(2月24日,25日は国立大学前期入試の

準備や実施のため大学は立ち入り禁止に

なるので,会場は下記のようになります)


2月24日(Ⅱ⑮

「見えない放射線を見るのだ」


会 場: 霞ヶ浦環境科学センター

       (研修室)

       土浦市沖宿町1853 

                tel 029-828-0960

         

時 間: 9:30-12:00(午前だけです)


目には見えない放射線を「霧箱(きりばこ)」を

工作して,目に見えるようにします。放射性の

岩石からでる小さくて細い線(飛跡=飛んだ

跡)のほかにも,宇宙から来る放射線が見ら

れるかも……。

そのあと,線量計(放射線測定器)を持って,

外に出て,芝生や池や置き石や建材などの

放射線量を調べて見ましょう。


材料費 1人500円


当日の連絡 090-8845-1661  芳賀


---------


2月25日( 特別オープン回

「気象現象を実験してみよう」


 

会 場:霞ヶ浦環境科学センター

       (研修室)

       土浦市沖宿町1853 

                tel 029-828-0960

 

時 間: 午前の部  9:30-12:00

      午後の部 13:00-15:30

班分けはありませんが,はできるだけ午前,

はできるだけ午後に来てください。


夕焼けはどうして赤く見えるの?

竜巻(たつまき)ってどんなの?

冬の朝,窓の内側がくもるのはなぜ?など


特別回参加費1000円 + 材料費1000円

("炭酸ぬけま栓"など持って帰れます)


当日の連絡 090-8845-1661  芳賀




AD

2月17日() Ⅰ⑮

「ショウジョウバエを見よう」


会場: 筑波大学 2B503実験室

時間: 9:30-12:00(午前のみ)


キッチンの生ゴミにも飛んでくる3mmほどの

小さいハエながら,生物研究ではとても大き

な発見の材料になっていて,世界中の大学

や研究機関で飼われています。 筑波大学

TARAセンターでショウジョウバエ使って

発生生物学の研究をしている林先生と大学

院生に来ていただいて観察をします。


材料費 なし

当日の連絡 090-8845-1661 芳賀

---------


2月18日() Ⅲ⑲

「この水,飲めるかな?」


 

会場: 筑波大学 2B403 実験室

時間: 午前の部 9:30-12:00 ⅢA

     午後の部13:00-15:30 ⅢB

     は班分け自由)


この日は5階ではなく4階になります。

大学主催のイモリ観察会と重なるので,

間違えないように4階に来てください。


店で売っている2種類の飲料水や水道水,

霞ヶ浦の湖水などを比べて調べてみます。

調べたい水があればペットボトルに入れ

てなんの水か書いて持ってきてもいいよ。


手をふくハンカチやタオルなど持参!


材料費 なし


当日の連絡 090-8845-1661 芳賀

AD

2月11日() Ⅰ⑭

「地震のメカニズム」


地震はなぜ起こるのか?

建物も机もゆれている場合に,

地震のゆれを記録するには

どうしたらよいか?

模型や工作で,調べます。


筑波大学2B503実験室

9:30-12:00 

(午前の部だけです)


材料費 1人500円


 

当日の連絡 090-8845-1661 芳賀

----------

2月12日(月/) 

OP特別企画

「いろいろスライム」


 

まるで生き物みたいに形を変えたり,

動いたり,光ったりするスライムを,

2とおりの作り方でつくってみます。

 

筑波大学2B503実験室

午前の部  9:30-12:00 

午後の部 13:00-15:30 

班分けはしないので,都合に合わせて

どちらかにどうぞ!


 

特別回参加費1000円+材料費500円

計 1人1500円です。

 

当日の連絡 090-8845-1661 芳賀




















AD