政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は20日、公益法人などを対象とした事業仕分け第2弾後半戦の作業に入り、民間放送教育協会が文部科学省の業務委託で実施している生涯学習教育の啓発番組制作事業について、「国費を投入する必要はない」として「廃止」と判定した。
 同事業に対しては、NHKや放送大学の番組との重複を指摘する声が相次いだ。2010年度予算額は1億2900万円。広報・啓発事業では、原子力への理解を目的とした日本立地センター(経済産業省所管)の雑誌広告、日本原子力文化振興財団(同)による青森県六ケ所村の核燃料サイクル施設見学会も「廃止」と結論付けた。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開~信頼は取り戻せるのか~
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
「省エネ大賞」など3事業廃止=公益法人仕分けスタート

放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
女性との結婚意思装う=子宮収縮の錠剤3日分-不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
青木幹雄氏の後継に長男…自民、世襲批判警戒(読売新聞)
私服警官を客引き 福岡、無職男逮捕(産経新聞)
AD