ハイジのCINEMA&BOOK研究所

「新おひとりさま研究所」のハイジが独断と偏見で映画・小説・マンガについてひとりごちる。ノージャンルでアンテナにひっかかったものを片っ端から大無断で紹介。


テーマ:

消しゴム


私の頭の中の消しゴム


監督・脚本:イ・ジェハン

出演:チョン・ウソン ソン・イェジン ぺク・チョンハク


★★★★★★★☆☆☆



ストーリー

お嬢育ちのスジンは不倫相手にフラれた日、若き建築士であり、育った環境から愛を信じないチョルスと出会う。

その後、偶然に再会した二人は、いつしか愛を育み、結婚する。

しかし、その直後から、スジンの体には異変がおきはじめる。

スジンの診断結果は、若年性アルツハイマー病だった・・・





チョン・ウソンにナックアウト。まさに、そんな2時間。

あんまり、大きな声ではいえない感じですが、今年一番の号泣作品。


私は、「病気」をテーマにした映画はあまり好きではない。見てしまうのだが、反則負けをしているような気になるからだ。

だって泣いてしまうもの。自分が泣いちゃうと、なんだかいい映画見ている気になってしまうもの。

そりゃ、泣けるわ、という醒めた自分が、泣いている自分を見ているような気がするからだ。

これも、例外にあらず。

きっと、よくできたメロドラマなのだろう。もしかして相当普通の作品かも。でも、涙はこらえ切れなかった。見終わったときは、名作を見ているように思ってしまったし、今もそう感じている。

理由は二つ。

チョン・ウソンのかっこよさと「愛」というものに対する希望。



映画としては、ほんと、普通のつくりだと思う。道路や夕日のコマ送りなんて、ちょっと古いかも、と思ってしまったくらい。

いい意味でも、悪い意味でも「韓流」。

けれど、このチョン・ウソンの熱演がすごいのだ。

スジンとであったことで、感情や表情がだんだん戻ってくるウソン。

発症後は、その戻ってきた感情や表情を、自分の意思で殺し始め、演じ始めるウソン。

スジンがチョルスの名前を間違えた時の、チョルスの表情は、胸がえぐれるよう。

最後に、スジンが選んだ人生の選択。そして、それも含めて愛しようとするウソンの選択。

幻想的なラストに賛否が分かれそうですが、私は、好きなラストでした。

大切な思い出を残された家族とスジンとチョルスが共有するということを、愛を知らないチョルスが選んだということ。

これだけでも、二人は出会って愛し合ったことの意味が、充分感じられた。



ただ、一つだけ「邪魔だな」と思ったのが、スジンが「お嬢様」という設定。

あれって、別に、普通の人でもよくない?

一般家庭でも愛に育まれる家庭はあると思うし、なんだか、あの「身分違いの恋」という側面が、非常に余分に感じてしかたなかった。



この映画で、チョン・ウソンにナックアウトだった私。

やたらと、上半身脱いでいて、そのカラダにも鼻血が滝のように・・・

が、来日したウソンはあんまりかっこよくない・・・幻だった?

髪型、かな・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

ハイジさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。