北沢俊美防衛相は17日、東京都内のホテルで沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、政府の検討状況を説明した。米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部や米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)がある与勝半島沖合への移設案について説明したとみられる。さらに、5月末までに普天間問題を決着させる方針も改めて示したものとみられる。

 政府は、平野博文官房長官と北沢氏が今月2日にルース駐日米大使と会談するなど、対米交渉については既に水面下で本格化させている。今回の会談で、移設先として有力な地元とも水面下の交渉に着手した形だ。【仙石恭】

【関連ニュース】
<写真特集>米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部
防衛省:陸自連隊長が異動 首相発言「批判」
普天間移設:沖縄県議団が防衛相に「県内反対」の意見書
北沢防衛相:受け入れ自治体には振興策を 普天間移設で
空自官製談合:空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正

【新・関西笑談】最高のウイスキーを求めて(2)(産経新聞)
古本転売で稼ぐ「せどらー」ネットで素人参入(読売新聞)
首相、朝鮮学校の無償化に前向き 「懸念は払拭していける」(産経新聞)
【ITエクスプレス】自転車用GPSナビが人気(産経新聞)
北教組事件で2人起訴=民主・小林氏陣営に選挙資金-規正法違反・札幌地検(時事通信)
AD