ははこぐさの気ままな日々-6


嶋会館は、その昔は「花筐文庫」と呼ばれていました。 (写真は現在の嶋会館)


ははこぐさの気ままな日々-2

昭和11年11月11日 花筐文庫落成式 および 寄贈式 



嶋会館は、昭和11年に嶋連太郎氏によって粟田部町に寄贈されます。



ははこぐさの気ままな日々-1


嶋連太郎氏とは? 明治3年粟田部に生まれる。明治17年に、後の総理大臣吉田茂の父(養父)であった吉田健三氏を頼り横浜へのぼります。そして、明治19年、吉田氏の紹介で「秀英舎」という印刷会社に入り31歳の時独立し「三秀舎」と言う印刷会社を興します。その当時としては、印刷業界というのは、今のIT業界のような時代の先端をいく業種で、新しいアイディアと人柄のよさで三秀舎は、従業員30人から昭和初期には600人という大会社に成長します。嶋さんはその「成功と恩恵を郷土に」との思いから、総建築費当時の額で1万5千円という資産をかけてここ「花筐文庫」を建築し寄付しました。

その頃 2000~3000円で家が建ったといいますから、莫大な金額ですね。


そして、翌年昭和12年の4月17日~19日三日間かけて「花筐文庫開庫式」が開かれます。


昭和12年4月17日~19日にかけて、ここ花筐文庫にて、開庫式と一般公開が催されました。

今から75年も前のことですね。

そのことが、南越花筐会誌 第23号(昭和12年7月発行) に書かれていました。





ははこぐさの気ままな日々-7      ははこぐさの気ままな日々-9

名にしおふ花筐の萬開の櫻は陽光に映えて研を競ひ、まさに春爛漫の四月十七日、待望久しき文化の殿堂「町立花筐文庫」の開庫式を挙行せらる。


朝来、生憎(あいにく)雨天のため、式場を由縁深き学舎花筐校講堂に変更し、午後二時より厳粛裡に・・・(来賓の名前がズラズラとあり・・・)祝辞のあと祝電の披露なし寄贈者嶋連太郎氏に感謝状および記念品を贈呈・・・寄贈者嶋氏は、本文庫寄付の由来並に工事着手以来各方面より受けたる深甚なる助力後援を感謝し、尚、今後の活用に対する希望をきわめて慎重に感激的に挨拶された・・・。


 四時頃、式は目出度く終了すれば、朝来の春雨はカラリと晴れて小鳥の声冴え冴えしく参列者は新文庫に到り館の内外を参観し、この設備を讃え階上の参考品室には・・・(ちょっと長いので省略・・・) 隣接、粟生寺で開催中の書 展覧会をも巡回し、特に山田秀甫氏所蔵の「福井藩維新志士」の屏風等には衆目を驚かせた。

春光麗けき公園を経て祝宴場なる町公会堂に再び参集、直に祝宴は始まり紅君の(よめない汗)よろしく祝賀気分は堂に満ち、何はなくとも花を肴に祝酒に酔えば、何れも顔はほんのり桜色、内も外も 桜櫻!桜櫻!ラブラブ!さくら!慶祝の万歳の声は洋々として三里山を揺るがし解散となる。



十八、十九日は一般公開日となり、四千人もの来場者があったようです。

十八日の夜には、仕掛け花火があがったそうです。

時代も戦争に突入する前の華やかで輝かしい時代でした。



ははこぐさの気ままな日々-8


ははこぐさの気ままな日々-12


ははこぐさの気ままな日々-10

4月18日の午後からの様子。

桜が満開でした。 

(会館の前の木を3月に切り倒し、玄関前はすっきりとしています。)



ははこぐさの気ままな日々-13

満開の花筐公園

AD

本日発売の9月号


花筐自治振興会のブログ-urala      花筐自治振興会のブログ-urala2

URALAの                           大人ウララ という綴じ込み特集  に、


福井に残る近代建築 の建造物として


我が町粟田部町にある 嶋会館 が載りました!



花筐自治振興会のブログ-simakaikan1

すごいですね!


そして、越前市の「平成23年度協働たねまる提案補助金」に サロン・ド・Shima が決定しました!


ありがとうございます!合格


あんだけ騒いで、さんざん愚痴ったのに・・・

助成金つけてくださったんですね。すいませんあせる


花筐自治振興会のブログ-simakaikan1 花筐自治振興会のブログ-5


花筐自治振興会のブログ-4 花筐自治振興会のブログ-3


花筐自治振興会のブログ-2 花筐自治振興会のブログ-okujyoukara
                             曲線の窓が特徴 屋上から



花筐自治振興会のブログ-6



サロン・ド・Shima では 定期的にイベントを開催しています。

過去の催しの報告記事 更新しました→花筐自治振興会ブログ



9月の催し は下記の通りです。



「蓄音器で楽しむ童謡名曲コンサート」


とき   :  9月24日 午後7時30分~

ところ  :  嶋会館

入場      無料


大正、昭和初期に作られた童謡。

その名曲の数々をSPレコードに刻まれた当時の音、 嶋会館という当時の空間 で鑑賞します。 



秋の宵 お月見


夕涼みがてら、あるいは、月を観ながら

虫の音とともに、秋の夜長を楽しみに


みなさま

お誘い合わせ お越しくださいませ新月




AD

サロン・ド・shima 最初のイベントになるでしょうか?

そんな位置づけで。


日曜日、嶋会館で 「スティールパンと打楽器ライブ」 が開かれました音譜


雨の日でしたが、お客さんはボチボチ?来て下さいました。

(表の画像がなくてざんねんです汗



ははこぐさの気ままな日々-1


出演者は プロのパーカッション奏者 中村岳さん(中央)

       カリメロ・ミュージック・プール (上坂兄弟・両サイド)

       

そして   大阪から来られた  スティールパン の サカモト・ジャイ庵 さん



ははこぐさの気ままな日々-2       ははこぐさの気ままな日々-6

この前のチャリティーコンサート企画・主催のトモスケくん。  お兄ちゃんの トモヤくん。

お兄ちゃんは(トモスケくんもかな?)主に関西でライブ出演しています。


実は、雨美は、彼達のお母さん女の子と、大の仲良しドキドキなんですニコニコ


今回の会場の嶋会館。


中です。


ははこぐさの気ままな日々-3        ははこぐさの気ままな日々-9

素敵です!  白い漆喰の壁が綺麗です。        天井はこんな感じ。


ミニコンサートにぴったりビックリマークだと実感合格


これから どんどん サロン・ド・shima で 使っていく予定です。



ははこぐさの気ままな日々-5

サカモト ジャイ庵 さん



ははこぐさの気ままな日々-8

スティールパンの音色 とてもよかったですラブラブ

懐かしの70年代の歌も よかったよにひひ


終わりには パーカッション体験音譜


ははこぐさの気ままな日々-7

みなさん 思い思いに楽しんでいらっしゃいましたニコニコ


ご来場のみなさま ほんとうに ありがとうございました。



AD


ははこぐさの気ままな日々-4

嶋会館は、越前市粟田部町 花筐公園から左手の岡太神社の手前、100メートルのところの路地を

左に入ったところに



ははこぐさの気ままな日々-1

ひっそりと 建っています。



ははこぐさの気ままな日々-3      ははこぐさの気ままな日々-2

この画像は、先月の初めにうつしたものです。



とてもモダンな建物でしょ?


嶋会館は、昭和11年に、粟田部村出身で、三秀社という印刷会社を起こし、当時の日本の印刷業を」リードした嶋連太郎氏が、郷土に「花筐文庫」として寄付しました。


詳しくは過去の記事をごらんください→



ははこぐさの気ままな日々-5



この 嶋会館を、有効活用しようと立ち上げた組織の名前が  サロン・ド・Shima  です。


実は私、

先月の終わりから、


たんなんFM夢レディオ さんで、この名前で番組を持たせていただいています。



■ 放送日 は 


   毎月   第2 第4 日曜日  夜 8時から 30分の番組です。

   

   再放送は  第2 第4 水曜日  13:15から


   チャンネルは  79.1 MHZ  

 

  (丹南ケーブルテレビ 1ch 副音声でもお聴ききいただけます)



いつかは、生でやりたいのですが、今のところ 大きい声では言えませんが・・・収録です汗


元 茶コールのマスター 蓑輪知明さん と二人で、しゃべってます。


楽しいよ~ラブラブ


先日、3回目の収録をしました。



ははこぐさの気ままな日々-6


ゲストは、先日(でもないか)4月30日 岡本公民館で、チャリティーコンサートを企画し出演もした 


上坂トモスケくんですニコニコ



放送は 5月22日 夜 8:00 から


よかったら聴いてくださいね~にひひ