ON”楽”しようよ!

Haco Changの音楽メインブログです。
個人的趣味である音楽鑑賞や楽器演奏体験話などを綴っていきます。
最近は日常生活のことを綴ることが多いです(^_^;。


テーマ:
吉野千代乃さんのファンのみなさま・・・大変お待たせいたしました。
先日7月16日(火)に吉野千代乃さんのライヴに行ってきました。

$ON”楽”しようよ!-吉野千代乃クラシックス3


『吉野千代乃クラシックス』と題したライヴも今回で3回目。
前回のライヴから5ヶ月経過しまして・・・いやぁ~、月日が経つのはホント早いッス!

さて、時計は夜の7時。
客席のライトが消え、ライヴがスタートされました。
が、はじめにステージに立ったのは、ピアノの鳥居克成氏。
ここで、自身の弾き語りコーナーが始まりました。
「吉野千代乃さんはまだ来ません・・・。」と、一言伝え・・・
沢田研二氏の『カサブランカ・ダンディ』をうたい、2曲目以降は自身のオリジナルソング3曲を続けてうたわれました。

鳥居氏のコーナーが終わり、まもなくギター&ベースの岡野裕次郎氏が登場しました。

ここで岡野氏がベースのスタンバイをして、ここから!!
2人がイントロを演奏している間に、お待たせしました!吉野千代乃さんご登場!!
まずはノリノリの『Driving In The Rain』から始まり、続けて『Rain Ballade』『薔薇から罠』の順にうたいました。

3曲うたいつづけて、ご挨拶です。

「こんばんは。吉野千代乃です。
こんなにたくさんの方が来てくれてうれしいです。
今日は魔女みたいな服装でキメましたが、魔女っぽいかしら?」
黒い服を着てステージに立っている千代乃さんですが、たぶん僕が見る限りダーク系の服で登場したのは初めてかも?
「このところ暑い日が続いていますが、みなさん大丈夫ですか?
うたい続けていると緊張してしまうのか、唇が乾いてしまって大変なのよ。」
と、ステージにあるドリンクのペットボトルを持って客席に向かって全員で

「カンパ~イ!!」

前回も全員で乾杯してましたっけ・・・(笑)。

そしてMCは続きます。
「クラシックスでは初披露となります。若いころはレコーディング期間が長く感じた思い出があり、この曲を収録したデビューアルバムが完成されるまで2年くらいかかりました。このアルバムが完成したときはとても感激しました。」
と、次にうたった曲が『題名のないオペラ』でした。
僕がはじめて見た千代乃さんのコンサートでもこの曲をうたってくれて、すごくうれしくて、感激しながら聴かせてもらいました。
「久しぶりにうたいました。
♪無口なことを大人と言わないで・・・
ってあるけど、大人はやっぱり無口でなくちゃねぇ(笑)。
♪シャツをたたんで置いとくような
 そんな女でいたくないから・・・
ってあるけど、シャツはきちんとたたんでくれなくちゃダメよねぇ(笑)。」
と、うたった歌詞についても話されていましたっけ。

ここでメンバー紹介です。
前回までは小宮”ピエール”信人氏でしたが、今回は若手プレイヤーであり、バンド「エブリシェイシェイシェ」のメンバーでもあり・・・さらに、千代乃さんの教え子でもある岡野裕次郎氏がギターとベースを担当されました。
そして、ピアノは鳥居克成氏。いつも素敵なアレンジをしてくださっています。
「もし私にうたってほしい曲がありましたら、(お客さんに配っているアンケート用紙に書いて)リクエストしてくださいね。鳥居大先生がアレンジしてくれます。」と、話していましたが、一人のお客さんが「AKB48でもいいの?」と聞いてきて、千代乃さんはちょっと苦笑いされていたかな?

メンバー紹介を終え、前回もうたった新曲2曲『余白』と『イレギュラー』を続けてうたわれ、ここでさらに1曲新曲を披露しました。
「本来新曲は4曲ありますが、今回は3曲目としてお届けします。4曲目は次回をお楽しみに。」と、話され、うたった3曲目の曲名が『涙の理由(わけ)』でした。

うたい終えたあと、千代乃さんから観客全員に質問をいただきました。
「私の洋楽カバーアルバム『Songs For You』の帯に書かれているキャッチコピーは何でしょう?」
あちこちから「何だっけ?」
「覚えているはずなのにわすれた!」
「ラブソングの・・・えっとォ~?」
と声が聞こえてきて、みなさん思い出すのに必死でした。
僕もその中の一人ですが(笑)。

「そうですね。「ラヴソングのストーリー・テラー」と書かれてあるのです。さて、ずっと夜のラヴソングをうたうわけにいかないので、ここから立ってうたわないとね。」

と、気分を変えて・・・ここで2度目の「カンパーイ!」をして、『1985年の恋人』、次に『真夜中のドア』『君は薔薇より美しい』と、アップテンポの曲を3曲続けてうたいました。

3曲うたいきり「座るわ。」の一言(笑)。
「カロリーが消費される曲をうたいましたが、50キロカロリーは消費されたかしら?
『真夜中のドア』をうたった松原みきさんをはじめてみたのは『夜のヒットスタジオ』に出演されたときでした。すごくかっこいい女性だと感じてましたね。
某化粧品のCMソングだった『君は薔薇より美しい』をうたった布施明さんの奥さんははじめはオリビア・ハッセーだったけど、今は森川由加里さんなのよね。
「幸せは何度でもおとずれる・・・」と、何度も言い続けているこのごろですが、またここで吉野千代乃のオリジナルソングを聴いてくださいね。」
と、『帰れないエトランゼ』『スローダンスに誘われて』の2曲を続けてうたい、『スローダンスに誘われて』のエンディングで
「次回の『吉野千代乃クラシックス』は11月の3日か4日を予定していますのでまたいらしくださいね。「幸せは何度でもおとずれる・・・」みなさんも、どうぞ幸せになってくださいね。ありがとうございました。」
と、次回告知と最後の挨拶をされ、そのまま続けて最後の曲『あなたのいない夏』をうたいました。

13曲うたい終えて、一旦ステージをあとにするが、まもなくアンコールで再び登場されました。

「今日は本当にありがとうございます。次回のライヴは11月を予定しています(この会場の場所取りをお願いしていませんが)ので、ホームページでもチェックしておいてくださいね。また、幸せは何度でもおとずれます。」
と、アンコール曲として『セイ・グッバイ』をうたい、『吉野千代乃クラシックスⅢ』は終了しました。

今回も2部制でなく、通しでのライヴでしたが、やっぱりいつ聴いても千代乃さんのうたは本当に美しく、こうしてライヴレポートを作成している今もその時の余韻が残っています。
ライヴでお世話になっている方たちとも再会したりして、とても楽しい時間を過ごすことができました。
終演後には千代乃さんとお話しをし、僕自身昨年末からの苦労話をしたところ「大変だけど、幸せは何度でもおとずれるから、がんばってね。」と、励みになる一言をいただき、徐々に立ち直ることができたかな。

千代乃ファンのみなさま・・・
今回の合言葉は
「幸せは何度でもおとずれる・・・」ですよー♪。

以上、PC故障のため作成が遅くなってしまいましたが、ライヴレポートお届けしました。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ブーケ2セット・リストブーケ2

夜の街鳥居克成コーナー
1.カサブランカ・ダンディ
2.夜をかさねて
3.星の彼方
4.かっこいいじゃん

星空吉野千代乃ライヴ
1.ドライヴィング・イン・ザ・レイン
2.レイン・バラード
3.薔薇から罠
4.題名のないオペラ
5.余白
6.イレギュラー
7.涙の理由(わけ)
8.1985年の恋人
9.真夜中のドア[ステイ・ウィズ・ミィ]
10.君は薔薇より美しい
11.帰れないエトランゼ
12.スローダンスに誘われて
13.あなたのいない夏

ラブラブアンコール
♪セイ・グッバイ

クローバーメンバー
吉野千代乃:ボーカル
「幸せは何度でもおとずれます。」
岡野裕次郎:ギターとベース
「エブリシェイシェイシェのCDも是非聴いてください。」
鳥居克成:ピアノ
「東京マラソンは30キロのところでタイムオーバーでした。」
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

Haco Changさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。