心と体と学びをはぐくむ園庭を

幼稚園保育園の園庭を、子どもが自然の中で遊び学べる場所にしませんか?


テーマ:

こんにちは。園庭研究所の石田です。

障害のある子どもにとっての遊びの意義についての研究をご紹介したいと思います。

『保育本来の遊びが障害のある子どもにもたらす意義 -「障害特性論に基づく遊び」の批判的検討から -』松井剛太 氏(香川大学教育学部)のご研究です。

 

障害のある子どもの支援として、障害特性論に依拠し、障害から見出された特定の発達課題に焦点化した実践が保育においても行われています。

 

しかし、松井氏は子どもの活動の調査研究により、以下の課題を指摘されています。

特定領域の発達を促すことを目的とした実践 → 教師が指導的になる → 子どもが遊び込むことができない → 発達が促されにくい、といった流れに陥ることが多い。

そして、「十分に遊び込んだ結果全体的な発達が促されたというべき遊びの本質が、障害特性論に依拠すると、遅れがみられる発達の改善を促すために遊ばせることになる。」とも指摘されています。

 

そこで、より良い発達を支えるためには、「障害特性論から脱却し、遊び自体を目的とした実践」を松井氏は提案されています。

遊び自体を目的とした実践によって、「教師は子どもの遊びを支える → 子どもが楽しんで遊び込む → 結果的に諸発達が促される、という構造が生まれる」と述べられています。

 

(石田より)

私もこれまでに、「障害のある子どもの活動を、園庭でどこまでの活動を保証するか」を悩まれている現場に何度か出会ってきました。

こうした障害のある子どもにとって、松井氏のご研究は、遊び込む大切さを示して下さっており、現場の先生方に力を与えてくださるものだと感じています。

 

また、研究から示されていることは、障害のあるなし関わらず、すべての子どもにとって発達をいかに支えるかについて、重要なことを示唆されているように思います。

 

(続きます。)

一連の研究である「個々の子どもの遊びの構えへの注目」「子どもを見る洞察力と子どもを引き付ける魅力」「遊びの充実に向けての構造化」についてご紹介したいと思います。^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。園庭研究所の石田です。
記事更新が遅くなってしまい失礼しました。
 
さて、今日は滋賀県の老上幼稚園さんでの園庭研修のご紹介をしたいと思います。
まずは園庭についてのお話をさせていただき、その後、先生方と園庭を考えるグループワークをしました。
研修はこのような流れで進めさせていただいています。→ 園庭研修
 
今日も笑顔いっぱいアイディアいっぱいです。^^
どのグループからの園庭案も魅力的で、想像するとワクワクしてきます。
 
先生方からは次のようなご感想をいただきました。

・園内だけではできない事もあるので、保護者の方や園児と一緒に園庭づくりをします。ビオトープや雑草などを増やし、今は綺麗な園庭を、おもちゃ箱をひっくり返したような面白さがあふれる環境にします。

話を聞いているとやはり、子ども一人ひとりの主体的遊びを保障することによる学びや発見は就学前教育に欠かせないものだということを確信したところです。とても参考になりました。

 

・ひとりで考えるよりも「三人寄れば文殊の智恵」のように、何人かでアイディアを考えると自分の考えよりもはるかに想像豊かな発想が浮かび、楽しむことができた。みんなでいろいろな意見を出し合うことの大切さを学べた。

工夫次第でいろいろな園庭にアレンジすることができ、職員全員で子ども達が楽しみ学べる園庭の重要性を認識できたことが良かった。思い切った発想を出し合い、認め合うこともできた。

 

・いろんな幼稚園の園庭の写真を見せていただいたり、先生のお話を聞く中で、枠にはまりきった考えでいたことに気づき、もっと自由な発想で随分変わるのだということが分かった。そして、少しの工夫でも発展していける遊びがたくさんあることに気づいた。

 

・今日のように、園の環境を’変えていけるもの’として捉えたことは今までになかったので、大変勉強になりました。今ある状況が当たり前ではなく、自分たちでつくり変えていくという視点が大切だと思いました。

 

普段バタバタと過ごしがちで、園庭のことを深く考えられなかったが、今日話を聞き、他の職員と話し合いながら環境構成について考えられたことで、目を向け様々な視点で見ることができた。

 

・園庭での体験は子どもたちの心と体を成長させる大切な場であることを改めて感じた。五感を通して、外でしか体験できない環境を設定し、より良い育ちへと援助していけるよう工夫していきたいと思う。

今ある園庭の環境を見直し、’こんなものがあったらいいな’ ’こうしたら楽しいかも’と今後の園庭の環境を考えられたことは、これからの方向性や希望となりました。夢が広がり、実現していきたいと強く感じた。

幼児期~学童期の外での体験で、心に残っていることは?という題で、様々な人と話を共有する中で、今にはないような自然環境や体験があり、現代の子ども達にも体験してほしい事がたくさんあった。今ある環境をどう工夫し、良いものにしていくかが課題になると感じた。

まずできるところから始めたいと思う。自然物に触れる機会、興味が持てるような関わり、言葉がけを大切にしていきたい。また、砂の感触、水、土、草花などに触れ、五感を通して遊びが充実していけるよう関わっていきたい。

 

・まだまだ自分ができることはたくさんある!楽しみと意欲でいっぱいになりました。

 

そうなんです。

最後の先生が書いてくださっているように、園庭には「自分ができることはたくさんある!」んですね。

大工事でなくても、たくさんのお金をかけなくても、長期的な視点を持って、子どもの様子を見ながら、少しの工夫と作業でできることがたくさんあるんですね。

そして、少しの工夫と作業が積み重なって、子どもが輝く園庭環境が作られていくのだと思います。^^

ぜひ、老上幼稚園の先生方のように、楽しんで一歩を踏み出してみてくださいね。^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。

昨年もありがとうございました。^^

今年も引き続き、園庭や自然とのつながりを通して、子どもたち先生方、お父様お母様をサポートさせてさせて頂ければ幸いです。

 

さて、昨年は様々な園庭を訪問させていただく中で、先生方から園庭環境に関わるソフトのお取組みを伺う機会を持たせていただきました。

そして、園庭環境(ハード)と園庭を活かした子どもの活動(ソフト)が共に豊かな園には、共通点があるように感じています。

 

それは、以下です。

1)先生お一人一人が、子どもが今何に興味を持っているのかや、今その子がしていることがどういった成長につながるのかを常に意識されていること。

2)そうした子どもの育ちをさらに伸ばしていくためには、どのような言葉がけや活動をしたら良いかを考えられたり、園庭環境を柔軟に調整していかれていること。

3)1のような視点を先生お一人お一人が持て、一緒に話し合い取組んでいけるような、組織づくりがされている。(例えば、子どもや環境について先生方で話し合う機会が積極的に取り入れられていたり、園庭づくりなどのチーム活動を通して子どもや環境に向き合う仕組みができている、などです。)

 

より良い園庭づくりや活用は、1)2)の視点を ’先生お一人お一人’が持たれることが鍵となってきます。

園庭づくりや活用は、決して一人ではできず、園の皆でアイディアを出し合い、協力しあってこそ取り組んでいくことができるんですね。

また園庭は、一時に作り上げて完成、とは行きません。上に書きましたように、子どもの様子を見ながら、その都度柔軟に変化させ続けていくことで、より良いものとなっていきます。

だからこそ、1)2)を支える、3)の組織づくりが重要となってくるんですね。^^

 

今年は、私自身も3の視点も含めて、園全体をサポートできるよう、全力で取り組んでいきたいと思います。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

園庭研究所 代表 石田佳織

お問い合わせ: 電話:080-2381-8611  /  メールを送る

次をクリックで、まとめのページをご覧いただけます。→ 研修・ワークショップ  /  園庭 好事例  /  園庭の研究紹介  /  園庭づくり

園庭研究所の講座を受けて下さった、造園・建築・都市計画のご専門の方をご紹介しています。→ ご紹介ページ
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)