、当時画期的なものでしたwikiより



有田焼も時代を重ねるごとに、子供から大人へと成長していったのですね。

1650年代からは、有田焼はオランダの東インド会社(略称 VOC)によりヨーロッパの国々に輸出されはじめます。








夜の光に照らされた色トリドリの艶美やかさには
とても心が奪われました。




ヨーロッパに渡った有田焼は「IMARI」と呼ばれ、豪華な金襴手の品々は当時、純金と同じ価値で取引されていました。ヨーロッパの王侯貴族の中には熱狂的なコレクターが非常に多かったと言われています。




人々の暮らしと自然を守っていく有田焼
有田の町から、昔ながらの知恵と情緒を感じさてくださいました。




ありがとう佐賀
ありがとう有田焼
ありがとう前田くん




 |  リブログ(0)

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります