辻明佳のナイフとフォーク

劇団バッコスの祭所属 辻明佳のブログ


テーマ:
   【次回出演作】
ひとり芝居企画はるさき『人類最後の一人』6/22~25


ひょんな流れでボルダリング初挑戦してきました!
{81CC9C39-64A0-4486-A11B-9C05BB04A5A7}
秋葉原駅に集合☆
メンバーはもとバッコスの金子優子りん、
『スパルタクスの乱開発』などでご一緒した増田悠那ちゃんと伊藤文介さん٩( ´◡` )( ´◡` )۶
全員モノトーンだったので思わずパシャリ
{1257561B-AB36-4BC4-8D42-C553650BEC50}
本格的っ!

色とりどりの壁がかわいらしいですが
基本的には

「スタート」の石に両手をかけてスタート
同じ色の石だけをつたってのぼる
「トップ」の石に両手をかけられたらゴール

というルールらしいです(✽´ཫ`✽)
{8A63FDB7-FE3F-43D8-B1CB-89203668F1D3}
できました٩( ᐖ )و (*´ω`*)

{C8E13A82-37BD-4B03-B9E2-16F4B0233FAF}
{6B7ABF4E-6329-45FD-8948-0622491BA272}

{297554D7-D7FE-4493-BBB9-700713556D8B}
{600EE3C4-CE84-4FC5-A6E1-66E27B452F51}

すでにボルダリング経験者なゆうなとぶんさんはより難易度高いコースへ!
壁がななめってるー
いやー二人ともスポーティー畑の住人だわー(*´ω`*)
{77D8D85A-91C6-41EF-AB28-DD9523B1A793}
初参加組も負けてらんねー!

{05C63D24-7092-468F-9667-9F4A34900C47}

{E7A63094-4AF6-4F94-8624-C0DAAF66A2D6}
うおおおおお
{CDA0B88B-1EEB-4CBA-ACA1-C30E657A8EE3}
気づいたんだけど
ゴールが天井近くなので
ゴールした時の写真はもれなく顔が暗くなっちゃうという宿命がありますね(笑)

けんすい一回もできない私
結局、10段階ある難易度のうち
私はレベル1のやつしかクリアできませんでした
レベル2ねーできそうでできなかったねー
それでもコースはたっくさんあるから飽きない! 楽しい! 
カラダ動かしたー!
{0A1ECFE5-0FDD-4C3D-96D2-DFB3F14398BB}
全身の筋肉がぼろぼろになったところでお肉さまをば(๑>؂•̀๑)
{1DB6788C-EDB8-4563-8141-7F5057C0881B}
外はこんがり、中は限りなくなまな国産和牛を
焼け石でお好みに焼いて食べるスタイルのハンバーグ屋さん!
うっまぁ(✽´ཫ`✽)
{6997C9BB-E8FE-4BEE-9872-FC12468BE13F}
まっかになってたぶんさんのおてて。笑

{A47A50CE-812C-435F-876A-4DD08806D173}
その後、神田明神まで足を伸ばしたり
姉さんと二人でSING観に行ったりと
なんだかリア充な一日でした!
いまだに筋肉痛です!(✽´ཫ`✽)

この筋肉を『人類最後の一人』にも活かせるようがんばります\(^o^)/
活かせるのか!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{029B4950-9424-42EA-8A8E-88192F03C71A}


ついに始まってしまいました一世一代のたたかいが!
ひとり芝居やらかします!
パワフルセクシーキュートな女優仲間のさきもお招きして、ひとり芝居×2本、さらにさきと辻とのふたり芝居もおつけした豪華3本立てで
独特の世界をつむぎ出す予定です٩( ´◡` )( ´◡` )۶

今の自分にできることをぜんぶ舞台上に叩き込もうと思ってます
どうか! どうか1人でも多くの方のお力添えを!
よ、予約を……ッ!笑
お願いします\(^o^)/


ひとり芝居企画はるさき『人類最後の一人』
脚本=森山智仁
出演=辻明佳,渡辺咲季

【日時】
2017年06月
22日(木)19:30
23日(金)19:30
24日(土)13:00/19:00
25日(日)13:00/18:00

【会場】
cafe&bar 木星劇場
東京都豊島区西池袋5-1-5 第二春谷ビルB1
池袋駅西口側 C3出口から徒歩約10秒

【チケット料金】
当公演は1ドリンク制となっております。
当日前売ともに2800円でワンドリンクつき

さらにプラス200円でドリンクを公演オリジナルカクテルに変更できます(*´ω`*)
オリジナルカクテルを飲んではるさきを応援☆
公演後はもれなくカフェタイムまたはバータイムあります♪

【ご予約】
下記のフォームより辻明佳の扱いでご予約いただけます。必要事項をご記入ください。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=c802ije8vknajzfa

はるさき
https://twitter.com/haru_saki_jup6
bacoyama@hotmail.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
役作りをしていない期間とか、気持ちをリセットしたい時、ととのえたい時、ディズニー音楽を聴くことが多い。
第一作『白雪姫』から、(ミュージカル作品としての)最新作『アナ雪』までの挿入歌をかたっぱしからプレイリストにつっこんで、すべてをシャッフルして聴くのが最近好きな聴き方。

ヒロインが歌うはなやかなメインテーマもいいけど、ヴィランズの歌う歌が好きだ。
無性にそればっかり集めて聴きたくなるような気分のターンが、わりとくる。
ベストを挙げろと言われたらどれかなー。

大本命は何よりもまず『リトル・マーメイド』の『哀れな人々』。ミュージカルの中で物語が進行する歌が昔から好きで、私の中ではこれがその代表選手。アースラのダイナミックな歌唱もすんばらしいし、最後の歌詞で「さんざ歌ってきたけど、今回救われるのはあたしであってアリエルじゃないからね」とさりげなく(しかもthose をthisに変えるというワンワードだけで!)ほのめかしちゃってるのも小憎い。

あーでも『ライオン・キング』の『準備をしておけ』も大好きでして、ぞうの骨をたたいてるみたいななにあの音、木琴? マリンバ? とスカーのシブい悪人声にしびれたものでした。最後に「準備」ができるのが好き。

あとは『ポカホンタス』の『マイン! マイン! マイン!』も、鉱山のmineと「おれの」のmineをかけた歌詞や(翻訳家たちは頭をかかえたことだろう)、純粋に冒険をたのしむジョン・スミスと悪いボスとのコントラストがミュージカル観てるなー感あっていいし、あー『ノートルダムの鐘』の『罪の炎』を忘れてはいかんかった! 映画館であの、炎の中から躍り出るエスメラルダを見たときはまじで鳥肌たったね。いまではなんてことないCG技術なんだろうけどね。

ここではたと気づいた。
ヴィランズがこんなあざやかに歌い踊るのは、『リトル・マーメイド』以降の作品のみなのだ。

1966年、『ジャングル・ブック』の完成を待たずしてウォルトが亡くなってから、ウォルト・ディズニー・カンパニー作品の人気はゆるやかに下降してって、プーさんあたりを境に完全に低迷期をむかえる。
きつねと猟犬、オリビアちゃんの大冒険、コルドロン、などを含む時代だ。ディズニーマニアでもなければ、ほとんどの日本人が観たことも聞いたこともないはず。この時代が10年くらい続く。
その後、路線をおおきく変更して彗星のごとく登場、大ヒットしたのが1989年の『リトル・マーメイド』。マジかよ18年前なのかよと思ったらえ? 28年前だった。ショック。としとるわけだぜ。
白雪姫の原点にもどったかのような10年ぶりのプリンセス・ミュージカルもので、その後、美女と野獣、アラジン、ライオンキングなどのメガヒットを連発、第二の黄金期『ディズニー・ルネッサンス』を築き上げることになる(いっこちょっと『ビアンカの大冒険』の続編ていうみんなよく知らないやつがまじるけど)。

そして悪役の「ボス」が歌を歌い始めるのは、このディズニー・ルネッサンス以降なのだ。

(ちなみにこの黄金期もちょうど10年続き、1999年のターザンを境に、またぱったりと「なんかディズニーが新作やってるらしいけどよくわかんない、王様がラマになるらしい」みたいな時代を迎える。日本ではリロ&スティッチだけヒットしたのかな。「やっぱこれだよディズニー!」という大ヒットは、またもやその約10年後の『塔の上のラプンツェル』まで待つことになる。)

初期の黄金期のディズニーヴィランズは、重々しくてあまり動かない、奥のくらいとこからヒロインをみつめてギラリ、ニヤリ、みたいなキャラクターが多かった。
白雪姫のおきさきさましかり、シンデレラの継母しかり。

初期で歌う悪役は
『ピノキオ』のファウルフェロー(キツネね)の『ハイ・ディドル・ディー』
『ピーターパン』の海賊たちの『フック船長はエレガント』
『ジャングル・ブック』のヘビや、一瞬だけトラ

たったこんだけである。
歌うのは全員、動物枠、もしくはコミカルしたっぱ枠。

おきさきさまも、継母も、フック船長も、ストロンボリもロバ売りも、あの美しいマレフィセントも、キャラデザの怪作・クルエラ・デ・ビルも、ハートの女王も、歌わない。
どんなにあいつがおそろしいか、歌われることは多いけど、自分じゃ歌わない。

悪役のくせにペラペラ歌いだすなんて、多少なりともかわいげのあるしたっぱや動物キャラじゃないと成立しない、という判断だったのかな。いい大人は歌なんか歌わなかったのかな。

それに対して、第2期黄金期以降は、悪役の歌も大きな見せ場になっていて、メガヒットしたミュージカル作品には、ぜったい、ある。
前述のリトルマーメイドで『哀れな人々』を絶唱するアースラはじめ、美女と野獣のガストン、アラジンのジャファー、ライキンのスカー、ポカホンタスの総督、ノートルダムのフロロー、ラプンツェルの魔女お母さん、アナ雪の王子(本性バレ前だけど)、みんな歌う。
ふだんおしゃべりキャラとかじゃなくても平気で歌う。

逆にもう、ヘラクレス、ムーラン、ターザンあたりがメガヒットとまではいかなかったのは悪役が歌わなかったからじゃね? とまで、こうなってくると思えてくる。


なぜこうも違うのか。

考えてみよう。
初期のディズニー映画にあって、今のディズニー映画にないもの。

たとえば「オーバーチュア」である。
オーバーチュアは、オペラとかのいちばん最初に流れる音楽である。人物はまだ出ない、オケだけ。よく聞くと物語全体のダイジェストだったり、内容を暗示させるような構成の音楽だったりする。
もともと、オケピでの生演奏を前提とする舞台につきもののものだったんだけど、初期のディズニー映画には、かならずこのオーバーチュアが、ついていた。今なら映画のいちばん最後に出すのがあたりまえのスタッフクレジットを最初にぜーんぶ出して、その背景に音楽を流していたのだ。

そしてたとえば、「人の動き」である。
ディズニー長編映画の第一号『白雪姫』でみてみよう。

冒頭の『願いの井戸』、そして、王子さまが白雪姫に一目ぼれして歌う『ワン・ソング』。
この二曲とも、メインの歌い手はなんか、ぜんぜん、動かないのだ。つったってる。
姫は井戸の前につったって歌って、王子もいきなりつったったまま愛の歌歌い出して、姫はそれをはにかみながらつったって聞いてる。なにこれ。
おさなごころに、なんか、びみょーーに、違和感あった。

その後も『歌とほほえみと』『いつか王子様が』の二曲で、白雪姫は一歩も動かない。一歩も、だ。
それ以外の三曲は「そうじ」「労働と移動」「パーティー」という場面なのでそれなりに動きがある。
が、歌のテーマがこと「心情」にいたった時、歌い手たちは立ち止まり、まわりはそれを聞き惚れる聞き手となるのだ。

かたや『アナ雪』の『生まれてはじめて』やレリゴーはどうだろう。ヒロインたちは走り、ころび、チョコをほおばり、氷の城を建て、忙しく走り回る。場面もストーリーもぐんぐん動く。歌い手が動かないのはクリストフのおやすみソングだけだ。最近のディズニー映画では、歌い手は感情がたかぶったとき、それを可視化するかのように動きまわるのだ。

ここで「オペラ」と「ミュージカル」の違いに思い当たった。
俳優=歌手であるオペラに対して、ミュージカルでは俳優は歌手であり、演技者であり、そしてダンサーである。

つまり、初期のディズニー映画、ことに『白雪姫』は、ミュージカル映画というより、かぎりなくオペラに近い映画だったのではなかろうか。
白雪姫も王子もかなり声楽っぽい歌い方だし。
『いつか王子様が』も『歌とほほえみと』もアリアなのだ。
オペラでももちろん悪役も歌う。だがオペラ『白雪姫』を映画作品にしなおしてみたとき、当時のスタッフたちには悪役の歌は「不要」、あるいはトゥーマッチ、またはバックに流れるスコアだけでじゅうぶん、と感じられたのではなかろうか。
それが無意識の伝統となって、以降の作品にも受け継がれたように、私は想像した。

ここまで書いときながら、私はオペラにくわしいわけではないので、「いや厳密にはオペレッタというべき」とかのお叱りや補足はぜひお願いしたい。


しかし、マレフィセントやおきさきさま、もし歌う場面があるとしたらどんなふうになってたか、想像するとめっちゃわくわくするね。聴いてみたかったね。

あーシーのヴィランズハロウィーン、やっぱり行っとくべきだったかなあー。
またやってくれ

おしまい
書き出したら止まんなくなっちゃった暇かよ
ご精読ありがとうございました


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『森小屋vol.4』の裏用語集です!
小ネタ集みたいになってますが、稽古はまじめにやってましたからね?笑
稽古期間も本番も短く、さらに辻は誰とも絡まないので今回ちょっと少なめ(^_^;)
関係者のみなさま、失礼なことがあっても、愛ゆえなので笑って許していただけると幸いです!
ではどうぞ!

【アメリカ人】
幕間の、みんながスケッチブックを持っていたシーンには、じつは当初「全員ステレオタイプなアメリカ人のノリで」という演出がついていた。
短編が終わるたびに「ブラーボ!」と大喝采で出てきたり、なにかってーとハグしたりしていたが、シュールすぎて稽古最終日に全リセットに。

【エキサイティングシート】
客席最前列のこと。お客様も役者を間近で見られてエキサイティングだが、役者もお客様を間近に感じてど緊張する。

【エビー】
『答辞』のラストシーン、墓前で、主人公・永峰知佳が呼ぶ海老原さんのあだ名。イントネーションはエ↑ビー↓。
「ねえエビー、どうして欲しかった? どうなりたかった? 死んじゃったらなんにも聞けない」
作・演の森山の案で一瞬ためしてみるも、おもしろすぎてボツに。本番ではふつうに明美と呼んでました。

【古賀さん】
ワニズホールの小屋つきさんご夫妻のこと。
特に役者間で「古賀さん」という場合、登場頻度が高い奥さまの方をさすことが多い。みんな大好き古賀さん。
そうじ、パンフレットへのチラシ折り込み、果ては予約管理まで、制作さん並みのお仕事をしてくださる、笑顔とスレンダーボディがすてきなワニズの顔。
旦那さまの方も忙しい合間をぬって必ず観劇してくださる。二人ともお芝居が大好きなんだなあ。

【「私鉄に電車ある?」】
F役・金子伸哉さんが駅前でお客様のご案内をしていたとき、ふいにしんやさんに近づいてきた青年。
「私鉄に電車ある? 私鉄に電車ある?」と10メートル前くらいから聞かれ続けて、
「あるよ。」
と優しく答えたら安心してもらえたらしい。

【ジャストくん】
『マイ・スイート・ベイビー』に出てくる息子ジャストくん役の人形。絶妙な大きさと赤ちゃん感で小道具にぴったりだが、しばしば押しつぶされたりと無造作な扱いを受ける。
その他、ぬいぐるみの「孫」、フィギュアの「嫁」がいる。

【ジュニアハイスクールスチューデント】
辻が演じた知佳ちゃんの肩書き。
制服は妹から、リボンとローファーはあんなちゃんからお借りしました。
類義語→ 女子中学生、15歳、年齢半分、犯罪など

【庶民】
新中野駅から近い、安くておいしい中華。
ここのたべほのみほ3500円プランで打ち上げしよう! と満場一致で盛り上がるも、まさかの日曜定休でみんなしょんぼり。

【スケブ練】
スケブシーンの練習のこと。
本編練を圧迫するくらい時間をかけた。

【大動物】
M役・北村とうこさんが、「大好きなのにこわくてさわれない」小動物を克服するために考えたまわり道のこと。
動きがゆっくりな「大動物」から慣れていこうと、牧場で牛舎そうじなどのボランティアをしたが効果なし。
ならばと数年間にわたってスキューバダイビングを習うも、「どれもおいしそうに見えて」しまい効果なし。
結局ふつうにペットショップに行って、まださわれない状態から子犬を飼い始めたらしい。
今では念願かなって小動物ライフを満喫しているそうです。

【ダンサー、マリオネット、ファン】
DMFのスケブシーンで、途中まで使われていた案。その後は「ドラえもん、マリオ、ふじこちゃん」に変更された。

【答辞をやぶく】
せっかく覚えたセリフを「なあんだあの人読んでるだけだわ」と思われるのがしゃくで、辻が考えた演出。おもしろすぎてボツに。最終的に「たたむ」で手を打つ。

【トランプ】
『答辞』で、いじめっ子たちがやっていた遊び。
・海老原さんが亡くなった翌日なのに、反省もせず爆笑している様子が思い浮かぶこと
・こともあろうに海老原さんの机で遊んでることを強調したい
の2つを条件に、じつはトランプ以外にもいろんなセリフをためしてました。
本番でのセリフは「海老原さんが亡くなった翌日に、海老原さんの机でトランプをしているのを何人も見ています」
このトランプ部分を
ウノ、リバーシ、スピード(トランプゲームの一種)、おかね(トランプゲームの一種)、囲碁、将棋などにしてみましたが
どれもおもしろすぎてボツに。

【ノーメイクス】
店長役・柳杏奈ちゃんが所属する女優アイドルユニット。
『投票に行こう!』の劇中で鳴っていた店長の着メロは、ノーメイクスのファーストシングル『ハイ! 敬礼』。かわいシュールな歌詞にじわじわツボる。

【爆弾】
知佳ちゃんが持ってた起爆装置。
正体はボイスレコーダーでした。SONYとかのロゴも隠さずそのまま使ってた……(^_^;)

【ひとりプロレス】
金子伸哉さんの得意技。昭和のなつかしいプロレスシーンをひとりで再現する。
バッコスのオーディションでも披露してくれたし、そういえば『ジオグラフィア』の役者紹介のシーンでも一瞬やってたし、今回のゲストトークでも5秒くらいやってくれた。
今回は長州力とアブドーラ・ザ・ブッチャーのミックスだったそうです。

【まじめなツッコミ】
『投票に行こう!』伊藤役・木戸亮太くんのこと。
メンバーのボケにいつでも心から大爆笑しながら、ものすごくそのまんまなコメントをしてくれる。

例)  物販テーブルを移動させる通路にお客様のお荷物が置いてあったらどうしよう? という話
森山「「失礼しまーす」つって全部けっとばしていけばいいんじゃない?」
木戸ちゃん「なwwwwwけっちゃダメじゃないですかwwwww」
森山「そんで「失礼しましたー」つって戻してあげるの」
木戸「ぐはwwwwそれならwww最初から蹴らなきゃいいのにー!wwww」
森山「そうだね」

【メイカーズ】
ノーメイクスのファンのみなさまのこと。
今回のDVDの売上をおおいにのばしてくだすった。ありがたやー。

【村人】
ドラマ『勇者ヨシヒコの冒険』シリーズに準レギュくらいの勢いで出演している、しんやさんの主な役どころ。たまに村長。ロケ地は山形の映画村。

【モノマネ】
とうこさんが、小屋入りしてから習得した特技。発案者はしんやさん。マリオ、大竹しのぶなどいくつかのレパートリーがある。

【森小屋の孔明】
嶋田くんのこと。ワニズホールでの『森小屋vol.3』での出演経験から、ワニズホールの使い方にくわしい。おかしいなー私も1と2出演してたんだけどなー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おかげさまで
森小屋vol.4
無事に終了いたしました!
{2E43F804-690D-4048-BB25-4B5554828181}
コミカル要素もありつつ、シャープでブラックな社会派短編でしたがいかがでしたか?

20分の短編であっても、例えばふたり芝居なら
長編の主役級くらいのセリフ量だと言われてます。
若手たちもベテランもがんばりました(๑´ㅂ`๑)
{6C37AC1E-D35B-4849-9326-13C1C4F710BC}
辻は初のひとり芝居、ごまかしのきかない20分しゃべりっぱなし、さらにはまさかの中学生役……! など
初挑戦のことばかり。

めちゃくちゃ重たい台本や、
15歳のころの私や、
全国のいじめっ子や……
いろんなものと毎日格闘し続けてぼろぼろになった2週間でした(✽´ཫ`✽)
挑戦するチャンスをくれた森山には感謝してます!
お楽しみいただけましたでしょうか(๑´ㅂ`๑)

なんかのっぺらぼうなゲネ写真ですがカメラマンさんの腕じゃなくて私がすっぴんだったからですから!!!(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)

{C91590C0-6575-434E-AD31-B951682FB410}
今回も差し入れたーーくさんありがとうございました!!
書ききれない!
{D9C9BC79-36E0-479F-9A02-C77192882E65}
お酒やつまみ、キッチングッズ、ディズニーもの、食材など……
みんな私のこと知り尽くしすぎでしょ!
嬉しいです!!!
{1D35057A-AA8D-4BCC-AF1A-599F8E447E55}
{29BFF6D4-252A-407F-BF35-036E35799DCC}
どれも大切にいただきます&さっそく使わせていただきます!

そしてそして、次はいよいよ
6/22~25
長編ひとり芝居チャレンジです!!!

いつも勇気とパワーをくれる
エネルギーと笑顔にあふれた大好きな渡辺咲季ちゃんとふたりで構成します!!

うおおおまじかよ
どうかどうか成功を祈っててください
そして1人でも多くの人に
劇場まで足を運んでいただきたい。。。!!!
今からカレンダーにご記入お願いしますっ……!!

というわけで
取り急ぎ
ご来場本当にありがとうございました!!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。