「休日上限1000円」など、現在の高速道路の割引制度の財源を道路建設に転用できるようにする道路整備事業財政特別措置法改正案は、13日午後の衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われ審議入りした。成立すれば、公共事業抑制を掲げていた鳩山政権の方針と矛盾するとの批判も出そうだ。
 高速道路の料金割引は同法に基づき、高速道路会社が国から約3兆円の財政支援を受けて実施している。だが国土交通省は、6月から高速料金の上限制を導入し、割引制度のほとんどを廃止する方針。改正案では、廃止で浮く財源の使途として、渋滞解消のための車線増設や、つながっていない高速道路の整備など4項目を新たに追加する。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
〔用語解説〕「高速道路の無料化」

がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
<女性遺体>福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)
障害者施設、6割が利用再開=自立支援法施行で調査-厚労省(時事通信)
<平等院鳳凰堂>柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
【無名録】「高売り宣言」でNo.1(産経新聞)
AD