糖尿病がアルツハイマー病の発症を早め、アルツハイマー病が糖尿病を悪化させる-。大阪大の森下竜一教授らの研究チームは15日までに、二つの病気が互いに影響し、悪循環を生む仕組みを解明した。米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
 糖尿病や高血圧などの生活習慣病が、アルツハイマー病の危険性を高めることは以前から指摘されていた。糖尿病患者の場合、アルツハイマー病の発症率は2~4倍以上との報告もある。
 研究チームは、アルツハイマー病と糖尿病を合併したマウスを用意し、プールで泳がせ実験。アルツハイマー病のみのマウスは次第に避難場所を覚えたが、糖尿病を合併しているマウスは記憶力が悪かった。アルツハイマー病マウスは生後3~6カ月で記憶障害を発症するが、糖尿病を合併したマウスは約2カ月で障害が出ていた。
 血糖値を下げるインスリンは、記憶力などの認知機能に重要な役割を果たしているとされるが、合併マウスでは脳内のインスリン量が減少していた。糖尿病のみのマウスに比べ、合併マウスでは糖尿病が重症化することも分かった。 

【関連ニュース】
エーザイ、13年度売上高8000億円超目指す=新薬16品目の承認申請で
京大病院看護師を逮捕=データ虚偽入力容疑
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
自称霊能力者ら再逮捕へ=介護女性に薬物、殺人容疑

「1000円割引」の財源3兆円 高速道整備に転用(産経新聞)
<福岡県接待疑惑>中島前副知事が接待認める 県調査委に(毎日新聞)
能楽観世流シテ方の河村禎二氏が死去(産経新聞)
消費者保護求めトヨタ提訴=米加州オレンジ郡検察当局(時事通信)
<東富士演習場>使用協定延長協議を再開へ(毎日新聞)