喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:

美容師をさせていただいてる中で、たくさんの方と出会い、

たくさんの方とコミュニケーションをとり、

美容師ほど男女や世代に関係なく身近でお付き合いさせていただける職業はないのでは?

と日々感じさせていただいています。 


ありがとうございます!!

そうした中で、信頼をしていただき

スタッフ教育についてや
子供の教育
経営のやり方
区長さんから町興しの仕方
学校の先生からの相談などなど…

ありがたいことに、いろんな分野の方たちが僕の意見を参考にしてくださるんですよね。

ありがとうございます!

そんな流れから、後輩たちとこんな話をしました↓

意見てたくさんあり、書物などの情報かき集めれば数えきれないアイデアってあると思うんですよね。

その「アイデア」についての話しなんですけど

「アイデア」ってすごくキラキラしてるもののように思えますが
瞬間のきらめきに勘違いして
実はアイデアに潰されてる事ってよくあるんですよね。


何か成し遂げる時に使う術の中で
「アイデア」は物事をショートカット(効率化)させてくれる術として捉えすぎてる事。

スタッフの中でも「アイデアマン」がいたりします。
一見きらめきに感じるのですが、アイデアを結果に結ぶには
実はそこに地道な考え抜く作業が必要になっているんですよね。

「栄光に近道なし」と言いますが
アイデアというきらめきに、瞬間的な”成功している錯覚”をお越しまいがちな時にこそ
対極にある”地道な作業”を見つめていく事をさらに求めさせています。

例えば、ある場所にたどり着く目標があるとき
歩いていくのか、車で行くのか、飛行機で行くのか?
はたまた「どこでもドア」でいくのか?
そう考えさせると
みんなは、どこでもドアで行くことを”アイデア”にして終わらせてしまいがちなんですよね。

それぞれの手段で見えてくることって変わってくるから
「アイデア」によって見失ってしまっていること、得ていく事、効率や効果
そこも細かく分析してこそ
そのアイデアがキラキラし始めます。

歩くからこそ草木の香りと音を感じれたり
車で行くからこそ時間を短縮でき、大きな声で歌ったりして
どこでもドアで行くからこそ、あっという間に目的地につけたり。

そこであらためて思い返す必要があって
「最初に決めた目標って何だったのか?」

目標地点で人と会う約束をしていた場合
目標地点で観光を楽しむ予定してた場合

それによって「アイデア」は大きく変わっていくということなんですよね。

僕は思います。
これから人と会うためにその目的地点に行くとしたら
歩いていくことの方がアイデアだと。


これから会う人のために
春の訪れを語れるように春を感じたり、
町歩く人の仕草から面白いネタを仕入れられたり
誰かの噂話を小耳にはさんだり
安売りのセールを見つけてみたり
思いがけないドラマの可能性を見つけ出せることが大事だったりするから
一見きらめくアイデア(どこでもドアのような)だとしても、

そんなきっかけを見失っていることもあるんですよね。

効率化するアイデアの前に
今あることから生まれる出来事を一つ一つ見つめなおして
味わい深く、人間力に厚みを持たせて育っていきたいと思います!


アイデアを生み出す前に基礎を見つめなおすべき―


僕たちが日々取り組んでる勉強の中で一番こだわってる事がありまして
それは「言葉力を身につける事」。

毎日必ず、15分間ラインを打ちます(以前はメールでした)
内容は
①その日に起きた反省、改善点
②みんなに伝えるべきホウレンソウ
③新聞、ネット、雑誌などからみんなと話題になれるニュースをピックアップする
④原稿用紙2枚分くらいは書く

15分間にどれだけのことが表現でき、伝え合うことが出来るか?

その中で、少しでも違和感や伝わりにくいことがあれば、上下関係なく指摘しあいます。

これ、毎日続けるってすごい財産になるんですよね。
一年前はこんなこと言ってたなとか、こんな考えだったなとか。
そう過ごしていると、それぞれが話し方の本とか、

文章の書き方の本とか買ってきたりしますが、結局は実戦なんです!!

英会話は話してこそ英会話ですから
日本語だって使ってこそ力になるんです!

本に書いてあるアイデアを読むよりも、地道にコツコツ実働しながら基礎を固める事なんです!

で、
15分で打ち終えた後、それに対して全員が議論しあいます。
その日あったことの反省や改善方法から、

話題になったニュースにまで夜中の1時までを最終にして、参加したいだけやり切ります。
いわゆる酒場のような、朝まで生テレビのような(笑)

「へーそうなんだ!」
では絶対に終わってしまわないように
より深くコメントしあいます。

ここがものすごく重要で、どんな興味ないことでさえもきちんと発展させて返せるように、

1の話から10に膨らませることを目指しています。

短文で返すのは誰でもできます。
ありきたりな返しは誰にでもできます。
逆に、深く見つめることも誰にでもできるはずなんです。

だからこそ、絶対にめんどくさがらないできちんと返すことなんです。
短文で返すことって、真剣に語る人にも失礼になりますから、誠意もって返すこと。

これを言うと
「え?そんな時間までやるの??」
って驚かれるんですけど、
みんなこれが楽しみなんだそうです!その日を振り返られるし
自分の意見が出せる場所を好むようです。
友達と話してるより楽しいらしく、やっぱ酒場なんですかね?(笑)


最近のニュースでいえば、消費税が上がって駆け込み需要が多くなってる話が出ました。
それぞれがそれぞれの目線で、
ということは? ということは?
と話が展開していき
自分たちにとっての消費税とは何か?
経済とは何か? 地球の裏側には何の影響が与えられてるのか?
そんな深いところまで話し込んでいきます。

それぞれが本気の意見を持ち寄ることで、さまざまな意見を聞くことが出来るし、

物事の本質を見抜く力が身についてきました。

そもそもの学校の授業ってそういう時間の方が少なかったですよね
テストの点とることも大切ですが、道徳などの時間を増やしコミュニケーションを取り合える時間をもっと作ってあげてほしいと思います。
ましてや、家に帰ればテレビかゲームか携帯か・・・

結局、国語力も低く、かつ言葉の表現力も身につきません。

だからこそそこを基礎とし、大人だからこそ言葉の基礎的なコミュニケーション力をつけるべきなんですよね。

もうかれこれ6年にもなるこの取くみ
おかげさまで毎日欠かさずやっていることがものすごく力になっています!

最初はみんなも辛そうでした。。
頭振り絞っても当たり前のようなことしか書けません。
求められてるのは、いわゆる小論文であり、コメンテーターでもありますから
何も浮かばない子は何も浮かばないんですよね。

でも、それではだめなんです。
甘えてはいけません!!

この世の動物の中で唯一言葉を使えるのが人間であり
その言葉を大切にしなくなったら何のための能力でしょうか?

belog chez vousでは美容以上のことを勉強してあげるべく
言葉を使えるようにしてあげる事
言葉を多く使う授業をしてあげる事

言葉=コミュニケーションだからこそ
その言葉をどう使い、どうコミュニケーションを取れていけるか?

言葉は喜びを与え、時に残酷な時もあり、悲しみも怒りも幾多に色を変えていきますが
言葉の持つ一番の力は、「伝わる」ということだと思うんですよね。

伝えることの努力。
日々積み重ねながら強く生きていきたいと思います!!



―ゆとりなのは自分たちでは?―

こうして日々授業をしていると
受け身だとか、ゆとりだとか、今の子達って作られたレッテルを背負ってる感じがありますが、
実は、僕たち世代の方がゆとりなところたくさんありますよね。

それなりにすごしてきた年齢だから、「まあいっか」になりすぎて
本当に必要な基礎となることをうやむやにしまってますよね。

もっともっと
「言葉を伝え合うコミュニケーション」を取りあう時間を作らないと
次世代に何も教えられないことになります。
(伝えられてないことになります)

基礎を見直すのは自分たちの世代なんだと、常感じる毎日です。

続けると絶対に変わっていく―
僕は知識も経験もなくて、何も書くこと出来なかったですけど
これ、だれに教わってやってる事でも、
だれに言われてやってる事ではないんですよね。

だけど、こうしてブログを書かせてもらうことで、サロンでの話題が飛び交い
このブログが大きな「話題」になってることを実感しています。

やっぱり、「言葉」を放ってるからこそなんですよね!

自分が使ってる国語力なんて小学生レベルにもかかわらず
今では雑誌のコラムなどの依頼も来るようにもなりました。

アイデアを浮かべる前に基礎を磨き
大人だからこそ知性を持った表現を身につけていきたいと思います!

そして、スタッフたちがみなさんと心地よく会話できるようになっていく姿を
ぜひ楽しみにしてください!

 |  リブログ(0)

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります