1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-09-21 16:21:18

スモタン(ザ・スモールタウンボーイズ)への道 3回目

テーマ:ブログ

スモタン(ザ・スモールタウンボーイズ)への道 3回目

ツッツタッタッツッツタッタ・・・

佐藤は唇をとがらせて目をつむり、一心不乱に単調な8ビートを叩き続ける。

バスドラがもたつき、不用意なタイミングで無駄なシンバルを叩きまくっては、また単調な8ビートに戻る。

浅田も一心不乱にGのコードをかき鳴らしながら分厚いタラコ唇をとがせて声にならない声で何やらぶつぶつ言っている。

「聴こえねえーよ!なんでもいいからからデケえ声でうたってみりゃいいんだよっ!」と佐藤が妙に気合の入った目つきで浅田に叫んだ。

「わかったって!わかったって!」と必死になってギターのフレットを睨みつけながら答えた。

そして、吹っ切れたように楽器室の天井を見上げながら歌いだした。しかし、なぜかオペラ声である。

テノール調と言えばいいのか・・・妙に通る低い声でやたらビブラートを利かせながら

「かわがあー ながい~ かわがあー  ながあいぃ~   かわがあーながいー ながすぎるんだあ~」

と天井を見上げながら歌っている。時折、悦に入っているのか目を閉じたりしている。

佐藤の唇の右端が少しつりあがった。笑いをこらえているのである。8ビートのテンポをしだいに上げながら佐藤に向かって叫んだ。

「ええぞー!浅田!すげーよ!いい感じ!」

浅田は細い目でにやりと笑い、調子づいて厚いタラコ唇を大きく広げてテノール声で続けて次のフレーズを唄い出した。

「かわがあー 伸びる~ 皮があ~ のびいるう~ 皮があ伸びて~ 長くてえ~ 伸びて 伸びすぎちゃったあ~」

歌い終える途中で佐藤は笑いをこらえきれずにスティックを放り投げて大声で腹を抱えて笑いだした。浅田も同じくギターを弾く手を止めて笑い出した。

「っつーかお前コレ!おまえのチンコの唄やん・・」

笑いながら言っているため佐藤の声は裏返っていた。

「何でもええって言ったやんっ!リバーとチンコの皮のダブルミーニングやん?かっけーやん!」

浅田は得意げにニヤニヤ笑いながら言った。

「うん!ほんまや!うん!ながい!やべーわ!」

黒目を光らせて佐藤は言った。

楽器室は妙なグルーブ感と何かが生まれる前の新鮮な空気に包まれていた。

「よっしゃ!もっかい行くでえー!浅田が歌うぜ!  ながいっ!」

と佐藤が叫んでまたドラムを叩き出した。

浅田も佐藤に合わせてGのコードをかき鳴らしながらテノール声で歌いだした。

佐藤の唇の左端がまたつりあがっている。時々浅田に合わせて一緒に歌ったりしている。二人だけのビートは熱を帯びてだんだんとテンポが上がっていく。

調子づいている浅田は目をつむりながらテノールにビブラートをやたら利かせて歌い続ける。

急に佐藤がスネアの上にスティック二本を放り投げて、キレぎみで浅田に叫んだ。

「おんまえ!さっきからGのコードばっかじゃんよーっ!きんもちわりーわ!」

浅田は太い唇を尖らせて

「だってオレGしか押さえられへんもん・・・」

と困惑した顔でテノール声で答えた。

「もうその声はええっちゅうねん!ほんま知らねーのかよ!他のコード!」

「うん・・・」

浅田は珍しく申し訳なさそうにうつむいてGのコードをポロンと鳴らした。

「あーっ!めんどくせーなあ!」

佐藤は天井をしばらく見上げていたが、急に何か思いついたように浅田に向かい合ってまた竹内力口調で

「よっしゃわかったわ。あとはわしに任せたらんかい~!」

と言った。また唇の右端が少しつりあがっていた。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2008-09-01 14:53:29

スモタン(ザ・スモールタウンボーイズ)への道 2回目

テーマ:ブログ

おまたせしました!佐藤と浅田のスモールワールド!この二人が結果的に入ったのはフォークソング部!しかし佐藤が目指すはロックンロールバンド!はたして何が生みだされるのか!

2回目です!どうぞ!





スモタン(ザ スモールタウンボーイズ)への道 2回目

浅田は明らかに苛立っていた。

額に汗を浮かべながら分厚いタラコ唇をとがらせながら

「なんでドラムセット作らなあかんねん!意味わからんわ!オレは絶対叩かんで!おまえがどうしたいんかしらんが・・・」

佐藤は浅田の言葉を無視しながら黙々とバスドラやタム、シンバル類を組み立てていく。嫌々ギターを置いて浅田がタムやシンバル類を佐藤に渡している。

密封された楽器室の温度は上昇し、二人とも額から汗がしたたっている。

30分後に、楽器室に立派などドラムセットが出現した。

急に佐藤は黒目を大きくさせて手で額の汗をぬぐいながら言った。

「オレのビートに合わせてギター弾いてみろ!お前のソウルを聴かせてみろ!」

「えっ!どういうことやねん!」

浅田は細い目を大きく見開いて驚いた。確実に狼狽している。

「んだからよー!オレがドラム叩くからよー!そのリズムに合わせてギター弾いてみろ!っつってんだよ!」

となりの音楽教室からは太った石田純一が歌う尾崎豊の「シェリー」が聴こえる。

「シェリ~ オレ歌う~ あひすもほもほすべてに~」

石田はかなり悦に入っているようだ。

「くっだらねえー!バカじゃねーのかあのイモ野郎!いい年こいてシェリーってよー!外人かよ!」

佐藤は楽器室の壁を睨み付けながらめんどくさそうに言った。

「あーっ!めんどくせー!さっさとやろうぜ浅田!」

「えっ!何を?」

「ロックンロールに決まってるやろ~が!」

また竹内力が難波金融道で、敵を追い詰めた時に見せるような笑顔で答えた。

浅田はあっけにとられていた。佐藤は自分が8ビートを叩くからそれに合わせてGのコードをジャカジャカ鳴らせばいいということであった。そしてそのキーに合った音程でとりあえず歌ってみろと。

でタイトルも決まっている。そのタイトルのイメージでドラムに合わせてGのコードでギターを弾きながら歌えということだ。無理な注文である。

浅田は全くのど素人である。

「で・・・そのタイトルは?」

浅田が不安そうに尋ねた。

佐藤はまだ竹内スマイルのまま言い放った

「かわが長い!やろう~があ~!」

長い沈黙があった。

浅田は念のため聞いてみた

「かわって何?リバー?それともチンポの皮?」

佐藤は竹内スマイルのまま

「どっちでもええやないか?おたくはあん・・・ロックンロールは自由なもんやんと思わへんのか!ええ?どないやねん!」

とのたまいながらドラムセットの前の椅子に腰をかけスティックを持った。

「行くで浅田! お前の魂を聴かせたらんかい! みんな聴いてくれ! 浅田が歌うぜ!魂こめて歌うぜ! 聴いてくれ! かわがながい!」

と叫んでやたらと遅い8ビートを叩き始めた。

ツッツタタツッツタタツッツタタ・・・

ぎこちなくもやたらとデカイ音の8ビートのドラムの音が楽器室に響き始めた。

もう石田のシェリーも聴こえない・・・。


浅田はギターのフレットを凝視しながら戸惑っていた。

頭の中では「かわがながい・・・かわがながい・・・」のフレーズが繰り返されていた。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-03 20:24:40

スモタン(ザ スモールタウンボーイズ)への道   1回目

テーマ:ブログ

「あだ名はあひるです」と「ステイゴールド」でお馴染みの佐藤と浅田が繰り広げる枚方市のとある府立の某香るが里高校でのスモールワールド!おバカな二人がとうとう部活へ入部!さていったいどんな高校生活が始まるのか!

さー!第1回目です!








スモタン(ザ スモールタウンボーイズ)への道  1回目






高校生活も慣れてきた5月末の放課後、佐藤と浅田は狭い楽器倉庫の中にいた。

校舎の2階にある音楽教室の横にある楽器倉庫である。

浅田は無心にアコースティックギターを爪弾いている。Gのコードでアルペジオである。初心者がはまる初歩的な演奏である。

その横で佐藤もギターを抱えて、浅田を眺めていた。



「でよーフォークソングってなんなんだ?」と佐藤は浅田に問いかけた。

浅田は答えずに無心にギターを爪弾いている。

音楽教室ではたくさんのフォークソング部の部員がギターをジャカジャカ鳴らしながら尾崎豊や長渕剛の唄を唄っていた。


佐藤は軽音楽部に入るつもりであった。佐藤は音楽においては早熟であり小学生の頃からビートルズやらローリングストーンズ、しいてはパンクロックなど洋楽中心に聴いて育ってきた。ギターもそれなりに上手に弾けるし、自分で曲を作ったりするようにもなっていた。


しかし、この高校には軽音楽部はなくその代わりにフォークソング部があった。


「ギターが弾きてえ!毎日弾きてえ!」

という佐藤と浅田の意向が一致して、とりあえずフォークソング部に入ることにしてみたのだ。


しかし、やはりフォークソング部である。

目の細い太った石田純一のような顧問が尾崎豊の唄を部員たちに弾いて唄って教えていた。

石田の自分に酔った必要以上に感情がこもった唄声が聴くに耐えられなくなった佐藤は隣にある楽器倉庫に逃げ込んできたわけだ。




「暑いわ・・・」

5月末である。閉め切った楽器倉庫内は蒸し暑かった。耐え切れず佐藤がもらした。


「っつーか浅田よ!毎日毎日よー!こんなとこでギターいじってよー!つまんねえよおれ!」

うつむいてギターを弾くのに必死になっている浅田に佐藤がイライラした声で訴えた。


「・・・いや、オレ別に楽しいで!ギター巧くなりたいし」


「っつーかオマエ毎日毎日同じ曲ばっかじゃねーかよ!んなこと毎日やってっとまたチンポの皮が伸びんぞ!」

「やかましわ!チンポは関係あらへんやろ!ええやん!巧くなるために練習してるんじゃ!」

と浅田は怒って言った。浅田は真性包茎なのだ。包皮をかぶしたままで自慰にふけるため皮が必要以上に伸びてしまったのだ。

中学時代の体育のプールの授業前、更衣室で佐藤は浅田の太った下腹部に申し訳なさそうに花のつぼみのようにめり込んでいるチンポの先を佐藤はよく面白半分で引っ張ったりしてからかっていた。

「うひゃひゃひゃひゃひゃ!オマエのチンポで1曲作れるわ!」

佐藤は大笑いしながら浅田の怒りを無視して

「オマエギター巧くなりたいの?」

と聞いてみた。

「おう」

と素っ気無く答えて浅田はまたGのコードを爪弾き始めた。

「でなに?フォークソングやるの? っつーかフォークソングってなんやねん!あの音楽室の連中がやってるようなやつか!? あー!クソめんどくせー!全員でギター弾いてどうすんだよ!おんなじコードでジャカジャカやりやがって!気持ち悪いわ!」

佐藤は両手を握りしめて、頭上に振りかざし苛立ちを露わにして大声で言った。


佐藤はずっと気になっていた楽器室の奥に普段は使用されてないクラブ用のアコースティックギターの下に埋もれているバラバラになったドラムセットに視線を向けた。


と急に思い立ったように佐藤は楽器室のドアを開け放ち、無造作にドラムセットを隠しているギターたちを外に運び出し始めた。

「おいおい騒々しいな!何すんねん?」

あっけにとられた浅田の声を無視して

「ええからオマエも手伝え!はよ手伝え!」

と怒鳴った。

二人で全てのアコースティックギターを運び出すとホコリをかぶったドラムセットがバラバラの状態で姿を現した。

「浅田!ドラムセット組むぞ!」

とデカイ声で佐藤が言った。

「なんでやねん!フォークソング部やろ!いらんやん!先生に怒られるで!っつーか誰が叩くねん!」

佐藤は唇の左端を吊り上げて竹内力が難波金融道で敵を追い込んだ時に見せるような笑顔でニヤニヤしながら低い声で

「オ!マ!エ!だよ!」

と答えた。

浅田はの細い目は少し大きくなり小さい黒目に怒りの色を浮かべながら

「なんでオレが叩くねん!オレギター巧くなりたいからフォークソング部入部したっつうねん!なんでドラム叩かなあかんねん!」

と訴えた。

「やかましい!どっちでもいいから手伝えよ!」

「オレ絶対叩かへんで!」

「わかったから手伝えって!」

佐藤はバスドラを持ち上げながらニヤニヤしていた。

ある考えが佐藤の頭の中を駆け巡っていた。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。