未来に希望が持てる!お金と人生の戦術

日本初の総合ヒューマンコンサルティング会社、H2コンサルティング社長が贈る『知らないと人生を大きく左右する情報』などをどんどんと公開していく予定です。コンサルティング・資産運用アドバイスなどを通じて、日本を元気にしていくことが私たちのミッションです。


テーマ:
Continued from yesterday.
昨日の続きです。

そしてもう一人は20歳になったばかりの学生さん
ただ同年代の若者のそれとはかなり違う視野と感覚を持っていました。
シリコンバレーがほど近い所に住む彼女は様々な経営者の講演なんかを
気軽に身近に聞ける環境にあったり、
周囲には世界視野で生きる人が多かったり、
とても恵まれた環境にあります。

彼女自身も将来起業したりするのかもしれないですが、
ちょっとだけ人生を長く生きて色々な経験をしている自分から
女性としての部分だったりのお話をプラスαでお話させてもらいました。

自分の考えですが、男性と女性はやはり本来果たすべき役目が違うものを与えられていると思います。
その為に何を優先するか、という事がとても人生にも大きな影響を及ぼします。
特に女性の場合は仕事を取る、というのは世界的にもまだ少数派だと思います。

だから大体の場合、仕事を取る人でもどこかで結婚も出産もしたいと考える人は多いと思います。
ですが両方を取るという事は容易な事ではありません。
これはどこの国に生まれているか、という事でも変わる事ではあるかもしれませんが、
特に日本に関しては難しいように思います。

というのも男性である自分も自身の経験でその難しさを体験しているからです。

私は比較的珍しいタイプではないかと思うのですが、
20歳前後の頃から結婚して家庭を築くのが夢でした。
それを真剣に追求しようと考えた時に、当然お金の事を考えました。

現在の日本では世帯所得が700万円の家庭で子供を二人大学へ行かせようと思うと破産します。
世帯所得の中央値が438万円なのにも関わらず、です。
しかし多くの家庭がそこまで稼げていないのに家を立てて子供を2人3人と作り、
大学に当然のように生かせる気でいる。
それはその事実を知らないからだと思います。

子供が生まれた家族構成に合わせてマイホームを購入する人が多くいます。
銀行が住宅ローンの融資を通すのは
現状この支払いをあなたには払えます、という評価をした事ですが、
育児や教育にかかるコストに関しては加味していません。
その後子供による家計の圧迫は銀行の責任ではありません。

あなたが借りたお金だから子供に対する夢など捨ててくださいと
銀行は返済を迫るでしょう。
子供の進学など諦めろと諭すでしょう。

自身が若かった頃は本音として好みの女性は年上の女性だったんですが、
自身が段々と年を重ねていくにあたって、
子供が欲しかった自分の相手に求める条件は変わって、
年下の女性を探すようになりました。

というのはやはり子供を産むには年齢的には若い方が良いということ
これは母子共に母親の年齢と共に身体的なリスクが上がるという事と
子供は複数欲しかったので一人目を産んだ後に何年か開けてまた一人、と考えると
更に年齢が若い方がよくなりますから。

男性は特に年齢がある程度高くなったからといって
結婚に対するデメリットというのは仕事や収入さえ順調であれば
全くと言っていいほどないと思います。

加藤茶さんのように50歳近い年の差婚というのもあり得ます。
でも男女が逆のケースというのはほぼ想定出来ないと思います。

以前結婚前に、結婚相談所に登録しようとした事がありますが、
20代の男性も30代、40代、50代の男性も
理想としては20代の女性と結婚したがる、という事実を知りました。

だから結婚を真剣に考える時、30代になってから相手を探すのは遅いと言えます。
あくまで統計的には、ですがやはり事実だと思います。

男性の場合も年齢が上がれば上がるほど、それ相応のメリットを相手に提供出来ないと
選んでもらう事は当然難しくなります。

若ければ目を瞑ってもらえたり、将来性などに期待してもらえる事もありますが、
年齢を重ねていると実際に持っているものだけで女性から評価されますし
女性は当然そうするべきだと思います。

こんな環境の中ですから女性の人生設計や何を優先するのか、という事は
男性よりも厳しいものだと思うのです。


ただそんな事を言ってくれる人はなかなかいないので
ビジネスやキャリアだけを考えるのではなく、
そういった事も頭に置いておいた方がいいよ、とお話させていただいた次第です。

二人とも自身が同じ年頃だった頃よりも格段に先を行っている印象を受けました。
彼らの将来が楽しみです。

Then another one.
She is an University student.

She has so different sense and broad perspective.
She lives near from Silicon Valley.
She has a lot of opportunity to touch lecture by various manager.

There are many person who lives and thinks globally.

She might be entrepreneur perhaps...

I advised about not only business but also woman's life and work balance.
Coz I am alive much more than her and have many experience,so...

In my opinion,man and woman has given different role.
So,it's affect life what is the priority.

Especially,woman generally doesn't take business.It's minority.

Most woman even thinks business is important,
most of them want to get married and have a baby.
It's probably change which country they born,
It's particularly difficult in Japan.

Coz,I also have a experience how difficult to find marriage partner.

I'm probably rare type of man that want to get married young age.
I hoped seriously,I naturally think about money.

Now,if you had household income 7million JPY a year,want 2children go to University,
you might be bankruptcy.
Even household income average is 4,380,000JPY.

But in reality,many family don't have enough income,have 2or more children.
And they naturally hope all children will go to University.
The reason is they don't know that.

Many people buy a house when they have last child born.
The bank loan you money,it does not mean you are okay for ever.
It's mean just you can pay for it now.
Bank doesn't think about cost for children.
Bank doesn't accept any liability for household expense by children.

Bank would say, the money you owe with your responsibility,so pay it.
You have to precede repayment than children.
Bank demand repayment of a debt to you.
They say give up dream for children.

When I was young.
I liked older woman.
But as I get older,I hoped younger woman.
Coz I wanted a baby.

If you want to have a baby,
The younger,the better for physical condition for mother and child.
End if you want more baby,it takes long time,more important.

For man,regardless of age,you can find marriage partner generally.
Like Kato Cha(Famous Japanese comedian who married with 50 years younger woman).
But you can't imagine opposite gender.

I have tried to apply marriage bureau agency when I was 29 years old.
I heard that 20's 30's 40's even 50's man all want to get married with 20's woman.

So,if woman think about marriage seriously,
They said,30's is little bit late for it statistically.

For man,
The older,need more good point for marriage.
If you were young,you allowed many things.
But if you were old,you were apprised what you have.
Woman should be.

In such a surroundings,
woman choice must be more difficult than man.

And everybody rarely say such a things for woman.
So you'd better think seriously about marriage partner.I said.

They are so advanced,compare to my young age.
I'm looking foward to see their future.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

未来の希望を作るファイナンシャルアドバイザー 木村 大樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。