辻明佳のナイフとフォーク

劇団バッコスの祭所属 辻明佳のブログ


テーマ:
{B13A3446-D80A-46BF-BE83-2E6515B5D55A}
いただきものコシヒカリ(*´﹃`*)
銀鮭西京漬とはじかみ
きゅうりとわかめとカニカマの酢のもの
カボチャサラダ
トマト
納豆
しめじとお豆腐のおみそ汁

{5DB6CD3B-2150-4C8B-87C7-8434E9FD4774}
カボチャサラダはゆでたカボチャをマヨあえするだけだけど
あなどれないうまさで大好き
{573D3234-B470-4D72-B830-2C37BE985BF7}
ちなみに昨日の朝ごはん
つーさんのカレー
トッピングに低温調理のぷるぷる鶏
1日目のカボチャサラダ

野菜の煮くずれだけでとろみをつけた
お水を使わない無水カレー。
ヘルシーだしおいしい人気メニューだよ(✿´ ꒳ ` )
詳しいメニューはリンクをクリック

低温調理の鶏もも 通称ぷるどり は
沸騰させないお湯で湯煎するのでかたくならずにぷるぷる

{22D102DB-CCB5-4323-BD95-081E698338C4}

昨日は十五夜だったので
おだんご作りました

すごいね、白玉粉に同量のおとうふを練りこむとふわふわもちもちになるんやねー
次の日もやあらかー
クックパッド様すごいです!

お月様のおだんごはゆでたカボチャマッシュを少量練りこんでできてます

月に叢雲……
ということでずんだあん
ずんだってすんごい簡単にできるんだね、あんこより全然ハードル低い。また作ろっと
でも枝豆一袋でこの小鉢一皿ぶんしかできんかった((((;゚Д゚)))))))
ぜいたく品やー!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バッコス解散の燃えつき症候群からなんとか社会復帰しつつあるわたくし
芝居がない時期はなるべくごはんをメモしておくことにしたよ

{672E8ACC-B79D-4797-9DFD-79D3FC1CFB9E}
本日の朝ごはん

麦ごはん
カボチャとおねぎのおみそ汁
ワラサの照り焼き
オクラの塩ゆで
なすのツナペペロン炒め

秋ですなぁ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
つづきです!

【「じゃ、進みまーす」】
やっと雨乞いの全振り付けが終わった……と全員が安堵した瞬間に、愛梨が放った衝撃の一言。まだけっこうあった。

【「ジャン負けで飲んだらえいわ」】
ぶんさんのセリフ「そん蛇口。なんやわからんけんど、せっかくあるに、どうもせんがか?」に対する、にわくんのガヤ。問題がありすぎていくつもボツに。
最終的には
隆「カエルでも浮かべてみますか?」
文太「それがえい」
宗一「かわいそうじゃ」
などにおさまった。文太……

【シューしまーす】
スプレーをする前にこれを言うと、まわりの女子が迷惑そうにせき込み始めるという呪文。結局、ほんとにシューする時には特に何も反応しない。

【12時ばあ】
土佐弁で「12時頃」「12時くらい」のこと。
ex.「集合12時ばあ?」「いや、13時ばあです」

【絶不調】
にわくんによる広瀬香美『ゲレンデがとけるほど恋したい』の替え歌。
「絶不調! 俺ののどが!!」
と絶唱する。やめて。

【絶望】
千秋楽、荷物が予想以上に多かったときの心境。
ex.「まりん、ほしがってたのれんとフレーム置いとくね!」「絶望」
{009A1839-B5AA-4D07-8136-45F63E7A8B58}
「これなら持てるんじゃね??」とバラしテンションなうちら

【全力ドラゴンボール再現】
打ち上げで突如はじまった、オーバーサーティー男子による遊び。
{21B368D1-7167-4C4F-B8D5-A65B6EAB2BB4}

俺ごと貫け的なシーン。えっとおのさんが? ピッコロ? ぶんさんが悪いやつで、にわくんが悟空。
これで張り切りすぎたせいでぶんさんはのど風邪をひいたらしい。

【ただのつーさんのかわいいやつ】
明子が水の専売権を手放してみんなのものにするシーン。
{846CAB67-7258-4159-8449-E4C6D63C1EF8}
明子「もうそれなりに貰うたしな! ぐししし」
沙織「武内さん、ありがとう」
一同「武内さん、ありがとう」
明子「おーっほっほっほ」
文太「魔女や」

というのが本来の流れだが、どうしても「ぐししし」の時点で「魔女や」と言ってしまうぶんさん。
「あれは、ただの、つーさんの、かわいいやつ。魔女じゃない」
と何度も唱えることにより本番をノーミスで乗り切った。

【立つ稽古】
辻が考案したバッコスオリジナルメソッド。通しや本番前に気入れ的にやる。
ただただ立って、①自分自身の身体、②役の内面、③相手の役者の存在、④役者全員の存在、⑤劇場やお客さんの存在、と、意識を集中する対象をだんだん広げていくという練習。
③では二人一組になって向き合い、相手の存在を感じあう。
初日と千秋楽ではこのペアを「最高のスタンダード」にするのが習わし。

【「誰狙いじゃ」】
にわくんが大層気に入り、鉄平に対して乱発していたセリフ。
美花が蛇口の水を飲むのを止めるのが鉄平だったり、立つ稽古の最高のスタンダードで消去法的にペアになったりしたことから、最終的に「美花狙い」だということに。

【ダンサー】
雨乞いに参加する人たちのこと。
ちなみにおのさん・越中・まりんは本番中「バックダンサー」として舞台セットの裏で踊っていたそうです。

【チーフ紹介】
制作チームの打ち合わせで、チーフのみくが「制作チーフ相馬です」と挨拶すると、制作スタッフのかなみや綾ちゃんが「よっ、チーフ!」と合いの手を入れるといういつもの光景。
日を経つごとに雑になり、最終日はもはやみくが名前を言う前に「チーフ!」と言われていたらしい。

【◯◯◯】
劇中に堂々と放送禁止用語を言っていたことに突然気づいてしまった、辻明佳。
「そんじゃぐちんこと誰に聞いた?」
{5E9332EE-9B49-493F-8E1F-47DC896EFC76}
気づいてからも言い続けました。セリフだから

【辻が来れば思い出す】
仕込み日、「ゆ」ののれんにアイロンをかけるのをまりんにお願いしていた辻。
他の作業をしていると何度も忘れるが、辻が来れば何度も思い出すことから、童謡『夏の思い出』のメロディーで生まれた替え歌。
「辻がくーれば思い出すー、のれんにアイロン、とおい空ー」

【手さん】てさん
「いいね隊」や、水戸部の回想イメージシーンなどの抽象的なシーンで、役者たちがはめていた白手袋さんのこと。白手袋が生きてしゃべっているように演技せよ、という演出だったため「手さん」と呼ばれるように。
転じて、手袋が生きているように演技することそのものも「手さん」と呼ばれた。
ex.「え、ここも手さん?」「手さんで」
テ・ヨンジュンとも。
{68791C8D-6AF3-4956-B578-E3F1CE3BE81A}
ここの演技がいちばん難しかったというにわ氏

【ティータイム】
劇中、しばらく出番がなくて暇な時間帯のこと。
明子と富島の二人は、古島のみんながフラタニティの二人をおもてなししているあたりから、急に戦争が始まるシーンの終わりまでが約15分のティータイム。
モニターで戦争の手さんを見届けてから楽屋を出てました。

【店長】
ぶんさんが稽古中にやらかした、伝説の言い間違い。もちろん正しくは村長。
シリアスよりのすてきなシーンで「……店長!」と高らかに呼びかけた。
のちに本番一週間前の通し稽古でも同じ場所で「……船長!」とやらかし、騒然となった。

【飲み水衛生大臣】のみみずえいせいだいじん
蛇口の水以外はすべて本物のお水を飲んでいたのだが、そのコップを洗ったりお水が古くならないように気をつける係のこと。
シーンごとに設置され、たとえば最初にねえさんが持ってくる「どちらがうちの商品でしょうか」のお水の大臣は越中。
お水は直前まで「すべてエアーで妥協する」ということだったので、急な変更に協力してくれたみんなに感謝です。
{A77AD15F-5874-4DF9-9F94-8D61768E979F}
手に取りやすいようにコップの配置を研究してくれたじゅんねえ。萌

【姉さんの箱】
『スパルタクスの乱開発』にも登場したステキ小箱。ねえさんが小学校の時に作った力作を辻が飾りつけたもの。
{507DBBD9-9E17-45A9-8210-3593D45483D5}
前回、捨てていいよというねえさんに、そんなそんなともったいながったみくが持ち帰り、今回は制作のこまごまグッズ入れとして活躍していた。
受付で気づいた人がいたら天才。

【「瞳がきれいだから瞳」】
蛇口が突然出現したシーンで「瞳さんが立ててくれたが?」というセリフをどうしても「明子さんが立ててくれたが?」と名乗ってしまう、稽古中の辻が、瞳さんの名前を覚えるために唱えた念仏。このあとに「明るい子だから明子」と続く。

【ビビデバビデブー】
「瞳さんが立ててくれたが……?」のイントネーションを覚えるために、辻が採用した同じイントネーションのことば。
「瞳さんがビビデバビデブー……?」

【フレーム】
モンスターワールドのシーンで島民たちが持っていた木の枠。枠とも。
{965F456F-6E3F-4F6B-8F8E-03589D7072F9}
照明の位置取りのために立ち尽くす枠隊のみなさん
{4BBB67E7-B150-476C-9E0C-57F8A7BE20B1}
はいかわいいねー
参考→モンスターワールド

【ぶんさんチェック】
「本日の嫁の顔はこんな感じでよろしいですか?」と、辻がぶんさんにメイクチェックしてもらう制度。
ぜったい「ちょうかわいい」夜は「マチネよりかわいい」と言ってもらえるので元気が出るが、日を追うにつれ三娘たちもぶんさんチェックを受けはじめ、平等にほめられ、辻が嫉妬するという図式ができあがった。

【ポリタンク】
20リットル、つまり20キロの水が入るすぐれもの! 重い!
水を運ぶシーンでは、5つをぐるぐる回してました。じつは裏がたいへん。
{BDF4FF03-6F3D-4C2B-B34D-8C26495EFB2C}
合計8こが森山家で幅をきかせてるんで誰か半値で買ってあげてください

【ポロシャツでできてる座布団】
仮の小道具としてそうちゃんがおうちから持ってきてくれてた座布団が、そうちゃんの衣装とまったく同じ色だったため、辻とぶんさんの間で生まれた仮説。
{7946D0EF-2FE3-4CA5-AA21-2458B5278F7A}
村長家にはあの色のポロシャツがいっぱいあって、古くなったものから沙織さんが座布団にしてくれるんだと思う。

【水養生】みずようじょう
舞台上でお水を飲む際に必要な仕込み作業。舞台面にビニールをかけ、その上からパンチカーペットを敷く。
やらずにエアー水でとおす予定だったけど、意外と安いのでやってみた。やっぱりやってよかったな。

【民宿やってそう】
奈緒の服装と髪型。沖縄のゲストハウスとかもやってそう。

【村田宗一】むらたそういち
正しくは本田宗一。
村長のイメージが強すぎて、「村田」と呼んでしまう人続出。
私もいま本田を思い出せなくて台本見ました

【めんどくさいと叫びたい】
BAAD『君が好きだと叫びたい』の替え歌。
辻とみほが36本のペットボトルのラベルを張り替えながら、いつの間にか叫んでいた。

【モンスターワールド】
HOWL BE QUIETというバンドの『MONSTER WORLD』まるまる一番流しっぱなしにして、役者たちが島の発展とかを表現するシーン。
リズムに合わせなきゃいけないのも勿論だけど、全員が舞台上に出るので、小道具のイリハケがきつくても誰も助けてあげられないのが一番大変だった。
でもみんな楽しそうすぎて幸せで、毎回泣きそうでした。

【陽気な妖精さんのパレード】
いいね隊についた演出。みんなそれを目指してやってましたよ。どうでしたか。

【ライジン】
1.RAIZINというエナジードリンクの名前。
2.RAIZINを飲むこと。姉さん用語。
ex.「いつライジンするべきだと思う?」「全集前じゃないすか」

【リアクションごっこ】
楽屋ではやった遊び。にわくんがドラゴンボールや幽遊白書の技を放ち、りょうこがヒントから想像してリアクションする。
ex.「気円斬……!」
「ばりばりばりばり」

【りょうこがかわいいところ】
りょうこがお立ち台で水を飲んで「お、おいしい!」とのけぞるシーンのこと。当初はここで「ああ、かわいい」「はいかわいいねー」「人生おめでとう」と、なぜか美花をほめたたえるシーンが続いていた。何度かの変遷をへてそのすべてが削られた時には、演出から「※かわいくないからではない。」という注意書きがついた。削って正解だと思います。りょうこはかわいいけど。


以上です!!\(^o^)/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
お待たせしました裏用語集です!
毎度のお願いになりますが、関係者のみなさん、失礼なことがありましても愛ゆえなのでご容赦いただけたら嬉しいです!

愛があふれすぎて1記事におさまらんかった^^;

まずは最初にキャスト全員の名前とあだ名をおさらいしておこうかね!

{26E59771-C60D-4450-802E-65C46981DD21}

ではどうぞ!



【アート】
作中で愛が、自分で作った「アート」をドヤ顔で持ってくるシーン、じつはあれは『マタイ』で辻が描いた絵と、『パンゲア』で愛梨が作った動物つき手袋でした。
{6F69CB07-84E2-4694-BB2F-1B2D3D020FCA}
↑絵

【雨乞い】あまごい
島民たちが雨を求めて踊るダンスのこと。また、そのシーン。
ゆるい盆踊りみたいのかとおもいきや、予想の数倍激しい愛梨の振付に翻弄されるオーバーサーティーと、こともなげに踊る娘たちのコントラストの妙がみどころ。
{0E53B8EA-3D27-4F3E-BC4D-69E211618ED7}

【あやかりたい】
りょうこがかわいすぎて、何かにつけて浅草寺のお線香の煙よろしくりょうこオーラを全身に浴びようとする辻、拝むぶんさん、無表情でメッカの拝み方をする愛梨。

【いいでしょう】
姉さんの最近の口癖。
ふつうなら「……まあいいよ」くらいの場面でも大音量で「いいでしょう!」と言い切るのがポイント。なんなら食いぎみ。勇気をくれる。
ex.「姉さん、次もビールでいいでs」「いいでしょう!!」

【いいね隊】いいねたい
物語中盤、瞳と隆が語らうシーンに突然現れる白手袋の人たちのこと。フェイスブック隊とも。
{126127C6-E9FF-490D-82CC-B04671FECE2B}
途中一回だけ「いいね!」じゃなくて小声の姉さんの「がんばって」だけになるのだけど、小屋入りしてもまだ間違う人続出。
段取りがなにげに細かく、失敗が即バレる、恐怖のシーン。

【生まれながらの村長】
中盤にはさまった、隆が島を出て行こうとする回想シーン。
じつは10年前の設定なんだけど、あれ、じゃあこの頃村長ハタチそこそこ? まだ村長じゃなくね? という疑問を、
「村長は、生まれながらの村長」の一言でねじふせた、森山智仁。
ちなみにこのシーンでのぶんさんは結婚指輪とメガネをはずして時の流れを表現してました。

【お立ち台】
舞台下手にあるビールケースのこと。女子が立つとかわいい。

【おにぎり乾杯】
おふろ屋さんの完成と島の発展をみんなで喜ぶシーンのこと。
千恵の作ったおにぎりと、商品化された古島の水で乾杯することから。
当初はほんもののおにぎりを使いたがって「毎回にぎるよ!」などと言っていた役者陣ですが、
今となっては当時の自分に何考えてんの? と言いたい。
参考→モンスターワールド

【俺楽屋】おれがくや
萬劇場は楽屋が二カ所に分かれているので、小さい方が森山くん専用の楽屋になった。
ex.「客席乾杯の飲み物2ケース以上残ったけどどうします?」「俺楽屋に置いといて」
同義語に「森小屋」がある。

【外国人のお客さん】
「発表の場を欲しがっちゅうアーティストならこじゃんとおるき」
「発表の場を欲しがっちゅう外国人のお客さんはこじゃんとおるき」
と本番で言い間違えてしまった、ある日の愛梨。
{91FE13B8-135F-427E-9A89-3335DD76E569}
何を発表するのかわからない。

【カシオレ】
ぶんさんの居酒屋での飲み物。だいたいいつもカシオレ5センチくらいで通す。下戸なのはいいとして、もはやのど渇かないのか不思議なレベル。
打ち上げではノンアルカシオレなるものを見つけ、お代わりを楽しんでいらした。

【かぶき】
雨乞いダンスでの振り付けの一種。歌舞伎の見得を切るようなポーズのこと。
{9189AEBA-7682-4A42-BC1A-DDFD678EF8BB}
これね

他にも、よさこい、パンチ、ももクロ、キラキラなどの用語を駆使しながら振りを覚えていました。
ex.「左、右、かぶき、まーわーーって、投げてー投げてーくるくるくるくる、パンチ、パンチ、パンチ、ふれふれ、もーーもーークーーローー」

【かわいい】
りょうこのこと。
今回は丹羽くんによって、りょうこのかわいさを讃える替え歌が量産された。
ex.)「(人間っていいなのメロディーで)
いいないいな りょうこっていいな
(超速で)かわいいかわいいかわいいかわいい
かわいいかわいいかわいいかわいい
かわいいかわいいかわいいかわいい
かわいいかわいいかわいいかわいい」

【キスシーン】
武内夫妻がキスしそうになるシーンのこと。
じつはト書きにはキスのことなど何にも書かれていず、当初はキスするプランもなかったのだが、
辻もぶんさんも、演出のもりもいつの間にかここを「キスシーン」と呼んでいた。

【銀河一】ぎんがいち
メイクが仕上がったまりんのかわいさ。

【「くずれたおれろよ」】
母親の死を暗示するシーンで「母ちゃん!」と叫ぶりょうこの演技に、愛梨がつけた注文。
泣き崩れろよ、的なことを伝えたかったっぽい。

【國江がどんどんちっちゃくなっちゃう】
じゅんねえが稽古場にいない間、代役を声のみにしていたら、みんなの中での舞台上の「エアーじゅんねえ」がどんどん小さくなっていってしまった現象。
最終的にはE.T.くらいの大きさに。
{57D14FBE-328C-4390-90B9-DC9D2319C4F4}
小柄な役者さんの身になろうとしている姉さんとまりん。

【クロッスス】
縁側に置いてあるクロックスを左右逆に履くと、足をクロスしてしか進めなくなるという現象。
にわくんと愛梨がいつまでも飽きずにやっていた遊び。

【劇団バッコスのお祭】
まりんと制作のかなみによる、一日限りの山本リンダ『狙い撃ち』専門ダンスユニット。
二人が劇場にそろう公演で毎回結成され、毎回解散する。
今回は10年目にして、ずっと未定だった部分の振り付けがついに決まった。
さらに照明さんの全面協力&おのさんとぶんさんの乱入という豪華なおまけもついて、みごとに有終の美を飾った。
{D50A29EA-3947-4241-884C-70D8EC2845D9}
前説と後説つき(笑)
{8B252E16-860A-42C4-9B28-0B0248CB7D20}
やーほんと動画貼れたらいいのに(著作権アウトではじかれる)

【現実逃避】
さよさんのお家芸。
本来はさよさんがちえぞうさん(BIRTHなどに出演された瀧澤千恵さん)に
「ちえぞうさん、あと20分でゲネらしいですよ」とふり、
「またまたそんなーさよちゃんたらー」「そうよねえ」と飽きるまで二人でノリ続けるというもの。
今回は「さよさん、あと1ステで解散らしいですよ」「またまたさきちゃん」と周りがさよさんにふるパターンや解散パターンなどが見られた。

【こうすけテロ】
本番直前に忙しく準備をしている楽屋の役者たちに、前回出演してくれたこうすけから次々と舞台のお知らせメールが届くさま。
「こうなるってわかんなかったのかな?」と、まりん。大丈夫怒ってないよ

【個性さん】
動きや表情は人それぞれでいいよ、みんな違ってみんないいよという時の演出。
「ここのハケ方個性さんでいいんでしたっけ?」「うん個性さん」

【子供の中に赤ちゃんおるが?】
愛梨の「おなかの中に赤ちゃんおるが?」というセリフの言い間違い。どゆことやねん

【最高のスタンダード】
1.バッコスのかつての劇団コンセプトでありキャッチコピー。
どんな人にも楽しんでもらいたいという気持ちがこもっていたが、その後「屈折のスタンダード」に変更される。
2. 二人組をたくさん作らなければいけない時に、役どころ的にいちばん関わりが深い人どうしでペアを組むこと。
明子ならぶんさん、奈緒なら千恵、という具合。
主に立つ稽古(後述)で使われる用語。

【最後の◯◯】
バッコス最後の公演となった今作。
制作チームが千秋楽に「最後のマチネです!」「最後の受付開始です!」などと宣言しまくり、もりに「キリないよ」とツッコまれる一幕が。

【さくもん】
「作物」の読み方を、ずっと「さくもん」だと思っていたりょうこ。衝撃。

【三人娘、三娘】さんにんむすめ、さんむすめ
奈緒、千恵、美花の三人のこと。
愛はなぜか入らない。愛だけは若い娘らの中でも「ゆとり世代」に入ってない扱いらしい。
小屋入り前日にもこの三人でお泊まりしてたりして、リアルに仲良しさんでした。

【「幸せアピールがしたかっただけなんです」】
正しくは「幸せアピールがしたかったんです」。瞳が隆と結婚した理由。の、稽古での言い間違い。愛の要素がゼロに。



つづきます!!\(^o^)/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{C74C63A8-F8F2-4C63-BB07-A25AE0BF4230}

いやー終わりました。

2016/8/31〜9/4
『水質調査官』をもちまして
劇団バッコスの祭、晴れて解散! とあいなりました。
日が迫るにつれどんどん客席が埋まっていって、お客様対応に追われてしまい
ブログが滞っちゃってごめんなさい。

打ち上げではさすがに泣いたけど
それとて悲しい寂しい涙じゃなくて、
これまで私たちはこんなにもたくさんの人たちに愛され、支えられていたんだ
と再確認した、嬉し悔しい涙だったように思います。
千秋楽のあたたかいトリプルコールは一生の宝物です。
マジで。
本当にみなさんありがとうございました!

そうそう、バッコスを神DVDという形で支えてくれていた撮影・編集の林さんが
解散記念PVを作ってくれてたんだよー!!
客演さんたちが声がけして、劇団員へのサプライズギフトとして打ち上げで流してくれました。
これには泣くしかなかった。

ものすごい愛とクオリティなのでめっちゃ公開したいけど、JASRAC的にアウトなので個人で楽しむしかできぬのだ! すまん!!

劇団員たちもすでにそれぞれの道を胸はって歩き出しているようです。

今後とも、元劇団員たち、そして辻明佳を!!
なにとぞよろしくお願いします(✿´ ꒳ ` )


私は、とりあえず来年6月下旬にひとつ
でかい企画が進行しつつあります。
うまくいくといいなあ……!
詳細詰めたらまたご報告しますので、なにとぞなにとぞー!!!

てなわけでまずは今作のふりかえりから
{9D91C018-5A0A-4AAD-AD7B-D2F33EB5A5BD}
かわいかったですねえー。3人娘。
千恵・奈緒の仲良し度がもはや恋人レベルな件。
小屋入り前にはこの三人でお泊まりしてたそうです。萌え

頭の回転とバッコス愛がすごくて、
私のネガティヴ発言をいつもひっくり返してくれたさき。
顔は困りがちで態度はひかえめだけど、役者としての火は何気に熱かったしおり。
黒い部分が見つからないみんなの天使、りょうこ。
いつも元気をもらってました。
{3CADE90B-D7F3-432D-B09F-F57A5A673738}
本田姉弟。
決断がいまいち弱いやさしい村長と、気が気じゃない姉。
愛だねえ。

いつも一所懸命悩みながら、それでも女子の重い荷物には必ず手を貸すそうちゃん。
役者としての矜持をいっぱい持ちながら、ひかえめなスタンスを貫いたさよさん。
役者としても、武内夫妻とのコントラストという意味でも、助けられました。
{3757F874-E703-46C7-80A6-900D75BE47B1}
関谷家のみなさん。
今回の物語の中で「成長」する夫婦と、それを見守る家族。
大事なパートをあたたかく担ってくれてましたよね!

礼儀正しくて何にでも積極的で、踏んできた場数を感じさせるみほ。
いろんな大変さを抱えながら、いつもにこにこより良い提案をし続けてくれたじゅんねえ。
面倒見よくて仕事早くて、じつはバッコスの肝っ玉母ちゃんだった愛梨。
そしてにわくんがいなければこのバッコスはなかった。
あなたがたのおかげです。

{C58631B5-4C14-4EC7-8381-88A109576D96}
産廃処理場の二人。
この二人の抑圧された感じがなんともまあ母性くすぐりますよねー(๑´ڡ`๑)
水戸部さんの負のオーラ全開な佇まいと、最後はちょっと前を向けた鉄平くん。
最後までスッキリ感動! で終わらせないバッコスらしさを担ったというかなんというか。

お互いのんきで細かいこと気にしない、でも凝り性な者どうし、何度もつまずきながら、ずっと一緒に黙々と作業してくれたさいか。
私に舞台のすべてを与えてくれたもり。
また元気で会いたいです。
{E89F7F36-FB9B-4A8F-89CC-001F331588AC}
フラタニティのお二人。
都会の雰囲気の洗練された演技。
そして水を売ることのエゴと理想を凝縮して見せてくれた二人でした。
つねに水持ってんな姉さん

すべてのボケを秒殺で拾ってくれるシニカルなツッコミでありながら、
千秋楽の開演前には誰よりも早く泣いていた越中。
バッコス女優としていろんなものを分け合い競い合ってきた姉さん。
ほんとにお世話になりました。
{AD5FBF2F-725C-41F3-9AAE-F129FFDB1AD4}
富島の二人。
数人殺してそうな風貌の大野征十郎と
成金キラキラなりんこちゃん。
冒頭ではめちゃくちゃ憎らしいけど、二人ともいいキャラすぎて萌えがとまらない!
たぶん台本で描かれてない部分では、終盤りんこと明子は仲良くなってんじゃないかなと思ってます。

ジャジーな遊び心と、人間をおもしろがるという形の愛にあふれた小野さん。
舞台上でもプライベートでもリラックスできるまりん。
最後にからめて嬉しかったです。
{E380AA5B-374E-440A-AF4A-E5EF2741DB18}

{981DC1C9-9D49-41B6-8162-60675D3AA93A}
{7FFC4AC5-0E13-4C8E-962B-E005C13E2855}
そして武内夫妻(*´ω`*)ゞ
アンケートすべて読ませていただいてますが、この二人がたくさんの方に愛されてて本当に嬉しいです。
最初台本読んだときは「あー悪役かー」と思ってましたからね(笑)

役についての相談とかはほとんどせず
「お互いがお互いをめっちゃ好き」てとこだけブレなきゃなんとかなるよね、
をコンセプトに好き勝手やらせていただいた結果
明子の毒が強くなればなるほど文太さんが仏と化してそれをやわらげる
という神構造ができあがってました(✿´ ꒳ ` )
やらかせばやらかすほどお互いおいしい٩( ᐛ )و
{DCB679FA-A355-48B1-B209-A376AF19477D}
バッコス史上に残るキス未遂シーン(笑)(5年ぶり2度目)
{5E0C85D1-188B-4234-8782-1AAB9C534FDA}
「頭が高いのーう」から土下座までのくだりとか
ものすごい反響があった「好き!」とかは全部私のアドリブが採用されたとこだったのですが
信頼するまりんと、何やってもフォローしてくれる文さんがいたので躊躇なくやりたい放題させていただきました。。。m(_ _)m
この三人じゃなきゃできなかったシーンだなあ。
{66ED1E97-383F-448D-8A76-CE007F1C5D13}
ほら! 土下座までさせてんのに文さんがいることによってエグくない!笑

お芝居はみんなで作るもんなんだなあ、とあらためて実感し
成長させていただいた公演でした。

{E07D4CF0-1569-4F25-809E-48F472257B5A}
最後に劇団員の全員集合写真を。
このメンバーがそろって舞台に立つことはもうないかもしれないけど、
最後にこの作品をみんなで形にできたことは本当によかったなと思ってます。

いつかまたどこかで会ったとき、共に成長していられるように。
私もまたがんばります。

あらためまして、
この作品に関わってくれたみなさま、
本当にありがとうございました!

えっと次は、
小道具裏話とかいただきものとか
裏用語集とかやるよ!!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。