友情か利害関係か…

テーマ:

いつも電車で見かけるあの子に淡い恋心を抱く……




















そんな素敵な話はないのですが、毎朝電車で見かける光景のお話。
毎朝、大体決まった時間の決まった車両に乗って通勤します。
いつも見かける顔というのがやはりあるもので、そのなかでもとりわけ目に付く人がいます。
中学生くらいの少年(制服を着ている)が僕が乗り込んだ数分後ぐらいに乗り込んできます(始発から乗るため、電車は15分くらい停まっています)
その少年、いつも隣の席にカバンを置いてキープしています。
友達の為に席をキープしているんでしょう。
実際、5分後くらいに同じ学校の制服を着た、別の少年が乗り込んできます。
席をキープしていた少年は、あとから乗り込んできた少年を見るや、カバンをどけて席を開放します。
そこへ後から来た少年が座ります。
まぁ、そこで友達同士なら「おはよう」とか「ありがとう」とか、何かしらの挨拶を交わすと思うのですが、その少年達は一言も言葉を交わさない。
電車が走行している間も、一方は漫画を読んで、一方はボーっと座っているといった感じで、会話はほとんど無いように見受けられます。
一体、彼ら2人の関係はどういったものなんでしょうかね?
人間観察が趣味の、僕の好奇心を擽る少年達です(笑)

まぁ、それを知ったからといって何も得はないのですがね。

AD

オチがありません!!

テーマ:

ジューン・ブライドですね。
嗚呼、早く結婚したい!!














ウソです。
言ってみただけです。
まだ学生だし、社会人になっても、仕事に慣れてからにしたいです。
でも、その反面、やはり早く結婚したいなぁとも思ってます。
早く結婚したいのにはとある理由があるのですが、まぁ私事なので割愛させていただきます。


って、相手もいないのに語っちゃてますが。






なぜにジューン・ブライドの話をしたかと申しますと、このブログのデザインがいつの間にか変わっていたという、単純な理由からです。
しかし、此処のブログの3人集+クレソン@代理人には今のところ、ジューンブライドはご縁のない話で。



うむむ、ジューンブライドの話をしていたら、何を話そうか忘れてしまった。
これでいいのか…Suicaよ…














本日は筆者の都合によりオチがありません。(合掌)

AD

BAD GIRL

テーマ:

ららら~ららら~ららら~?

ててて~ててて~ててて~?

おいこらー!



いまの日本は、あかんね!

いやね、少し前のことになりますが

女子大生二人組がバスに乗ってきました!


きれいやん、と思い顔が赤くなってしまいました!


そのうち僕は眠くなり、



zzzーzzzーzzz


(十分後)


がやがやー!

なんだ、なんだと思い聞いて見ると、さっきの女子大生の声!


A:「あー、まじ彼氏うざい!」

B:「まだ、あんなんと付き合ってんの?」

A:「そうなの!まじ頭くる!」

B:「なにが?」

A:「ちょい、あいつ私の誕生日忘れてたのよ!」

B:「まじかわいそう」

俺:(彼氏ぼこぼこに言われてるよ、彼氏かわいそう)

A:「ちょっとあいつ(彼氏)、調子乗っとる」

B:「私もそう思う」

A:「あんなバカ別れようかな?」

B:「でも男なんて、所詮車の運転手だし!まだ使えるらー?」

きゃはは、きゃははと車内に響きわたる笑い声。

俺:(こいつらー!このブタどもめ!性格最悪だよ!)

という会話があって、僕は女の子が怖くなりました!

みなさんどうおもいますか?


AD

本日(金曜日)、1時間目から授業です。
が、寝坊してしまいました。
朝起きたら8:00。
直感的に「無理ッ」と悟る。
いつも思います。我が家にヘリコプターがあったらなぁと……
もしくは、ドラえもんの何処でもドアがあったらなぁと。
いや、何処でも行けなくたっていいんですよ。
家から学校の門まで通じていれば。
そしたら、片道1時間半以上、電車に乗って移動しなくても済むんですよ!!
もう21世紀ですよ?そういうシステムが構築されてもいい時期じゃないですが。



少々非現実的な事を語ってしまいましたが。






1時間目は出席しませんでしたが、2時間目に始まるまでには少々余裕がある時間に到着してしまいましたので……



















ビール飲んでました(爆)
朝っぱらから。










だって、朝寝坊してテンションが激下がりだったんですもん。
500ml缶のビールを、学校近くのコンビニで飲干す。
さぁ、気分が良くなってきた。
学校の「コミケ」と呼ばれる場所で後輩に遭遇したので、とりあえず絡んでみる(なんて先輩だ…)
うちの学校ね、狭いから知り合いと遭遇する率が物凄く高いんですよ。
その中でも特にエンカウント率が高い(1日3回ぐらい見かける)後輩Hが犠牲となりました。アーメン。
というか、学校内知り合いだらけですから。
ちょっと歩けば、誰かかんか遭遇するわけですよ。
狭いキャンパス万歳!!




と、そんなことはどうでも良いですが、一応酒は入ってましたが、2時間目の授業はとても真面目にやっておりました。








みなさんは寝坊には注意してくださいね。

どうも!

テーマ:

てんぷら、てんぷら、てんぷらーーー

・・・

夢かぁー、おいしかった。

ってなわけでいちご君の第三弾、

「性格コンテスト1992」

・・・

では、コンテストに出場するみなさんです!

エントリーナンバー一番:東京でスイカ使えるようになったスイカ君

”           二番:かつら疑惑の帝王クレソンくん

”           三番:つっこみ「意味ワカランシ」の元祖メロン君です。

では、ひとりずつ自己紹介どうぞ!

ス:わたくし、性格がよいスイカ21です(もうすこしで)

ク:僕は、スイカより性格が温和で動物にも好かれます!

メ:性格は、良くて、得意なのは接客ですね!


性格を一言で表すと・・・

ス:夜勤に強いみたいな!

ク:スイカよりは良いです!

メ:いらっしゃーい。


最後に一言・・・

ス:彼女ほしいかも

ク:じゃあ、ぼくも

メ:おまえら意味ワカランシ!


審査員の先生がた、優勝は?

審査員:メロンくん!!!

メ:意味ワカランシ!

審査員:貴公は、性格コンテストでよい成績を収められましたので、授与します!

ス+ク:もう栄いこ!いちごもいこ!飲も飲も!

メ:なんだよー、意味ワカランシ!

メロンくんの意味ワカランシは、感情がよく伝わってくるのであった!


この物語は、ヒック、ヒック、ヒックションです(--)