パスタ店「洋麺屋五右衛門」でアルバイトをしていた東京都在住の須藤武史さん(28)が、運営会社の日本レストランシステム(東京都渋谷区)に、「変形労働時間制」を悪用されたとして不払い残業代の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁(藤井聖悟裁判官)は7日、同社に残業代や付加金など計12万3480円の支払いを命じた。飲食店などを中心にアルバイトへの変形労働時間制が広がる中、安易な制度利用に警鐘を鳴らした形だ。【東海林智】

 変形労働時間制は、季節などによって忙しさに差がある場合などに適用できる。1カ月や1年など一定の期間について、週当たりの平均労働時間が法定労働時間以内(1日8時間、週40時間)であれば、特定の日や週が規制を超えた労働時間となっても、残業代を払わなくてよい。事前に労働日や労働時間を明示することが条件だ。

 須藤さんは事前に説明を受けないまま、06年3月~08年2月に変形労働時間制を適用されたとして、未払いとされた残業約420時間の割増賃金(25%)など20万9451円の支払いを求めていた。

 判決は「変形労働時間制は、就業規則では1カ月単位でシフトを決めるはずが、半月ごとのシフトしか作成していない」として変形労働時間制にあたらないと認め、時効分を除く残業代などの支払いを命じた。

 須藤さんは「賃金をごまかさず、働きにきちんと報いてくれとの思いだった。認められてうれしい」と話す。須藤さんが加入する首都圏青年ユニオンの河添誠書記長は「アルバイトに変形労働時間制を適用し、残業代逃れをするようなやり方は許されない。安易な使い方に歯止めをかけたい」と話した。

 日本レストランシステムの広報担当は「判決を良く読んで今後の対応を検討したい」と話している。

【関連ニュース】
残業代訴訟:「東建が請求権放棄誘導」 原告側、証拠文書提出--地裁 /岡山
都職員の残業代未払い訴訟:都に支払い命令--地裁判決 /東京
残業代不払い:店長ら容疑で書類送検--中央労基署 /広島
三重・四日市の研修中国人損賠訴訟:研修生に未払い残業代 最低賃金を適用
残業代未払い:元職員に給付へ--名古屋・NPOセンター

鴨川をどり あでやかに衣装合わせ 京都で5月1日開幕 (毎日新聞)
<放鳥トキ>佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
外国人参政権付与 知事会で反対続出(産経新聞)
<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策(産経新聞)
AD