ハーコン博士の映写室。

- 博士が静止する日 -


テーマ:


ハーコン博士の映写室。-ネットから削除された禁断動画 今回紹介する作品は、2010年日本制作の心霊ドキュメントです。


昨日から、この手のドキュメント物を3本連続で観たので、今日は3連続で紹介したいと思います。


まず、コレね。

内容は、タイトルでも分かる通りの内容のオムニバス。


それでは観ましょう、DVDをセット。


■□■□■ ストーリー □■□■□

インターネット上に公開されたものの、「あまりの過激さ・恐ろしさ」「或いは個人のプライバシー問題」により 削除された禁断動画の数々をご紹介します。


■□■□■ 感想 □■□■□

どの映像も胡散臭いが、そーいう物だと割り切って見れば暇つぶしにはなるかな^^;

一応、心霊ドキュメントと紹介したが、心霊以外にも、サイコ、UFO、など様々な内容の動画が収録されています。

また、ただ動画を流すんではなくてサイト関係者や投稿者などのインタビューや突撃レポートなどが動画と一緒に収録されていて、それがモロ台詞口調で面白い。


【File1:最悪の瞬間】

無邪気に遊ぶ幼い我が子を撮影する主婦A子さん。

最悪の事態は、彼女が撮影中に起こった。

あまりと言えば、あまりに偶然の出来事だった。


偶然飛び降り自殺する瞬間を録画してしまった動画。

モザイクは掛かっているものの意外と上手くできてるね。


【File2:エレベーターの霊】

エレベーターの監視カメラに映りこんだ少女の霊。

しかも、カメラはこの霊を頻繁に捉えている。

いったい、何故、そして過去にこのマンションで何があったのか…。


ん~非常にわざとらしい霊が映ってます^^;


【File3:予兆】

子役オーディションの風景。

カメラは審査員たちの前で踊る少女を撮影。

が突如としてカメラに異変が発生。

再び、映し出された少女の姿にスタッフは息を呑んだ。


首から上が消えてる映像…

その翌日…

コレもわざとらしいな。


【File4:公開自殺】

社会的問題にもなった公開自殺。

ビデオチャットに公開した映像はその一部始終を映し出していた。


タイトル通り公開自殺映像のフェイク。

糞尿が垂れてない…


【File5:不可解な削除理由 前編】

ウェブ上の“フィッシングファン”という釣り好きのサイトに、ある動画を掲載して以来、「削除せよ」と嫌がらせメールや郵便物が相次ぐようになった。

スタッフは、この原因を調査する為に行動を開始した。


スタッフが嫌がらせをしている若い男性の特定に成功。

突撃レポートを敢行するが…

危険を感じた女性スタッフの慌てぶりがリアルで良かった。

この前編と後編が唯一ストーリー性があるエピソードかな。


【File6:スカイツリーに現れたUFO】

スカイツリーを撮影中、その映像にはっきりとUFOが映りこんでいる。

しかも、そのUFOは驚くべきことに地上へ降り立つと…


よく見ると未確認飛行物体が…

ただそれだけ。

しかし、何故削除されたかが謎。


【File7:監視カメラ】

あるマンションの監視カメラに映った不可解な映像。

この映像は、ネットに掲載されたがすぐに削除されたという、その訳とは…。


駐輪場で、霊らしき女性とすれ違う映像。


【File8:盗撮】

女性の私生活を、特殊カメラで撮影する盗撮マニアたち。

ひょんなことからとんでもない映像を撮影してしまった。

盗撮マニアが撮影した衝撃の映像とは…。


ストーカー殺人を撮影した映像。

これもわざとらしい^^;


【File9:赤いジュース】

何の為に撮影された映像なのか。

その真意は明らかではない。

極めて悪質ないたずらか、それとも変質者の仕業なのか。


フェイクだと思うが、キモイ><;


【File10:不可解な削除理由 後編】

調査を始めたスタッフは、動画が撮影された山中の湖に辿り着いた。

そして男が出てきた周辺の廃墟化したホテルに入り込む。

そしてスタッフがそこで見たものとは…


真相を探る為、動画に映っていた廃墟を探索。

調査をしていると、棚の中に無数の髪の毛と血のついたロープが…

すると突然、入り口の方で物音が!

慌てて逃げるスタッフ…。


翌日、廃墟に戻ってみるとあったはずの髪の毛がない。

真相を確かめようともう一度男性のアパートを訪ねるが、彼はすでに引っ越していた。


File5とFile10だけでも面白そうな作品になったんじゃないかな?

わざわざ新作で借りるほどの作品ではないけどね。

この手の映像作品が好きな人なら暇つぶしにはなるね。


ストーリーハロウィンハロウィン

恐怖… ハロウィン

信憑性 ハロウィン

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード