岡田克也外相は2日午後の記者会見で、日本が国連安全保障理事会の今月の議長国となったことを受け、16日に「平和構築」をテーマにした会合を主催すると発表した。岡田氏は「(参加に)国会の了解を得られれば、わたしが議長を務めたい」と表明。アフガニスタン支援や国連平和維持活動(PKO)の拡充などについて幅広く議論したい考えだ。
 会合では、アフガン、東ティモール、スーダンなど紛争で社会基盤が打撃を受けた国家の再建、深刻な震災被害を受けたハイチの復興を議題とし、PKOの積極的活用や経済援助も含めた包括的な支援策について協議する。各理事国や他の国連加盟国にも閣僚級の参加を呼び掛ける。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
【特集】オバマ語録
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~

「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
<事故>側壁に激突、4人車外へ 全員助かる 熊本・高速道(毎日新聞)
<舛添前厚労相>与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず(毎日新聞)
<佐藤錦>山形・東根で出荷が始まる (毎日新聞)
【話題の本】『考えない練習』小池龍之介著(産経新聞)
AD