卒業旅行の初海外、初タイ以来、タイっていうか海外旅行に大ハマリ。

ツアーで満足していた私に転機が!

バックパッカーという存在を知り、個人旅行に目覚める。

で、ちょっとした機会をへて一人旅へ!

こんな私の初心者旅ノート


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年08月24日

【ルアンパバーン】レモングラススチームサウナ

テーマ:ラオス

ルアンパバーン

レモングラススチームサウナ
スカンジナビアベーカリー横の道を進むと裏にある

サウナにドはまりして毎日、通ったサウナ。
薬草のスチームサウナなので、ほのかに香るハーブが最高にいい。
ここで、休憩→サウナを往復して満足したら、爽快気分でビールに
流れるのが日課。

ラオ人はサウナに入ってる間、体をこすって垢を落とすんだけど、
これだけは、げーって感じでなじめなかった。
まあ、そこは郷に入ったら郷に従え。
知り合ったラオ人の女の子にはちみつを貰ってパックしたり、
コーヒーの粉でスクラブしたり、美容ケアを楽しみました。
そういや、毎日入ってるって言ったら、余計体に悪いって言われた。笑
ラオ人は体の調子が悪い時に入るみたいです。

ちなみに赤十字サウナと同じ金額なので、
こっちの方が断然オススメ。
サウナの中も明り取りがあるので赤十字サウナと違って、
明るく清潔感があるしね。

ルアンパバーン
マッサージも開放感あり
腕は普通。でも、風が通るので気持ち良い。
マッサージを受けるのに着替えるので、両方やるならマッサージ後に
サウナに入るのが一番スムーズ。
着替えが一回で済むからね。

サウナ:10000kip(¥100)
マッサージ:40000kip(¥400)※1時間

【2012.3】

AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月22日

【ルアンパバーン】滞在3日目、念願のワット・シェントーンへ

テーマ:ラオス
2012年3月27日 (ルアンパバーン3日目)

昼食は済ませたが、時間は14時前。暑い、とにかく暑い。
暑いが、お次は念願のワット・シェントーンへ。
入場料:20000kip(¥200) ※2日間入れます
シン代(腰布):5000kip(¥50)
ショートパンツだったので、シン(腰布)を借りて中へ。

ルアンパバーン 
ルアンパバーン様式の本堂
ワット・シェントーンは、1560年セータティラート王により
建立された寺院。
この屋根の特徴(低く地面につきそう)がルアンパバーン様式。


補修中
お坊さんがやるんだ。専門の職人がやるわけじゃないのね。

 
本堂横の象
なんだっけかな。意味は忘れた。

ルアンパバーン 
本堂背後の壁画モザイク
マイトーン(黄金の木)。ワット・シェントーンと言えばこれ。
超キレイなのです。

ルアンパバーン
霊柩車庫
シーサワンウォン王の葬儀に使用された霊柩車が中に
収められている。

 
霊柩車庫内の仏像
背後のモザイクがきれい。

ルアンパバーン
レッドチャペル
当時の人々の暮らしがモザイク壁画として残されている。

ルアンパバーン 
なんか可愛い
こういうモザイク、大好き。

ルアンパバーン 
象もいるね
なんか和むわー。
・・・とよくよく見ていたら、そうでもないことに気付く。

ルアンパバーン
ひょえー、首、ちょん切られてんですけど
結構、怖い・・・。

ルアンパバーン 
境内には他にこんな雰囲気も
あー、大満足。
さて、暑さで朦朧としてきたので、帰りますか。

ルアンパバーン 
途中、雄大なメコン川
やっぱ、無理。休憩しよう。

ルアンパバーン
メコン川を眺める素朴なカフェ(って言うのか?)
ラオ人がやっているので超素朴。
8000kip(¥80)のコーラをいただく。
ここで、少し日本語の話せるラオ人女性に話しかけられる。
意外といるのね。
それにしても、和む~。でも、私はカーン川の方が好き。

ルアンパバーン 
参考までにカーン川
緑が多いのです

この後、ホテルに戻り16時まで昼寝。
それから、レモングラススチームサウナで寛いだ後、
fusakoさんと合流して、シンダートで夕食。
夕食後は、ナイトマーケットを散策して本日終了。
今日も大満足でした。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月20日

【ルアンパバーン】ワット・セーン前の有名カオソーイ屋

テーマ:【グルメ】ラオス
ルアンパバーン 
 
ワット・セーン前の有名カオソーイ屋
センスークGHホテル横

賑わっているな~と思って、たまたま入った店が
有名店のこちら。
元々、絶対行こうと思っていたから、ラッキー!
オープンタイムは7:30~13:00。
ほんとギリ滑り込めた状態。

ルアンパバーン
カオソーイ:15000kip(¥150)
わお、有名店だけあってサブローの倍の値段!
サブローは8000kip(¥80)

味はタオチオがかなり効いている。
※タオチオは田舎味噌みたいな味です
全体的にあまり辛くない。それでも私は鼻水ずるずる。笑
美味しい!美味しいけど、やっぱり私はサブロー派。


【2012.3】

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月18日

【ルアンパバーン】王宮博物館前の肉まん売り

テーマ:【グルメ】ラオス
ルアンパバーン

笑顔のステキな肉まん売りのおっさん
王宮博物館前

肉まんはたまご入り。
甘いのはココナッツロングがたっぷり入っている。
別に肉汁がたっぷりのジューシー!ってわけでもないし、
とにかく素朴な味。
個人的には、肉まんがおすすめかな。
2日通ったら、顔を覚えられた。
値段は忘れたけど、高くはないです。

【2012.3】
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月16日

【ルアンパバーン】滞在3日目、中心地を観光

テーマ:ラオス
2012年3月27日 (ルアンパバーン3日目)

今日で居心地の良かったベルエアーも最後。
次の宿、ヴィラ・メウアンラオまで車で送ってくれる。
そういえば、ルアンパバーンにきてからなぜだか午前中だけ、
涙が止まらない。
野焼きの影響?

ルアンパバーン 
ルアンパバーンは日陰が少ない
炎天下の中を歩く途中、博物館前で肉まんを買う。
昼食は午前中しかやっていない、カオソーイの有名店にて。
多少、英気を養ったので、散歩再会。

ルアンパバーン
ワット・セーン
結構、広い。

ルアンパバーン 
立派
この暑い中、うろついているのは私とファランぐらいだが、
熱心にお祈りする青年二人を発見。
ピンっときた!絶対、タイ人だ。
聞いてみるとやっぱりそうでした。

街で見かけるルアンパバーンのお坊さんって、
のんびりしているというか、戒律が厳しくないのか
ゆるいイメージ。
本堂の中で仏様を前に携帯片手に寝っころがる、
お坊さんも見かけたし。笑
実際、fusakoさんから話を聞くとかなりゆるいんだって。
彼らはタイ人の前でそれをやると叱られるから、
タイ人が怖く、彼らの前ではしっかりするそうです。
子供みたいでなんか憎めないよね。
また、托鉢の好みも色々あるようで、お菓子ばっかり貰っても
飽きるらしく、なんだか人間味溢れているんだよな~。
ミャンマーのお坊さんともまた違う感じ。
ミャンマーのお坊さんはまた、もっと寡黙で修行に熱心なイメージ。

ルアンパバーン 
内職中の小坊主
机の上にはビッグサイズのコーラ

さて、お次はルアンパバーンでも一番有名なワット・シェントーンへ!

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。