北沢俊美防衛相は14日午後、長野市内のホテルで開かれた会合であいさつし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末までには大枠を決める。米側、地元の納得するような大きな枠組みをつくり上げたい」と述べた。鳩山由紀夫首相は既に、自身が掲げた5月末決着を断念する考えを表明。北沢氏の発言は、5月末までに政府としての基本方針取りまとめを目指す考えを示したものだ。 

【関連ニュース】
分散移転になれば理解を=官房長官、市議会議長会に
知事会議開催はナンセンス=「沖縄は我慢を」
内閣支持続落、19%=普天間で49%「首相退陣を」
「首相が意気込み示す」=5月末決着は困難
地元調整「6月以降も継続」=米との合意は今月中に

<公務員法案>強行採決「総人件費2割減」示さず(毎日新聞)
19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
「男女平等」は岩手11位、青森42位 東北大が推計(河北新報)
6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
AD