先週の書画教室は山水画。

皆先生の作品の模写をしてきていたのだけれど、私は大きな絵を描く気力がなかったので色紙画を。

先生が、「これは春の景色だから、他の四季も描いたら?」と。気が向いたら描いてみます。

 

ついでに以前描いた色紙画を何枚か持って行きました。

そのうち1枚を、先週書をくれたいつも親切なおじさんに。

5枚位持っていたのだけど、おじさんが選んだのはこの牡丹の花。

 

 

他の人がこの絵すごく気に入ってくれたので、これもプレゼント。私としては、なんだかパッとしない絵なのですが。

 

 

 

今日は書の日。先生がひとつの詩を選んで行書と楷書で書いてくれました。1枚目は携帯みながら、2枚目は何も見ずに。1回書いたら覚えてしまうのでしょうか?それとも以前何度も書いたことがあったのでしょうか?

、。

 

 

 

帰りに八百屋寄ったら、トマトが安かったので、(一番トマトの安い)旬の時期に作り損ねたトマトケチャップを作ってみることに。

 

作り方はこれを参考。

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770004383/

 

ミキサーでなく、鍋でブレンダーでやる方が楽ちんです。

 

 

ただ、タカの爪、沢山あって使いきれないので、ミルサーで粉に。

それを小さじ1杯程加えたら、劇辛になってしまいました。

味はいいのだけど。

 

2時間程でこんな感じ。最初の半分位の量に。ほんとはもう少し煮詰めたいところだったけれど、バチバチはね始めたので、ここで終了。

 

1㎏程できちゃいました。ちょっと緩めのケチャップ。でも劇辛!詰めた瓶、熱湯でゆでてないけど、いつまで持つでしょうか?まあ、半年内にはなくなると思いますが。思ったより簡単に、おいしくできました!

 

 

 

AD

今日の表装教室は円形、扇型の額装用の表装のやり方を教えてもらいました。

 

まずは、絵と同じ大きさに裏打ちした裂地をカッターでカットします。

 

それから絵と裂地を表を下にして机に置き、霧吹きかけてぴったり合わせ、刷毛で糊を塗ります。

 

絵の宣紙が少し伸びるので、目打ちで裂地の上に出します。

 

額装の場合は、裏打ち紙を3枚貼ります。

 

それから上に新聞紙を敷いて、表装用の硬いブラシでしっかり擦って水分を取ります。今回は新聞紙3枚分。

 

裏返して、さらに上からもぶらしでごしごし、皺を伸ばします。それから一つの端にだけ糊を付けて壁に貼ります。

(四角い絵の時は裏返したまま、裏の端に糊を)

 

上だけくっついています。乾燥する過程で絵と裂地の部分が割けるのを避けるためのよう。来週、霧吹きかけて、4辺に糊を付けてまた壁に貼って乾燥させます。

 

 

 

今日はもうひとつ、冊頁(日本語何だろう?)の作り方を。1段階目は、絵を描く宣紙を作りたい冊頁の倍の大きさに頁×6枚分カット。それを6枚ずつ貼りつけて裏打ちの時のように壁に貼って乾燥。

 

壁から剥がした紙は、それぞれ半分に折り、下の写真のように重ね、端(背の部分だけ)を切りそろえます。

 

カットした後、紙を1ページごと向きを入れ替えます。(きっと意味分からないですよね。すみません)

入れ換えた紙を又きれいに整えた後、先生、マジシャンのようにびらびらっとやって紙を均等に2mm程の糊しろ出して、糊付け。反対側も。糊付けしたら、再びきれいに整え、重しをしてしばらく放置。

 

 

そしたらあら不思議。全部つながりました。1枚の紙は12枚の宣紙でできていて、6枚の宣紙でできた紙が端だけ糊付けされ2枚づつくっついたのです。これで、宣紙の表だけ表面になったのです。なんとも大変な作業です。作業はまだまだ続きます。

 

こんなめんどくさい思いをして作った冊頁、いったい何を描けばいいのでしょう。私には無理です。

大先生達に描いてもらってまわるとか?

 

 

 

ところで、週末作った肉詰めピーマンが、今までにないおいしさの出来に。旦那もべた褒め。

旦那はピーマンがおいしい、と。

私は、ピーマンの中の詰め物にトマトソースの味が染み込んでおいしい、と。

 

これまで缶詰トマト使ってたのをちゃんとトマトで作ったせいか、最近使っている塩が違うせいか、味付け加減と圧力鍋の時間が絶秒だったのか、とにかくおいしかったです♪朝昼晩連続食べてもおいしかった。写真はいまいちだけど。

 

 

<材料>

詰め物:

ピーマン(大)・・・8

挽き肉・・・・・・350g

刻みタマネギ・・・50g (私は多めに)

にんにく・・・・・ひとかけ

ご飯・・・・・・・50g

卵・・・・・・・・1

刻みパセリ、塩、こしょう、マジョラン・・・適量

 

トマトソース:

トマト・・・・・1kg

水・・・・・・・125cc

油・・・・・・・60cc(入れてないけどおいしかった)

刻みタマネギ・・100g(これも多めに)

小麦粉・・・・・50g(入れなかった)

砂糖、塩、酢・・適量(ウスターソースもいれてみた)

 

<作り方>

1)詰め物

タマネギを茶色に炒めて冷ました後、その他の材料と混ぜ合わせる。

 

2)トマトソース

トマトをつぶして、125ccの水を加えて30分煮る。別の鍋にタマネギを炒めた後トマトを加え、調味料で味を調える。

 

3)ピーマンの芯を抜き、5分間熱湯に浸した後、冷水に入れ、水を切る。

 

4)ピーマンに肉を詰めて蓋をし、鍋に入れて、トマトソースをかけ、煮込む。

 

なんでコピー&ペーストしたら、数字が斜体になるのかな?めんどくさいのでそのまま。

 

 

 

 

ところで、詰めた挽肉、ちょっと離れたお店で買ってきたのだけれど、旦那と散歩がてら行って、帰ってきたら肉がないことに気づいた私。たまたま、前回注文した品があってご主人の微信友達になっていたので、電話して確認。

 

そしたら、持って行ってあげる、と。

 

19元の挽肉のため、わざわざうちまで持ってきてくれました。ありがたや。

 

 

今日はなぜか、頼んでもないのに配達の人やってきて、ドア叩いてすぐ、ドアの前に荷物置いて去って行きました。

よくみたら、下の階の荷物。

こりゃちょっと、ですね。

ちゃんと下の階に持って行きましたが。

 

 

もひとつおまけ。週末、社区内で子供達が太極拳を。かわいいですね。

 

 

 

・・・で、2日間,优酷の映画見ていません・・・。やっぱり時間ない。絵描きながら面白い映画みれない・・・・。

 

 

AD

なんかいろいろ

テーマ:

なんだか最近いろいろ書きたいことがあって、毎日消化不良のような感じです。

 

体調はまだまだ完璧ではないのですが、あちこち動き回っています。

 

数週間から、芸術公園ではなく、社区の公園内にて。早朝太極拳隊が7時半頃去ってから私達の番。それまで手前で各自運動です。

 

 

 

 

年末にベトナム旅行計画しているのですが、私は15日迄の観光ならビザ要らないようですが、旦那(オーストリア)人は必要のよう日本人のパスポート、アジアではやっぱり便利ですね。

電話で問い合わせたら全然つながらないので、とりあえず機械が話した情報より写真5×5㎝2枚とパスポートとパスポートのコピーもって領事館へ。

 

一番近くの地下鉄駅からさらに1kmほど。

 

浦東大道に向かう道を歩いていると、モスレムらしき帽子をかぶったおじさん達がぞろぞろ歩いてるので何かなあ、と思ったら、イスラム礼拝所の近くに羊肉やらお菓子やらたくさん並んだ出店がずらり。毎週金曜日に出るようです。帰りにケーキと干し葡萄と羊肉餃子買ってみました。

クレープ重ねたようなケーキ、羊肉餃子、おいしかったです。

 

 

 

 

 

・・・で、ベトナム領事館。

結局、写真、なんでもよかったそうです。旦那わざわざ帰ってきて写真撮りに行ってきたのに。

 

 

 

夕方、お友達に工筆画の梅の描き方を教えてあげる予定だったのですが、遅くなったし、疲れ果てちゃったので、キャンセルしてブログ書き。

やっぱりまだ中耳炎から回復していないようです。

 

 

 

それと数日前描き上げた工筆画。表装教室の先生が描いていたのがかわいかったので、本を注文して描いてみました。

本の絵は写意画っぽいのですが、工筆画の描き方で。お正月によさそうなおめだたそうな絵がたくさんあるので、これから年末にかけて何枚か描いてみます。

 

 

 

 

 

 

最近一日がさらにどんどん短くなってきたのですが、なんでかというと・・・・実は数日前、毎日聞いてるラジオに飽きて、絵描きながら、携帯で映画見る(聞く)ことにに(←もっと絵に集中しろ!)したのです。

 

本読まない私は、名作文学作品の映画がみたいなあ・・・と、まずはから始まって、「アンナ・カレーニナ」を。

 

 

 

しばらくみてたら途中でぷちっ。他のサイトに換えてもやっぱり途中まで。

 

最近、あまり無料でいい映画が見れません。

 

そこで思い切って有料会員になってみることに。

 

いつまでこの映画熱が続くか分からないので、とりあえず优酷1カ月会員20元を登録。

 

 

結構てこづったのですが、無事、携帯でも、コンピュータでもいろんな映画見れることになりました。

 

支付宝で簡単に支払えるばっかりに、あまりにも(私が)自由すぎるばっかりに、最近ついついネットでポチっとやっちゃう私。

 

 

テレビでの映画も毎日同じやつの繰り返しだし、この优酷の無料会員、魅力的です。連続してみるなら1カ月15元。

 

インドの映画、「Danga(摔跤吧爸爸」がすごく面白かったです。

 

 

 

 

 

ああああ、誘惑が多すぎる今日この頃です。

 

 

 

 

もひとつおまけ。

昨日買った偽物Super dryのパーカ。Super dryの上に、「賢い天候会社」と書かれています。この訳の分からない日本語が売りのようです。この字はさておいて、作りはしっかりしています、Sサイズだけどちょっと長めの丈、あったかい分厚い生地、まさに私が探していたような服。1枚限りで50元でした!

 

・・・ただ、今朝箱の中に2枚着て行ったら暑すぎでした。私達が太極拳をする脇を、半袖Tシャツで通り過ぎて行く高校生位の男の子が・・・。

ちなみにズボンもSuper dryですf^_^;。

 

AD

昨日は天気はよかったものの大気汚染指数200を超えるひどい空気だったのですが、今日は打って変わって30以下の澄んだ空気に。

数日前から居間ではなく寝室に寝るようになってから、寝起きもよくなりました。

(いつも旦那が12時過ぎまでテレビみたりしてるから)

居間は部屋の真ん中にあるのですが、寝室だと朝日が入って来るのもいいようです。

体調もどんどん元に戻ってきました。

 

今朝、田先生達と少し運動して、それからゴミ拾い。

やっぱりみんなゴミ拾いというより、おしゃべりして歩いてるようにしか見えませんが。

 

 

私は8時頃地下鉄に乗って工筆画の授業へ。

この時間帯、地下鉄大混雑で嫌いです。

 

 

 

今日は現代人物画の顔の部分。これで髪は3回、瞳は4回、唇は5回、顔は4回程塗り重ねてあります。髪はまだ塗り重ねます。それにしても先生が描く目、美しいです。瞳は白い光を残して4回位分染してるのがすごいです。

 

本当はこの絵描きたくなかったのですが、顔の部分だけ練習してみようと思います。

 

それにしても授業は8時半から11時半までと、長いです。

見てるだけでも疲れるのに、ひたすら説明しながら描き続けている先生はもっと大変でしょう。

 

 

 

授業後、太極拳の時着る服買いたかったので、教室のある駅の隣の地下鉄駅まで歩いて行きました。

久しぶりの澄み切った青空。ここからも一番高いビル、上海中心と栓抜きビルが見えます。

 

 

ついでに市場に胡桃を買いに。

この前皮ジャン手入れのクリームを買ったお店の前も通ったので、手入れのやり方を聞くついでに、ネットでクリームが5分に1の値段で売ってあったことを告げると、「それは偽物です。うちの工場で作ってるので外では買えないはずです。」と。

 

なるほど、そういう言い逃れがあったのですね。でも本当だと思っておくことにします。

 

 

しか~し、買いたかった服は見つからず、帰りに科技館の地下街によって探してみることに。

しばらくさまよって見つからなかったのですが、1枚だけよさげのパーカ発見。ただ、前に書いてある文字が恥ずかしいのですが。夜着て旦那に写真撮ってもらって写真アップします。

 

 

 

 

それから最近のもらいもの。

おとといはご近所さんから身が赤いジャガイモを。30㎏はありそうな袋が送られてきたらしく、みんなにおすそ分けしてくれました。私は3㎏程もらいました。二―さん、180㎝以上あるので、袋そんなに大きく見えないのですが。

 

 

それから昨日は太極拳のお友達から、畑で採れたカブとサツマイモを。

 

お友達の旦那様が水墨画で鳥を描いているというので、紙と筆をおすそ分けしてきたのですが、夕方5時過ぎ訪れると、ベランダの窓を開け放ち、餃子を作る李さん。大気汚染も冷たい風も気にならないようです。

 

書画教室の宿題

テーマ:

先週、居委会の書画教室で、事務所のお兄さんがやってきて「十九大に関する書を書いてきてください。」と。

 

どうやら最近ずっとニュースになっていた中国共産党第19回全国代表大会を称える書を書かないといけないよう。

 

中国のお役所の一番下の単位である居委会での授業だけあって、よく政治に関連する展覧会やイベントが行われます。

 

前回共産党創立記念日には書画の公募展があって、参加した人たちは皆電気髭剃とか参加賞もらっていました。

私は何描けばいいか分からなかったので参加してないけれど。

 

今回は書なので、ネットで関係ありそうな書探してみたのですが、私が中国や共産党を称える詩を書くのもなんか変な感じ。

 

 

というわけで、この前見つけネットで見つけた蔵頭詩制作機とやらで、「喜迎十九大」を使った蔵頭詩を作って、それを楷書と隷書(これもコンピュータのソフト使ってf^_^;)書いてみました。

蔵頭詩、1秒で6個程出てきましたが、いまいちどれも意味がよく分からないので、適当に二つ選んで。

 

 

これも意味はよく分からないのですが、なんだか秋っぽかったので。みんなに言わせると、やっぱり変な詩だそう。参考にするくらいで、自分で描き直すするのがいいようです。

 

これはさらに変だそうで、教室での展示も却下f^_^;。ま、書の練習が目的なのでどうでもいいのですが。

 

結局、事務所のお兄さんが来て写真撮って、それでおしまい。

私もがんばったけど、皆も結構気合い入れて書いてきてるようでした。

 

 

他にもこの前ネットで買った紙に小さい字の練習を。千字文(千個の漢字を使って作った詩)より。

ほんとはこの4分の1の大きさのマス目なのですが、あまりも小さくて、1枚800字も書く忍耐がないので、4つマス目で1字ずつ書いてます。でもこれでも1枚書くのに2時間かかります。工筆画に比べればそれでも楽なのですが。

上達したら、も少し大きくアップしますf^_^;。

 

 

そして、みんなの作品。

 

 

右側の壁にも貼られています。

 

先生が作ってきたカレンダー。先週紙売りの人が10枚入り20元のこの紙持ってきていたのですが、それに厚紙貼って自分で作ったそう。先生忙しそうなのに、よくそんな時間ありますね。そして、器用ですね。

 

先生が絵を描いているとき、後ろで紙を分ける班長さん。今日は大きな宣氏一人6枚ずつ。

私は紙が有り余っているので、最近貰わないことにしました。

 

こんなに気前のよい無料の書画教室、日本にはなかなかないでしょう?

風邪はほぼ回復し、でも右耳がずっと塞がっていたのだけど、昨日の夜、通りました!

 

 

よろこびは束の間、また塞がったり通ったり、なのですが。

 

でも上の歯の部分の麻痺もよくなり、やっぱりちゃんと回復してきているようです。

 

 

耳がふさがったのは11日前。翌日病院に行って、抗生物質6日分、副鼻腔園の漢方薬とスプレーをもらって処方していたのだけど、抗生物質飲み終わっても耳は塞がったまま。鼻はだいぶよくなったけど、まだ黄色い鼻水が・・・。

 

その後市場へ買い物行くついでに、漢方薬局のお兄さんに相談したら、またたくさん漢方処方されてしまいました。

急性鼻炎や中耳炎等に効くという漢方と慢性副鼻腔園等に効くという漢方。

 

漢方、確かに副作用は少ないだろうけれど、鼻炎はもうそんなに気にならないほどだったので、もっと辛そうな旦那に慢性鼻炎の漢方をあげちゃいました。(買わなきゃよかったのだけど、 毎日朝早くから夜遅くまで働いてるお兄さんに質問するばっかりでは申し訳なかったので)

 

 

私が飲んでる漢方の主成分は「千里光」。というか、これしか成分書いてありません。

千里光はキク科の植物で。地上部分を乾燥させて漢方として使うそう。

抗炎症作用があるそう。

 

 

ようやく耳も治ってきたけれど、これが抗生物質が効いたのか、それともこの千里光か、単に治る時期がきて自然に治ったてきたか、よく分かりません。

 

抗生物質は腸内細菌を乱すし、耐性菌ができたり副作用が多いので、出来るだけ飲みたくありません。

 

週末旅行がなかったら、きっと今回も病院に行かなかっただろうなあ。

 

元から体を元気にするには、病院、薬局から遠ざかるのが一番です。

 

 

 

 

ところで今回描き上げた牡丹の工筆画。

実は、お手本の絵の牡丹は黄色っぽかったのですが、やり方通りに描いたのになぜかピンクに。葉は最初に白を平塗りするのですが、そのせいか、その後の分染がきれいにできませんでした。あきらめてこの辺で終了。

背景が一番面倒でした。お手本には、最初に5回塗って、水で一度洗って、さらに2回塗って、また水で洗って(これは実際見ないと説明だけでは分からないでしょう)、と。

私はそれでも薄かったので、さらに2回塗り重ねました。葉や花弁に色がのらないよう、すごく神経使います。思った以上に面倒でした。

面倒な割にあまり好みでない絵。

 

 

手順としては、線描いた後、まずは背景塗り。薄い青+墨で塗り重ねていきます。墨が入るので、さらにムラができて面倒です。

 

背景降り終わったら、葉&花弁を白く塗り、それから色を塗り重ねていきます。

背景もその後また塗り重ねました。

 

 

工筆画。やっぱり相当面倒です。

風邪で体力なかったせいで余計に大変だった?

 

今度は割合簡単な童画描いてます。

工筆仕女 - 撫琴図

テーマ:

風邪はひいておりますが、授業にも行ってるし、絵もちゃんと描いています。

ようやく今期一つ目の絵完成。

 

字は失敗なのですが、風邪っぴき中の割にはまあまあの出来。・・・といっても、写真で見るとうまく描けても失敗作でもあまり違い分からないのですが・・・。

顔が初めてうまく描けたのでうれしいのです。

 

 

問題は髪。仕女図によって髪型がいろいろあるのでいまいちまだ塗り方が分かりません。

描き上げて授業に持って行ったら、その日に髪の描き方教えてもらいました。

 

途中に何カ所か光の線を入れると美しく描けるようです。5回位薄墨で分染した後、最後に酞青藍(明るい青)+墨で分染するとさらに見栄えがよくなるそうです。

 

毎回いろいろ勉強になるので、休みたくても休めないのです。

 

 

 

ところで先週、初めてタオバオで注文してみました。

お友達が買ったというマス目のある書用の紙と、前から買いたかった本2冊。

 

以前に試したときは、「名前と銀行に登録している名前が違いいます」と出てきて支付宝が登録できなかったのですが、その後名前の書き方が分かり、支付宝は登録完了。

 

今度はタオバオ登録しようとしたら、「名前が長すぎます」と。

旧姓に直したら登録できました。

 

 

相当時間がかかって何度もやり直したので、ほんとに届くか心配だたのですが、旅行から帰ってきたらもう2つ届いていました。一つはドアの前に、ひとつは電話&SMSで事務所に預けた、と。

 

なぜか同じ本が2冊届いたのですが(自分のミス)、1冊38元が13.8元だけだったので、手伝ってくれたお友達に上げることに。

なんでこっちの印刷物、こんなに安いんでしょうね。北京から届いたのに郵送料もかからなかったし。

 

 

耳はまだ詰まっていますが、ちょっと調子よくなってきました。

私の風邪&中耳炎、まだまだよくなっていないのだけど、「朝熱が37度なかったら行く。」ということに決めて、朝36.8度だったので(私にとっては割合高熱なんだけど))参加してきました。

 

 

ほんとは会社のイベント、そんなに参加したくないんだけど、誰かが計画してうれないと、なかなか動かない出不精の私達。

旦那も最近鼻炎やらで免疫低下してるよう。免疫低下には体力つけるしかない!

 

秋になり気候もよくなり散策日和。やっぱり参加しない訳にはいきません。

 

 

1日目。まずはバスで同里に向けて出発!

9時半出発してもやっぱり高速も少し渋滞。

事故車も行き帰り4回目撃しました・

やっぱり中国で運転するの、怖いです。

 

 

 

 

宿泊する同里湖湖畔のホテルで昼食。

8人程の円テーブルに二人だけで座って食べてるカップルが・・・。

それでも同じ量の料理を運んで来る服務員・・・。

途中で二人がいなってもまだまだ料理は運ばれてきてました。恐ろしや。

 

 

食後、またまた湖畔で延々と記念撮影。

 

そして、ようやく古鎮へ!

ホテルから1㎞ちょっとなので、歩いて行くのかと思ったら、やっぱりバスで行くよう。

古鎮の中はガイドさんに1時間程案内してもらい、もう1時間は自由。

 

せっかくここまできて、近くのホテルに宿泊するのに、時間少ないなあ。

 

でもまああんまり元気もないのでいいか。という訳で古鎮散策。

 

 

外人さんばかり乗ってた船。どこの古鎮も同じような感じなのですが、でもやっぱりいいですね。15年前位にも一度行ったことがあるのですが、写真残ってるだけで、記憶、ゼロです。

 

鵜発見。魚採らせたり、一緒に写真を撮ったりすると料金がかかります。鵜だけ撮っても2元、と書いてあった気がするけれど、何も言われませんでした。

 

ガイドさん達と二つの邸宅へ。自由時間のときさらにいくつか庭園等散策。

 

 

 

4時半、早めにホテルに戻り夕食まで休憩。普段はどんなところでもOKな私ですが、よわっぴなときは、快適なホテル、ありがたいですね。

夕食後も早めに部屋に撤退して就寝。みんなはカラオケ行ったりしてたみたいですが。

 

 

翌日の行程。

午前中は近くの学校の運動場でトレーナーさんと運動。私は見学f^_^;。

しっかりストレッチ運動して、ゲームやったりムカデ競争したり、2時間みっちり動かされておりました。

 

私は芝生の上で休憩・・・と思ったのですが、結構参加しない人達もいて、おしゃべりしてたらぐったり。耳が一方詰まってなんか頭は痛いし、鼻もまだ出るし、ほんと、全然安静にしないばかものです。

 

 

そして、昼食は陽澄湖で蟹を。といっても、やっぱりいつものように最初に山のように料理が出てきた後、山盛の蟹が出てくるというパターン。下の料理+あと5皿位来ました。

 

食べ疲れました。なんでいつもこう絶対食べきれない量の料理を出してくるのでしょう。

3分の1で十分。私はごはんと鶏スープと野菜ちょっとで満足。

 

蟹、別に好きじゃないです。

ちなみに、風邪の時、海鮮料理食べないほうがいいそうです。


というより、風邪のときはあまり食べないか、消化のいいもの食べるべきですね。

 

 

 

しばらくこういうイベントに参加するの、控えようと思います。

 

それより耳、早く治ってくれますように!

 

今日も早めに寝ます。おやすみなさい。

 

中耳炎

テーマ:

今回の風邪、鼻づまりすごかったのだけど、先週も時々鼻かみすぎて耳がおかしくなっていたので危ないなあと思っていたら、昨日から右耳が、飛行機着陸するときのように詰まってしまいました。

 

痛みはないのだけど、さすがにこれはいかん、と思って、今日病院に行ってきました。

 

行く前、曙光医院の耳鼻咽喉科のチェック。火曜日に主任の先生も問診しているよう。

ネット上では予約一杯でしたが、直接行って受付してみたら大丈夫でした。

 

一番多い時に行ったようで、結構並んで、10時頃受付完了。

 

それからが結構長かったです。

今までは専門の先生に診てもらうときは事前に予約していたのでほとんど待つことはなかったのだけれど、今回は1時間半程待ちました。

(もう二人の先生はあまり待たなくていいようでした)

 

 

ようやく診察。

鼻の穴の中、、耳の中を観察して、 頭のいくつかの部分を押さえてどこが痛いかチェックして、「中耳炎ですね。受付で検査費払って、5号室で検査してもらったらまた来てください。」

 

 

途中でいちいち検査費払いに行くのが面倒です。

会計済ませて検査室へ。耳に圧力かけて測定する検査。

 

でも検査はすぐ終わり、無事12時前に再び先生のところへ。

 

やっぱりひどい中耳炎だったようです。

抗生物質飲まなきゃいけないよう。

鼻スプレーもくれるそう。

 

前々回の内分泌科の教授の先生みたいな人だったらどうしようかと心配したけれど、「ガム食べてね。週末旅行?飛行機じゃなかったら大丈夫。みなさんさよなら(日本語)!」

 

と、気さくな先生でした。

抗生物質6日分。鼻スプレー、一日1回。

 

鼻炎の漢方薬。一日3本。

 

診察費38元、検査費40元、薬代199.3元でした。

 

 

 

やっぱりあんまりおとなしくしてない私ですが、明日、明後日の授業、金曜日と土曜日の会社の旅行、無事行けるでしょうか?

 

 

皮ジャン手入れ&鉄鍋

テーマ:

6月に皮製品修理屋でクリームを購入して、手入れの仕方も習っていたのですが、4カ月経った昨日、ようやくやってみました。

時間が経ちすぎて、習ったやり方ほとんど忘れちゃったのですが・・・・・

 

ネットで検索しても、あんまり本格的な手入れの仕方を書いてあるサイトが見つからず、自己流でやってみることに。

 

まずはしっかり水気を切ったタオルでジャケットの汚れを拭き取りしばらく放置。

 

それからこの前もらったブラシにこの前買ってきた黒いクリームを付けてごしごし塗っていきます。

想像したより簡単にまんべんなく塗れました。

巨人サイズジャケットだけど、1時間半程で黒クリーム塗り終了。

 

相当色が剥げているけど、黒クリームで結構よみがえります。右側4分の1程が塗り終えたところ。

 

 

それから2時間程放置した後、柔らかい布でごしごし、黒色が付かなくなるまで拭き取ります。

これは30分位?

 

 

25年前位にブラジルで作ってもらったという、色剥げはげだったジャンパー、蘇りました。

想像以上に楽勝でした。もう一つ買った保養乳液、黒塗った後塗ろうと思ったのだけど、必要なさそうな気もしたのでやっていません。

 

これでお店で提示された手入れ料金600元(他の店では200元というところも)が儲かったのはいいのだけれど、ものすごく納得できないことが。

 

購入した保養クリーム2種、どちらも120元だったのだけど(その時も高いと思ったけど、ジッパー安く直してもらったばかりだったのと、旦那も一緒であんまり文句言えなかった)、ネットで検索するとどちらも一つ20元程。黒クリームは同じメーカーのは見つからないからはっきりは分からないけど、プラスチックボトルのは明らかに同じ。

値段。倍は許してあげるけど、6倍はちょっと。

 

今度苦情言いに行って来ようと思います。

もう二度とあのお店には行かないと思うので。

使ったクリームとブラシ。お店の人はもっと大きいブラシ使ってます。在庫なかったそう。

 

他の皮製品も手入れできるからいいや、と思って買ったのだけど、よく考えたら他に黒い皮ジャンも皮バックも持ってません。

靴墨として使うしかないか。

 

単に1回外食するだけの費用なんですが、でもやっぱり頭きますね。

この前の靴底修理も露店の店の3倍以上したし。

 

 

 

上海に来ても一つ騙されたかなあと思ったのは換気扇を洗ってもらったとき。

洗浄代は100元。

中に貼ってあるテープがどろどろになってたので新しのに換えてもらったら1尺30元と50元のやつ、どっちがいい?みたいな感じに聞かれて、いいやつにしてもらったら、結局250元位したのです。大家さん全部払ってくれたのだけど、ちょっと申し訳なかったです。

 

 

その以外は特にないかな。

最近は日本の電話詐欺の方が大変のようですね。

 

 

 

 

ついでにもうひとつ。書こうと思ってたのに忘れてた鉄鍋のこと。

 

以前IKEAで鉄鍋買って、錆びるし、煮たもの黒くなるし・・・で捨てちゃったのだけど、その後購入した結構高価だったテフロン加工の鍋も、1年ちょっとで鍋に焦げ付くように。

 

やっぱり健康によさそうな鉄鍋か、ステンレスの小さなフライパンが欲しいな、と探してたのだけど、日本で買ってきた鉄鍋がなかなかグットでした。

 

柳宗理デザインの小さな鉄鍋。軽いし、蒸気や水切りを蓋で調節できるし、何より焦げ付かない。

この鉄鍋買って、鉄鍋は使用後はしっかり水切って表面に油を塗っておかないといけない、ということ、初めて知りましたf^_^;。