先週からほんとがんばって、お友達との約束も断って、ひたすら工筆画描いていました。

 

そして木曜日の課題も完成!

 

この課題の工筆画、課題が配られ10元はらって写真と下絵をじっくり見たとき、「かわいくない!描きたくない!買うんじゃなかった!」と、もらってしまったこと、すごく後悔したのでした。

 

ほんとかわいくないんです。目も鼻も口も変な頬と顎も。後頭部もなんか大きすぎるし。

 

 

でもやっぱり練習のために描こう!と、気持ちを入れ替え頭部を除いて白描を。

 

その後顔の部分の訂正。ネットの画像も参考にしつつ、修正完了!

結構いい感じ。

全く描きたくなかった絵も、顔を換えたらやる気が出てきました。

背景も自己流で。

 

がんばった甲斐あって、あんなに嫌いだった絵が、今期描いた中で一番気に入った絵になりました!

 

先生とみんなに褒められちゃった♪

 

 

 

 

土曜日からは2週間のオーストリアでの休暇。

まだいまいち準備ができていないので、授業後、あちこち買い物etc.へ。

 

まずは写真を取りに。

うちの近くの写真屋、普通サイズを現像してもらうのに1枚10元もするそう。

それじゃオーストリアや日本でやってもらったほうがずっと安い!、と皆に安いお店を聞き回っていたのですが、誰も写真現像しないそうで知らないそう。

 

先週の授業後、地下鉄方向間違って乗ってしまい、ついでに東昌路の乳山路にある市場へ行くことに。

 

その周辺をぶらぶら物色していたら、写真屋発見(乳山路93号)!

聞いてみたら、なんと1枚1元!

後日メモリースティック持って行って写真をチェックしたら、15×11.5cmサイズがいいそうで、1枚1.1元だそう。

でもその場ではやってもらえないそう。

 

オーストリアではいつもドラックストアみたいなところで自分でその場で現像できて便利だったのですが。

 

 

写真とアルバムゲットして、次は科技館地下の土産&偽ブランド&仕立て街へ。

 

それにしても、いつ行っても迷路みたいで同じところ行ったり来たりしてしまいます。

今回はあんまり値切らず、あんまり探し回らず買いたいものを買って、次の目的地へ!

 

 

 

 

とりあえず一度うちに帰って荷物置いて、うちに忘れてた携帯取って、今度は曙光医院へ検査結果を印刷しに。

結果はだいたい想像通りでしたが、それに関してはまた後日に。

 

 

 

病院からはてくてく40分位歩いて、食堂街でマンゴー&パパイヤジュース(お昼食べてないので栄養補給に)飲んで、クリーニング屋→それから大きなスーパーのあるデパートへ。

その地下に38元カットのお店があり、初めて挑戦してみました。

 

まずは携帯でコードをスキャンして、微信で支払い。

カットし始めるとき、カットのお兄さん

 

「では、カットさせていただきます!」と、あらたまってカット開始。

 

ちょっと切りそろえただけなので大して変わり映えしませんでしたが。

 

 

それからスーパーで小お土産物色。

前回レジで落として割ってしまったクコ蜂蜜もようやくゲット。

 

 

 

金曜日に行こうと思ってたところも行けたので、だいぶやりたいことをやり終えました。

 

 

ようやく帰宅!いろいろ整理整頓。

 

そしてプログ書いてる今、またまたものすごい睡魔に襲われています。

 

という訳で今日はこの辺で。

おやすみなさい!

 

 

 

翌朝早起きしてちょっと追加。

 

うちの社区の保安おじさん、入れ替わりが激しいのだけど、また新しい結構おしゃべりなおじさんが。

私が日本人だと言ったらいろいろ聞いてきました。

そして私も聞き返し。

「なんで家族と離れてこの仕事してるんですか?」

 

おじさん「地元に仕事がないから仕方がないよ。学歴もないし。保安の仕事って一番給料が安いんだよ。」

 

だいたい給料どれくらいか分かってたから申し訳なくて聞けなかったのだけど、おじさん自分から話してきました。

 

「1日120元しかもらえないんだよ。私は昼間だけだけど、1日も休みないんだよ。」

 

ほんとに安いです。

だったら100元で換気扇洗ってたほうが儲かりそうですね。

塾での補習は1回200元、お友達の息子くんの1対1の水泳教室も1回200元だって言うのに。

英語教室は一回300元ってのも。

ちょっといいお店で数人でご飯食べたら、数百元すぐ飛んでいきます。

 

おじさんたち、大変ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

月曜日の小工筆課の作品

テーマ:

オーストリアでの休暇まであと4日。

 

授業も2週間休むことになるので、先週はがんばって描いて、1枚完成。

 

これも宋時代の工筆画。

今回の絵は割合参考画に忠実に描いています。

 

今回は、線を描いたらまず背景を。

刷毛で嘴と石榴の部分を除いて、3回平塗りしています。

 

今回は葉の上も暗い茶色で塗っているので、葉っぱの緑は頭青(青+白。二青→三青→頭青の順に白っぽくなります)+黄色の明るい黄緑で。さらに墨+茶、三緑で分染。

 

鳥は白+黄で平塗りした後、白で毛を描いていきます。葉脈は四緑で。

 

 

 

・・・と、詳しく描いても、はたしてプログ読んでくれている人で工筆画を描いている人はいるのかなあ?

最近大人の塗り絵は流行ってるようですが、なんで工筆画は流行らないのかな?

写意画より簡単なのに。

時間はかかるけど、一日1~2時間描いて、数か月かかって描いてもいいし。

 

まあ、日本では工筆画の先生がそんなにいないので、習いたいと思ってもなかなか機会がないかもしれません。

工筆画の紙も売ってないようだし。

 

 

顔料は以前は日本のホルベイン水彩、今は中国顔料を使ってます。

月曜日の小工筆課の先生は、日本の吉祥の顔料。日本で買って来られたそうです。安い中国顔料でも十分きれいに描けると思うけど。

 

 

もひとつおまけ。

週末、大家さんが持ってきてくれた東北地方のサクランボ。2~3kgはありそうな量。

お友達におすそ分けしようと思ったけど、サクランボ好きなのでばくばく食べて、そろそろなくなりそうです。

 

市場へ行くと、黄色やピンク、濃い赤・・・の数種のサクランボが並んでいます。

 

AD

5月30日は端午節。市場やスーパーにいろんな種類の粽が並び始めました。

 

そして今日、先生が粽を持ってきてくれました。

太極拳終了後、今日来たみんなで試食会。

一生懸命片方の手で撮ろうとして、失敗したと思ってたら連続10枚撮れてて、最後に先生が笑顔で右側に出てきました(笑)。撮るの苦労してる私を手伝おうと近づいて来てるところです。

粽、粒が分からないほどぎっちり詰まってます。

 

 

 

その後、先生が粽の作り方教えてくれるというので、先生のところへ。

まず、糯米は2時間程水に浸けておき、水切り。それに、適量の塩、砂糖、醤油、鶏精(味の素?これは私はカット)、油を混ぜます。

肉は、数時間塩、酒、生姜、葱に浸けて置き、生姜、葱は取り除きます。

 

台湾の肉粽は、豚肉の他、栗やタケノコ、ニンジン、干しエビ、シイタケ等、たくさん具が入っていて、煮た具と糯米を一緒に炒めてから包んだ記憶が。

実はやっぱり、具沢山、台湾の粽の方がおいしいです(先生にはそんなこと言えないけど)。

 

 

 

結構細い葦の葉を3枚+1枚使って巻いていきます。3回試してみて、葉っぱをだめにしちゃったのギブアップ。台湾で作ったときはもっと大きな葉1枚使って簡単に巻けたと思うのですが。

 

 

結構ミニサイズですが、米はしっかり詰まっています。これを、少なくとも3時間程蒸すそうです。

先生は夜の10時から蒸し始めて、朝まで蒸してたそうです。コンロの火つけたまま寝るなんて危ないですね。

 

蒸し終わったの、いくつかもらって帰って来ました。

謝謝老師!

 

 

AD

書画教室の宿題、今日は、先生がよく描いてくれる蓮の絵を描いてみました。

 

房先生の蓮の葉は、まず葉脈を描いてから葉を塗っていきます。

蓮の葉が乾いたところで、手前に花托蓮等を付け加えます。

 

 

葉脈はこんな風に不規則に描きましょう、と。

 

簡単だ(早く描ける)けど、一筆で失敗する蓮の葉。

紙を早く消費するには蓮を描くのが一番のようです。

 

 

 

 

今日は先生、カラフルな山水画を数枚持ってきてくれました。

今までは墨だけのシンプルな山水画だったのに、突然画風が変わりました。

 

これが一番好き。

 

その一部分。墨で描いた後、紙を皺くちゃにしてから何回か色を重ねてるようです。白い繊維の入ったいい感じの紙で。纡维纸というそうで、ネットで1枚3元程で買ったそう。見つからないけど・・・。こんな紙が3元で買えるなら、日本の手すきの1枚数百円する紙先生にあげたの、無駄だったかな・・・。

 

 

 

 

先生の別の山水画。

 

 

 

先生の描く量、研究心、すごいですね。

 

 

 

 

皆の宿題の批評会後、先生、今日は書を。

 

赵孟頫(zhao4meng4fu3)の楷書と行書。

ところどころ楷書には行書っぽいのが、行書には草書っぽいのが混じっています。

いろんな古典の書を模写するのも勉強になりそうですが、訳が分からなくなってしまうので、好きな人の字を決めて練習した方がようそうです。それか、いろんな人の好きな部分だけ組み合わせて自分の字に?

難しいですね。

 

 

 

 

ところで、この前携帯屋さんで「写真の画素数小さくして撮りたいんですけど。」と言ったら、画素数大して変わらないけど、形が正方形になって、戻せなくなっちゃいました。

 

最近画素数、ほんとに無駄に大きいですよね。これでコンピュータや携帯の容量がどんどん増えます。

大きすぎてメール転送時間がかかるので、旦那の微信に送って小さくしてからメールで転送したり、ソフト使ったり、めんどくさいです。

 

いろんな機械たち、退化して欲しいです。

 

 

 

 

 

話は戻って、帰りに芸術公園を通って当代芸術館に。張江芸術公園は、オフィス街に沿って作られた長い公園で、変なオブジェがたくさん並んでいます。

最近池の水が抜かれ、水草が植えられ、生態系を取り入れた環境作りに取り組んでいるようです。

 

 

そして芸術館。

近くにある美術学院の学生たちの卒業制作展のようです。

 

プロのファッションショーもそうですが、こういうところに展示されてる服、街で着て歩けそうにないです。

 

 

 

 

もひとつ。

午後うちで絵を描いていたら、ドアをノックして私の名を呼ぶ声が。

出ていくと、一緒に太極拳をしている馬老師。

朝、馒头(マントウ:肉まんや何も入ってない蒸しまん)の話になって、馬老師が

 

「福州路に行列のできるマントウの店があるのよ。」

 

私「どこ?」

 

馬老師「住所知らないから、今度買ってきてあげる。」

 

そして、ほんとに買ってきてくれたのでした。大きな肉まん6個。

ありがたや~。

 

でもご飯もセットしてたから、1つだけ残して後は冷凍。

確かに肉はジューシー、皮もふっくり、おいしいマントウでした。

 

先週読みかけの本があったので、またまた早目に家を出て、教室の上階にある図書館へ。

 

図書カード作ってもらうのにパスポートが必要というので持ってきて、さっそく作ってもらおうと思って手続きしてたら、浦東図書館と同じカードが出てきました。

 

浦東図書館のカード、ここでも使えるそうです♪

 

これから教室があるときちょくちょく来よう!

 

9時過ぎに太極拳から帰ってきて、ちょっとお腹に入れて、10時頃出発。

そしてお昼抜きで表装クラス、工筆画のクラス行って4時頃終了。

買い物してバスに乗って帰ってきたら、5時。

 

 

帰宅後気づいたのですが、結構トイレの短い私が一度もトイレに行くことなく帰ってきました。

(夜中も2~3回行くf^_^;)

水分取るの少なすぎ?

教室の人にもらったバナナと水ちょっと飲んだだけ。

夜中のトイレが減ってくれればうれしいのですが。

 

 

 

 

月曜日の小工筆の教室、今は違う絵画いてるのですが、先週描き上げた宋画の模写。

参考の絵は背景がもっと濃いのですが、もう一回位塗った方がいいのかなあ。

 

 

その後やっぱりもう一度表から塗ってみました。

そして遊印も追加。

今度はちょっとグラデーションをつけたので、ちょっといい感じになりました。

 

宋画、私好みの絵がたくさんあります。

6月中旬、小工筆の教室展があるそうです。

どの絵にしようかな?

 

 

 

 

それと、木曜日の教室で描いた絵。落款入れてみたけれど、墨、ちょっと薄すぎ?

写真の撮り具合もありますが。

 

原画はこんな感じ。顔とかちょっと雑です。

 

先生やクラスの人が画いてた背景を参考に塗っていきました。

 

 

 

なんだか今日もものすごく眠いです。

一日外にいると、夜の9時前、滅茶苦茶眠くなります。

 

歯磨いてすぐ寝よう!

旦那と福州路へ買い物へ

テーマ:

旦那がまた福州路の本屋さんへ行きたいそう。

数か月に一度、新しい本が出ていないかチェックに行っているのです。

 

私も探し物があったので一緒に行くことに。

 

 

といっても旦那が興味のあるのは決まった本屋さんの語学参考書コーナー。

私は本屋さんは中国画コーナー、あとは画材屋さん。

 

という訳で、旦那は地下鉄南京東路駅で下りて、私は人民広場まで。

 

 

 

まずは、人民広場駅から福州路に入りすぐのところにある本屋さんへ。

 

ここには定価より割引になっていて、中国画、書の本もたくさんあり、すごく見つけやすいので気に入っています。ここで2冊、工笔人物画の本購入。

 

 

そのすぐ近くにも格安本屋さんが。500g○○元、という感じです。でもごちゃごちゃしてるし、あまりいい欲しい本見つかったことないです。

 

日本の本なんかも。

随分前から並んでるけど、誰も欲しくないのかな?それともたくさんあるのかな?

 

 

 

またしばらく歩いて行くと、今度は「文具500g、7.8元」なる店が。

 

入ってみると、使えそうな文具はなく、メモ帳やら数年前の日記やら。なぜか丼なんかも。

結局何も買ってません。

 

 

 

それから旦那のいる上海書城へ。たぶん上海で一番大きな本屋さん。

私は7階の中国画コーナーへ。

 

でも中国画の本、思ったほどないし、見つけにくいです。

結局人物画の本1冊購入。工筆画教室で今期は人物画ばかり描いているので、参考にするために。

左の二つは特価で一冊9元、右端のは定価で35元。35㎝定規より大きな本なのに、安いでしょう?

 

 

 

実は木曜日の教室のときも本売りに来てるおじさんがいて、ついつい買ってしまいました。

これも結構大きな本なのに、2冊で35元。半額以下になってますが。

 

5冊合わせても89元(約1460円)。引っ越しばかりでもう本買わない、と思ってるのだけれど、ついつい買ってしまいます。

 

 

 

 

でも、珍しく旦那、欲しい本が見つからなかったよう(ラッキー♪)。

 

 

お昼になったので、書城の斜め向かいにある、陕西料理のお店へ。

ここ、福州路に来たらよく行くのだけど、久しぶりに来たら、セットメニューができてました。

それで、2つのセットを。涼皮は東北の胡麻味の方がおいしいけど、羊肉泡馍がおいしかったです。

 

 

旦那は見たい本屋はチェックし終わったようで、帰るそう。

 

私は、ちょっと先の芸実本屋さんをチェックして、さらに画材屋さんへ。

1m定規を一つ、きれいな扇入れがあったので一つ。

 

 

そして、目的の一つだった質のいい工筆画の紙を探して回りました。

 

どこもあまりよさそうな紙が見つからなかったので、最後に入った紅星牌のお店で買うことに。

 

教室ではいつも8元とかいう紙をみんなで5、6元に値切って買っているのですが、紅星牌の雲母宣紙(厚め)は28元(?)と蝉衣宣紙(薄い)は35元。

 

前回別の店で22元で買った、と言ったら「それは偽物だ」と。

 

試しに1枚買おうとしたら、5枚以上じゃないとだめだそう。

まあ、5枚もあれば1年は使えそうだし・・・という訳で、買ってみました。

 

 

 

実は台湾で使っていた「北京荣宝斋蝉衣宣」という紙がとても使いやすく、検索してみると、どうやら淘宝で20枚120元で買えるよう。

同じやつがどうかよく分からないけど、高くないし、今度試してみようかな?

 

 

半年に一度の甲状腺&SLE検査へ

テーマ:

体調、何も悪いところないのだけれど、甲状腺とSLEの薬を微妙に減らしていっているので、半年に一度検査に行っています。

いつも11月と5月に行っていて、そろそろオーストリアに2週間休暇に行くし、向うできっと甘い物、脂っこい物、肉を食べまくって来ると思うので、それより前に検査を・・・と、火曜日に予約の電話を。

いつも行ってる、中医薬大学付属曙光医院。 三级甲の、設備が一番整ってる総合病院のリウマチ科の副主任の先生。中医と西医混合病院です。

 

 

 

いつも予約の電話で相当苦労するので(いつも予約一杯なので)、予約日の2週間前の朝7時半に電話することを覚悟しつつ電話したら、翌日の水曜日も金曜日も空いているようでした。

 

金曜日の午前中の方が都合がいいので、金曜日に予約。

今回は病院カードの番号も言わずに済んで、結構スムーズに電話予約完了!

 

電話を切るとすぐ、予約の案内がSMSで送られて来ます。金曜日の10~11時の間に来てください、とのこと。

前日にもまたお知らせSMSが。いいサービスです。

 

 

 

 

そして今日。朝から大雨だし、太極拳休もう!と思ってたら、6時半頃田先生からお知らせが。

 

「今日は传奇广场の2階で練習します。」と。

 

直々お知らせくると、行かない訳には行きません。

 

 

雨の中、7時半頃広場の2階へ行くと、先生と小李の旦那さんが。

旦那さんはその後すぐ仕事へ。

田先生と二人でしばらく運動してたらみんなの話声が。

 

「7時15分には来てたんだけど、違うところでやってた!」

 

先生、みんなにお知らせしたようで、いつものみんなが揃ってやって来ました。

 

 

長年やってる先輩達、みんな開脚180度できる体の柔さ。私はごちごちで、長年の運動不足がたたっています。日本で買ってきた開脚の本も全く効果なしでした。というか、続きませんでした。

 

先生にみっちり錬われ、9時15分頃終了。ほぼ2時間。先生は6時には来てるから、3時間ちょっと。

 

 

それからうちに帰り、シャワー浴びて10時ちょっと前出発。

 

病院までは歩いても30分程。

でも大雨なのでバスで病院へ行くことに。バス停はすぐそばで10分もかかりません。

 

 

10時ちょっと過ぎに病院に着いて、受付して、2階の内科のところへ。

そこでもう一度病院カードを通すのですが、受付の人が「予約番号がないですよ。もう一度受付行って聞いてきてください(29っていう番号はあるんだけど)。」

 

しょうがないので受付にまた並んで聞いてみると「コンピュータで番号見つからないのでで仕方ないです。」

 

またまた内科の受付へ行くと今度は「病院の事務室行って聞いてみてください。」

 

しょうがないのでまた1階の事務室へ行って聞いてみると、お姉さんが私の用紙を見て「電話予約じゃ予約番号もらえないですよ。次回は微信で予約してくださいね。」

 

ショボーンショボーン

 

で、またまた2階の内科に戻り、待つの覚悟で受付済ませて、

 

「ところで、私の前に何人いるんですか?」

 

受付の人「サンシー ガレン」

 

私「30人!?」

 

受付の人「3、4人」

 

???????

 

私、いったいなんのためにあっちこっち行ったり来たりさせられたのでしょう?運動?

 

 

結局、10分位で私の名前が出てきました。

 

前の人が10分位中にいたので、結局20分位待って診療室へ。

 

 

後で1階の受付で聞いてみたのですが、中国の身分証明書のない人は微信で予約できず、やっぱり電話予約しかできないようです。

以前は病院では予約できなかったのですが、病院の受付や機械でも予約できるようです。

 

どんどんシステムが便利になっているようです

2年前もものすごく感動したのに。

 

 

 

 

・・・で、診療室での先生との会話。

 

私「体調何も問題ないのですが、半年前、先生の予約できず一般内科で診てもらったのですが、いくつか検査項目が抜けています。1年前に先生にやってもらった同じ検査お願いします。」

 

先生「前回の検査結果見せてください。甲状腺の結果、異常じゃないですか?薬ちゃんと飲んでるの?主任の先生が1回目に出したクロロキンは飲んでますか?」

 

SLE発症してから20年間飲まされ続けてきた甲状腺機能低下の薬、1年前位から減らしているのです。私はステロイドの副作用で低下になったと思っているので、ステロイドの減った今、自力で回復させたいのです。

 

私「自力で治したいので薬減らしてます。クロロキンは飲んでません(不要な薬のため2週間ごと病院に行くなんで絶対ごめんです)。健康な食生活、適度な運動、ストレスのない生活してたら治ると思いませんか?」

 

先生「思いません。薬飲まないと、どんどん悪くなっていきますよ。膠原病も絶対治りません。

病院に来た目的はなんですか?どうせお医者さんの言うこと聞かないのに。」

 

先生「今飲んでる薬は?」

 

私「5㎎のプレドニンを4つに割って、一日置きに一かけ飲んでます。」

 

先生「それ、飲んでないのと同じじゃないですか。」

 

 

こんな会話がいくつか続き、先生も諦めて検査項目のチェックを。

さらに別の検査も追加したいよう。

 

先生「ds-DNAも検査した方がいいですよ。」

 

私「ds-DNAは発病したときから一度も陽性になったことないから要らないです。」

 

このds-DNA、オーストリアでも台湾でも、大抵いつも検査されていました。オーストリアでは検査費は無料なのであまり気にしたことがなかったのだけど、よく考えると無駄でしたよね。

 

抗SSAが陽性になったり陰性になったり、2年前、上海で陰性になったので、その検査ももう一度追加しようかと思ったら、いろんな抗体とセットになってて、270元もするそう。

また陽性になってようが陰性だろうが、大した問題でもないので、やっぱりこの検査はパス。

他の抗体は20年間ほぼ変化ないし。

結局、1年前と全く同じ検査をしてもらうことに。

 

 

まずは診察料と検査費を払いに。全部で371元(約6千円)。自費でも高くないでしょう?

自分でちゃんと必要な検査だけ選べば(笑)。

 

外国人が入ってる高い海外傷害保険入ってても、どうせ持病の治療費は払ってくれないし。

 

 

そして血液検査と尿検査へ。

 

今日は大雨だったせいか、すごく人が少ないです。

順番札を取ったらすぐ私の番が。

掲示板に採血する窓口番号が出てきます。

 

そして、採血の人の腕がすごい!一日中採血ばかりやってるおかげでしょうが、血管が細くで、オーストリアではいつも何回もやり直されて痛い思いをしていたのですが、ここではいつもするっと入って、血がどんどん出てきます。すごい腕前です。

 

 

それから自分で採尿試験管取って採尿して、尿検査の受付へ。

いつでもどこでも病院カードでピッでOKです。

 

 

 

こんな札がもらえるので、時間が来たら、自分で機械のところへ行って、検査結果を印刷できます。

 

尿と一般血液検査結果はしばらくしたら出て来そうなので待ってることに。

 

病院内をちょっと散歩。薬局行って見たり、売店行ったり。

 

内科に戻ってみたら、11時50分の時点で、すべて診察すべて終了してるようでした。すごいですね。

お医者さんもしっかり昼休みとれそうですね。日本も見習ったほうがいいですね。

もちろん急患はいつでも開いてますが。

 

 

 

 

 

そして、12時半までに二つの検査結果が出てきました。カードでピッ。

 

血液検査結果。血球細胞の比率がちょっとだけ違いますが、別に問題ないでしょう。

血小板も正常でよかったです。

39度の熱が出たとき、10日早く生理きて、量も多くてびっくりしてたので。

ほんとはもう1週間位後のほうが、よかった気もするのですが。

風邪から回復したばかりなので。

 

 

尿検査も特に問題ないようでした。

 

他の検査も問題ないようだったら、次は1年後にしようかな?

先生にあんなこと言われると、病気でなくても病気になっちゃいそうなので。

 

 

 

 

帰りにお昼食べて帰ることに。

近くに大学がたくさんあるので、安い食堂街があるのです。

 

ほんとは以前よく食べてた、福建省の漢方スープのようなセットを食べたかったのですが、お店が無くなってたようなので、開店したばかりのお店へ。

どうやらご飯もの、ぜんぶ15元で食べられるよう。

 

20元の海鮮石釜飯にしてみました。

 

ご飯に生のレタスとニンジンが載ってます。

かき混ぜてみたのですが、海鮮らしきものが見当たりません。

 

レジに持って行って聞いてみたら

 

「ほら、入ってるでしょう?」

 

よくみたら、直径3㎜程の短いイカの足のようなものが少し入っていました。

15元だから仕方ないか。

味はおいしかったですが。

 

 

雨もやみ、帰りは歩いてうちまで帰りました。

食後の適度な運動も消化によいようですよ。

 

 

それにしても暑くなったり肌寒くなったり、変なお天気の毎日です。

実家の久留米も同じような感じらしいですが。

 

書画教室 / 誕生日

テーマ:

最近、書画教室で配られる宣紙がどんどん増えていく一方なので、書をたくさん練習しています。

昼間は工筆画を描いているので、夜に書。

 

どんなに下手くそでも、がんばって練習すると、少しは上達するようです。

 

先週持って行った書

 

練習ならいいけど、作品なら周辺にもっと空間空けましょう、とのこと。

 

 

今日持って行った書。誰かの詩を書いたときは「録(作者)(詩の名) (自分の名)書

と書けばいいそうです。

 

 

自分では上達した気満々だったのですが、黒板に貼ってみると、歪んだ字、バランスの悪い字がたくさん。

 

 

先生も楷書を書いてきていました。それも大きな全紙に。さすがです。どれもバランスよく収まっています。

 

もひとつ。

 

草書も

 

四君子の絵も

 

授業中も四君子の絵、描いてくれていたのですが、11時になり、最後の梅の途中でタイムリミット。

 

先生、毎回たくさんの書と絵を持ってきてくれるのですが、この絵たちは、どなたの手元に渡っているのか、それとも先生の画室にどんどん積もっていってるのか??

 

私は最近工筆画ばかり描いているのですが、それでもどんどん絵がたまって行っています。

 

 

 

前回みんなで描いた巨大な風景画も表装されていました。巨大な横掛け軸。この絵はどうするのでしょうか?

 

 

 

 

 

今日は久しぶりに納豆を作り、イチゴジャムも作りました。

イチゴ、500gだけ買ってきたら、1瓶半しかできませんでした。イチゴ、今安いし、同じ手間かかるなら、1㎏作ればよかった。

唐辛子ソースの瓶ですが、もう3回はジャム入れ換えてるので、臭いはありませんよ。

 

 

 

 

それから、今日は私の誕生日♪

旦那が昨日「何食べたい?」と。

 

うれしいけど、いまいち食べたいものがない私。

でもせっかく言ってくれたから外食することに。

 

めんどくさいので、すぐ近くの広場(レストラン街)へ。

 

ケーキがいろいろあるお店があるので行って見たら、日替わりセットでケーキが安く付けれるやつが。

 

注文したら、ご飯より先にケーキが運ばれて来ました。スイカジュースも。

 

それから、日替わりメニューの黒胡椒鶏とトムヤンクン。トムヤンクン、結構本格的でおいしかったです。辛かったけど。

 

安上がりな私です。久しぶりのケーキもおいしかったです。

 

 

オーストリアのお義母さんとお姉さんも誕生日電話で祝ってくれて、微信でもみんな祝ってくれて、今日もハッピーな私でした。爆  笑

 

先日、工筆画の微信のグループチャットに、浦東図書館で工筆画の展覧会が10日まで開かれてるという情報が。

 

月曜日だしちょっと怪しいと思ったけど、出かけるときについでに!と思って、今朝張り切って9時過ぎに図書館へ。

 

 

そしたら見事に月曜日は午後1時まで閉館。

1時から授業だし、諦めて教室の方へ向かうことに。

 

めでたく、向かった塘桥社区文化活动中心の図書館は開いていました。

ここには教室や卓球室、健康測定室なんてものもあります。

健康測定室、今日行ってみましたが、しばらく閉鎖中でした。

 

 

 

そして図書館へ。なかなかいい感じ。席もたくさんあるけど、ほぼ満席でした。年配の人が多いけど、学生っぽい人たちもたくさん。

 

なぜか水墨画関係の本が見つからなかったので、健康本コーナーへ。

 

いくつかぱらぱらめくって、面白そうな本を。

なんだか読みやすそうな本は日本の翻訳本のことが多々。

 

今回は甲田 光雄氏の本。

本の名前写真撮ってないのでよく分からないけど、検索してみた限りではたぶん、この本の翻訳本?

「長生きしたければ朝食は抜きなさい」

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309502520/jironosyosai-22

 

10年以上前に出版された本だけれど、私がここ数年で学んできたいろんなことがいろいろ書かれていました。

 

健康に大事なのは、「腹八分」「水は空腹時に飲む」「常温の水を飲む」「砂糖を減らす」等々。

 

 

 

朝食、採った方いい、採らない方がいい・・・といろんな意見がありますが、私は最近朝食はリンゴニンジンジュースだけ。熱湯入れるのでホットフレッシュジュース。

お腹空いてたら何か食べることもあるけれど。

 

旦那も朝食食べないし、昼食もあまり食べないようで、夕食は6時過ぎには食べます。

 

 

このやり方にしてからか(前から?)、朝起きて、お湯をコップ一杯飲んでし数分すると、必ずもよおしてきます爆  笑

一日一回すっきり爽やか。

 

それから公園に行って運動。そしておしゃべり(こっちの方が多い)。

なんとも健康的な生活でしょう?

 

 

今日もジュースだけで出かけて、お昼図書館で食べようと思ってたら、図書館閉まってたので、お昼も食べず仕舞。

でも、食べないと逆にお腹もそんなに空きません。

 

1時間ちょっと本読んで読んで学んだこと。

 

夕ご飯を食べて、朝起きた頃、ちょうど排泄の時間。

食事が完全に消化吸収されるには18時間かかるようです。

 

この時にごはんを食べると胃腸に負担がかかり、宿便がたまるようです。

空腹が持続すると排便も促進されるようです。

一日1回は胃腸を休息させることも大切のようです。

 

朝食食べないと、脂肪もよく分解されて、ダイエットにもよいようですよ。

私はこれ以上痩せなくていいけど。

 

あと、食事中はあまり水分を取らないこと。消化液が薄まり、消化の働きが弱まるから。

水分は空腹時に取るのがいいようです。

お茶とかコーヒー、ジュースじゃなくて、水、ですよ。

 

 

過度のストレスを避け、適度な運動してると、難病も私みたいに治っちゃいますよ。

 

 

といっても私は別に長生きしたい訳じゃなくて、単に病院に行きたくないからやってるのです。

甘いもの控えてるのも、歯医者さん行きたくないから。

極度病院嫌いの私です。

 

 

 

 

・・・で、授業は1時からだけど、12時半から、いつも手伝ってくれる方さんが、机の準備を始めるので、私も12時半に教室へ。

 

なんと、すでに机は準備され、方さんともう一人の人が表装始めていました。後ろに座ってるのが、表装クラスの葉先生。

誰かの掛け軸、30分で両側をカットし、上下に棒を付けて、金具、紐もつけて、掛け軸完成。

素早いです。

 

 

 

今日はおしゃべりしてるうちに2時に。

それから工筆画教室へ。

今日は道具持って行かなかったので、見学だけ。

まだ落款入れてないので、出来た作品はまた次回アップします。

 

 

 

またまたおしゃべりしてみんなの邪魔した後(笑)、もう一度、浦東図書館へ。

女性の工筆画の協会員の合同展覧会のようです。山水に花鳥、たくさんの大作が展示されていて、いろいろ勉強になりました。

 

 

 

 

今日は、朝からがっくりだったけど、いろいろ学んでまあまあの一日でした。

 

いえ、たくさんおしゃべりできて、楽しい一日でした爆  笑

 

 

 

 

もうひとつおまけ。

昨日、大家さんの食器乾燥機を修理してもらいました。

でも、大家さんは使ったことなくて、修理費も出さないと前から言ってたのだけれど、コンロ直してくれたおじさんが、別の会社の乾燥機も直してくれるというのでやってもらいました。

 

しめて260元。見積もりより安くなったのでよかったです。

まあ、使い始めてちょっとで壊れたので、1年以上使ってなくて、なくても生活できるんだけど、あったらちょっと衛生的になって、たくさん食器洗うときも便利、かな?

 

最近どんどんガスコンロも火がつきにくくなってたのだけど、とうとうまったくつかなくなってしまったので、もう一度物業の人に来てもらいました。

 

 

そしたらおじさん二人もやってきたのに、「老化です。私達は何もできないので業者の人に頼んでください。」と。

 

しょうがないので大家さんに言うと業者の人と連絡取った後、「電池が切れたんじゃないですか?業者に電話して状況説明してみて。」と。

 

電話で説明難しいんだけど、しょうがないので電話して、今日、来てもらいました。

 

 

そしたらやっぱり電池が切れてたよう。

電池交換したら、簡単火が付きました。

 

でも時々「爆っ、爆っ」と火が爆発して変だと説明したら、コンロの部分を交換してくれることに。

いつも左側ばかり使ってるので右側がどうなのかよく分からなかったけど、もう10年以上使ってそうだし、大家さんに聞いたら二つ分修理代払ってくれるそうなので、どちらも取り換えてもらうことに。

締めて510元(材料費230元×2、修理費30元、交通費20元)。

 

 

おじさんはまず1つ取り換えて、問題あったら次回にもうひとつ取り換えたら、ってことだったけど、そしたらきっとまた修理代+交通費50元取られたんだよね。

大家さんに頼むのもめんどくさいし、一気にやっちゅうのが一番。

 

久しぶりに快適コンロになりました。

 

毎月の家賃、700元も上がったし、いいよね。

 

現金なかったので、微信で払って、大家さんにも微信でお金返してもらいました。

便利な世の中ですね。

 

 

 

それにしても、10年前の家の値段は今の5分の1以下だったのに、どんどん値上がりして、不動産持ってる人達は大儲かり。

まあ、大家さん、大き目の部屋をまた買ったので、その返済も大変だとは思うけど。

 

 

今日ガス修理に来てくれたおじさんは別の省の人で、家族は外地。休みなしで働いてるそう。

子供さんは今大学へ行ってるそう。出稼ぎお父さんも大変です。

 

 

 

 

 

 

ところで今日は、快晴のよいお天気だったけれど、大気が中度汚染に。

どうやら黄砂の影響のよう。

それでもマスクしてる人は滅多にいないのですが。

 

上海、大都市の中では普段は空気はきれいな方。

今年3月から公共施設の室内で禁煙になったし、バイクはほとんど電気バイクだし、お正月の爆竹や花火も禁止されて、最近はレンタル自転車大流行りで、上海市も随分環境には気を使っているようです。

 

それでもあちこちでのマンション建設、車の排気ガス等の影響で、時に中度汚染になります。

 

 

 

今ではどこにいてもネットで仕事ができる時代だし、日本もそうだけど、一極集中ではなく、もっと分散すればいいのに。

毎朝の通勤ラッシュを見るたび思います。

 

 

 

 

 

ようやく体調も普段の調子に戻り、気持ちよくお絵描きできるようになりました。

今朝はまだ空気もきれいだったので、太極拳に。

 

美術館で、近くの美術学院の卒業展があるようで、学生たちがたくさん来ていました。

 

最近、どんな洋服買おうかと、地下鉄乗るとときとかみんなの服装チェックしてるのですが、みんなの服装、何か変。

 

 

今日は美術学院の学生たちのファッションをチェック。

 

やっぱりなんか変。真似したいような服装がありません。

トップはエレガントな服なのに、なんでボトムスはジャージ?

最近のズボン穴だらけだし、洗ったらどんどん穴大きくなりそう。

 

 

という訳で、ここにいる限り、そしておじいちゃんおばあちゃんの教室にばかり通ってる限り、私のファッションセンスはますます低下する一方のようです。

 

 

 

 

 

もひとつおまけのパンダも登場。