心と体と学びをはぐくむ園庭を

幼稚園保育園の園庭を、子どもが自然の中で遊び学べる場所にしませんか?


テーマ:

こんにちは。園庭研究所の石田です。

 

沼田真也さんら(首都大学東京)のご研究『Effects of childhood experience with nature on tolerance of urban residents toward hornets and wild boars in Japan(幼児期の自然体験と、スズメバチとイノシシに対する都市住民の受容性との関係性)』をご紹介します。

<以下、首都大学東京リリースより抜粋(文章の流れを考慮し、一部調整して書いています。)>

 

沼田さんらは、20-69歳の首都圏在住の男女1,030人に対して、

・スズメバチやイノシシによる深刻度が異なる被害シナリオを複数設定し、それに対して容認できる行政の介入の度合い

・幼少期の自然環境の利用頻度や自然遊びの頻度など、幼少期の自然体験量

についてアンケート調査を行われました。

 

その結果、

・これらの生物に対する都市住民の受容性の低さと行政依存度の高さ。(「公園や緑地に生息するスズメバチやイノシシを行政が駆除しない(状況観察や注意喚起のみ行う)」ことは70%以上の住民が「受け容れられない」と回答、など)

・幼少期の自然体験量は直接的・間接的(好感度を介して)に、生物に対する受容性を増大させる。

・男性よりも女性において、受容性が低い傾向がある。

・年齢が高い人ほど、受容性が低い傾向がある。

・被害の深刻度が増すほど、受容性に対する自然体験量の影響は弱くなり、性別や年齢の影響がより強くなる。


(図は首都大学東京リリースより)


こうした結果を受けて沼田さんらは、以下のようにまとめられています。

・都市住民が自然や生物と触れ合う機会を増やすことにより、生物に対する住民の受容性の増大につながる可能性を示唆している。

・都市の生物多様性保全には住民の支持が不可欠であるため、今後の保全プログラムにおいては、都市住民の幼少期の自然体験の回復を目指す取り組みを加えることが必要と考えらる。

・生物に対する好感度はその受容性に強く影響するため、保全プログラムにおいては、美的で好まれる生物だけでなく、嫌われがちな生物に関しても普及啓発を行い、人々の認識を変えていくことが望まれる。

 

*** 石田より ***

多様な生物が暮らす状況を維持していくことは、私たち人がこの地球上で末長く豊かに暮らしていく上では欠かすことができません。(これについては、こちらの記事でも書いています。→「私」もつながりの中の、大切な存在

沼田さんらのご研究は、こうした社会を築いていくために大きなヒントを示してくれているように思います。

そして保育においても、園庭や周辺地域の環境やそこでの活動を考える際に私たちができることがあるのではないでしょうか?

 

園庭研究所 代表 石田佳織

お問い合わせ: 電話:080-2381-8611  /  メールを送る

次をクリックで、まとめのページをご覧いただけます。→ 研修・ワークショップ  /  園庭 好事例  /  園庭の研究紹介  /  園庭づくり

園庭研究所の講座を受けて下さった、造園・建築・都市計画のご専門の方をご紹介しています。→ ご紹介ページ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。園庭研究所の石田です。

 

松井剛太 氏は、ご研究『保育本来の遊びが障害のある子どもにもたらす意義 -「障害特性論に基づく遊び」の批判的検討から -』で、以下のようにまとめられています。

<以下、松井氏の論文より抜粋(文章の流れを考慮し、一部調整して書いています。)>

 

遊びの素材となるモノが持っている本質的な魅力を探り、その配置を工夫することで、すべての子どもが遊びやすい環境を追求できる。

また園全体のスケジュールを子どもの遊び込むことを前提に時間的環境の点から見直す。

さらに、ノリを生むために設定遊びですべての子どもが楽しめる歌や手遊びを一定期間繰り返し行うことで、クラス経営がやりやすくなるだろう。

それらを生かすのは保育者である。

こうした実践は、教師が有する障害の知識で可能になるものではなく、子どもを見る洞察力と子どもを引き付ける魅力によるものだろう。

 

<石田より>

私も、現場の先生から「園庭をもっと楽しい場所にしたいが、障害のある子のこと心配」といったご意見を聞くこともあります。

心配の主な内容は、

・全体での集団行動の際にも、楽しい場所にすぐに行ってしまう

・多様な環境になると、子どもの行く手を見きれなくなる

などです。

 

けれど、松井氏のご研究からも示されているように、その子が夢中になって楽しめる活動こそが、その子の心身を育んでくれるのだと思います。

そして、障害のあるなしに関わらず、自分が「したい!」と思えることをできることは、その子の自己肯定感にもつながってくるのではないかと思います。


松井氏のおっしゃる’構造化’を見直しながら、子ども一人一人が心も体も頭もめいっぱい使うことのできる環境を整えたいものですね。^^

’構造化’についてはこちらでご紹介しています。→ 子どもが遊び込めるための、構造化を

 

園庭研究所 代表 石田佳織

お問い合わせ: 電話:080-2381-8611  /  メールを送る

次をクリックで、まとめのページをご覧いただけます。→ 研修・ワークショップ  /  園庭 好事例  /  園庭の研究紹介  /  園庭づくり

園庭研究所の講座を受けて下さった、造園・建築・都市計画のご専門の方をご紹介しています。→ ご紹介ページ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。園庭研究所の石田です。

『保育本来の遊びが障害のある子どもにもたらす意義 -「障害特性論に基づく遊び」の批判的検討から -』松井剛太 氏(香川大学)のご研究のつづきです。

<以下、松井氏の論文より抜粋(文章の流れを考慮し、一部調整して書いています。)>

 

障害のある子どもたちのクラスにおいて、ペットボトルなどの遊材で道を作り、教 師が子どもたちと一緒に歌を歌い、楽しみながら道を歩いた結果、クラス4名全員が同じように楽しむ姿が見られた。

この事例では、このような教師の行為がクラスの一体感を生むきっかけになったと考えられる。

 

クラス活動で逸脱する子どもや、障害のある子どもの研究においては、一体感に関わる以下のような研究がある。

・クラスで逸脱する幼児の行動を分析したところ、逸脱の原因として「ノリ」の非同調が考えられる。クラスで歌や手遊びを提示し続けることによって、クラスからの逸脱児が次第に周囲に位置づく。(ノリ=関係的存在としての身体による行動による基底のあるリズム、およびその顕在の程度、すなわち、リズム感、また身体と世界との関係から生み出される調子、気分のこと)(岩田、2008)

・障害のある子どもも含めて集団で楽しめる遊びについて、わらべ歌に代表されるような「リズミカルで身体と言葉を基にした動きを楽しく繰り返しながら共有していく活動」が有効である。(柴崎、2009)

・集団遊びに入らなかった自閉症児が、歌と手遊びをきっかけに集団遊びに加わり、楽しむようになった。(松井、2011)

・正統的周辺参加の理論より、共同体の一員として楽しいという気持ちを持っていれば、その中で学ぼうという気持ちがなくても学びは生じうる。(渡部、2001)

 

保育において、集団活動に障害のある子どもを入れたほうが良いのか、入れないほうが良いのか、という悩みをよく聞く。

その問いは、「障害のある子どもを入れるかどうか」というものではなく、「障害のある子どもも入りたくなるようなノリが作られているかどうか」という言い換えができよう。

そして、そのノリを作るには、保育者の役割が大きい。

 

(続きます)

 

園庭研究所 代表 石田佳織

お問い合わせ: 電話:080-2381-8611  /  メールを送る

次をクリックで、まとめのページをご覧いただけます。→ 研修・ワークショップ  /  園庭 好事例  /  園庭の研究紹介  /  園庭づくり

園庭研究所の講座を受けて下さった、造園・建築・都市計画のご専門の方をご紹介しています。→ ご紹介ページ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)