2006-06-15 19:40:24

まほうのじかんです

テーマ:お気に入り

もう一度読んでみたいがタイトルがわからない本のひとつに、

「まほうのじかんです」

がある。

絵本ではなく、

小学校5、6年の頃に読んだ少し長いお話の本。

つい昨日まではこれがタイトルだと思っていたのだが、

図書館・Amazon・Yahoo!で検索しても見つからない。

魔法、マホウ、じかん時間ジカンと色々試したが出てこなかったということは、

そもそもこれがタイトルではないと考えた方が良さそうだ。

(ネット上には無いか、うまく検索できなかっただけかもしれないが)



夢の中で夢の内容をコントロールできる女の子が主人公で、

ふしぎなことが色々あったあとに

その子が心身ともにちょっと大人になって終わる話だったと思う。


おばあさんが魔法使いで、

その子もその血をひいていたかもしれないが、よく覚えていない。

会話の上だけだったか、現物が登場したかはわからないが、

ニワトコの木の魔法の杖が出てきたと思う。

・・・でもこれも自信がなくなってきた。

ニワトコのお茶が出てきただけかもしれない。


オチの一部だけは印象的だった。

その子が最後に出合ったできごとは当時の私には未経験だったからだ。


魔法にひかれて読んだのだが

(だからタイトルのどこかには「まほう」が入っていたはず)、

このお話にはあまり派手な魔法は出てこなかったと思う。

主人公は魔法を使えずじまいだったような気がする。

夢の中だけで何かをどうにかするお話だったのかもしれない。


でも、派手な魔法が登場する話と同じくらいに面白くて、

お話の世界にひきこまれて読んだことを覚えている。


いつかタイトルがわかってまた読めたらいいなと思っている。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

hadzukiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■まほうのじかんです

自分もこの本を読んだこと有りますよ
タイトルはこれであっていると思うのですが…
主人公の女の子が魔法を使えるようになっていく(どんな魔法かは忘れました)と言うものでしたね
ラストシーンだけ妙に覚えています
使えていた筈の魔法がある日使えなくなる女の子
動物(猫?)との会話も出来なくなり、母親に「あなた動物(猫?)相手になにしてんの?」と突っ込まれる始末
翌日学校で腹痛に襲われトイレに行くと、脱いだぱんつに赤い筋が一本ある事に気付く女の子
保健室に行き恥ずかしながらも女性保健医にその事を話したら、その先生にっこり笑って一言でこう締めるのです
「おめでとう○○さん、あなたも大人になったのよ」

自分は男で、これを読んだのが小学生の頃
当時「赤い筋」「大人になった」というオチが全く理解できませんで…
その謎が解けるのに数年、故に印象に強く残っており「あれは女の子向けの絵本だったんだ」と恥ずかしくなったものでした

5 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

4 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

3 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

2 ■>naoさん

いえいえ、実はあまり読まない子どもだったので、
たまたま読んだ本ってそれだけ印象に残っていてもいいはずなのですが、
随分たって記憶が擦り切れてしまって^^;
naoさんは日本語だけでなく英語でまで精力的に読まれてる印象が強いので、
昔はあまり読まれなかったなんて、意外なかんじです。

魔女っこメグちゃん、懐かしい♪
私たちの世代って(と勝手にひとくくりにしてしまいますが)
魔法に興味を持つ原点はやっぱり魔女っこですよね^^

1 ■まほう~☆

hadzukiさんは、小さい頃たくさんの本を
読んでいらっしゃるんですね~!
私は昔、あまり絵本も本も読んだ覚えがありません(恥)
まほう☆と言うと『魔女っこメグちゃん』を
思い出してしまいます^^;
この本のタイトルが分かったら
私も是非、読んでみたいな♪

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。