1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-11-30 18:31:07

『おでんくん あなたの夢はなんですかの巻』

テーマ:そのほかの絵本・子どもの本

リリー・フランキー

『おでんくん あなたの夢はなんですかの巻』

個人的お気に入り度:★★★


リリー・フランキー
おでんくん―あなたの夢はなんですかの巻


趣味で知り合ったかたがブログで

絵本を買ったとちらっと書かれていて、

何の絵本か気になり、コメントしたら、

このシリーズだとのことで、私も読んでみたくなった。

(どの本かは聞いていないのでこれじゃないかも)


-----------------------------------


「なんでも知ってるつもりでも

ほんとは知らないことが、

たくさんあるんだよ。 」

何だか哲学的な書き出しで、ちょっと驚いた。


そのあと、世の中の不思議や奇跡は、

実はみんなおでんのしわざかもしれない、とつづく。

強引な展開に驚きながらも、

おでんくんの世界にどんどん引き込まれていった。


おでん屋台のおでん鍋の中にある、「おでん村」 。

おつゆの空の下、

おでんくんたちは注文が来るまで待っている。


主人公のおでんくんはもちぎんちゃく。

ほかにもだいこん先生や、こんぶくんなどなど、

おでんだねキャラが登場する。


いとこんくんに夢は何かとたずねられたおでんくんは、

とっさに答えられない。

いとこんくんの夢は、ジャマイカに行くことだという。

と、おでんの屋台に病気の母をもつお客がやってきて、

病気で死にそうな母に好物のおでんをたべさせてやりたいと言う。

おでんくんはお客さんのお母さんを助けるために、

仲間とともに鍋の外へと出動する。


といっても、人間の目には

おでんくんたちはただのおでんにしか見えないのだった。


おでんくんたちは病気をやっつけることができるのだろうか。

----------------------------------------

おでんだねが主人公のヒーローものなんて可笑しい。

おでんくんがきんちゃくの中から取り出したおもちで

「もちもちパーンチ!」 などとやったりするのだ。


おでんだねたちだけでなく、

あらゆるものがおでんっぽいのだ。

おでん屋台のおじさんは大根に似ているし、

病気の母とその息子はもちぎんちゃくに、

終わりごろ登場するジャマイカ人はいとこんくんにそっくり。


おでんくんのうちの中も、

こんにゃくベッドにゆばぶとん、ちくわのまくらにはんぺんテーブルと、
なんともおいしそう、いや、居心地がよさそう。


アニメも見たいと思いつつ、未だ見ていない。

おでんくんのアニメの公式サイトによると

年末年始にまとめて放送するらしいので、

覚えていたらぜひ見てみたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-29 20:30:11

夢バトン

テーマ:本以外のこと

sachicocoさん から夢バトンを頂いて、早15日。

(sachicocoさんの夢バトン記事はこちら → 夢バトン~♪  )

途中風邪をひいて寝込んだりしていたため、

「当面の夢は風邪を治すこと」 

という状態に陥ってしまったりもして、遅くなってしまいました^^;


---------------------------------------
【Q1】小さい頃、何になりたかった?

・身近な存在だったその時々の先生

(保育園、幼稚園、小学校まで)


・動物の飼育係や、獣医


・TVや本で見かけた憧れジョブ

 忍者、探偵、ヒヨコのオスとメスを見分ける人、
 落語家、海女 など


 おもちゃ屋やケーキ屋、花屋などと、

 医者、看護婦、スチュワーデスなどの人気ジョブには

 あまり関心がないほうだった。


【Q2】その夢は叶ったか?


 いいえ^^;

 結局あんまり本気でなりたくなかったのかな(笑)

 忍者はかなりなりたかったけど、

 日光江戸村ぐらいにしかいないしなあ。

 三重県に住んでいたし伊賀に親戚が住んでいるが、

 忍者屋敷にも行ったことがない。

【Q3】現在の夢は?

・10年で外国語を10種類勉強する

・もっと早く本が読めるようになる

・もっと自然に、もっと上手い文章が書けるようになる

・お腹いっぱい白桃を食べる(夏)

・株で5万以上もうける(現在+7000ぐらい)

・ニンテンドーDS、またはPSP、または両方

・プリンタ             などなど


【Q4】宝くじで3億円当たったら?


 有名な美容院に行って、洋服ダンスの中身を一新、

 海外旅行に行く。

 引っ越して、食器洗い乾燥機と洗濯乾燥機、

 パソコンとゲーム機を買い、

 残ったお金を10億に増やす(笑)。


おもに絵本のブログなのに、なんだか下世話ですみません。

 

【Q5】あなたにとって夢のような世界は?


・人が地球以外の場所に簡単に行けて、不自由なく暮らせる


・働かなくても生きられる


・全ての人間が互いに尊重しあって生きられる世界


・犯罪や病気のない世界


【Q6】昨晩見た夢は?


最近あまり夢を見ず、昨晩も見なかったが、

先日風邪で寝込んでいるとき見たのはこんなの。


 とあるアイドルグループ(男子)と私は知り合いらしく、

 中の1人と肩を組み合いながら、

 誰か女の子(共通の知人)に贈る

 サマードレスを選んでいる夢 


サマードレスってよくわからない(汗)

夢の中でも、小さな駅ビルの小さな店で探していて、

結局見つからなかった。

でも、若い男の子と肩を組み合ってちょっとときめいた。

 

【Q7】この人の夢の話を聞きたいと思う5人は?


まだ夢バトンをなさってないかな?と思われる

おふたりにまわしてみます。


気が向いたらよろしくお願いします^^

('05.11.30)

もうお一方にも回してみました、

もしよかったらお願いします^^


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-11-29 19:21:22

『こねこのチョコレート』

テーマ:ネコのでてくるお話

B.K.ウィルソン、小林いづみ訳、大社(おおこそ)玲子絵

『こねこのチョコレート』

個人的お気に入り度:★★★


B.K.ウィルソン, 小林 いづみ, 大社 玲子
こねこのチョコレート


4才のジェニーは、明日3才になる弟のクリストファーに、

8個入りの子ネコのチョコレートを買う。

飼っている黒猫のティブルに、パッケージの猫の絵がそっくりなのだ。


ジェニーは自分の部屋のたんすに隠して眠るが、

チョコレートが気になって眠れない。


8ひきも子ネコがいるんだから、1ぴきぐらい食べてもいいよね?

と、ジェニーはチョコを1個食べてしまう。


さて、チョコレートは朝まで残っているだろうか?


--------------------------------------


食べ物のお話で「1個ぐらいいいよね? 」

と言えばもう・・(笑)

たまたま幸運なことに、弟のクリストファーには

別のプレゼントが贈られるような結果になるのだが、

それにしても、
私がクリストファーなら一生うらんでしまいそう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-28 20:09:29

『ねえ とうさん』

テーマ:そのほかの絵本・子どもの本

佐野洋子

『ねえ とうさん』

個人的お気に入り度:★★★


佐野 洋子
ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ


くまの子は、ホットケーキを6枚、

はちみつを大さじ3ばいかけて食べたいのだが、
かあさんはホットケーキ3枚とはちみつ2杯しかだめだと言う。


こぶしの花が咲いて父さんが帰ってくると、

くまの子とかあさんは大よろこび。


翌日、くまの子が散歩に行こうと言うと、

父さんは「よしよし」 と一緒に散歩へ。


その調子で、手をつなぐのも、肩車も、泳ぐのも、

父さんはなんでも「よしよし」 とやってくれる。
橋が流されているよ、とくまの子が言ったときも、

「よしよし」 と言って、木をバキッと折って橋をかけてくれる。


父さんの父さんらしさに感激したくまの子は、

父さんの子どもでうれしいと言うが、父さんは

おれはただ、くまらしいだけさ。くまだからね。
と、どこまでも穏やかだ。


次の朝、父さんはホットケーキ6枚と、はちみつ3杯を食べる。

くまの子は自分も父さんになるまで、

ホットケーキ3枚、はちみつ2杯でいいと思うようになる。


-----------------------------------


子どものいうことを「よしよし」 と聞いてあげているだけなのに、

実に堂々としていて、格好いい。


父親の本物の威厳とは、怒鳴りつけたりなんかして

子どもをきちんと押さえつけることができるかどうかではなく、

こういうふうに「よしよし」 と聞いてあげるときにも

感じられることがあるものなんだなあと思った。

もちろん何でも聞いてあげればいいというものでもないのだろうが。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-27 19:02:10

『かようびはシャンプー』

テーマ:そのほかの絵本・子どもの本

ウーリー・オルレブ、ジャッキー・グライヒ絵

もたいなつう(母袋夏生)訳

『かようびはシャンプー』

個人的お気に入り度:★★★


ウーリー オルレブ, Uri Orlev, Jacky Gleich, もたい なつう, ジャッキー グライヒ
かようびはシャンプー



イタマルは3才の男の子。

パジャマも着るし、シャワーも自分で浴びられるが、

シャンプーだけは大の苦手。


だからおかあさんに頭を洗ってもらう火曜日だけはゆううつ。

お湯は目にしみるし、シャンプーで目がひりひり、

お湯も熱かったりぬるかったりすると、

イタマルは大好きなうさぎのぬいぐるみにグチをこぼす。


おとうさんと、お姉さんのダニエラは、

イタマルが泣き叫ぶ声を聞いていられない。

ダニエラは自分がおかあさんになったら

こどもの頭は洗わない、と言うし、

おとうさんはシャンプーが始まるとどこかに出かけてしまう。


とうとうダニエラは、そんなにシャンプーがいやなら、

サミーの床屋でぼうずにしてもらったら、

とイタマルに提案する。


イタマルはシャンプーとぼうず、どちらを選ぶのだろうか。


-----------------------------------


ダニエラとお父さんがイタマルのシャンプーの日の騒ぎを

迷惑がっている部分で、

ダニエラはもう8さい。

おとうさんはもう38さい。

という文があって、気に入った。

お父さんはもう、なんてふつう言わないので面白い。


それだけ年をとっていたら、

シャンプーで大さわぎしないのは当たり前。

シャンプーが嫌いな小さなイタマルと、

どんなにいやがっても頭を洗ってあげなきゃならない

おかあさんの気持ちなんて、

ふたりにはわからないでしょうよ。

と言っているようで、上手いなあと思ってしまった。

それと後半、シャンプーで泣きだしたときに、

イタマルが

なくのなんか、へいきだ。
ぼく ないてないて、うんとないて、

なけなくなるまでなくんだ
と、ひらきなおるセリフも、いいなあと思った。


うんと泣いて、泣けなくなった頃には
いつのまにか克服している。

そういうものなのかもしれない。

全部のことを、いっぺんに直さなくたっていいのだ。

最後にはシャンプーを克服し、ごほうびをもらうイタマル。

結局それから半年近くかかるのだが、

しかし3才半で平気になるなんて早いと思うのは私だけだろうか。


------------------------------------


私が3才くらいのときには、母は私を仰向けにして、
美容院みたいな格好で髪を洗ってくれた。
そういう洗われかたに慣れていたので、

うつむいて髪を洗うことがふつうに出来るようになるまでに

何年もかかった。


うちにも、その後内風呂がないアパートに住んで銭湯に通ったときも、

シャワーがなく、小学校中学年くらいまでは

一緒に入る大人にお湯をかけてもらっていた。

その際、目をしっかり閉じているように言われるのだが、

ぎゅっと目を閉じれば閉じるほど、あとで気を緩めたときに

お湯やシャンプーが目に入って沁みるのだった。

いつの間にかめったに目に沁みなくなったのは、

高校生のころだっただろうか。

そのころにはもう他の人の世話にはなっていなかったとはいえ、

ずいぶんと時間がかかってしまった。

でも、子どもの成長はそれぞれ・・ですよね?
(おそすぎ?)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-26 22:59:14

『オオカミと石のスープ』

テーマ:そのほかの絵本・子どもの本

アナイス・ヴォージュラード、平岡敦訳

『オオカミと石のスープ』

個人的お気に入り度:★★★


アナイス ヴォージュラード, Anaies Vaugelade, 平岡 敦
オオカミと石のスープ


冬の夜、どうぶつたちの村のめんどりの家に、

年老いたオオカミがやってきて、

少しあたたまらせてくれたら、石のスープをごちそうすると言う。


石のスープは水で石を煮たものだという。

めんどりがスープにはいつもセロリを入れると言うと、

セロリも入れることになる。


そこにめんどりを心配したぶたがやってきて、

スープを作っていると聞くと、

ズッキーニも入れたらどうかな、と提案。


その後、あひるとうまが来てねぎを、

やぎといぬとひつじがやってきて、

カブも入れよう、キャベツも、などと好きな野菜をもってくる。


おいしい野菜のスープが煮える間、

はじめは、めんどりさんがだまされて、

スープにされちゃうのかと思ったよ 

などという冗談を交わしながら、

どうぶつ達は歓談。


オオカミは黙々とスープをよそうのであった。


---------------------------------


なんとなく「ご近所の底力」 を感じる絵本。

ずるがしこいがちょっと抜けてるオオカミと、

オオカミの下心を知ってか知らずか、
どちらにしろ一枚うわての村のどうぶつたち。


オオカミの本心が露骨にえがかれることなく、

かすかな緊張感がつづくが、

村の住人が次々やってくるので、終始のどかで、可笑しくもある。

なんとなく独特な空気。


このオオカミは年老いているせいか、

その場にいるものをみんなぺろっとたいらげてしまうような

精力的なオオカミではなく、

同じようにどうぶつを食べたいと思っていても

3びきのこぶたや7ひきのこやぎを襲ったオオカミとは

またちがった印象で、

ざまみろと思っていいのか、気の毒に思ったらいいのか、

まよってしまう。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-25 20:11:44

『ケチルさんのぼうけん』

テーマ:そのほかの絵本・子どもの本

たかどのほうこ

『ケチルさんのぼうけん』

個人的お気に入り度:★★★


たかどの ほうこ
ケチルさんのぼうけん


yomikikasedorakuさんのブログ で見つけて、読んでみました。

ありがとうございます^^

yomikikasedorakuさんの記事はこちら → ケチルさんのぼうけん


----------------------------------


お金を貯めるのが趣味のケチルさん。


ある晩「100倍の木」 という古い本を拾う。

その本には、根元にものを埋めると、

そのものが100倍に増えるという

不思議な木のことが書かれていた。


木の根元に金貨を埋めて大金持ちになろうと考え、
欲に目がくらんだケチルさんは、

山賊に出会う危険があると知っても

その木のもとに行くことを決意。

木は、

にしへにしへずんずん行き、

とんがりやまをのぼっておりて、にょろがわばしをわたり、

あかもこやまをぐるっとまわって、ざわざわもりをぬけ、

さんぞくとうげをこえたところのなもないちいさなやま

に生えているのだった。

(この道順がなんとも楽しいと思ったので引用してみた)

山賊とうげですってんてんにされないために、

ケチルさんは知恵をしぼる。

99人の山賊に取り囲まれたケチルさんは、

策を弄して山賊の目をごまかし、

無事名もない山のてっぺんに到着。


これでケチルさんは大富豪に・・

しかし、そうは問屋がおろさないのであった。

------------------------------------


ケチルさんの思惑通りにはならないのだが、

これはこれで幸せだよね、というような、

そんな爽快な結末。


でも、あの木の根元にものを埋めるのが

1人につき一度じゃなかったら?

まだチャンスはあるんじゃないか??

と、どこかであきらめきれない私がいる(笑)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-24 21:16:00

『おまえうまそうだな』

テーマ:なみだが出た話

宮西達也

『おまえうまそうだな』

個人的お気に入り度:★★★


宮西 達也
おまえうまそうだな

newsongsさんのブログ で知って、読んでみました。

ありがとうございます^^

newsongsさんの記事はこちら → 絵を読む

-----------------------------------


火山が噴火したひょうしに、1人ぼっちでうまれてきた、

アンキロサウルスの赤ちゃん。


ひとりさびしくとぼとぼと歩いていると、

ティラノサウルスがやってきて、

「おまえうまそうだな」 と言うが、


アンキロサウルスが

「おとうさーん! 」 としがみついてくるので、

ティラノサウルスのほうが面食らってしまう。

おまえうまそうだな、と言ったのを、

自分の名前は「ウマソウ」 で、
名前を知っている、ということはお父さん、

と思い込んでしまったのだ。


早くお父さんみたいになりたいと、

がんばって草を食べているウマソウ。

アンキロサウルスは自分みたいにはなれないのだと

わかっているのに、

無邪気なウマソウにほだされて、

ティラノサウルスはやがて、

体当たりのしかたや尻尾の使い方を教えるようになる。


しかしある晩とうとうウマソウと分かれることを決心し、

「あそこの山まで競争してお前が勝ったら一緒にいてやる」

と言う。


ウマソウはお父さんと一緒にいるために、

わき目も振らずに走っていくのだった。

-------------------------------------


泣けた。

2回読んで4回泣いてしまった(涙腺ゆるすぎ)。


別れのシーンもそうだし、こんな場面も。


草を食べようとしないティラノサウルスのために、

アンキロサウルスが山まで行って赤い実をとってくる。

心配したティラノサウルスは一旦は叱るが、

自分のためだったと知り、本当は肉食なのに

「おいしいよ」 と言いながら赤い実を食べてみせる。


アンキロサウルスの無邪気さが泣かせる。


夜の場面は空に星がいっぱいで、

見てきたわけでもないのに、

古代の夜はこんなふうに星が近くに沢山見えたんだろうな~、

などと思った。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-11-23 20:54:47

『なんでも屋はじめます』

テーマ:そのほかの絵本・子どもの本

正道かほる、山田詩子絵

『なんでも屋はじめます』

個人的お気に入り度:★★★


ヨースケという青年が、犬のクンペと

テッペイじいちゃんが住んでいた家で、

なんでも屋を始める。
じいちゃんが残した古い車、

「アカネ号」を直して旅に出るのが目的。


連作短編みたいなかたちで、

季節ごとになんでも屋に色んな客が

色んな仕事をもってやってくる。


不眠症のバク(ヨースケのいい夢を食べ満足して帰る)、

ちょっとわがままな女の子、

海の家を手伝ってアイス屋の屋台を出したときには、

イルカもやってくる。

秋にはウサギたちのダンスコンクールのために、

月をみがく仕事の話も。


何でも屋はふつう仕事の内容が色々なのだが、

この何でも屋はお客さんも幅が広い。

不眠症のバクのセリフが、ちょっと気に入った。

夢を見る力をもったひとは、夢がいずみのように

わいてくるんだそうですよ。

食べちゃっても、またいい夢がたまるんですって。

日常に追われると、夢をおいてきがちな私。

(かといって日常の雑務も全然片付かない(自棄笑))

涸れない泉のように、夢を見続けたいものだ。


---------------------------------------

(ちょうど夢バトンを頂いていますが、

今日書き始めましたので今しばらくお待ちください^^)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-22 18:31:38

『オークの木の自然誌』

テーマ:図鑑ぽいもの

リチャード・レウィントン絵、デイヴィッド・ストリーター文、

池田清彦訳

『オークの木の自然誌』

個人的お気に入り度:★★★


リチャード レウィントン, デイヴィッド ストリーター, Richard Lewington, David Streeter, 池田 清彦
オークの木の自然誌―すばらしいミクロコスモスの世界

(特に子ども向けというわけではなく、

しかも絵本というより図鑑だが、

子どもも大人も絵を眺めて楽しめそうなので、

絵本の仲間ということで、一応「図鑑ぽいもの」に分類)


イギリスの自然誌イラストレーターによる、

オークの木と、木の周辺に暮らす

数百種の生き物たちを描いた図鑑。

四季のオーク、鳥や哺乳類、虫に虫こぶ、

キノコや地衣類、落ち葉を分解する生きものなど。



動物1種類ごとの毛並みの違いまでわかるような、

精巧な絵。

葉っぱの持っているひんやりしたしめりけまで、

眼を通して、まるで触れたみたいに伝わってくる。

ほとんどを生きたままの実物を見て彩色した

というのもうなずける。


モデルの多くは画家が所有する森のものだそう。


面白いなあと思ったのは、マイタケについての説明。

肉はマウスを思い出させる腐った油脂のような臭いがある。

食べられるが固く、注目すべき味ではない。

これって、日本では人気のあのマイタケだよなあ、

と思って巻末注を見ると、

日本にも産し、日本ではきわめて美味なキノコとして知られる。
とあり、ちょっとほっとした。


人間の味覚って、文化や住んでいる所によって

かなりちがってくるんだなあと思った。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。