国土交通省と環境省は7日、6月から行う高速道路無料化実験に伴う二酸化炭素(CO2)排出量の増減に関する試算を公表した。国交省の試算では排出量が25万トン減少するのに対し、環境省は33万トンの増加としており、相反する結果が出た。

 ただ、いずれの場合も増減量は自動車など運輸部門の排出量全体の0.1%分程度にとどまり、両省は「CO2排出量全体に及ぼす影響はごくわずか」としている。

 両省の試算結果が異なったのは、無料化による自動車利用の増加予測などに幅があるためで、両省は社会実験を通じて検証を進める。6月からの高速道路の無料化は、首都高速道と阪神高速道などを除き、高速道路全体の18%に当たる1626キロで実施される予定。

【関連記事】
高速無料化の経済効果は1500億円 馬淵副大臣が発表
高速料金、実質値上げ? 割引サービスが次々消滅って
高速無料化案 「公約違反」8割、「無料化やめろ」も8割
都市部ドライバー必見! 首都圏&関西圏の高速無料化活用法
期待外れ…?高速道路無料化 マニフェスト違反の恐れ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

宮出し 初のそろい踏み 神田祭(産経新聞)
政府案取りまとめへ詰め=普天間移設で閣僚会議(時事通信)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
偽造クーポン使用、無職男を逮捕=大阪市互助会支給、9万枚流通-府警(時事通信)
千葉・医療再生の序章(中)―東部の二次医療圏に救命救急センターを(医療介護CBニュース)
AD