喜早純也のアメブロ

恵比寿・代官山の美容室 belog chez vous
めちゃくちゃサロンへのこだわりがあります!
絶対にどこにも負けない美容室だと自信もって言える美容室であり
美容師をしています!


テーマ:
先日発売されたばかりの
belog chez vousシャンプー&トリートメント!

すごい人気でびっくりです!!
支持していただいてありがとうございます!

成分に詳しい方もいらっしゃって、逆にびっくりしましたが
そんな方からも「すごくいい」の声があり、
「作ってよかったな~」ってつくづく思います!

髪のことや頭皮のことを気にされてる方には本当におすすめです!

シャンプー&トリートメントてすごくたくさんあるので
今日はその話題で行きたいと思います!

今日も長くなります!
そして、シャンプー&トリートメントにはいろんな考え方があると思いますので
僕の知識不足などありましたらすみません。。。

それでは
語らせてください!
僕が思う シャンプー&トリートメントについて!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いまや、シャンプー&トリートメントの成分て
いろんなサイトで評価などささやかれていますよね。

そもそもシャンプー&トリートメント選びって
その方に合ったもの(成分、香りやパッケージ、価格やブランドなど)で選ぶのが良いのでしょうが、
買ってはみたものの「良い気がしてたのに、、悪かった。。」は辛いものがありますよね。

良いとは何なのか?
と考えていくと・・・
それって
正直な製品であることですよね。
(言ってることが正直であること)

消費者の方が判断できるのって
言ってることを信じるかどうかですから・・・

言ってることが違ったらいけませんよね。

まずは言ってることが正直であること!
(メリットもデメリットも伝えることですよね)

そうすることで選ぶことの基準が、人それぞれに変わっていきますよね。

たとえば、
アトピーの方と(僕は弱アトピーっす)
肌が強い方とは選ぶものが変わってきますし

食事ですら考え方も変わりますよね。


男性と女性でも選択理由が違いますし、

髪形で言えば、ショートとロングの方
傷んでる方とそうでない方
年の差まで言い始めたら、キリがないくらいのマッチングを必要とされますよね。

星の数ほどある製品への選択意識って、
十人十色なはずですよね。

では
こんなにも数多くもある「製品」って何なのか???

製品て、製作者の「こんなの作りたい!!」という意志であり
本人の満足度のようなものでもありますよね。

今、制作者側に立ったからこそ見えることですが
僕が「こんなの作りたい!!」って考えると
安全やコスト、性能、ビジネスにおけるところまで、
いろんな要素が絡み合っていることに気が付きます。

儲けたいなら儲けたいなりに
儲けるための製品を作ろう!!ってあるように

安全が一番!!!ってあれば
それに合った製品もありますよね。

地球にやさしく!!
とか
すごい素晴らしいテーマに立ち向かっていることですし。

やはり、
製品のコンセプトは、製作者の意志の数だけありますよね。

きっと、アトピーに悩まされてる方からしたら
低刺激なシャンプーを作るでしょうし。

モデルさんなどでプロデュースするならば
輝かしい髪を作るものにするでしょうし。

日本と海外でも違うでしょうし

その製作者の経験や環境で大きく変わりますよね。

そうなると
星の数ほどの製品には、
その一つ一つの製品を読み取る力。
そこが消費者にも求められるわけで・・・

そうなると
製品に対する知識の勉強が必要で・・・

勉強をしようと
いろいろ成分調べたり
「買ってはいけない!!」って本を読み漁ったり
「『買ってはいけない』を買ってはいけない!!!」って本が出てきて

え~~
どうしたらいいの???
ってなりますよね。。。

必要な知識を持つための勉強。

実際のところ
そんな勉強ってめんどくさいですよね!!!


なので、どんなものを選べばいいか??
目的に合わせた製品選びへの道。

そんな話を
すごく簡単にしてみたいと思います。


第一回目 製品選びの基準について!!
―シャンプー&トリートメントの安全性について語ってみたいと思います―

製品選びには、
キーワードは「満足度」

これが一番大切ですよね!


安全面・性能・コスト・ブランド力・etc...

安全面―

製品に求める安全とは何か?
突き止めると、おしゃれに安全なものはなく、逆に危険なものもなく、
というのが答えな気がします。

「おしゃれ=何かを破壊している」
「おしゃれ=何かを生み出している」

見える角度によって答えが変わってしまうものですよね。

人としてのエゴの観点から見れば
おしゃれは地球を壊して(壊す傾向に)いますから・・・

ここの話になると哲学的なものになるので
僕なりに思ってることも含め割愛しておきますが、

地球には申し訳ないが
おしゃれを楽しんでもらいたいと願っている立場として
危険とか安全とか
深々と考えていくよりも(考えていくことはとても素晴らしい!)


多くの方を対象にしていくならば
「本質になるおしゃれ」を
もっと気軽に提供していくことだと思っています。

その上で

可能な限り地球を汚さない
可能な限り安全な成分を選ぶ
最大のおしゃれを実現する!!
ビジネス目線での製品作りはしない
お客様の満足度の観点を大切に製品を作る!!

をゴールに置くようにしていきたいと思います。


いわゆる、この製品は安全、この製品は危険という観点で見てしまうことで
「満足度」というキーワードから外れてしまうからです。

なにより、
危険な成分の解釈は難しいです。
危険といわれていても、ほとんどの方が生きてる間中危険といわれてる成分を使い続けてたりしていて、それでいながら基本的には満足していますから・・・

ようするに、「危険といわれてる成分であっても、その方にとってトラブルを感じなければ、危険ではないとさえ思う。」からです。

ましてや、一応「安全」と認められたうえで使用されている成分ですしね。

ややこしい解釈ですが
ちょっと具体的に言いますと。

シャンプーの成分で言えば、洗浄剤の「ラウリル硫酸ナトリウム」などが危険成分とされています。
石油系で作られる洗浄剤です。必要な皮脂までとってしまう。洗浄はしっかりできる。タンパク変性をおこし、薄毛、かぶれの原因になるといわれていますが
世の中のシャンプーのほとんど(大げさに言えば「すべて」といってもいいくらい)使用されています。

それは、使用感(泡立ちなど)がよく、安価な原料で、高性能だからです。

ロクシタンや、頭皮のためのスキャルプDにさえ入っています。
AVEDAのシリーズの一部にも入っています。

オーガニックといわれてそうな製品にもたくさん使われています。

てことは、待ちゆく人のほとんどが、「危険??」なシャンプーで洗っているわけです。

石油系って聞くだけで
「おぇ~」ってなる方も多いでしょうが・・・

実際は
石油系ってすごく身近で、体内に入り込んでいますよね。

が、!!

それでも満足度が高い製品が石油系に多いのはたしかなんです!

先ほども言いましたように
それがすごく悪いといいすぎるのは、「不満足度」によって比例するのではないでしょうか?

危険であれ、
使い心地よし
香り良し!
手触り良し!
ブランド力良し!
そして安けりゃよし!

てなってるからこその、満足度の高い製品であって

そのまた逆が、不満足度の高い製品になりますよね。

てことで、
そういった製品の逆を行くため危険成分を取っ払おう!!
ってことにします。


いわゆるオーガニック系とか無添加系の支持者のための製品。

今はオーガニック系が主流ですが
昔は石鹸系が良いと噂されていました。

石鹸系シャンプーご存知でしょうか?
アラサー アラフォーの方はうわさに誘われ使ったことあるのではないでしょうか?
(過去に僕も使っていました)

あまりにも情報が多くなるので割愛しますが、

良いか悪いかだけでいえば

はっきり言ってよくないです!!!(僕的な見解です)

使いこなすには無理ですし、
おしゃれをされる方にとって、最も大変な事態を引き起こします。
(水道水に 混ざっている 金属物質と くっついて金属石鹸ができ、これが頭をごわごわさせたりします)


頭皮の安全を考えるばかりに、実は頭皮のことを考えていないことにもなりかねます。

ようするに、
頭を洗う(快適性)のと
髪のケア
頭皮のケアとか
いろんな要素を考えていくと

無理が生じすぎるんですよね。。。


「満足度」というキーワードから
さっきの真逆で
安全であれ、
使い心地悪い
香り??
手触り悪い
ブランド力??

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

アトピーの方にはだめで(基本アルカリだから)
あまりにも流しにくいことで、残留しやすく、結果的に頭皮に悪影響の可能性。。

僕の考えとしては、「非常に乱暴な安全なシャンプー」って感じでとらえてしまいます。
おしゃれから遠のくことを優先すべきではない気がしてならないのです。

ちょっと言い過ぎていますのでフォローしますが、
石鹸系がベストに感じてらっしゃっる方や使いこなせてる方には問題なしです。

単純に
安全だから石鹸系!!

ってわけだけではないということですね。

ノンシリコンシャンプーも同じくです。

ノンシリコンだから良い!!
ではないですよね。


というより、
安全安全といっても
危険危険といっても

そんなに神経質になるほど、
案外、人の肌というのはそこまで敏感な話じゃないからです。
(敏感に感じる方が多いわけではないということです)


でも、
やはり悪いものは悪いのです。。。

石油系のシャンプーはやめたほうがいいです!!

知らずのうちにトラブルが起きていたりしてるのです。
(肌は荒れないが、薄毛の原因は作っているとか。。)
(地球にも体内にもやさしくないとか)

僕は、石油系のシャンプーを触っただけで「うわっ」ってなります。


てことで
何が一番洗浄成分でいいの??

となります。

ずばり
アミノ酸系です。
主に「ヤシ油 脂肪酸などを原料とする洗浄成分」です。

どこの調べでも、基本的に「良い成分」として取り上げています。

毒性も言われていません。

じゃぁなぜ使わないの??

それは、原料が高いからです!!!

ちなみに
成分の効果をこのように書かれていたりします。
(高級アルコール系というのは、石油系ということです)


この表からわかるように、洗浄力が高い必要性を感じてる方には
石油系や石鹸系は必要であるが、
それって、どんな状況であれば、そこまでの洗浄力を求める必要があるのか??

という点に行き着きます。

ちょっと小話をはさみながら、ざっくりいきますが、
大人のニキビの原因は、ドライスキンによってできることが多いと報告されています。

皮膚というのは、必要な油分を生成し吐き出そうとしますから
洗い過ぎ(ニキビがあるからと言って脂っぽいと感じ)によって、必要な皮脂が取り除かれ、必死で油分を出そうとして、炎症を起こす原因となってしまう。(ざっくりのイメージです)

ようするに

肌は人間の一部であり
常にターンオーバーとともに入れ替わったり、呼吸したり
反応したりと
外的なこと、内的なことにとても敏感ですから
洗いすぎると、あわてて「潤いださなキャー」ってなります。

それが、過剰反応で起こる炎症(乾燥肌なのにニキビ)になります。

私脂っぽくて~~
って悩んでる方、もしかしたら
脂っぽいから=洗い過ぎ=過剰分泌
になってるかもしれません。

ニキビも多く脂性と感じてた子が
洗顔をしなくなってニキビがなくなったケースはよくあることです。

こんなこと言うのもなんですが、

僕は美容師ですから、パーマもガンガンかけてますし
カラーもガンガンやり続けています。
(パーマやカラーが薄毛には直結しないですが)
髪も同年齢の中では一番多いくらいです。

肌の老いは遅いです。

特別なケアはしていないのですが
マイナスになることをしてないのは確かです。

原因と対応を知り、それに対して
「どのように付き合うか」のメカニズムこそが大切なんですよね!

表面上の危険か安全かという事で商品をとらえるのではなくて
もっとロジカルにとらえていくことが、成功の秘訣な気がします。

そこと製品への「満足度」は密接な関係になりますよね。


おしゃれを楽しみ続けたいから頭皮のことを考えていきたい。

おしゃれを楽しめるための製品であってほしい。

そのためにはどのように付き合っていくのか??


その答えの一つが
オリジナルシャンプー&トリートメントの開発でした。


皆様の製品選びに

おしゃれを楽しみ続けたいから頭皮のことを考えていきたい

おしゃれを楽しめるための製品であってほしい。


満足度としてありましたら
僕の作ったシャンプー&トリートメントは絶対的におすすめです。


・安全であり
・使い心地よく
・香りは好き嫌いですが、贅沢な香りです!!
・手触りは一番だと思います!
・ブランド力は全くなく(残念!!)

しかも、宣伝費も広告費もモデル代も開発費もかかっていませんから安い!!!!
そして
製作者として正直に話せます!

そして
ビジネス要素が全くないので
余計なしがらみが一切関係してきません!
(これかなり十要素です)

僕たちって、販売業じゃないので、商品に対するマネージメントを
全く計算しなくてもいいわけです。

技術販売の仕事であるからこそ
長くファンになって頂けることが僕たちのビジネスの本質ですから

新商品開発に追われることもなく
商品利益に頼ることも必要ないのです。

だからこそ
おもいっきり贅沢な商品を作れてしまうんですよね!

そんなわけで、
belog chez vousのシャンプー&トリートメントには
成分への判断をかなり考えました。

正直な話
belog chez vousのシャンプーに悪い成分はいっていますか??
と聞かれましたら

はいってますよ!!

と言うべきなんでしょう。

belog chez vousのシャンプーは
全部オーガニックですか?

と聞かれましたら
オーガニックでもなく、添加物も入っていますといいます。

その成分を悪と言う方がいる以上、それは悪でもあるといえるからです。

belog chez vousの「頭皮のことだけを考えたシャンプー」には
必要として化学成分が入っています。

その中の一つが防腐剤です。

オーガニックの花のエキスも含め
70以上も入ってる成分のうち
防腐剤の役割にBGというものを入れています。

もちろん花のエキスで防腐剤の代用もかなりしています。


ちなみに、この「BG」、オーガニックをうたっているほかの製品では
「一切防腐剤を含みません」とされていたりしている中にも関わらず
よく含まれています。

なぜか?

BGは防腐剤でもあり、肌の保湿剤としてもつかわれるからです。

実際、危険性は極めて少ないので安心してください。
(他シャンプーの主成分、ラウリル硫酸のほうが危険ではあります)


防腐剤って食品にもよく入っていますが、
そもそも添加物は「一生、毎日摂取しても体に影響が無い量」を基準量(ADI)として、日常の食生活で基準量を超えないように市販品への添加量が制限されています。

いわゆる、発がん性だとよく話題になりますが、そもそも
キャベツやヒジキにも発がん性物質は含まれています。

ですが

こういったものでも正直に伝えておくべきですよね。

belog chez vousシャンプーの70以上の成分の中の最後のほうに
パラベンを入れています。
これもできる限りの安全性を考えて
パラベンの特性をいかして
通常のパラベン添加より
可能な限りアレルギー反応を起こさないレベルに仕上げています。

通常のパラベンでは0.3%くらいの方が、アレルギーを起こすことがあるといわれています。


パラベンがダメな方はbelog chez vousのシャンプーは控えてください。


ではなぜ防腐剤を入れているのか?

入れなくてはいけないのです。

製品の規約上、腐っちゃいけないのです。

パラベンフリーをうたいたいために、各メーカーしのぎを削りますが
(さっきのBGをいれたり)
どれだけ代用しても、基本的には、何かが入ってるんです。

ここで言いたいのは、商品の特化性をうたうために
なんだかわからない・・・
そのことが怖いですよね!

であれば、パラベン入っていますよ!!のほうが
わかりやすくていいと判断しました。

0.3%の方は使用できませんが、1000人いたら997人の方は使用できるわけです。(これまた極論ですが)

それよりも、
封を開けたシャンプーに
手からの細菌
風呂場にいる細菌
カビなども含め
防腐と殺菌能力はあるほうが望ましいと僕は考えています。

ましてや、ほとんどが植物でできていますから
なおさらです。


「危険」というキーワードで考えすぎる事が危険なのかもしれませんよね。

といいながら
最大限安全性を高めるために
一番安全といわれている、メチルパラベンと3番目に安全のプロビルパラベンを添加しました。

何種類も使用した理由は、配合量を減らすためです。
防腐剤は化粧品を腐敗させないために必要不可欠なものですが、
保湿に対する直接の効果があるわけではないので 配合量を減らしたかったのです。
防腐剤を2種類入れることにより、1種類だけを配合するよりも、 相乗効果によって使用量を少なく出来るのです。
種類が多いと使用している量も多いと誤解される可能性もあるのですが、 あえて配合量を少なくすることにこだわりました。


そういった形で、僕自身が考える製品への必要成分で構成されています。

どれだけ成分に気を使っても
ごく稀にアレルギー反応が起きてしまう方もいらっしゃると思いますので
何かにアレルギーをお持ちの方は成分表にてご確認して頂けたらと思います。

余談でございますが、
僕は家に帰った時や寝る前も、トイレ後も、食事前も
手洗いは、オーガニックは絶対に使いません。
そして仕事中の手洗いもです。

使うとしたら、例えばミューズなどを使います。

ミューズの調べでは
ミューズが行った消費者調査によると、ハンドソープ購入時に重視することとして、手軽さや成分へのこだわりなどを抑えて“殺菌力”が1位に挙げられている

だそうです。

殺菌しなくてはいけないときは
殺菌してくれるものに頼るべきと考えています。

それにも賛否両論あるかと思いますが、
その場面その場面で必要か必要じゃないか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


開発に対してたくさんのことを考えました。
今日は安全面で語りましたが、

そこは最低限のこだわりで
頭皮の状態を良くする
洗い心地を良くする
髪質を変える

などなど
もっともっとこだわりが含まれています!!

長くおしゃれを楽しんでいただきたい
そのための頭皮ケアと
髪の補修

そんなことを考えながら作ったのが
belog chez vousシャンプー&トリートメント


ぜひ気に入っていただけましたらと思います!!


長い文章、読んでくださった方
本当にありがとうございます!






 |  リブログ(0)

喜早 純也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります