鳩山由紀夫首相は18日夜、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件で、東京地検特捜部が小沢氏に任意の事情聴取を求めていることに関し「必要に応じ小沢幹事長ご自身が判断されて説明されることを望む」と語った。小沢氏の判断に委ねながらも、聴取に応じるよう促した。

 首相は「(検察と)戦って」との自身の発言に関し「検察は公正中立の立場で仕事していると信じたいと思う。ただ、幹事長として『戦う』という思いを持っているということだから、『それならば身の潔白を示すためにどうぞ頑張ってください』という意味で言った」と改めて釈明した。【山田夢留】

【関連ニュース】
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
小沢幹事長:厳戒態勢のなか長崎で集会に出席
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

<外国人地方選挙権法案>石原都知事「絶対反対」(毎日新聞)
記録映画 空襲で負傷し障害…現状告発、東京で試写会(毎日新聞)
不明直前「波かぶった」=僚船に無線連絡-社長ら会見、状況説明・山田水産(時事通信)
声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役-東京(時事通信)
小沢氏の参考人招致要求へ=志位氏(時事通信)
AD