俳句でDiary ─ できるかな?

私の俳句 萌え萌え日記

NEW !
テーマ:

四季の変化や生活に応じて、俳句の季語は非常に多いのですが、現代の生活様式に合わなくなった

 

ものや意味合いが忘れられてしまうものも結構あります。でも、一見して”地味”と思われる 季語の

 

持つ味わい・滋味が忘れられるのは寂しいなあ・・・。

 

 

 

こんにちは、本日の季語は「稲の花」(いねのはな)・・・の季語です。

 

都会育ちの方にはピンと来ない季語かもしれませんが、稲は開花期には花穂に薄黄色というか

 

クリーム色の綿毛のような花を付けます。開花時間はほんのわずかな時間で大体午前中の2~3


時間ぐらいではないでしょうか。他に「富草の花」(とみくさのはな)また「稲の花どき」など・・・。

 

 

散った花が田の面に浮遊しているのはよく見かけますが、あれもなかなか風情があるんだよね。

 

子ども時代は周囲にも田んぼがいっぱいあったので見かけましたが最近は御無沙汰だなあー。

 

 

稲の花をアップで見ると・・・

 

 

この連続写真のように、籾(モミ)が花弁のような役割をしているのが分かりますね。


↓籾が左右に割れてその中からオシベが顔を出します。

 

【画像引用:バケツ稲づくり観察日記/9月6日 http://homepage3.nifty.com/knmn/ine/ine109.htm】

 

一本の穂で上から順に花が咲き、およそ2~3日で咲き終わるそうですが・・・

 

【画像引用:バケツ稲づくり観察日記/9月6日 http://homepage3.nifty.com/knmn/ine/ine109.htm】

 

 

稲と米は別物?

 

 

ちなみに「」とはイネ科の植物の一種であり、米を収穫するために栽培される植物のこと。

 

お米が採れる「」はの重要な季語になっていますが、この場合は実った穂が垂れて黄金色に


輝き収穫の間近い秋の稲の状態を指します。

 

 

 

そうして、お馴染みの田植えで植える直前の小さな苗は「早苗」(さなえ)・・・

 

 

 

まあ、大雑把に言えば、田んぼで栽培されている間は、あくまでも「稲」なんだよね。

 

そうして実って収穫されて(稲刈)脱穀されて玄米にそして精米されて白米となり、炊かれて

 

ご飯になり私たちに欠かすことの出来ない主食となるわけです。

 

 

 

稲の花は・・・

 

 

稲の花は、花そのものは地味だし開花時間も非常に短い、本当に儚い花ではありますが・・・。

 

この季語は、そうした花の儚さが主題になったものではありません

 

だって、稲は花が最終目的ではないからね。米を実らせる、そのプロセスのひとつなのです。

 

 

そう思えば決して地味な季語ではありません。充分派手ですがな(爆

 

日本で最も貴重な植物の花なんだからね。別名を「富草」(とみくさ)と呼ぶのも分かるような・・・。

 

なお、富草=稲であり、もちろんこれも稲と同じく秋の季語になります。

 

 

農家の人々にとっては、この稲の花はお米の出来高にそのまま結びつくことなんですよね。

 

梅雨の頃に早苗を植えて、手間暇かけてここまで育てようやく花が咲いてくれた。


あと一歩で収穫だと、まさに祈りの気持ちで見つめる花・・・それが稲の花です。

 

 

 

今日の句は・・・

 

 

まあ、そうした季語の持つ(一歩踏み込んだ)意味合いを知っておくのも悪くはないような・・・。

 

作句上のイメージがぐんと広がるからです。もちろん、秋の風景・情景としての稲の花もなかなか


よいものですが・・・。

 

 

今日の句は、以前たまたま出くわしたお母さんと子どもの姿を稲の花に重ねてみたものです。

 

泣きながら母追ふ子あり稲の花              灰色の猫

 

 

今日は、前回に引き続き中国の文化大革命の記事の予定でしたが・・・

 

どうもね、この月はちょっと暗い記事が多すぎるようで我ながら如何なものか?と思ったので

 

もう少し伸ばすことにしました。だって、絶対に明るく建設的な内容にはならないからなあ(溜め息)

 

それでは、今日はこの辺で・・・またね。

 

 

       ペタしてね

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。