20日午後2時半ごろ、大阪府和泉市のJR阪和線信太山-和泉府中駅間の線路沿いにあるマンション住民の女性から、「風で布団が飛ばされて線路内に落ちた」とJR西日本お客様センターに連絡があった。付近を走行中の電車が運転を一時見合わせたが、近くにいた特急電車の運転士が線路外に布団が落ちているのを確認したため、約15分後に運転を再開した。

 また、午後2時50分ごろには、同府八尾市のJR関西線八尾-久宝寺駅間の建設工事現場やマンションから、「線路内に石膏(せっこう)ボードが落ちた」「強風で洗濯ものが線路内に入った」と相次いで連絡があった。JR西は同様に運転を見合わせ、線路内から石膏ボードなどを取り除いた後、約30分後に運転を再開した。

 この影響で、阪和線では上下4本が運休、14本が最大16分遅れ、約4400人に影響。関西線では16本が運休、26本が最大34分遅れ、約1万4800人に影響した。

 大阪管区気象台によると、この日は低気圧の接近に伴って風が強まり、近畿地方のほぼ全域に強風注意報が出ていた。大阪府内では午後2~3時の間、10メートル前後の強風が吹いていたという。

【関連記事】
中国北部で今年最大の黄砂
倒れた大銀杏、植え直し完了 鶴岡八幡宮
強風でバッグネット倒れ母子が下敷き 神奈川
強風のせい?架線に布団 相模鉄道ストップ
強風による倒木で中央線立ち往生 乗客約80人が6時間閉じ込めらる
20年後、日本はありますか?

<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
東急東横線でも男性はねられ運転見合わせ 目黒(産経新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)(産経新聞)
将棋棋王戦、久保勝ち最終決戦に(産経新聞)
<連合>554組合すべて賃金カーブ維持(毎日新聞)
AD