滋賀県甲賀市の県信楽窯業技術試験場が、LED電球の光をほんのりと通す「信楽透器」を開発した。特許と商標を出願中で、商品化に向けた準備が進んでいる。

 一般的な陶器は光を通さない。一方、「信楽透器」は透明な石英ガラス粉末を配合したため、同じ厚みの透光性のある磁器に比べて光の透過率は2.5~3倍だという。陶器と同様に自由な成形が可能で、型を使ってタヌキの置物のような複雑な形に仕上げることもできる。

 既に10社以上の業者がインテリアなどの試作品を手がけており、4月以降に売り出される予定だ。【小松雄介】

【関連ニュース】
ゴルフボール:特許侵害認定 輸入米社に賠償命令
ケナフのパルプ製造機:発明、吉川の飯島さんに特許権 /埼玉
車椅子照明:足元をLED、ELで 要望受け試行錯誤 米沢工生徒が特許出願 /山形

普天間移設 政府案へ大詰め 関係閣僚が協議(毎日新聞)
デミ・ムーアがツイッターで自殺志願の青年を救助(スポーツ報知)
ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
AD