京王杯2歳S

テーマ:

この時期になると素質も大事だが、キャリアが意外にきいてくることがある。

リアルインパクトは3番手から抜け出した新馬戦から連対したが、

ダノンインスパイアは逃げた1戦のみ。

直線でもよれており、もろさを出す可能性も無くはない。

ここは抑えまで。


◎ゲンテン・・・前走デイリー杯はかかって3着。あれだけかかりながら3着を死守したのは立派。エーピーインディの系統でマイルの切れ勝負よりも非根幹(1400,1800)が向いてるタイプとみてこれを本命。

輸送をクリアすれば。


○モンストール・・・新潟2歳から現時点での能力は相当。本来ならこちらを本命にするべきだろうが、前走4番人気1着の馬を今回本命にするのはなぁ・・・。という意味で評価を落としたわけではない。連の確率が高いのはこちらだろう。


▲サドンストーム・・・前走すずらん賞は出遅れが響いた。1番人気だったにもかかわらず、今回は札幌のオープン5着というだけで不当に人気をさげている。いかにも2歳戦向きの血統で奥はないだろうが、今回この人気なら買ってみたい。


△レオアクティブ・・・前走好時計。中1週でも同じ舞台なら抑えは必要。


×ネオヴァンクル・・・前走ききょうS、未勝利戦ともに低レベルの1戦。連勝してるがそこまで価値はない。抑えまで。人気するなら消し。


×ダノンインスパイア・・・前走好時計勝ちも強い相手に揉まれた際の心配が。ここまで人気なら抑えまで。





AD

ファンタジーS

テーマ:

ダリア賞勝ち馬エイシンキンチェムから。

パドックで耳たてて集中力欠いてるのが気になるが、

前走は着差以上に強い勝ち方だった。


相手はファインチョイスか。

函館組は本来軽視したいところだが、

好内容の調教と、落ち着きあるパドック気配も目立った。


穴はニコールバローズ。

前走は馬体減が響いた。

バランスいい馬体が目に付いた。


サヴァーレは前走の時計から注目していたが、

あまり上積みがなさそうにみえた。


タガノルミナーレも前走余裕ある勝ち方で絞れればと

思っていたがあまり絞れてこなかった。


ゴールデンムーンはまだ力つけきっておらず調教では走らないが、

直線平坦の京都なら。


◎エイシンキンチェム

○ファインチョイス

▲ニコールバローズ

△サヴァーレ

△タガノルミナーレ

×ゴールデンムーン

AD

天皇賞・秋

テーマ:

今回、ブエナビスタは調教過程からして本調子ではないのは明らか。

どこまでパフォーマンスをおとすかが気になるところだが、

今年勝ってない点と、調教や行き足がつかなくなっている点を考慮して

少なくとも頭なしの予想とした。


府中2000はある程度スピードのあるタイプが好走している点から

本命はローズキングダムとした。

ここ数戦2000以上の競馬しかしていないが、

元々朝日杯を勝つぐらいスピード能力を秘めている馬。

久々の2000という点は不安もあるが、

2000以上ではひっかかる面をみせていたことから

むしろ距離短縮は歓迎なのでは。

左回りのほうがスムーズな点も好材料。


対向はペルーサ。

この馬は母系がアルゼンチン系で2000が最適とみていた。

休み明けでも狙いたい。


他、エイシンフラッシュは

2000の瞬発力勝負になったときに

切れ負けする不安があるが、

この枠で大崩れはないだろう。


穴はトーセンジョーダン。

調教がよかったし、

元来広いコース向きの馬。

2000は若干短いが、3着の穴としては面白い。


アーネストリーは厳しい枠にはいった。

加えて左回りは右回りほど走らず、

この人気なので3着までの候補とする。


ダークシャドウは消す。

前走、毎日王冠は当日の500万条件より遅いタイムだった。

ここ数戦は弱い相手としか戦っておらず、

着順から人気となるだろうが、過信はできないとみた。

ダンスインザダーク産駆というのは持続とスタミナに秀でたタイプで

強い相手の中での瞬発力勝負では部が悪いとみている。

前走は勝たなければ天皇賞に出れないという中で

目いっぱいの仕上げだったので上積みも薄いだろう。


◎ローズキングダム

○ペルーサ

▲エイシンフラッシュ

△ブエナビスタ

×トーセンジョーダン

×アーネストリー



AD

2011菊花賞

テーマ:

しれっと4年ぶりに復活w


毎年、予想するのが楽しみである菊花賞がやってきました。


このレースは過去穴馬をよく的中させてます。


2010 ビートブラック(3着)、レーヴドリアン(4着)

2009 スリーロールス(1着)、フォゲッタブル(2着)

2008 フローテーション(2着)、ナムラクレセント(3着)


ただ、馬券をうまく当てられてません。。。

2008年はワイド、2009年は馬連だけしか当てれませんでした。


このレースを当てるコツですが、


2010 ビッグウィーク 6(7番人気) ローズキングダム10(1番人気) 12ビートブラック(13番人気)

2009 スリーロールス1(8番人気) フォゲッタブル3(7番人気) セイウンワンダー12(6番人気)

2008 オウケンブルースリ14(1番人気) フローテーション1(15番人気) ナムラクレセント5(9番人気)



○枠順→内有利!

○人気→アテにならない。(春のクラシックでていない馬大半)

○タイプ→切れるタイプはのきなみパフォーマンスをおとす。(または届かない)

       (2010年神戸新聞杯でビッグとローズの着順が逆転している)

○セントライト組→いらないと思っていい。他に買い材料がある場合(例えばフォゲッタブルの場合は血統)

 ただ、今年は近年で一番指数(GC参照)が高いので悩ましいところです。

○血統→サンデー×スタミナ血統、トニービン内包、ロベルト(リアルシャダイ、ブライアンズタイム)内包

○先行できる脚質。基本的には早め抜け出しタイプが強い。


では、今年のメンバーを考察します。


まず人気ある馬で消したいのはフェイトフルウォーです。

これは同じステイゴールド産駆のナカヤマナイトとかぶります。

中山以外ではパフォーマンスを落としてるのも成績から明らかです。

これは消しでいいでしょう。


トーセンラーも皐月・ダービーと完敗しているので、巻き返す余地が無いかなと。

小さい馬なので、57キロ背負うG1勝負だと厳しいのかもしれません。

こう考えると、セントライト記念は時計ほど評価できないかもしれませんね。


サダムパテックはセイウンワンダーと少しかぶります。

皐月好走、不良のダービー惨敗、トライアル3着・・・。

セントライト組では一番評価したいです。

500キロ近くあるので体力もありそうです。

ただ、比較的適正の高かった府中2000の皐月賞で0.5秒差をつけられてるので、

距離適性考えると、その差はもっとひらきそうです。

この間に何頭かはいってくると考えるのが自然なので、

3着で押さえるかどうかでしょうか。

血統的にフジキセキだから嫌う向きもありますが、

母系はFairy Kingや、Ribot内包してるので、

スタミナはありそうです。


神戸新聞杯組ではフレールジャックは消しでいいでしょう。

神戸新聞杯でも調教が軽かったので、あまり評価が高くなかったのですが、

3着とソコソコ好走しました。

ただ、元来胴短で気性が激しいマイラータイプなので、

さらなる距離延長はマイナスでしょう。

加えてこの段階で軽い調教しかできてない体質の弱さは

もっと厳しいレースとなるG1では厳しそうです。

440キロとキャパの無い体で57キロ背負うのも嫌な材料です。

ただ、思っている以上にポテンシャルの高さは感じます。

体質が強くなれば将来的にはいい馬になるかもしれません。


現時点で狙いたい穴馬はダノンマックインですね。

トニービンとリアルシャダイを両方内包しています。

加えて先行脚質なのもいいですね。


ギュスターヴクライもいいですね。

ダノンマックインと同じレースを使いましたが、

当時は2キロ重い斤量を背負ってました。

抽選ですが、出れ来れば面白いと思います。


人気どころ2頭は適正うんぬん以前に

能力が他と違う可能性が高いので

評価しないわけにはいきません。

ただ、どちらも溜めて追い込むタイプで

追い込んで届かない可能性もあります。






ヴィクトリアマイル

テーマ:

◎キストゥヘヴン・・・これまで適正のないレースばかりを使われてきた。状態もここにきてグっとよくなってきており、桜花賞馬の実力にかけてみたい。
○ディアデラノビア・・・去年3着馬。府中では確実に差してくるが、今回は最悪の枠にはいってしまった感も。
▲カワカミプリンセス・・・バテくらべのレースには実績あるのだが、軽いマイル戦だとどうかという懸念も。
△アグネスラズベリ・・・去年5着馬。末足は堅実でここでも。
×スイープトウショウ・・・今回も調教でごねた。前走時ほどのパフォーマンスができるが疑問な点も。

まぁそんなに荒れないとみました。
◎はスイープやカワカミにはつけづらいのでキストゥにしました。
キストゥはここ何戦か適正の合わないレースばかり使っていたので巻き返しの余地があるとみています。まぁ、それでも足りないという可能性もありますが、足りる可能性にかけてみたいです。

あと、ジョリーダンス、デアリングハートはいまいちピンとこなかったのでやめました。


1 1 サヨウナラ 牝6 55.0 中村将之 谷潔  
1 2 ディアデラノビア 牝5 55.0 岩田康誠 角居勝彦
2 3 アサヒライジング 牝4 55.0 柴田善臣 古賀慎明
2 4 コイウタ 牝4 55.0 松岡正海 奥平雅士
3 5 フサイチパンドラ 牝4 55.0 福永祐一 白井寿昭
3 6 カワカミプリンセス 牝4 55.0 武幸四郎 西浦勝一
4 7 スイープトウショウ 牝6 55.0 池添謙一 鶴留明雄
4 8 キストゥヘヴン 牝4 55.0 横山典弘 戸田博文
5 9 スプリングドリュー 牝7 55.0 内田博幸 堀宣行 
5 10 アグネスラズベリ 牝6 55.0 角田晃一 西浦勝一
6 11 ソリッドプラチナム 牝4 55.0 小牧太  田中章博
6 12 ブルーメンブラット 牝4 55.0 川島信二 安藤正敏
7 13 コスモマーベラス 牝5 55.0 蛯名正義 中村均 
7 14 アドマイヤキッス 牝4 55.0 武豊   松田博資
7 15 サンレイジャスパー 牝5 55.0 佐藤哲三 高橋成忠
8 16 デアリングハート 牝5 55.0 藤田伸二 藤原英昭
8 17 ジョリーダンス 牝6 55.0 安藤勝己 堀宣行 
8 18 ビーナスライン 牝6 55.0 秋山真一郎 堀宣行 

福島牝馬S

テーマ:

◎フラッグシップ・・・サンデー産駆が好調なレース。ただ、母系はスタミナ色の強い馬がよさそう。これは、道中スローで、最後のまくりあい勝負でスタミナがいるためだろう。福島で相性がよく、前走勝って勢いあるこの馬から。有力馬が外枠にいって脚を使わされる中、スンナリ前前で運べれば。


○ジョリーノエル・・・前走のように先行できれば。こちらも福島で逃げて2連勝の実績がある。


▲ヤマニンメルベイユ・・・前走重賞3着なら実績上位。ただ、テンが早くなく外枠にいってしまった点がどうか。


△サンレイジャスパー・・・実績上位だが、小回り実績がないのと、騎手が久々な点がどうでるか。また、枠から外外をまわされるか、極端な競馬しかできなさそうで・・・。


×ロフティーエイム・・・去年の勝ち馬だが、レースレベルが疑問。ただ、福島だと走りっぷりが違うのも確かで一応押さえには。


コスモマーベラスは適正が合わないと思われる点と、輸送熱があって状態がまだ戻りきっていない情報もあり切った。当日の気配がよければ押さえには。


1 1 ナナヨーティアラ 牝5 54.0 田中健  川村禎彦
1 2 ダイワパッション 牝4 57.0 長谷川浩大 増沢末夫
2 3 アルーリングボイス 牝4 56.0 太宰啓介 野村彰彦
2 4 コアレスパティオ 牝6 54.0 高橋智大 成島英春
3 5 テイエムプリキュア 牝4 56.0 熊沢重文 五十嵐忠男
3 6 サヨウナラ 牝6 55.0 中村将之 谷潔  
4 7 ロフティーエイム 牝5 54.0 吉田隼人 二ノ宮敬宇
4 8 サンマルセイコー 牝4 54.0 大野拓弥 鈴木勝美
5 9 ニシノフジムスメ 牝4 54.0 中舘英二 藤原英昭
5 10 フラッグシップ 牝5 54.0 塚田祥雄 平田修 
6 11 ジョリーノエル 牝5 54.0 小野次郎 中野隆良
6 12 マイネルーシッド 牝5 53.0 田中博康 堀井雅広
7 13 コスモマーベラス 牝5 56.0 菊沢隆徳 中村均 
7 14 スプリングドリュー 牝7 55.0 柴山雄一 堀宣行 
8 15 サンレイジャスパー 牝5 55.0 難波剛健 高橋成忠
8 16 ヤマニンメルベイユ 牝5 54.0 勝浦正樹 栗田博憲


皐月賞

テーマ:

◎ナムラマース・・・毎日杯の勝ち方がよく、叩きつつ成長が感じられるので魅力があるかなと。ラジオNIKKEI賞では馬体減りと気配の薄さが気になったけど、3着とまずまず。きさらぎ賞は単なる展開のあやと軽すぎる馬場が合わなかった感じで、敗因があったように思える。また、血統的にはトライアル的な瞬発力勝負より、長くいい脚を使う必要がある本番のほうが向いてる気もする。


○アサクサキングス・・・瞬発力はないが先行したらしぶとい。調教から成長も感じられて。


▲サンライズマックス・・・前走出遅れたが、最後いい脚であわやの競馬。母父がダンシングブレーヴで長くいい脚を使えそう。


△アドマイヤオーラ・・・シンザン記念で一瞬の瞬発力で差しきった点が皐月賞という舞台での適正を疑問視させる。外枠にはいり脚を使わされると最後届かずの可能性が。


×フサイチホウオー・・・勝ち続けてるから強いのは確かだろうが、全体時計が早くなったときの対応が未経験でこれだけの人気なら押さえにまわしたい。


他、ヴィクトリー、ローレルゲレイロ、メイショウレガーロあたりをおさえたい。


1 1 フサイチホウオー 牡3 57.0 安藤勝己 松田国英
1 2 ローレルゲレイロ 牡3 57.0 藤田伸二 昆貢  
2 3 マイネルシーガル 牡3 57.0 後藤浩輝 国枝栄 
2 4 ブラックシャンツェ 牡3 57.0 上村洋行 長浜博之
3 5 フェラーリピサ 牡3 57.0 岩田康誠 白井寿昭
3 6 ドリームジャーニー 牡3 57.0 蛯名正義 池江泰寿
4 7 サンライズマックス 牡3 57.0 池添謙一 増本豊 
4 8 ナムラマース 牡3 57.0 藤岡佑介 福島信晴
5 9 サンツェッペリン 牡3 57.0 松岡正海 斎藤誠 
5 10 メイショウレガーロ 牡3 57.0 福永祐一 小島太 
6 11 ニュービギニング 牡3 57.0 四位洋文 池江泰郎
6 12 アサクサキングス 牡3 57.0 武幸四郎 大久保龍志
7 13 モチ 牡3 57.0 川田将雅 田中章博
7 14 エーシンピーシー 牡3 57.0 柴田善臣 久保田貴士
7 15 アドマイヤオーラ 牡3 57.0 武豊   松田博資
8 16 フライングアップル 牡3 57.0 横山典弘 藤沢和雄
8 17 ヴィクトリー 牡3 57.0 田中勝春 音無秀孝
8 18 ココナッツパンチ 牡3 57.0 吉田豊  大久保洋吉


桜花賞

テーマ:

◎ダイワスカーレット・・・チューリップ賞見て、着差以上にウオッカが強かったのは確かだが、着差がそれほど無かったのも確か。むしろ、展開的に目標にされた中であの着差なら展開によっては逆転の余地があるように感じた。ダイワ自体もアドマイヤオーラを負かしたり、ローレルゲレイロ以下を負かしているように、相当能力は高い。にもかかわらず、単勝は3番人気で6倍もつく。ならばこちらを本命にするがいいのかなと。


○ウオッカ・・・能力高いのは間違いなく、通常ならこちら本命にいくべきなのだろうが、阪神JFをとったものとしては、同じ馬でこれだけオッズが違ってしまうと、ここから頑張って買う気持ちにはなれないwそれだけの理由で対抗に。


▲アストンマーチャン・・・2頭を負かすのは難しそうな感じだが、他との比較ではやはり上位に。


△クーヴェルチュール・・・1200ではスピード負けする血統背景である。連は無理だと思うが、展開まぎれたときの3着候補に。


×レインダンス・・・離されたチーリップ賞。不利があったのも確かで再度3着なら。


ダイワ-ウオッカ大本線。マーチャンはピッチ走法のスプリンタータイプで展開の紛れ次第では馬券の対象にならない可能性もある。3連買うなら2頭軸で穴目を買うのも面白いかも。


1 1 ショウナンタレント 牝3 55.0 柴田善臣 二ノ宮敬宇
1 2 アポロティアラ 牝3 55.0 勝浦正樹 柴崎勇 
2 3 カタマチボタン 牝3 55.0 藤田伸二 加藤征弘
2 4 クーヴェルチュール 牝3 55.0 鮫島良太 国枝栄 
3 5 レインダンス 牝3 55.0 武幸四郎 宮徹  
3 6 ローブデコルテ 牝3 55.0 福永祐一 松元茂樹
4 7 イクスキューズ 牝3 55.0 北村宏司 藤沢和雄
4 8 ピンクカメオ 牝3 55.0 蛯名正義 国枝栄 
5 9 アマノチェリーラン 牝3 55.0 池添謙一 湯窪幸雄
5 10 ハギノルチェーレ 牝3 55.0 岩田康誠 松永幹夫
6 11 ニシノチャーミー 牝3 55.0 藤岡佑介 浅見秀一
6 12 カノヤザクラ 牝3 55.0 上村洋行 橋口弘次郎
7 13 フローラルカーヴ 牝3 55.0 柴山雄一 堀宣行 
7 14 ウオッカ 牝3 55.0 四位洋文 角居勝彦
7 15 アストンマーチャン 牝3 55.0 武豊   石坂正 
8 16 ベリーベリナイス 牝3 55.0 秋山真一郎 増本豊 
8 17 エミーズスマイル 牝3 55.0 内田博幸 出川龍一
8 18 ダイワスカーレット 牝3 55.0 安藤勝己 松田国英


的中履歴(1月~3月)

テーマ:

決して自慢ではありませんw

自分の苦手と得意を判別するためで

今年当てた○過去当てたことある(覚えてる範囲)☆

当てた記憶なし×


中山金杯×(→アサカディフィート抜け)

京都金杯○

ガーネットS☆(ニホンピロサート)

シンザン記念○

京成杯○

日経新春杯☆(サクラセンチュリー)

AJC杯×(→インテレット抜け)

平安S×(→全抜け)×

東京新聞杯○

根岸S×(→ビッググラス抜け)

京都牝馬S○

小倉大賞典×(→アサカディフィート抜け)

共同通信杯☆(→ダイレクトキャッチ抜け)※買ってたかも?w

シルクロードS○

ダイヤモンドS☆(マッキーマックス)×(→エリモエクスパイア抜け)

きさらぎ賞×(買ってたけどトータル負け)

クイーンC×(買ってたけどトータル負け)

京都記念○

フェブラリーS×(ブルーコンコルド抜け)

アーリントンC×(買ってたけどトータル負け)

中山記念☆(サクラプレジデント)(→ローエングリン抜け)

阪急杯○

オーシャンS☆(ネイティブハート)(→サチノスイーティー抜け)

チューリップ賞○

弥生賞○

中京記念×(縦目)

ファルコンS×(→カノヤザクラ抜け)

中山牝馬S×(両抜け)

フィリーズR○

フラワーC×(→トータル負け)

スプリングS○

阪神大賞典○

日経賞○

毎日杯×(→トータル負け)

マーチS×(→トーセンブライト抜け)

高松宮記念×(→ペールギュント負け)

ダービー卿CT×(→コイウタ抜け)

大阪杯○


てか、ほとんど1番人気がからんだレースしか当たってないですねw

ハンデ戦に弱いですねぇ。ハンデ戦はよほど軸に自信ない限り、穴から狙うべきなのかも。

連対した馬両方とも買ってなかったのは平安S、中山牝馬Sだけですね。


大阪杯

テーマ:

◎メイショウサムソン・・・戦ってきた相手が違うし、調教もかなり動いた。先行して大崩れはないだろう。


○メイショウオウテ・・・輸送に弱い馬で関東圏での競馬は度外視。日経新春杯でみせた末脚なら通用しそう。サンライズペガサスに似た配合でもある。


▲トリリオンカット・・・調教が一変。狙うなら今回・・・か金鯱賞だろう。


△コスモバルク・・・強い相手でもソコソコ走る。爆発力がなくなってはいるが、大幅な能力減もなさそうで、複勝圏には。


×シャドウゲイト・・・前走だけ走れればここでも通用しそうだ。


バルク除いて単の魅力ある。


1 1 マイネルハーティー 牡5 54.0 吉田隼人 中村均 
2 2 サイレントプライド 牡4 55.0 後藤浩輝 国枝栄 
2 3 コイウタ 牝4 53.0 松岡正海 奥平雅士
3 4 ダイワバンディット 牡6 56.0 柴田善臣 増沢末夫
3 5 ウインクリューガー 牡7 56.0 勝浦正樹 松元茂樹
4 6 ロイヤルキャンサー 牡9 53.0 江田照男 森秀行 
4 7 デアリングハート 牝5 55.0 藤田伸二 藤原英昭
5 8 インセンティブガイ 牡6 56.0 横山典弘 角居勝彦
5 9 グレイトジャーニー 牡6 56.0 御神本訓史 池江泰郎
6 10 ピカレスクコート 牡5 55.0 秋山真一郎 池江泰寿
6 11 ブラックカフェ 牡7 54.0 柴山雄一 小島太 
7 12 ロジック 牡4 56.0 内田博幸 橋口弘次郎
7 13 ダンスインザモア 牡5 57.0 蛯名正義 相沢郁 
8 14 ローマンエンパイア 牡8 56.0 北村宏司 坂本勝美
8 15 ニシノデュー 牡6 53.0 吉田豊  河内洋