400年以上の歴史を持つ岐阜県飛騨市の古川祭が19、20日の両日、同市内で開催された。
 屋台行列やみこし行列、そしてさらし姿の男たちによる「起し太鼓」からなるこの祭は、国の重要無形民俗文化財で、地域の春の訪れを告げる風物詩。
 19日午後9時すぎから日付の変わる夜中まで、さらし姿の男たちが、やぐらに大太鼓を乗せ、エネルギッシュに街中を練り歩き、訪れた観光客を喜ばせた。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕新開発の「甘とろ豚」発売=愛媛
〔地域の情報〕こちらのシャトルは現役続行=北九州市
〔地域の情報〕梅の花、花見席でもてなし=山形
〔地域の情報〕農商工連携でご当地ジンジャーエール=和歌山
〔地域の情報〕古き良き時代伝える「おっちゃんの宝物」刊行=和歌山

かば焼き縁遠く…シラスウナギ漁獲量激減(読売新聞)
妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会(医療介護CBニュース)
他人名義の偽造カードで買い回り ナイジェリア人3人逮捕(産経新聞)
中国ヘリがまた近接飛行=沖縄沖、海自艦まで90メートル-防衛省(時事通信)
<口蹄疫>さらに6頭に感染の疑い 宮崎(毎日新聞)
AD