東京都東久留米市の落合川で行われた都の河川改修工事で、市民4人が川に生息する絶滅危惧(きぐ)種「ホトケドジョウ」を原告に加え、都を相手に原状回復などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。

 豊かな生活環境を享受する利益が侵害されたなどとする住民の主張に対し、石井浩裁判長は「法律上保護される利益に該当しない」として、訴えを棄却した。

 問題となっていた工事は、都が水害対策などを目的に、同市中央町周辺で蛇行していた旧落合川の一部を埋め立てるとともに、新たに直線状に掘るというもの。

 判決では、ホトケドジョウや川を原告にしたことについては「当事者能力を有せず、不適法」とした。

 判決後、原告団長の渡部卓さん(75)は、「(訴えの詳しい)中身について一切言及がないのはとても残念。控訴も含めて、今後の対応を検討する」と話した。都は「主張が全面的に認められ、極めて妥当な判決だ」とコメントした。

<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
チューリップ500本折られる=河川敷で、器物損壊で捜査-兵庫県警(時事通信)
AD