2006-06-15 16:30:23

危機と向かい合う時③

テーマ:ブログ

(コチラからどうぞ音譜   


1週間程、Eさんは透析室から姿を消しました。



その間、


スタッフが日勤帯と夜勤帯に


電話で安否(生存)確認をしていました。


電話口で訴えを傾聴し、


透析に来るよう説得を続けました。



足の痛みに耐えられず、


彼は救急車で受診しました。


けれども、そこでも


透析は拒否しました。


痛み止めの注射だけ行い、


入院となりました。



それから数日、

透析を拒否し続けました。


病室では呆然として


時折ぶつぶつと独り言を言っていました。



そんな中、


彼の心の中で変化が起きたようです。



「透析もするから…生きるから…

 足を痛くないようにしてくれ」



不足分の透析を連日で行い、


壊死した右足を膝より下から切断しました。



手術後の彼Eさんは


意外とケロリとしていました。


幻肢痛(1)は時折ありますが


痛みは格段とよくなったようで、


これからの事を考える余裕も


少しずつでてきたようです。


ちょっとずつ、


いつもながらの威勢の良さも


復活しつつあります。。。




***



否認と孤立→怒り→取り引き→抑鬱→受容



……過程は人それぞれで


同じところを何度も繰り返したり


一旦受容まで行ったようで


また最初に戻ったりするそうです。



まだまだ、Eさんはやっとスタートに立った段階。


きっと今までのままでは


予後も長くはないでしょう。



課題は山済みですが、


これからの日々を大切に


生きてほしいです。。。



(1)幻肢痛:

体の一部(通常は手や足)が切断されたにもかかわらず、

そこに痛みを感じる。




↓(*ノωノ)oO(よろしかったら応援のクリックお願いします☆)

ポチリクローバー

もひとつ、ポチリコスモス

携帯ブログランキングにも参戦中!





はちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。