高松刑務所(高松市)が、受刑者が収容されていることを証明する「在所証明書」を誤って別の受刑者家族に送っていたことが25日、分かった。証明書には、受刑者の氏名や本籍、生年月日、刑務所収容期間などの個人情報が記されている。

 同刑務所によると、誤送付は07年6月。当時服役中だった男性受刑者の妻が発行を申請。職員が誤って別の受刑者の記録をパソコンでプリントし、送付した。他に3人がチェックする体制だったが、全員気付かなかったという。

 送付を受けた妻の指摘で発覚し、同刑務所は証明書の返送を受け、関係者に謝罪。職員4人を口頭注意したが、公表はしなかった。

 矢鳴正志総務部長は「確認を徹底するなどし、再発を防止したい」と話している。【吉田卓矢】

【関連ニュース】
刑務官暴行:革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁
首つり死亡:独房で男性受刑者 名古屋刑務所
大阪・母子殺害:2審の死刑破棄…最高裁が差し戻し
大阪・平野区の母子殺害事件:2審の死刑破棄 最高裁が差し戻し
ニッポン密着:「前科は内緒」ほご、職転々 不安の支え、娘の笑顔

宇宙ヨット「イカロス」も予定軌道に入る(産経新聞)
<珠洲市長選>泉谷氏が再選 前市議破る 石川(毎日新聞)
桜 若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)
パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」(産経新聞)
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
AD