自治体職員の法務能力養成を目的とした「自治体法務検定」(第一法規など主催、時事通信社協賛)が今年6月に始まるのを記念するシンポジウムが24日、都内で開催された。
 北川正恭早大教授(前三重県知事)は基調講演で、民主党が打ち出した地域主権改革について「国のつくり方を根幹から変える、明治維新以上の改革だ」と述べ、自治体の政策立案力を高める必要性を強調した。
 政策法務の能力を試す第1回検定は6月20日、仙台、名古屋、福岡など全国13都市を会場に行われる。 

中・重度者向けの在宅介護サービスを開始へ―ジャパンケア(医療介護CBニュース)
郵政ファミリー企業「聖域なく見直す」亀井氏(読売新聞)
仕分け第2弾へ意見募集(時事通信)
<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)
AD