鳩山由紀夫首相は12日夕、首相官邸で開いた政府・民主党首脳会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「沖縄を中心に周辺地域への移転を進めている」と、政府案の概要を党側に初めて説明した。党側からは特に意見は出ず、首相を支えていくことを確認した。
 首相は「5月末までに決着を付けるため最善を尽くしている」と強調。ワシントンでの日米実務者協議に触れ「日米関係は非常に重要だ。米国とよく話し合って、いい結論が得られるよう努力していく」と述べ、米側との合意に全力を挙げる考えを示した。4日の沖縄訪問については「いろいろ批判もあって大変だったが、現地に行って良かった」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

<キセル乗車>西武鉄道社員36人を処分へ(毎日新聞)
都道府県の超過負担、4割増の267億円―難病の医療費助成で(医療介護CBニュース)
自動車火災 軍手、鳥の巣 意外な火元(産経新聞)
社長を刺殺し自ら119番通報 千葉、容疑の社員逮捕(産経新聞)
乗鞍スカイライン 除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)
AD