東京都内のホームセンターで昨年5月、女性を包丁で刺してけがを負わせたとして、殺人未遂罪に問われた無職、金子正幸被告(40)に対する裁判員裁判の初公判が31日、東京地裁(若園敦雄裁判長)で開かれた。金子被告は、自分は被告ではないという趣旨の発言をしたり、起訴状と異なる生年月日を口にしたりして、無罪を主張。弁護側は「心神喪失」として、公判停止を求めた。

 初公判前に争点や証拠を絞る「公判前整理手続き」の段階では、殺人未遂事件を犯したという事実関係や、事件当時の責任能力について争いはなかった。この手続きで決まった争点は「やむを得ない事由」がない限り、原則として変更は認められず、関係者によると、初公判での突然の無罪主張は異例という。

 検察側は冒頭陳述で、「公判前の精神鑑定では『責任能力に問題はない』という結果が出ている」と指摘した。

 ただ、弁護側は公判の後、「事情が変われば仕方がない」などとして、今後、責任能力について争う可能性にも含みを残した。こうした事態に、「突然ちゃぶ台をひっくり返したような状況」と話す関係者もおり、裁判員も難しい判断を迫られそうだ。

 起訴状によると、金子被告は平成21年5月28日、東京都葛飾区のホームセンター内で、女性=当時(53)=を背後から包丁で刺し、全治約1週間のけがを負わせたとされる。

【関連記事】
覚醒剤密輸で無罪主張の被告に有罪 大阪の裁判員裁判
被告は殺意否定 坂東の殺人事件初公判
裁判員裁判で初の1審破棄 判決後、被害者の一部と示談
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念
裁判員施行1年 定着へ長期化など是正を

<新型インフル>国と自治体の連携不足指摘 研究班が報告書(毎日新聞)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
<いたずら>トランクに閉じ込められた!? 警官80人、パトカー数十台出動(毎日新聞)
法定金利の109倍の利息 090金融業者8人を逮捕 警視庁(産経新聞)
法案採決めぐり解任決議提出(産経新聞)
AD