• 28 Jun
    • 「大学は就職予備校」?

      有名ブロガーさんの一言に少し考えてみたこと。   大学修士の専攻内容と入社後の仕事内容が 大枠ではマッチしている私ですら 研究室でやったこと「それ自体」の専門性が 今の仕事にどのくらい活かせているかというと、 5%くらいかな…という感じ。   誤解を恐れずに言えば、 大学(日本の大学)は、 少なくとも就職という観点では   高い専門スキルを身に付けているということではなく、   その大学に入学を許される程度には、18歳時点で受験勉強に励む勤勉さがあり、 その大学の卒業を許される程度には、4年間勤勉に過ごした (もしくは単位を取得できる要領がある)   そのことを証明しているだけ、という気がします。   とはいえ、学生が就職したがる日本企業の殆どが、 採用する人材としてそういう点を重視しているからこそ、 それが成り立つんでしょう。   なぜなら、多くの日本企業にとって都合の良い人材とは、   各人の適性や希望など殆ど関係なく、 会社の言うとおりにどんな分野の仕事でも要領よくそれなりにこなし、 数年で異動を繰り返すことでスペシャリストになる機会を与えられず、 そんな状況においても、この会社を辞めたら次はないという強迫観念から 転職など考えず、新卒で入社した会社で定年まで働き続ける意思がある   そんな人材だからです。     私達世代は、 そんな特異な性質を持った日本企業の中で、 都合の良い人材として定年まで泳ぎ切ることが かろうじてできるかも知れないけれど、 きっと、子供達の時代にはそうはいかなんだろうなぁと思います。   子ども達が大人になったとき、 フィールドが日本だけじゃないとしたら、 「就職予備校」としての日本の大学って、 果たしてどれだけの意味があるんだろうか?   いい会社に就職すれば、一生安泰   これが成り立たないのはもう皆わかっている。   でも、   いい大学に入れば、とりあえず将来大丈夫   これは、まだ根強く残っている感覚だと思います。   親も、子ども自身も、 思考停止しないようにしなければいけませんね。     ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。    

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 自分の「人生資源」のポートフォリオは

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、パパ編集ノブの記事。     ********     おはようございます。パパ編集のノブです。 国が旗を振っての働き方改革の動きに関連して、 「ワーク・ライフ・バランス」の話題が出ることが 多くなってきています。     ただ私は、この「ワーク・ライフ・バランス」という言葉が あまり好きではありません。 人生においてバランスしなければならないものは 本来たくさんあるはずなのに、 これらを「ワーク」と「ライフ」の2つに絞り、 その2つの間での両立の話に狭めているように思えるからです。     個人的な所感でしかありませんが、 男性と女性を比べると、男性よりも女性のほうが 「人生においてバランスしなければならないものはたくさんある」問題に 真面目に向き合う傾向があるように思います。   高学歴女子はなぜ今、あえて一般職なのか | BUSINESS INSIDER JAPAN   この記事を読んでいると、 人生において重視するものを複数設定して これら全部を追う前提でキャリアをどうするか 真面目に考えている女性たちの姿が見えてきます。 こういうところ、(私含め)世の多くの男性たちも 見習うべきなのではないかと思います。   そして、 「人生においてバランスしなければならないものはたくさんある」問題に 真面目に向き合うことは、実は 投資とか資産形成の考え方と通づるところがあるのではないかと 思ったのは、こちらの記事を読んでのことでした。(2015年の記事です)   真の投資なら「もうかる」とは言わない(竹内幹)|マネー研究所|NIKKEI STYLE     特に後半にある以下の記述が私の心に響きました。 -------------------- 要するに、投資とは将来の自分との対話です。 自分が将来どうなりたいかを考えて、 それに向けて資本の配分を最適化していくことです。 そういう意味では、ポートフォリオ理論は人生にも応用できます。 お金だけでなく、時間や能力、人脈、そして気持ちを、 どこにどれだけ振り分けるかという問題こそ人生だからです。 気持ちというのは実は重要で、 「がんばる気持ち」はその気になればいくらでも出てくるものではなくて、 限られた資源なんです。 それを仕事にささげるのか、家族を大切にするのか……。 私は子どもが生まれたとき育休を取りましたが、 それもこうした判断の結果です。 --------------------   キャリアについて考えるときも、 投資や資産形成について考えるときも、 この考え方は参考になりそうです。     ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      3
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 親子で過ごせる密接な時間はなんと短いのだろう

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママ編集米子の記事。     ********     おはようございます。米子です。   次男坊が小学校に入学して2ヶ月と少し だいぶ学校生活にも慣れ、学童にも慣れてきました。 と同時に「俺もう大丈夫。小学生だし!」という 変な自信も出てきた頃でもあります。 親からするとまだまだ幼くて可愛い次男坊。 その自信が心配なので、 ついつい保育園の頃と同じように接してしまうのですが 彼はそれが不満な様です。   先日も友達と帰るというのを迎えに行くと 「大丈夫なのになんで来るの!」と怒ったり   外を歩きながら肩に手を回すと 「ちょっと外では止めて」と言われたり     えーーーーっっ!!もう? もうそんな離れてしまうの?!   と、いきなりの距離感に戸惑いを隠せない母なのですが…   でも、そうね。そういえば思い起こせば長男の時 初めて離れる感覚を覚えたのは4歳でした。   保育園から幼稚園へ転園し始めての遠足で 新しい友達と仲良くできるか不安もある中、 友達に呼ばれ駆け寄る長男が転んだ時 私が駆け寄るよりも早く一人で起き上がり、 こちらを振り向きもせず友達の輪の中に 吸い込まれて行きました。     あぁ… いずれ子どもはこうやって親のことを振り向きもせずに 自分の目指すところへ走り出すんだ と感じた瞬間でした。     それから数年経ち長男が小学6年生になった頃にも 親よりも友達との時間が本当に大切なのだな、 と実感する出来事があり 親子で密接な時間が過ごせる期間はなんと短いのだろう と切なくなったことを思い出しました。     小学生になった次男も自分だけの世界へと 進む準備が始まったのかもしれません。   でも、まだあと少し 堂々と世話を焼くことのできる彼の子どもを時代を 親として目一杯楽しみたいとも思うのです!   赤ちゃんだった子どもを あの頃のように抱っこはできなくなり いずれ一緒に遊ぶこともなくなり いつの間にか遠くから見守るだけになり アドバイスと応援しかできなくなる。   本当に過ぎてしまえばあっという間です。 たった数年の宝物時間を 皆さんもどうか大切に過ごしてくださいね。     ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      テーマ:
  • 21 Jun
    • スマホ活用育児もやり方次第

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、パパ編集けんごの記事。     ********     おはようございます、パパ編集のけんごです。 現在2児(4歳、1歳)の父親として、子育て中です。   今日は、"スマホ育児"についての話題です。   基本的に、ネガティヴな切り口で語られる事の多い "スマホ育児"ですが、 皆さんは、どうお考えでしょうか?   私は、ありだと考えています。   我が家では、スマホを子供に渡すとき(まだ上の子だけですが)、 必ず機内モードに設定しています。 まだ、ネット環境に自由に触れさせる年齢ではないですし、 触れているうちに 、電話帳から勝手に電話していまったりする事故を防ぐためです。   その為、スマホとはいえ、なんでも見れる訳ではなく、 たどり着いたのは、 我々親が撮った子供達(自分)の写真や動画を見るということ。 一番のお気に入りは、自分の泣いている動画です(笑   我が家ではそんな"スマホ育児"が否定的に語られるのは、 「育児の手を抜いている」といった視点からのものが多いと思います。   さすがに、スマホ異存的な活用の"スマホ育児"は なしだと思いますが、 スマホを活用して育児に必要な時間、 ゆとりを生み出す活用の"スマホ育児"はありだと思います。     ただでさえ、育児の担い手がママ1人に集中しがちな時代です。 スマホを利用して、育児にゆとりを持って、 笑顔で子供に接する機会が少しでも増えれば いいのではないでしょうか。   また別の視点ですが、 デジタルネイティブ世代として産まれてきた子供達に、 どのように、いつからスマホや、ネットに触れさせていくのか。 この視点からの考えも、 "スマホ育児"にリンクして 親のスタンスが問われているのではないでしょうか。     子供のネットデビューに活用出来そうなアプリが リリースされたので、ご紹介します。   我が家の子供達のネットデビューはいつにしよう…   YouTube Kidsは子供向け動画アプリ!子供向けアニメや音楽、学べる動画もすぐ見れて制限設定も簡単!【ユーチューブキッズ】       ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      2
      テーマ:
  • 19 Jun
    • シャンパンタワーの法則 自分自身を満たしているか?

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママ編集里佳の記事。     ********     おはようございます^^ ママ編集でシングルマザーの里佳です。   子育てに一生懸命に取り組んでいる人ほど多いと思うのですが この記事を読んで下さっているパパママ 皆さんは、大事なお子さんの前に 「自分を満たして」いますか?     『シャンパンタワーの法則』というのがあります。   シャンパンタワーというのは ピラミッド状に並んだシャンパングラスの上から シャンパンを注ぐというセレモニーです。     そのシャンパンタワーの一番上のグラスを<自分自身> 2段目を<身近な人たち、家族やパートナー>と見立てます。 3段目を<一緒に働く仲間や友人> 4段目を<お客様や地域の人々>と考えてみます。   そのとき、あなたはどこからシャンパンを注いでいるでしょうか。   学校で保護者向けにこの話をすると 2段目からシャンパンを注いでいるお母さんがとても多いそうです。 自分のことはさておき、 子供のために時間とエネルギーを注ぐことを最優先しているのです。   これは原理として 2段目に注ぐと3段目と4段目にも伝わっていくので 今までよりたくさんのグラスを満たすことができます。 でも、一番上が満たされていないので 全部が満たされることはありません。 (魔法の質問で有名なマツダミヒロ氏より一部引用)   ママやパパが笑顔でいるから、それは子供に連鎖する。 現役ママで、シングルで子育てをやっていますが これは真実だと感じています。   だからこそ、最初に一番上にある自分のグラスを 満たしましょう。 自分が満たされていると ちょっとしたことで怒ることがなくなる位 心が安定します。   まずは、自分のグラスを満たすためにできることが何か 少し考えてみませんか。   ちなみに私が心のグラスを満たすためにできること^^ ・一人でゆっくりお風呂に入る ・子ども抜きで女友達と話す時間を作る ・趣味に没頭する ・自分の長所を紙に書く です。   参考ブログはコチラ↓ マツダミヒロさん   ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      4
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 親としてこうあるべき、は、自分メガネが掛かっている

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママ編集中野の記事。     ********     子どもを持って気づいたことですが、 元々は誰かの子どもだった者同士がパートナーになり、 妊娠をキッカケに、 トコロテンがおしだされるがごとく、パートナーから親になるわけです。 訓練もなく、いきなり実施なわけですから、 個体差(家庭の差)ってどうしても大きくなりますね。   たまたま知った、 風間トオルさんの極貧少年時代のエピソードに、 いろいろ考えさせられました。 Youtubeにいくつか動画がアップされていますので、 もしご存知なければ一度検索してみてください!     この方のすごいところは、 「大変だと思っていない」かのように、サラッと語るところです。 何事も自分次第で状況を変えられるという信念のようなものを、 風間トオルさんの訥々とした語りから 感じられるのではないかと思います。   完璧な(と信じている)環境や、子供の将来のために、 親としてこうしなくては、経済的にもこうあらねば、という感情が、 人が育つための、多面体のほんの一面だとわかります。     とはいえ・・・ やはりできる限り、不要な石ころを取り除いた道を、 こどもに歩んで欲しいと願ってしまうのが親心。   ハハコサロンでは 「子供の教育費を真剣に考える」セミナーを開催しています。 まずは何事も情報収集から! ご興味のある方は一度聞きに来てくださいね。 次回は7月2日です!   また、保活についてのお茶会が6月22日にあります🎵 みんなどうしてるの?を話す機会にお使いください。   教育費セミナー、お茶会情報はこちら   ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      1
      テーマ:
    • イクメン=子どもしか見てないパパ だとしたら不幸が待っているかも?

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママ編集トムトムの記事。     ********     おはようございます! 3歳と1歳の男児を育てるトムトムです。   イクメンがもてはやされる昨今。 さらに、イクメンと思われていた男性が、 夫婦不仲で離婚に、なんていうニュースも。   自己満イクメン、妻は興ざめで離婚 欠けていたのは…@朝日新聞デジタル   男性の育児を推奨する風潮の世間ですが、 上の子が3歳半過ぎになり、 本当に男性が主体的に育児をすべきなのかどうか、 疑問を感じる私です。   船頭多くして、船山に登る・・・   夫婦とはいえ、価値観ってなかなか一致しないもので、 育児方針も各個人の価値観から生まれるもので、 子に接する時のポリシーも 夫婦それぞれズレがあって当然だと思います。   でも男性が主体的に育児をしていると、 母親と父親の間でそれぞれの育児方針があり、 擦り合せるのが難しくなったりしないでしょうか? 船頭同士のトラブル発生しないでしょうか?   子供と一番接する時間の長い養育者 (多くは母親だと思うので、以下母親としておきます)は、 時間をかけて子を観察したり、試行錯誤して、 いいと思われるやり方にたどり着いていくもので、 短時間の育児時間でそれに並ぶことは 難しいのではないかなと思うのです。   初めての子供、初めての育児ならなおのこと・・・   でも、だからと言って、すべて母親の指示に従え、だと、 父親が主体的に関わろうとすればするほど、 やる気が下がったりするのではないでしょうか。   この記事の中で、 NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤さんが 「男性は子育てのノウハウを知りたがるが、 大切なのは妻の幸せを考えること。 ママの心が満たされれば、笑顔で子どもに向き合える。 直接的に育児に関わっていなくても、 妻を支えることが間接的な育児になる」 とおっしゃっていますが、その通りだと私も思います。     父親は、初めから、育児に主体的に関わろう、とするよりも、 育児をする母親をサポートし、母が笑顔で居られるように、 その仕事を認め、励まし、リアクションをくれることで、 母を孤独にしないこと、が私の求めることだなあと思うのです。     ただ、子が大きくなってきて、 今後は母親の役割ではまかないきれない、 社会的規範を教えたり、将来の夢を語ったり、と、 父親として接すべきタイミングが来るはずなので、 その時には大手を振って、父の価値観で育児をしてほしいと 望んでいます。     夫婦が、育児のおいて、いつ主体的な立場で関わるのか、 それを明確にして、片方はそれをフォローしていくことが、 円満な家族につながるのではないだろうかと思う最近です。     ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      テーマ:
  • 05 Jun
    • 保活予定の方必見☆お茶会やりますよ~~

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、保育☆教育部のhugoの記事。     ********     おはようございます! 保育☆教育部のhugoです   先週から今週にかけて 国が新たな待機児童対策について発表したのを ご存知の方も多いかと思います   具体的な内容は6月(もう6月ですが…)とのこと 次回の記事で取り上げたいと思います   ちなみに、保活を予定しているかたへ!   6月22日のハハコのお茶会に是非ご参加くださいね   今回ご紹介する記事は、商品のCMなのですが オチ、というかコンセプトがステキだなと 思ったので、思いきってご紹介します     以前の上司に 毎日就業時間より1時間早くきて 自席で新聞を読む方がいました   日中は忙しくて、なかなかつかまらない 子どもがまだ小さくて、夜はさっと帰る上司 部下は相談したいことがあっても きっと気兼ねしてしまうだろう…   そう思った上司は、毎日決まった時間に 決まった場所にいることで 「いつでも相談ウェルカムだぜ!」な姿勢を 作っていて下さいました   実際、同僚に聞かれたくない相談は 自分も朝早く出社して、話したものです   忙しい毎日で、決まった時間がある安心感は 子どもも同じかな、と思います   そして、なし崩し的になくなったりしないように アイテムをうまく使えると良いですね       子どもが『お母さんの通信簿』をつけたら?評価の理由にもらい泣き @grape     ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      5
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 「イクメン」って、ただ「育児・家事が好きな人」ですよね

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、双子のとーちゃん 2s-f の記事。     ********     どもども。双子のとーちゃん 2s-f です。   私は双子座で AB 型で、 随分と分裂してたり裏表ある感じだなぁと思っていましたが、 まさか子どもが双子になるとは夢にも思いませんでした 笑     で、そんなこんなで毎日が子育てで奮闘中な訳ですが、実は、私は イクメンという言葉と 育児・家事を頑張っている男性が賞賛される感じが大嫌いです。   なぜなら、そんな人たちは、 割りと育児とか家事が潜在的に好きな人だったりするからです。     考えても見て下さい。   好きなことをすることって至って普通ですよね。   旅行が好きな人が旅行していて賞賛されることはありませんよね。 いい趣味ですね、で話が終わります。   それがなぜか、男性が (実は好きな) 育児・家事をするだけで 賞賛されるこの感じに物凄く違和感があります。     ちなみに私の場合は、好き嫌い関わらず、 生活するため・生き延びるために、他に手段が無いので 育児・家事を頑張っています。   賞賛されるイクメンよりもきっと、そこまで好きでは無いと思います。   そのためか、料理は全然出来ませんし、練習とかしません。   子供の笑顔を見るのは好きですが、 それは育児をしない親でも同じと思います。   なので、私は自分をイクメンだと思うことも無いですし、 頑張っているから偉いとも思えません。     逆に、育児や家事を頑張る男性を見ても、 その大変さは私も実感しているので理解出来ますが、 賞賛するようなことはありません。   お互い大変ですよね、で終わりです。     という歪んだ性格あたりが  AB 型だったり双子座っぽいなぁと我ながら思うのですが、 要は、ダイバーシティとか何だとか難しい話ではなく、 好きな人が好きなことを好きなだけやれるような環境が出来れば みんなストレスが無くなるのにな、 そういう時代になったらいいな、と常々思っています。   双龍の父、大地に立つ   ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      テーマ:
  • 03 Jun
    • やっぱりPTA XXXX!!

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、パパ編集ノブの記事。     ********     おはようございます。パパ編集のノブです。   うちの子は未就学児なのでまだ当事者ではないのですが、 小学生の子を持つパパママからPTAについての話をよく聞きます。   任意加入だからということで入会しない親御さんについての話、 役員選出の際のあれこれな話、 なかなかポジティブな話は少ない印象です。     似たような話はPTA以外でも聞くことがあります。 例えば町内会とか労働組合とか。   PTAと町内会と労働組合には下記2点の共通点があります。 ・建前上は入会は任意 ・会の活動の受益者は必ずしも会員のみに限られないことが多い   これはつまり、入会して会員としての責任を負うことなく 会の活動の受益者となることもできる、 悪い言い方をするとフリーライドすることもできるということです。     法的には規定されない、 ある集団内でのみ予定調和的に規定される権利と義務が 重んじられるならばそういう仕組みも回るのでしょうが、 昨今そうでもないだろうというところが難しいところかと思います。   とはいえ、実際にPTA活動に関わった経験を持つパパママからは、 地域全体で子どもを見守ってもらえるように 町内会の協力を取り付けるといった、 なかなか重要なミッションをPTAは担っている現状もあるとの話も 聞きます。 (逆に地域のお祭りには保護者や子どもが協力したりも)   自助/共助/公助といったところの 共助を担う主体がうまく回らなくなると、 自助や公助の仕組みに負荷がかかってくる。   子どもの見守りの話で言えば、 地域での見守りが厳しくなると、 子どもがどこに行くにも親自身がついて回って見守るとか、 警察官大増員&町中に配置して子どもを見守るとか、 そういう話になるのでしょうか。     人生にゆとりを持って、 共助の仕組みの維持発展に貢献できるような大人でありたいと思う 今日このごろです。   フリーライダー結構、それくらいついでに面倒みてやろう、 と思える域まで早く到達したいものです。   「善意が暴走するPTAと町内会は変われるか」@東洋経済オンライン     ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      1
      テーマ:
  • 02 Jun
    • すべての子供たちの未来に希望を

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママ編集米子の記事。     ********     おはようございます。米子です。 突然ですが、ハハコサロンは 「大人として 母親として ひとりの女性として 色んな立場にある女性が より良い世の中を次世代である子どもたちに託すことを目指して 活動するグループ」なんです。   そう、次世代へより良い世の中を託したいのです。   それはわたしが大人になり、 子を持つ親になったからこそ思うことでもあります。     『「自分が苦しかったからこそ次の世代はより良くする」 という方向で社会を回していけたら、 未来に希望を持てるんじゃないかと思います。』   これは20歳の大学生が語った言葉だそうです。   自分が20歳だったときのことを思うと ”未来へ希望を持てる社会に”なんて考えてもいなかったこと、 自分の事だけで精一杯だったことを思い出し恥ずかしくもあります。     でも彼がそれだけ苦労し、努力をしてきたからこそ 語れる言葉でもありますよね。     せめて彼よりも長く生きている者として 「大人は助けてくれない」そんな風に子に思われない人でありたいと 思います。     また”彼がたまたま優秀だったから”今があるのではなく、 どの子にもチャンスがある世の中に、 子ども自らが未来を設計できるよう小さな事でも続けていきたい! と決意を新たにしました。     みんなでそう思いながら少しずつ行動をしていけば、 より良い世の中を子どもたちに本当に託すことができると 思いませんか?   「現役東大生 僕を見捨てた大人と同じになりたくない」@日経DUAL   ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      1
      テーマ:
  • 01 Jun
    • 保育園の次は学童か。。。

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、パパ編集けんごの記事。     ********     おはようございます、パパ編集のけんごです。 現在2児(4歳、1歳)の父親として、子育て中です。   子育てをしていると、様々な"壁"に出くわします。   我が家はまだ上の子が幼稚園で、 まだ先の話しだったりするのですが、 子育ての先輩方から"壁"の聞く機会があったりすると、 しっかりと準備が必要だなぁと考えさせられることが多いです。。。     今日は、いわゆる"小1の壁"と言われています、 学童に関するデータのページを見つけたのでご紹介します。   東京23区の学童に関する充実度ランキングです。 このページ、不動産関連の会社が作成してるページなのですが、 なぜだかお分かりになりますか!?     保活と同様に、より預けやすいエリアへ引越しするという基準で、 引越しする層がいるという事なのです。     単に学校選びだけではなく、学童で引越し⁈ と衝撃を受けましたが、 共働きがスタンダードの現在では、 子供をどう預けるかは、死活問題なので、 この基準で引越しするのも、スタンダードになっていくのでしょうか。。。   他のランキングも乗っていますので、 ご興味あるものがあったら見てみてください。   待機児童の次は待機学童?~23区学童施設調査 @住まいサーフィン   ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      1
      テーマ:
  • 31 May
    • おススメ♪育児日記をママの手描きイラストで!

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママイラストレーター中野の記事。     ********     おはようございます! ママ編集の中野です!   みなさん、育児の記録ってどうされていますか?   私は上の子が幼児の頃より、日常のちょっとしたことを絵付きで育児の記録を残してきたのですが、 育児絵日記って、何年も経った今見返すとさらに面白さが増すという、親バカ現象に気づきました。   年月を経て記憶の中で情報が整理され、 印象的な部分がより濃縮され、より一層、 大切な思い出として見返すことが出来るのが、 絵日記のように思います。   育児中のみなさん、今がチャンスです! なんせ、歩いても転んでも、ひっくり返っても、 地団駄踏んでもネタになるのが子どもです!   絵の上手下手関係なく、ちょっとメモ書きの横に、 絵を添えておくことをオススメします。     詳細は中野のブログ記事へ   ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      2
      テーマ:
  • 30 May
    • 子どもの人間関係のかかわり方

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママ編集 里佳の記事。     ********     おはようございます^^ ママ編集でシングルマザーの里佳です。   楽しみにしていたGWも終わり 新緑の美しい季節になりましたね。 ここ数日は気持ちの良い日が続いています。   今日は小学校2年生になった娘を通して 「子どもの人間関係について」私が感じていることを書きます。 娘には、昨年の秋から毎週週2回、一緒に公文に通っている 仲良しの女の子の友達がいます。 ママ同志もフルタイムで働いていて、娘同志も一人っ子で学童組。 とても境遇が似ていて、気も合うみたいです。 自宅でもよく、そのお友達との楽しいエピソードが出てきます。 ところが、ある日、娘がすねた顔をしている日が続きます。 よくよく話を聞いてみると… 〇〇ちゃんは梯子のついた可愛いベッドを 買ってもらったとのこと。 話を聞いた限りでは、すごく娘の好みのベッドだったし 羨ましくて、悔しい気持ちになっていたのでしょうね。。。 そういえば、最近よく〇〇ちゃんは色々買ってもらっていいなと ぼやいていた様な気がします。   友達に比べて、 私の家には何かが足りないとか、遅れている、不自由だという 負に近い感情。 そういう経験は避けられないし、絶対に必要だと思っています。   可愛そうというよりは、 大人になるまでに生身の人間のなかで経験し その後の人生で立ちまわれるようになってもらいたい。 「うちはうち」という感覚を身につけて欲しいと思っています。   こんな時、私は娘に感じていることを全て言葉で話してもらいます。 そして、必要以上に慰めたりしない。 割と見て見ぬふりをしているかもしれません。 そして、仕上げにぎゅっと抱きしめてチュー♡ こちょこちょをしてみたり(^_-)-☆ 皆さんは、どのようにお子さんと関わっていますか。   子どもの人間関係に親はどう関わるべき?覚えておきたい9つのポイント@暮らしニスタ   ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      2
      テーマ:
  • 29 May
    • 子どもに質問されたとき、意外と答えられない日本の行事

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、ママ編集トムトムの記事。     ********     こんにちは、ママ編集のトムトムです。   今年もゴールデンウィークは晴れ続きで行楽日和でしたね。 こどもの日には、我が家は男の子二人なので兜を飾っています。 さらに、次男は今年が初節句。 端午の節句のお祝いで、菖蒲湯にしたり、柏餅を食べたり、 衣装を着せて写真を撮ったり。   3歳になる長男もよくわからないながら、 「ネギさんと一緒にお風呂はいる〜!(菖蒲はネギだと思ったらしい) 」 「おたんじょうびご飯作ろ〜!(お祝いはみんな誕生日だと思っている?) 」 と、季節のイベントを一緒に楽しんでいます。   もう少し大きくなったら、 「なんでこどもの日なの?なんで兜飾るの?」 などなんでなんでも聞かれたりするのでしょうか?   どうやって由来をわかりやすく子供に説明したらいいのかを 紹介している記事がありましたので、紹介したいと思います。 こどもの日の由来を子供に説明しよう!幼稚園児にもわかりやすく!   なお、端午の節句は旧暦だと、5月30日に当たるそう。 もう少し暖かくなって、きっと菖蒲の花も咲き乱れていたのでしょうね。 旧暦まで五月人形を飾って、 ゆっくりお節句を楽しんでも良さそうですよね。     ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      2
      テーマ:
  • 28 May
    • こどもの「なぜ」に必要なアシストとは

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、保育・教育部のhugoの記事。     ********   おはようございます 保育・教育部のhugoです   今回ご紹介する記事は、 お子さんとの大切な時間を邪魔しない、 気軽に読めるものを選びました   毎年GWには、行楽地に出掛ける我が家ですが 今年は、下の子が3歳になったので テントでのキャンプデビューをしてみました   まだまだ無理かな~と思うことも グイグイ頑張る、強い心と強い体 興味に目をキラキラさせる子どもたちを見て 可能性を信じること、信じて待つこと、そして 与えすぎないこと、改めて反省しました   これからもたくさんの経験を この小さな人たちと、一緒にしたいな と思った、今回の旅行でした   理科の先生が教えてくれたのは『答え』ではなく『なぜ』を解決する力     ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      1
      テーマ:
  • 27 May
    • こんなところにも。時代の変化。

      Facebookグループ「ハハコサロン」の投稿を紹介していきます。 本日は、双子のとーちゃん 2s-f の記事。     ********   いやーすっかり春ですね。双子のとーちゃん 2s-f です。こんにちは。   暖かくなると子どもたちの風邪の割合が減って安心します。   でも最近、疲労と花粉症で、22:00 が近づくと毎日、 目が 1/3 しか開かなくなります。 目が乾く感じ + 眠さで開けていられなくなる感じです。 花粉症シーズンが終わったら治ると信じているのですが、 実は慢性的な疲労によるものだったらどうしようと 不安になっています。   春とは全然関係ないのですが、 定番と思っていたことが違うケースは多々あると思います。 子どもたちに英語のおもちゃを上げたときに気付いたのですが、 きらきら星の歌に合わせて歌うアルファベットの歌、 聞き馴染んでいたものが、どうやら今は一般的ではないようです。   こんな些細なところでも 世の中の変化もしくはグローバルとのズレが生じているようです。 子どもたちのためにも、 親である我々が時代に取り残されないように 視野広く生きていきたいものですね。   文字の説明じゃ分かり難いと思いますので、youtube で同じような感じのものを探しておきました。聞いてみて下さい。皆さんの知っている A B C の歌と同じですか。特に、LMNOP のとこ。         ******** ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      1
      テーマ:
  • 26 May
    • 恥ずかしいから、やらない?

      街のサッカークラブに年少の頃から通っている現在小1の息子。 クラブの練習は土日祝のみなので、 平日もスクール等で個人スキルを伸ばす事を推奨されており、 ジジババも近くに引っ越してきてサポート体制万全なこともあり、 平日2日、別のサッカースクールに入ることにしました。   2回ほど通って、やる気満々だった息子が こんなことを言い出しました。   「一旦スクールをやめたい」 「後でもう一度入りたい」           理由を聞いてみると、どうやら、 自分はスクールではヘナチョコなので、 クラブのほうでもっと練習して上手くなってから スクールに入りたいとのこと。     まあ確かにスクールに来ている子供たちのほうが上手なんですが、 (選抜クラスは全国とか行っちゃうレベルみたい) 親的には本末転倒な話。     小1ともなると、自分と周りのレベルを客観視するようになるのですね。     それは、成長の過程として良い事だと思うのです。 でも気になるのは   「上手くできるようになってからやる」   という心持ちのほうです。     失敗したくないとか、 恥ずかしいのは嫌とか、 その気持ちはすごーーーくよく分かる!   でもね……   「上手くできないからまだ無理だ」   って思ったまま、 いつまでも本番の場に飛び込まないでいる限り、 上手くなる日は永遠に来ないんだよ。   ママは、その事も、身をもってよーーーく分かっている。     逆に…。     出来ないけどなんとかやってみよう! と、 恥ずかしい気持ちや落ち込む気持ちを乗り越えて 自分を奮い立たせて本番の場に飛び込んでみると、 いつの間にか出来るようになっているものなんだよ。     と、息子には伝えました。 割と楽観的で自己評価の高い子なので、 もともと全く深刻に考えての発言ではなかったようですが、   「わかった、頑張る」   と、継続で合意しました。   それにしても、誰も教えていないのに、 出来ないうちから始めるのは恥ずかしいことだ、なんて、 いかにも日本人的な考え方に 小1の息子が染まりつつあることに、 危機感を抱いたのも事実です。     親として、 チャレンジすることはそれだけで素晴らしい事 勇気を出して飛び込まなければいつまでも出来ないまま ということは、 繰り返し言っていかなければと強く思うとともに、     私自身も、そうやって目の前の事から目を逸らして 避けるようなことはしないようにしなければ、 と思ったのでした。     ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      テーマ:
  • 27 Apr
    • ハハコサロンのホームページができました♪

      これまでFaceboolページのみで運営していたハハコサロンですが、 このたびホームページを開設しました   ハハコサロンホームページへ   Facebookアカウントを持っていない方でも アクセスしやすいと思います     ********     そして、教育費セミナー第10回のご案内です。   第10回『子どもの教育費を真剣に考える』セミナー 日時: 5月19日(金)9:30〜11:30 場所: 東京都中央区(エントリ頂いた方に詳細をご連絡します) ハハコサロンHP内の申し込みフォームからお申込みください。       子どもの教育費については、 目の前の育児に追われてあまり考えられていない という方が多いです。   特に、 「うちは学資保険入ってるから大丈夫」 って思ってる方、ヤバいです。その理由はこちら。   今回10回目を迎えるこのセミナー。 これまで参加された殆どの方が   「今聞いておいてよかった…」 「もっと早く聞いておきたかった」   という感想を下さいます。   セールス・勧誘 一切ございませんので、 お気軽にママ友誘ってご参加くださいね。   ランキングに参加しています。 1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。  

      6
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 何かを達成するためにクリアすべき条件はたった2つ

      何か新しいことにチャレンジするとき、「できる、と思い込み、達成した姿をイメージすることが大事」とよく言われます。   逆に言うと、自分はどんなに頑張ってもできないんじゃないかと深層心理で思ってしまっていることって、実際、絶対にできるようにはならないんですよね。     具体的なケースを挙げてみると、 ・車の運転・日本語の会話・パソコンのキーボードのタイピング・育児 について、考えてみてください。お金を払って教習所に通っても、「もしかしたら車の運転ができるようにはならないかもしれない」と思う人ってまずいないと思います。# ちなみにうちの母は、途中で辞めて教習費を払い戻しした稀有な人ですが…。   上に挙げた4つのことは、多くの方が既に成し遂げている、もしくは、今はまだやっていなくとも「やればできる」と疑い無く思っているのではないでしょうか。   そして、できるようになるまでの軌跡を振り返ってみると心持ちや環境は共通しており、  ①できるようになるという自分を少しも疑わず、心の底から信じている②有無を言わさず行動(実践)せざるを得ない状況がある  この2点だと思います。  このことは、逆のことを挙げてみるとよくわかります。 私にとっては、 ・英会話・投資・ダイエット これが、やりたいと思ってもどうしても達成できなかった「3大やりたいこと」でした。  学生時代、英語は得意科目でした。センター試験でも満点取れるくらい、文法や単語は(その当時)頭に叩き込まれていたんです。そんな学生時代、どんなに英語を勉強してテストでいい点を取っても、「英会話ができる」という自信は微塵も持ったことがありません。 ①が出来ていない典型パターンだと思います。東進ハイスクールの人気英語講師、安河内さんのCM「英語なんて言葉なんだ、誰だってできるようになる!!」まさにその通り!! 更に、②の出来るようになるための行動(英会話の訓練)をしていないのだから、出来るようにならないのは当然です。「読む」「書く」と「聞く」「話す」は違う訓練が必要なんですよね。投資は、生い立ちからして①②を阻害する環境になってしまっていると思います。私の父母世代といえば、新卒で入った会社に定年まで勤め上げれば年々給与も上がり、きちんと退職金と年金がもらえるのだから、わざわざ投資なんてリスクを取る必要がない、という世代。 そして、自分達もやったことがないものだから、子供に勧めるなんてこともない。(むしろ「やめとけ、出来るはずない」のスタンス)そんな考えが幼少時から刷り込まれてしまっているし、就職してからは、とりあえず今を暮せるだけのお金は毎月銀行口座に振り込まれる状況。 今このときだけを考えれば、「投資をせざるを得ない状況」ではないわけです。  ダイエットについては…割愛します(笑)  そんな私ですが、英語と投資に関しては、自分を奮い立たせてなんとか①②の状況を作り出しました。  大人になると、「時間がないから」「お金がかかるし」「今までもやったけどできなかったし」 と、心の中でいろんな言い訳をしてしまい、かなりしんどかったですが、これを乗り越えると、見える景色が変わるというのを実感しています。  ランキングに参加しています。1日1回、下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。 

      3
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。