ハチどんの 家を建てたぞっ!

長い外国生活に終止符を打ち 2012年の秋に本帰国した ハチどん*夫妻。
日本での住処をどうするか…積水ハウス・シャーウッドで 木の温もりを感じる家を建てることにしました。
2013年6月末に完成!
今後は住んでみての感想を含め WEB内覧会を行っていきます。


テーマ:

最近、「豚しゃぶ」に凝っております♪

実はね、お正月にしゃぶしゃぶのお鍋をしよう~♪と思って、しゃぶしゃぶ用のお肉を買いにスーパーに行ったのですが、

しゃぶしゃぶ用のお肉は豚肉しか売られていませんでした。

なんで…?

牛肉は「ステーキ用」や「すき焼き用」ばっかりで、

「しゃぶしゃぶ用の牛肉」が売り場にないんです。

売り切れたわけではなさそう。

関東のしゃぶしゃぶって豚肉がメインなんですか !?


例えば、肉じゃが。

肉じゃがのお肉は 関西は牛肉なんですが、

関東では豚肉ですよね?

これと同じで、しゃぶしゃぶも関東では豚肉がメインなのでしょうか はてなマーク

関東の中でも、ハチどん*夫妻が住んでいる地域だけなのでしょうか はてなマーク

よくわかりませんが、しゃぶしゃぶ用のお肉は豚さんしか売ってないので、

豚さん ブタ を購入し、しゃぶしゃぶをいたしました。

ん~~~おいしぃ~~~♪

豚しゃぶっ! おいしいぢゃないかっ! キャハハ

しかも! アクがそれほど出ないし!

ダシがきれいなままなんですよ!

最後の雑炊もおいしぃ~~~♪ じゅる・・

こんなにおいしいのなら、豚肉のしゃぶしゃぶも全然悪くない!

豚肉は牛肉に比べて安いしねっ 音譜

この冬は「豚しゃぶ」でほくほく温まろうと思っております~♪



 **********************



さて、本題。

昨日の記事で、積水ハウスの「住まいの夢工場」に参加したという記事を書きました。

この施設 ↑ もかなり良かったのですが、

実は、ハチどん*夫妻が積水ハウスで家をつくろう!と思った大きな理由は、

契約前に、京都にある「納得工房」というところに見学に行ったからなのです。

   興味がある方は こちらのHPをご覧ください

この「納得工房」は、夢工場の中の「木造や鉄骨住宅の積水ハウスの技術や、地震や災害から守る研究、家づくりに役立つ知恵や工夫」の部分を特にピックアップされている施設なんです。

「住まいの夢工場」が日本全国に何カ所かあるのに対し、

「納得工房」は京都府木津川市 一カ所にしかないんです。

関東にもあったらいいのになぁ~。

もう一回行きたいと思いますもん。。


ハチどん*妻は 関西のマンションを売却する前までは 関西に滞在していたんです。

ハチどん*夫は、関東と関西を行ったり来たりしてたわけですが、

たまたまハチどん*夫が関西にやって来た時に「納得工房」の見学バスツアーが開催され、

「納得工房」見学ツアーに参加することができたんです。


「納得工房」もお弁当とお土産付き♪ おにぎり

抽選会もありましたよー。

「住まいの夢工場」の抽選会よりも豪華な景品でした。

1等はルンバだったような…。

ハチどん*夫妻は いつものようにしっかりハズレでございました… ガクリ

ルンバ、欲しかったなぁ。。。ううっ...


「納得工房」は、各個人が自由に見て回る…というのではなく、

10数人くらいのグループに分かれて、各施設を説明付きで見学をする…という感じでした。

「住まいの夢工場」と同じように 地震体験ができたり、鉄骨や木造の構造の説明はありましたが、

「住まいの夢工場」にはない体験コーナーがたくさんあったんです。

中でも印象的だったのが、強風体験。

積水ハウスは、台風が多い日本の建物を どうやって守るかの研究を日々、絶え間なく行っており、

屋根や壁が強風で飛ばされた地壊れたりしないような家づくりをしているんですねぇ。

実際に、強い風を受ける体験もさせていただきましたよ。

ロングヘアーの私は、髪が舞い上がって、ものすごい状態になっちゃいました。。え゛!


他には、塩害から住宅を守る研究。

日本は島国です。

ぐるっと海に囲まれた国ですから、海辺の家は塩害にさらされているわけです。

塩害にさらされた地域の住宅をいかに長持ちさせるか。

こういう研究も日々、行われているんですね。


他には、長く住み続けることができる家づくりの工夫です。

長く住み続ける…ということは、住んでいる人間も年をとっていくということ。

今、現在だけを考えた家ではなく、

大切なのは 10年後、20年後、30年後のことを考えた住宅づくり、

生涯住むことができる 住宅づくりなんですね。

年を取った時に 住みやすい家であるのか?

若い時には理解できない年を取った時の体の状態。

ギプスを付けて歩いてみたり、階段を上ってみたりで高齢者の体の状態を体験することができるのです。

廊下の幅、階段の1段の高さや踏みしろの幅、段差がないバリアフリーなフロアなど。

どんな風に工夫をすればいいかなどのアイデアをもらうことができます。


積水ハウスが日々、研究していること。

地震や災害に強く丈夫な家ということはもちろん、

長く住むことができる家、安らぎを感じることができる家なんですね。

実際に、どんな研究をされているのかを見て、

研究されている方のお話を直に聞いて、

私たちは積水ハウスで家を建てよう!と決めたのです。


大手のハウスメーカーは高い。

確かにそうだと 私も思います。

でも、高いにはそれなりの理由があるんです。

これだけの研究開発をするにはコストがかかります。

大手のメーカーでないとできないことなんだろうと思います。

ローコスト住宅のメーカーや 地域の工務店も、もちろん日本の建築基準をクリアした家づくりをしています。

しかし、大手のハウスメーカーは、日本の建築基準を一歩踏み出した ハイグレードな家づくりを行っている…ということなんです。

過去記事にも書きましたが、

大手でローコストをうたっているハウスメーカーはこちらの過去記事に書いたようなことを行ってコストカットしているのでしょうし、

地元の工務店は 広告宣伝費がほとんどかからなし、住宅展示場も持っていないので 営業マンや事務員などの人件費が必要ないし、その分の経費を削減できる…という理由があります。


だけど、「納得工房」や「住まいの夢工場」を見学することで、

私は 大手メーカーは高い=ボッタクリ!…と思わなくなりました。

「大手メーカーの価格が高いのは ちゃんとした理由があるのだ」

…と、そんな風に思うようになったのであります。

大手メーカーは 常に研究開発を行っていること。

そして、アフターケアがしっかりしていること。

これが大手メーカーの強みなのであろうと思います。

研究開発には莫大な費用がかかりますし、

20年、30年と 長くケアーをしていくためには 人もデーター管理も必要ですから、

当然、費用がかかります。

このへんが、大手メーカーは建築費用が高い、ということにつながっているんだろうと思います。

ただ単に 大手メーカーだから価格が高いのではなく、

価格が高いのには理由がある…ということなんですね。


日本国内で業界一の実績をあげており、

それにあぐらをかくことなく、日々、研究開発を行い、

より良い家づくりを目指し努力をしている「積水ハウス」。

それとともに、営業マンH氏の人柄と熱意、そして設計士のT氏の提案のすばらしさ。

これが「積水ハウスに家づくりをお願いしよう」と決心した大きな要因でございました。


家を建てた後に「積水ハウスで建てて良かった!」と思えるような、

そんな家づくりをしたいです!

いっぱい迷って、たくさん悩んで。

満足できる家を建てたい!

…そんな風に思います。




         よかったら応援をよろしくお願いします♪
     にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ハチどんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。